家計管理

四人家族の生活費はどれくらいかかるの?みんなの平均を調べてみた!

更新日:

はじめに

突然ですが・・・他人の生活費とか、お金の流れって気になったりしませんか?

私は結構気になっちゃうタイプなんです(笑)

先日も家計簿をつけて色々計算してた時にふと「他の家庭の生活費ってどのくらいなんだろう?」って疑問に思ったんです。

自分の家の生活費は毎月計算してるからわかるんですけど、それが他の家よりも安いのか高いのか?気になりますよね。

そこで、今回は他の家族が一体どれくらいの生活費なのか?うちと比べてどうなのかを調べてみました!

ちなみに私の家族構成は「私、旦那、子供2人」の4人家族です。

 

我が家の一ヶ月の生活費はこのくらい!

他の家庭のお金の流れを調べるよりも先に私の家庭の生活費や収入などをご紹介します!

家族構成:私、旦那、子供2人の計4人

手取世帯月収:旦那33万円 私0円

家賃10万円
水道光熱費1万円
食費2万5,000円
スマホやネットなどの通信量1万円
日用品・雑貨1万5,000円
家族のお小遣い2万円
旦那のお小遣い2万円
教育費3万円
保険料2万円
合計25万円
貯金額8万円

これが今の我が家のリアルな生活費です(笑)

他の家と比べて実際に節約できてるのか?それとも意外と節約出来てないのか?があらわになってしまいました(笑)

手取り33万円で毎月8万円も貯金出来てるって考えると私的にはかなり満足な結果なのですが、どうなのでしょうか・・・?

では次は「一般的な家庭の生活費」をご紹介します!

4人家族の1ヶ月の平均生活費は?

では、次は「日本に住む4人家族の1ヶ月の平均生活費」と「我が家の生活費」を比べてみたいと思います!

大きなカテゴリで言うと「食費=2万円の差」「家賃=1万円」「水道光熱費=5千円」「スマホやネット=5千円」「日用品と雑貨=5千円」「教育費=5千円」の部分に大きな差がありました!※我が家の旦那のお小遣いは目をつぶってください(笑)

 私(くじら)の生活費一般的な生活費
家賃10万円11万円
水道光熱費1万円1万5,000円
食費2万5,000円4万5,000円
スマホやネットなどの通信量1万円1万5,000円
日用品・雑貨1万5,000円2万円
家族のお小遣い2万円2万円
旦那のお小遣い2万円1万円
教育費3万円3万5,000円
保険料2万円2万円
合計25万円29万円

こうして表にして差額を見てみると見やすいですね(笑)

トータル的には我が家は一般的な4人家族のご家庭よりも「4万円節約出来ている」っていう事がわかりました!

1つずつ私がやっている節約方法を見ていきましょう!

食費

我が家は外食は極力控えており、基本的に1ヶ月に5,000円だけ外食にお金を使っていいというルールを設けています。

また、食材も出来るだけ安い時に購入したり、スーパーだけじゃなくてネット通販でも安い食材を探しているのでかなり安くなっています!

更に!旦那のお昼ご飯は100%お弁当と水筒を持参してもらってますのでココでもかなり安くなっているんじゃないかなと思います!

スマホやネット

格安SIMに変更したことが節約に繋がりました!

格安SIMに変更した事で家族4人分のスマホ代が1万円!1人2,500円くらいの計算です!

これが普通のキャリア、例えばソフトバンクとかだったらスマホ代は月2万~3万円かかっていたとおもいます・・・。

そう考えると格安SIMは本当に安いですね!

日用品や雑貨

ネット通販、主に楽天やamazonで買い物をする事が多いのでその為です!

私は特に楽天を使う事が多いんですが、毎日安い商品が変わってるんです。

なので毎日楽天をチェックして、家の日用品で足らないものと照らし合わせて、そろそろ無くなりそうな日用品と安い商品が重なったら購入するって感じですね。

後はコンビニを絶対に使わないっていう事を徹底してるので、そこが大きなポイントだと思います。

教育費

個人でやっている習い事ってすっごく高くないですか?

例えばダンス教室や体操教室、1ヶ月7千円~8千円とかって普通ですよね?

でも同じダンス教室や体操教室でも市役所等で定期的に行われている習い事に通えばめっちゃ安くなります!

私の近くにある市役所では毎週水曜日の夕方から1時間、ダンス教室が開催されていますが1ヶ月で3千円です。

これだけで5千円くらいかわるので、子供が小さいうちや続けるかどうかわからない習い事なら市役所等で開催されているコミュニティに参加するのが良いと思います!

番外編:旦那のお小遣いが多い※良い事もあります

本当は、本当は旦那のお小遣いは減らしたいんです。

毎月1万円くらいにしたいんですが、やっぱり節約に協力してもらって旦那にも理解してもらっていますので我慢だけじゃなくてどこかで還元してあげないと続かないですよね。

なので我が家では旦那のお小遣いを2万円と少し多めに渡しています。

ただ、普通にお小遣いを多めに渡すんじゃなくて、「節約して子供にも我慢させてる部分があるから、お小遣いでお菓子とか玩具とか買ってあげてね?」って言って渡しています。

そうしたら効果抜群で旦那がお小遣いを自分の為に使うのじゃなくて子供の為に使ってくれる事が多くなったんです!

旦那がお菓子や玩具、雑費分を払ってくれてるので家計には響かない、旦那は子供にしてあげれるっていう満足感と子供は父親から買ってもらえるっていう満足感。すっごい良い環境が出来てるんじゃないかなぁって思ってます!

少し話が脱線しちゃいましたが、私的には力を入れている節約日と水道光熱費、日用品や雑貨が安くなってるのでめっちゃ嬉しいです!

これって月間で4万円の節約なので、年間にすると48万円も安くなってるんですよね、そう考えると私頑張ってる!(笑)

4人家族の生活費を抑えるポイント5選

私は節約が大好きなので普段からやっているのですが、その結果一般家庭よりも4万円ほど節約出来ている事が判明しました!

さっきの表を見てもらえたらわかると思います!

そこで、どの部分を節約すればいいのか?どの部分を節約すれば一番効果的に生活費を抑える事が出来るのか?

私が実践してる中で効果的な物を5つご紹介したいと思います!

 

生活費を抑えるポイント1 水道光熱費を節約する

まず1つ目はこれ「水道光熱費」の節約です!

皆さん基本的に普通に水道や電気ガスを使っているのと思うのですが、少し工夫すればかなりの節約をする事が出来ます!

例えば「エアコン」なんかだと、季節によって設定温度を変更するのは勿論ですが、一番安くなる温度に設定する事が一番大切です!

夏だったら「27°より下げない」冬だったら「22°より上げない」このような形にするだけで月数千円レベルで変わってきます!

他にも「シャワーの出しっぱなし」は大きな節約ポイントになります!

皆さん頭を洗う時、身体を洗う時、洗顔する時、シャワーを出しっぱなしにしていませんか?

洗い終わったらすぐ使うしいちいちシャワーを切るのが面倒くさいっていう気持ちはわかりますが、1日1分シャワーを短くするだけで「年間1,000円も節約」する事が出来ます!

家族4人なら「年間4,000円」になりますし、1人2分短くできればそれだけで「年間8,000円」節約出来ます!こうやって考えると馬鹿にならないですよね(笑)

勿論他にも沢山ありますが、最低でも今お伝えした2つを実践出来れば年間1万円以上は簡単に節約できるようになります!

 

生活費を抑えるポイント2 食費を節約する

次に抑えたいのは「食費」です!といっても物理的に食べる量を減らすなんて事はしませんよ(笑)

確かに食べる量を減らすのが一番簡単かもしれませんが、それは我慢しないといけませんし健康に良くないので却下です(笑)

食費を減らす方法もいくつかありますが、まず第一に「外食を控える」事です。

例えば「マクドナルド」皆さん大好きですよね?私もめちゃくちゃ大好きです(笑)

ですが家族4人で行くと、平均3,000円ほど使ってしまいます。他にも100円寿司なんかでも家族4人だと平均4,000円ほど使っちゃいます。

普通のレストランに行っても4,000~5,000円くらい使ってしまいますよね。

1週間に1回外食するだけで「月1万5,000円」も出費がかさんでしまいます。

外食するなっていうのは家族皆我慢しないと行けなくなっちゃって辛いので「今までより1回減らそう」とか「1ヶ月に2回だけ外食しよう」と家族皆でルールを決めるとストレスも少なくていい方法です。

また、クレジットのポイントが貯まったりした場合に外食してポイントで支払うっていうのも賢いですね!

とにかく「外食する回数を今よりも減らす」これだけでかなりの節約になります!

 

生活費を抑えるポイント3 日用品を節約するポイント

日用品って生活していく中でどうしても必要なものなので節約する方法って以外と限られてるんですよね。

出来る事が限られてる中で絶対にやった方がいいのが「お得な場所で購入する」これにつきます!

例えば「ネットショップ」や「お店のキャンペーンでよくあるポイント〇〇倍」を有効活用する事が大切です。

普通にお店で購入すると200円のものが、ネットショップやキャンペーン中なら「170円」で購入出来るような事が良くあります。

たった「30円」って思うかもしれませんが、1つの商品で30円ですがそれが10商品となったら「300円」です。300円も年間で考えると3,300円になります。

たった「〇〇円」って思わないで「〇〇円も安くなるんだ!〇〇円分のポイントが付くんだ!」と考えて少しでもお安く、お得に購入出来る方法で購入しましょう!

そうすれば日用品で月に使うお金をかなり節約する事が出来ます!

 

生活費を抑えるポイント4 通信費などを節約するポイント

通信費の一番お金がかかってる部分って「スマホ代」ですよね。

夫婦でスマホを契約するだけでなんだかんだと「月1万円~2万円」必要になっちゃいます。現代人には絶対に必要なものってわかってますけどやっぱり高いですよね・・・。

なので、このスマホ代を半額くらいに抑える事が出来るとかなりの節約になると思いませんか?

実は結構簡単にスマホ代を安くすることが出来るんです!その方法は「格安スマホに乗り換える」たったこれだけです!

今ドコモやソフトバンク、AUをお使いの方はスマホ代が1人当たり月7,000円~10,000円くらいだと思います。

これを格安スマホに変更するだけで「月2,000~4,000円」くらいに節約する事が出来るんです!

ちなみに私は旦那と一緒にソフトバンクからイオンモバイルに変更したんですが、月2万の支払から月5,000円の支払いまで節約する事が出来ました!

年間にすると15万円以上の節約になるのでこれは絶対にやった方がいいです!

 

生活費を抑えるポイント5 保険料を節約するポイント

最後は保険料の見直しが一番効果的だと思います!というのも皆さんが契約した保険って内容が古かったり、払ってる金額の割には保証が少ないっていう事が結構多いんです。

保険の人に説明されて契約した時って、「なんか凄そうだから入ってみよう」こんな気持ちで入る事が多いと思うんですけど、それって話術に騙されてます(笑)

私の旦那も10年以上前に流れのままに入った保険があるんですが、毎月2万円払ってる割に保証が凄い薄かったんです。

満期もないですし、保証も少ない、完全に話術に翻弄されたパターンでした(笑)

そこで保険の見直しを無料でしてくれるプロにお任せしたところ、今まで5万円も払っていた保険料をほぼ同じ内容の保険内容で2万円まで落とすことが出来たんです!

相談するだけなら無料ですし、無理に営業をしてくる所なんて今はほとんどないのでこれは絶対やってみたほうがいいです!

保険って払って終わりじゃなくて、今後数十年毎月払い続けていくものですし、今のうちに見直した方がいいです。

目に見えないモノだからこそ、しっかりとしたプロに見てもらうべきで、自分もしっかりと把握した方がいいのが保険です。

子供のための貯金

子供の将来の為に出来るだけお金を残したいって思うのが親の性だと思います。

私も節約している理由の一つに「子供の為にお金を残してあげたい」っていう気持ちがあります。

将来子供の為にお金を残す、貯金する方法としてオススメするのは2種類!

「自動積立貯金」

これは毎月指定の口座から自動で引き落としされ、勝手に貯金、積立していってくれるサービスです。

例えば子供2人の為に毎月1万円貯金しよう!と思ってもなかなかできないですよね。手元にお金があったら使っちゃいますし残りません。

なので、使ってしまう前に積立貯金をしておけば、毎月決まった日に決まった金額が自動的に積立貯金されますのでとっても便利です。

「学資保険」

とりあえず学資保険は入っておこう、っていう考えの人が多いみたいですが大切ですよね。

毎月学資保険として1万円や2万円を子供の為に払っているとおもいます。

とってもいい事なんですが「学資保険に入ってるから大丈夫」って思わないようにしてください。

学資保険って満期で300万くらいが基本的な金額なんですが、それだと高校が私立だった場合入学金と1年目の学費を支払って終わりになってしまいます。

残り2年の学費はどうするの?という事にもなってしまいますので、学資保険に入ってるから大丈夫!って思うんじゃなくて、学資保険+何かをしておいた方がいいです。

オススメは学資保険+自動積立貯金です!

貯金する時って、貯金できた時は良いんですけど、貯金出来なかったときってすっごいモチベーション下がっちゃうと思うんですけど、毎月きっちり貯金できる積立や学資保険はモチベーションの維持にも繋がるので絶対やった方がいいです!

生活費を見直して年間100万円の貯金を目指そう!

hand putting money coins with filter effect retro vintage style

私が節約に目覚めたのって旦那の仕事が上手くいかなかったからなんですが、節約を開始した当時から見比べると「年間100万円の貯金成功」しています。

私が今月の頭くらいに投稿した「簡単!誰でもできる節約術20選!」でも紹介しているんですが、全部の節約術を合計すると年間数百万円っていう節約に成功しています。

これは要らないものを売ったりしてるので裏技的な部分もありますが・・・(笑)

ですが「今の生活費」と「節約を始める前の生活費」を比べてみても年間100万円くらいは節約に成功していますし、実際に2018年もギリギリですが100万円貯金出来てます!

節約の醍醐味は「通帳のお金が貯まっていく」事でもありますし、やっていくうちに絶対に楽しくなるので是非皆さんも節約ライフを楽しんでほしいです!

家計を簡単に管理するオススメアプリ3選

節約する時に大切になるのが家計の管理なんですが、自分で家計簿つけるのって結構大変ですよね・・・。

そんな時に超便利なのが家計簿アプリです!

家計簿アプリといってもその種類は沢山あって、買い物で使ったお金を記録するだけのシンプルなアプリから、クレジットや銀行口座と連携して資産管理まで出来る凄いアプリもあります。

正直どれを使ったらいいかわからないですよね(笑)

なのでココでは私が実際に使ってみて良かったアプリを3つご紹介します!

1つ目、500万人以上が使うかんたん家計簿アプリ「Zaim」

Zaimの凄い所は買い物をしたレシートをスマホで撮るだけで自動的に家計簿をつけてくれる所!

更に銀行やクレジットカードの入出金もカードデータを登録しておくだけで家計簿をつけてくれます!

更に更に!Zaim最大の特徴は「家計簿を家族と共有できる」事なんです。

一般的に家計簿は主婦の皆様が1人で管理していると思いますが、夫婦で一緒に家計簿をつける習慣をつければ負担を分担出来ますしなにより楽しいですよね。

節約は家族の協力がないと絶対に出来ないので、家計簿も一緒に付ける習慣をつけると皆で協力出来ていいと思います。

また、このアプリはパソコン版もあるのでパソコンからも入力出来ます!

2つ目、金融関係はこのアプリで決まり!「マネーフォワード」

マネーフォードは基本的な性能は先ほど紹介したZaimと同じようなものです。

1つ違う点は「データ連携できる金融関係機関」が圧倒的に多い事です。

銀行、クレジットカード、ネットショッピング、電子マネー、と様々な金融関係のデータを登録し家計簿に自動的に記入してくれます。

普段からクレジットカード、電子マネーをよく使う人はマネーフォードが便利です!。

また、Zaimで登録出来ない金融機関があった場合もマネーフォードがオススメです。

金融機関登録のマネーフォードか家族と共有のZaim、どちらもとってもオススメです!

3つ目、レシートを撮るだけでOK!「Dr.Wallet」

三日坊主にならない!?つづくヒミツ

というキャッチコピーのDr.Walletですが、その秘密は使い方がめちゃくちゃ簡単な事にありました!

Dr.Walletはレシートを撮影すると、なんと「オペレーターが目視で確認して手入力してくれるアプリ」なんです!

他のアプリだと自動で読み取りなので全てを読み取れなかったり間違って読み取ったりすることがあるのですが、このDr.Walletなら人間が目で見て確認して手で入力するのでイレギュラーがおきないんです!

また、金額だけじゃなくて費目やカテゴリーも分けて登録してくれるのでめっちゃ便利!

ついでにレシートだけじゃなくて銀行口座やクレジットカードの利用明細も取得してくれますので家計簿アプリとしての機能も充実しています!

とにかく簡単なので他の家計簿アプリが続かなかった人、三日坊主になってしまった人は騙されたと思って登録してみてください!めっちゃオススメです!

まとめ

今回は「四人家族の生活費はどれくらいかかるの?」という形でご紹介させていただきました。

結果的には四人家族で平均「29万円」くらいでした。私は節約が功を奏して平均よりも安い生活費でしたが、もっともっと節約していきたいと思います!

と言っても無理のない範囲で、我慢もそこまでしないように、満足して楽しめる節約生活を目指していきたいと思います!

私がやって良かったと思う節約方法は皆さんにもお伝えしていきますので是非私と一緒に節約してお金を貯めていきましょう!!

The following two tabs change content below.
海中くじら

海中くじら

節約が大好きな30代主婦ライター。旦那さんと子供2人の4人家族。節約して貯めたお金で海外へ家族旅行に行くことを夢見て日々努力している。

-家計管理

Copyright© 節約ぽけっと , 2019 All Rights Reserved.