格安スマホ

中学生のスマホデビュー早わかりガイド!格安料金で良い機種を持たせてあげる方法は?

更新日:

はじめに

1人1台スマホを持っていることが当たり前となってきた、現代。

子供も、スマホを所有するのが当然という社会になりつつありますよね。
スマホが子供に与える影響なんかも色々議論されていますが、これからも子供のスマホ所有率が高くなっていくことは間違いないでしょう。

現に2017年時点で中学生のスマホ所有率は60%ほどでしたが、2018年には71.7%にもなっているんですよ!
この結果を見ていると、「いつかうちの息子たちも中学生になったらスマホを持たせるべきなのだろうか?」と考えずにはいられません。

そこで、将来のためにも中学生のスマホデビューについて詳しく調べてみることにしました!

中学生が持つファーストスマホは「格安SIM」が主流!

中学校入学と同時に持つ子供が多いとされる、ファーストスマホ。
そんなファーストスマホに選ばれやすいのが、格安SIMです。

では、一体なぜ中学生のスマホデビューで格安SIMが人気となっているのか見てみましょう!

大手キャリアより格安が選ばれる理由とは

一昔前ならば、格安SIMよりも大手キャリアの方が安心安全なのが当たり前というイメージが強くあったものです。
現在でも大手キャリアのスマホは人気ですが、最近は格安SIMを選ぶ人が多くなってきている傾向にあります。

その一番の理由は、やはり「月々の料金が安いから」ですよね。

スマホの料金は、大手キャリアを利用していると毎月1万円以上かかることも珍しくありません。
現在両親のみでスマホを契約している家庭でも、子供がスマホを持つ様になれば月々の出費もそれだけ増えることになるんです。

毎月1万円も出費が多くなると、家計に影響してくる部分もありますよね。

中学生になると出費が増える・・・

しかも中学生になると、習い事や塾などで今まで以上にお金がかかってくるものです。
毎月の食費も今まで以上にかかると考えると、家計の見直しが必要となってくるかもしれません。

そんな出費を抑えるならば、スマホの月額料金も抑えていくべきですよね。
それも子供が複数いれば、これから子供の数だけ出費ばかりがどんどん膨らんでいくことになるんです。

だからこそ、中学生のファーストスマホには月額料金が安い格安SIMが選ばれているわけです。

格安スマホでも大手キャリアと同じように使える

現在の格安スマホは、大手キャリアと肩を並べる勢いで人気を博していますよね。
しかし一昔前では、月額料金が安いという大きな魅力がありながらも、その人気は伸び悩んでいました。

その何よりの理由は、「通信速度が遅い」というものでした。

一般的に、スマホは通信速度が速くて当たり前として認識されてきました。
ですが格安スマホは使用している通信ネットワークなどの関係で、どうしても速度が遅くなっていたんです。

スマホの通信速度が遅いと、調べものにしても友人と連絡を取るにしても、時間がかかってしまいますよね。
まして動画のストリーミングなんかでは、通信速度が遅いと度々画面が止まってしまいまともに見られるものではありませんでした。

そんなスマホの最重要ポイントとも言える「通信速度が遅い」ことこそ、格安スマホが伸び悩んだ一番の理由なんです。

また大手キャリアのスマホに比べると、格安スマホは機種が使いづらいという欠点もありました。
格安で販売できるのにはそれなりの理由があり、コストをかけて作られている大手キャリアのデザインには手が届かなかったんです。

毎日肌身離さず持ち歩き、さまざまなシーンで使用するスマホが使いづらいと、スマホを使うことに対してストレスを感じることすらあるでしょう。
スマホが必須アイテムとなっている現代だからこそ、機種の使いづらさは大きなデメリットとなっていたんですね。

通信速度や機能性は改善されている

しかし格安スマホの事業が開始されてからしばらく時間が経った現在においては、通信速度や機能性は大幅に改善されています。

そのため格安スマホのシェア率も拡大し、2014年10月に1.6%だった利用率が2018年9月には11.3%にまで伸びているんです。
格安SIMについての認知度は90%を超え、その内容を理解している人の割合も49%と約半数となりました。

2018年9月の調査では、メイン利用している通信サービスにおいて大手キャリアに手が届きそうな割合をたたき出しているんですよ!

ドコモが32.2%、auが27.0%、SoftBankが21.4%なのに対し、格安SIM事業社は11.3%でY!mobileの4.8%と合わせると16.1%にもなっているのです。

ここまで格安スマホの利用率が高くなっているのは、通信速度や機能性において大手キャリアにも劣らない魅力があるからです。
月々の料金が抑えられることも大きな要因となり、格安スマホはどんどんと人気が高まっているわけですね。

中学生が初めてスマホを手にするのであれば、まずは格安スマホからと判断する家庭が多いのも納得と言えそうです。

中学生にスマホを持たせるならこれ!おすすめ格安SIMランキング5社!

格安simを使うと毎月のスマホ代を安く利用できることはご説明しましたが、たくさんある格安スマホの中からどれを使えばいいの?と思う方も多いと思います。

今回は、数ある格安SIMの中から特におすすめの格安SIMを5つ紹介いたします!

5位、マイネオ

mineoは関西電力のグループ会社であるケイ・オプディコムの格安SIMです。
ドコモ・au・ソフトバンク全ての回線を取り扱っており、料金プランもその分豊富になっています。

機能は下記の通りです。

月額料金700円~
データ通信料500MB~
フィルタリングサービス有(月額350円)
回線の種類ドコモ・au・ソフトバンク

月額の料金は700円から、通信料は500MBから選べるのは嬉しい点ですね。
フィルタリングサービスも月額350円とかかりますが、セキュリティ以外にも学習アプリや教育アプリ、ブルーライト削減アプリなど、ツール関係も充実しているのは
便利です。

mineoのおすすめ機種は?

HUAWEI P20 lite

mineoで私がおすすめする機種はHUAWEI P20 lite です。

指紋認証、顔認証の機能や急速充電にも対応しており、CPUもオクタコアを使用しており、処理速度も非常に優れたものになっております。

インカメラも1600画素と高く、友達と写真を撮ったりする機会も多い学生でも便利に使えますね!

機種代金は29400円です。

4位、UQモバイル

UQモバイルはUQコミュニケーションズが取り扱う、au回線を使った格安SIMです。

auと同じau 4G LTE回線を使用しているので通信速度が速く、通信エリアも広いが特徴です。

月額料金1980円~
データ通信料3GB~
フィルタリングサービス
回線の種類au

UQモバイルの強みは何といっても通信速度です。

通信速度が格安スマホの中でも一番と言われるほどに速く、快適にネットや動画を楽しむ事ができます。

また、フィルタリングサービスも、不適切なアプリを制限してもらえたりと安心して使うことができます。

モバイルのおすすめ機種は?

HUAWEI nova lite 3

私はHUAWEI nova lite 3をおすすめします。

こちらも3400mAhの大容量バッテリーに加え、マイクロSDも512GBまで対応しており、たくさんのデータをSDに保存することができます。

画面の大きさも6.21インチと大きめとなっているので、動画やゲームも迫力のある画面で楽しむことができ、目の疲れ等も軽減できますね。

機種代金は31664円です。

3位、BIGLOBEモバイル

BIGROBEモバイルは老舗インターネットプロバイダー「BIGLOBE」が展開する格安SIMです。BIGLOBEモバイル最大の注目点は、youtubeやAmebaTVが見放題となる「エンタメフリー・オプション」が使えることです。

月額料金900円~
データ通信料3GB~
フィルタリングサービス有(月額200円)
回線の種類ドコモ、au

他の格安SIMに比べて1GBのプランは存在せず、フィルタリングサービスも月額200円となっておりますが、フィルタリングはWIFI環境にも対応していたり、端末の利用時間を制限できたりと、できることも多くなっています。

Youtube見放題など嬉しい機能でも、お子様が使うときは心配です。
そんな時はフィルタリングサービスを使い利用時間を管理したりして、お子様を守ってあげるといいかもしれません。

モバイルのおすすめ機種は?

AQUOS sense2 SH-M08

BIGLOBEモバイルでおすすめなのはSHARPのAQUOS sense2 SH-M08です。

5.5インチの画面の大きさに加え、IGZOという機能が搭載されており、電力の消費を抑え、バッテリーの持ちも非常に良くなっています。

また、カメラの機能も非常に良くなっており、屋内でもよりリアルな写真を撮影できたり、スマホを使う上で非常に便利な防塵、防水機能、スマホで支払いができるお財布ケータイの機能がついているのも嬉しいですね。

機種代金は33120円です。

2位、TONEモバイル

TONEモバイルはドコモ回線を使った格安SIMです。

プランが非常にシンプルにできており、基本プランは月額1000円のもの一つだけと分かりやすい料金携帯であり、スマホのプランはややこしいものが多いだけにありがたいですね。

機能は下記のようになっております。

月額料金1000円~
データ通信料無制限
フィルタリングサービス
回線の種類ドコモ

データ通信が無制限で利用できるのはありがたいですね!
動画やネットを見る機会の多い学生にはうれしい特典です。
トーンモバイルの注意点は、契約の際に必ず端末を同時購入しなければならないこと、通信速度が500~600kbpsと他のキャリアに比べて若干遅いことです。

通信速度は遅くても通信料を気にせず使いたい!という場合はよくお子様と相談して決めるのがいいかもしれませんね。

TONEモバイルのおすすめ機種は?

TONEモバイル

TONEモバイルのおすすめ機種はTONEe19です。

こちらはとTONEモバイルの最新機種となっており、高性能にもかかわらず機種代金も安く販売されており、学生のお子様に持たせるには非常にコスパの良い機種です。

セキュリティの面では指紋認証や顔認証機能が搭載されており安全にスマホを使うことができ、購入した際の箱の上に機種を置くだけでスマホのデータ通信やアカウント設定に不具合がないかみてくれる「置くだけサポート」という機能もあり、安心面でも優れた機種となっております。

機種代金は19800円となっております。

1位、LINEモバイル

ラインモバイルは「LINE」が提供している格安SIMです。月額プランは500円から利用でき、LINEの音声通話やトーク、Instagram、Facebook、Twitterを利用する場合はデータ通信量がかからないプランがあるのが特徴です。

大まかな機能は下記のようになっております。

月額料金500円~
データ通信料1GB~
フィルタリングサービス
回線の種類ドコモ、ソフトバンク

ラインには月額プランは500円から利用でき、LINEの音声通話やトーク、Instagram、Facebook、Twitterを利用する場合はデータ通信量がかからない「コミュニケーションフリープラン」があるため通信料を気にせず使うことができます。

また、フィルタリングサービスの機能も充実しており、アプリの利用制限、サイト表示の制限もできたするので、安心して使うことができますね。

LINEモバイルのおすすめ機種は?

iPhone 6s

ラインモバイルではiPhone 6s をおすすめします。

iphoneシリーズでは少し前の機種にあたるものになりますが、最新機種に比べて機種の性能はそこまで大きく変わっておらず、処理速度等もかなり速く快適に使えるようになっております。

また、カメラ機能では4K動画を撮影できたり、3Dタッチ機能によってタッチの強弱等に合わせて様々な機能を使い分けることが出来たりと、便利な機能もたくさんついています。

機種代金は32BGのものは33800円、128GBのものであれば43800円となっております。

この通りにやればOK!中学生にスマホを持たせる5つのステップ

スマホは大変便利なアイテムでありながら、同時にさまざまなトラブルの原因となる可能性があるアイテムでもあります。

そのため初めて中学生にスマホを持たせる場合には、いくつか踏んでおきたいステップがあるんですよ。

街に出ればたくさんのショップが立ち並んでいるので、魅力的なスマホをたくさん見ることができますよね。

しかしそうやって実物を見て回る前にも、いくつか子供と決めておくこともあるんです。
親にとっても本人にとっても、子供のスマホデビューは初めての経験

ここで、適切なステップについて学んでおきましょう!

  • スマホについて本人と話し合う
  • どのキャリアでスマホを契約するか決める
  • 最適な機種・料金プランを選ぶ
  • スマホの設定を済ませる
  • 子供と一緒に楽しくスマホを使いこなす

上記5つのステップに分けて、それぞれ具体的に紹介します。

ステップ1:スマホについて本人と話し合う

まず何よりも最初に行うべきは、スマホを持つことになる子供本人との話し合いです。
「スマホをちゃんと使えるか?」ということについて、じっくり話し合いましょう。

スマホを使うと、さまざまなことができるようになります。
良い使い方はもちろん、悪い使い方だっていくらでもできるようになってしまうんです。

そこで、適切な使い方ができるのかどうかを時間をかけて話し合うと良いんですよ。
あわせて、スマホを大切に使えるかどうかについてもしっかりと話し合っておくと安心です。

スマホは、決して安いアイテムではありません。
購入してすぐに壊してしまうような使い方をせず、大切に使っていけるかどうかの意思確認をしておくべきなんです。

こうした基本的なことを確認したうえで、「ルールを守れるか?」についてを明確にしておきましょう。
スマホを使う上では、家族内で決めたルールを守ることが最低限の条件となります。

ルールを作ろう

  • 食事中は使用しない
  • 友達との貸し借りはしない
  • 無断で課金はしない

など。

ルールを守ることができずに好き放題使ってしまうようでは、月々の料金がとんでもなく高くなってしまうこともあるでしょう。

それだけならまだしも、子供がトラブルに巻き込まれてしまう可能性だってあるんです。

そんなリスクを減らすために、スマホルールはこの時点であらかじめて決めて「ルールを守る」ことを前提にスマホの購入について話し合うことが大切なのです。

どんなスマホにするかも話し合う

ここまでの話し合いが済んだら、「どんな風にスマホを使いたいか?」「欲しい機種はあるか」などについて詳しい話をしていきます。

スマホの使い方によって、ある程度機種が限定されることもあるかもしれません。
また、もしからしたら欲しい機種がもう決まっているかもしれないので、しっかり確認しておきましょう。

子供を喜ばせたいからと、サプライズでスマホを買って渡しても、本人が希望するものでなければ喜んではもらえません。

そこで、子供の希望を確認してインターネットなどで下調べをし、ある程度購入する機種の候補を絞ってから子供と一緒に買いに行くと安心ですね。

ちなみに私の家庭では、子供が使う用の端末としてタブレットを用意しています。
息子たちはまだ幼いため、動画を見たり知育アプリを使うくらいしか今のところ使い道がないため、画面が大きいものを選びました。

これに関しては親による判断が大半ですが、子供たちがタブレットを使う際にはルールを設けています。

まだ幼い子供たちですので、ルールはタブレットを使う前に毎回口頭確認です。

  • 「今は何をする時間?(動画を見るのか、Youtubeを見るのか、アプリで遊ぶのかなど)」
  • 「○○するまでの間だけだけど、○○する時間になったら笑顔でタブレットとバイバイできる?」
  • 「画面から離れて見れる?」
  • 「二人で仲良く見れる?」
  • 「タブレットを投げたりしないで大切に使える?」

など、毎日確認しているんです。

ルールを設定せずタブレットを渡していた頃は、「終わりにしてね!」と言うと怒り出して泣いてタブレットを投げるのが日常でした。
これによって、何度画面が割れたことかわかりません。

スマホを買う前のステップとはちょっと話が違うかもしれませんが、スマホを使う上でのルールはとても重要だと思います。

これからスマホを購入するステップならば、ぜひここはしっかりとルールという地盤を固めておくべきではないでしょうか。

ステップ2:どのキャリアでスマホを契約するか決める

次に、どのキャリアにするのかを決めておきましょう。

キャリアが定まっていれば、機種も料金プランも決めやすくなり話が進みやすくなりますよね。
逆に、キャリアが決まっていないと選択肢が多すぎて何を選んだら良いのか分からなくなってしまいます。

中学生のファーストスマホならば、やはり料金面でメリットの大きい格安スマホがおすすめです。

通信速度や使い勝手についても大手キャリアに劣らない格安スマホならば、選ばない手がありませんよね。

そんな格安スマホの魅力を加味しつつ、最適なキャリアを選んでいきましょう。

ステップ3:最適な機種・料金プランを選ぶ

キャリアが決まったら、機種をある程度見定めておきましょう。
何機種かピックアップしておけば、実際にショップに行ってからも品定めしやすくなります。

1機種に絞ってしまうのも良いですが、実際にその機種に触れてみると予想に反して良くなかったというケースもないわけではありません。
そんなことも想定して、いくつか候補を挙げておくようにすると安心です。

あわせて、料金プランもある程度見定めておきます。

料金プランはいくつか用意されていることがほとんどですが、その中から最適なものを選べばそれだけ月額料金も節約することにつながります。

使用量に比べて安すぎるプランや高すぎるプランでは、無駄な出費が出てしまうんですね。

ただし、本当に最適なプランは実際に何ヶ月か使ってみてからの判断となります。
そこで、まだ使用量などが未知なスマホデビューでは、少し大きめのプランにしておくと安心です。

初めてスマホを手にするのですから、いろんなことをしたくなるのが当たり前。
最初の数ヶ月は、使用量も多めになると予想しておいた方が良いですよ!

ここまで決まったら、実際にショップへ行ってスマホを契約しましょう。

ステップ4:スマホの設定を済ませる

スマホを購入したら、子供に渡す前にある程度の設定を済ませておきます。

スマホではあらゆることができるようになっているため、設定をしておかないとなにかしらのトラブルに巻き込まれてしまう可能性もあるからです。

これから先、安全にスマホを使っていけるためにも、使い始める前に万全の設定をしておくと安心なんですね。
また、子供でも使いこなせるように設定しておくことも必要です。

これについては、後ほど詳しく説明していきますね!

ステップ5:子供と一緒に楽しくスマホを使いこなす

設定が終わったら、あとは使っていく段階です!

子供がスマホを持つと、親子でラインのやりとりが可能になります。
子供とラインでメッセージを送り合うなんて、想像しただけでなんだかワクワクしちゃいそうですね!

ラインだけでなく、一緒にアプリで遊ぶことも可能です。
オンラインゲームで対戦することもできますよね。

親子それぞれがスマホを持つと、今まで以上に親子のコミュニケーションを取る方法が多くなります。
面と向かって言いにくいことも、ラインならば言えることもあるかもしれません。

思春期に差し掛かってくる中学生なら尚更、親子の意思疎通の手段としての活用ができると良いですね!
また一緒にアプリで遊ぶことなどを通じて、親子のコミュニケーションの機会も増えそうです。

そんな活用方法があることも知っていれば、子供と一緒にスマホを使うことに大きな魅力が見えてきそうです。

早速使い始める前に・・・親の方で済ませておきたい設定は?

まだまだ好奇心ばかりが先に立つ、中学生。
自分で考えて判断ができるとは言え、まだ全ての危険を事前に察知できるわけではありません。

大切な我が子のことを考えるからこそ、親は子供がスマホを持つことを心配するんですよね。

そこで、子供が安全にスマホを使えるようにするための設定をあらかじめ済ませておきましょう!
子供が使い始めてからでは、もう遅いということもあるかもしれません。

そのため購入して子供に渡す前のタイミングで、必要な設定は全て行っておくと安心ですよ。

初期設定を済ませる

スマホを使い始めるためには、ほとんど全ての機種で初期設定が必要です。

特に格安スマホの機種の場合には、機種を最初に起動した時に必要となる初期設定も自分で行わなければならない場合がほとんどです。

設定自体は、そんなに難しいものではありません。
画面に表示される指示に従って進めていくだけで、難しいことはほとんどなく簡単に完了するでしょう。

ただし、誰にでも簡単というわけではありません。
もちろん誰にでもわかるように工夫されている機種が多いですが、それでも中には「難しい!」と感じる初期設定もあるんです。

私は以前大手キャリアショップに努めていた関係で当時の機種には精通していましたが、それでも稀に難しいと感じる初期設定があったものです。
そんな初期設定については、多くの人がウェブで調べるなどして進めていきますよね。

現代においては、どんなことでもウェブで検索すればほとんどの答えを得ることができます。
それでも、もちろん良いでしょう。

しかし設定するのは、自分ではなく子供のスマホです。
万が一設定が間違っていると、困るのは子供となります。

そこで、設定が心配な場合は格安スマホの店舗で契約をしてその場でスタッフにお願いして設定してもらいましょう。
万全を期すのならば、プロに任せてしまうのが一番なんです。

フィルタリングアプリを入れる

特に子供が使うスマホには、フィルタリングアプリを入れることが欠かせません。

と言うのも、スマホを使う人が18才未満の場合にはフィルタリングアプリを利用することが義務付けられているんです。

親権者の同意があればフィルタリングアプリなしでの利用も可能ですが、安全のためには入れておくに越したことなないでしょう。

フィルタリングアプリの役割は、主に不適切なサイトの閲覧をブロックすることです。
中学生の場合は、まだ見せたくない内容のサイトも多くありますよね。

スマホを持つと、どこからでもインターネットに接続できるようになるためフィルタリングアプリがなければどんなサイトでもアクセスできることになるんです。
子供は、まだどのサイトが不適切なのかの判断はできません。

だからこそ、フィルタリングアプリでしっかりとフィルターをかけておく必要があるんですね。

フィルタリングアプリにはさまざまな種類があり、有料のものも無料のものもあります。

LINEモバイルのフィルタリングアプリがおすすめ

中でもオススメなのは、LINEモバイルが提供している無料のフィルタリングアプリ「i-フィルター」です。

精度の高いフィルタリング機能が特徴で、子供の年齢に合った項目を選ぶだけで推奨設定にすることが可能です。
さらに閲覧可能にするカテゴリやサイトを個々にブロック解除するなどの細かいカスタマイズもできるんですよ!

そして親にとって魅力なのは、離れた場所からでも子供のスマホを見守ることができる機能となります。
フィルタリングアプリがインストールされていない他のパソコンから、i-フィルターがインストールされている子供のスマホの利用状況の確認ができるんです。

子供が検索した単語や、アプリによってブロックされたサイトの確認もできるようになります。
これによって、子供のインターネット利用を見守ることができるんですね。

もう1つ、子供のインターネット利用時間を制限することができる機能も搭載されています。
長時間の利用をアプリで防ぐことができるので、親に隠れて長時間使うこともできなくなっているんです。

親にとって安心となる機能が多い上に無料で利用できるi-フィルターは、インストールしない手はなさそうですね。

Googleのファミリーリンクアプリ

他にも、Googleのファミリーリンクアプリもおすすめです。

スマホ利用におけるルールを設定できるので、親の目が届きにくくなる年頃にも安心ではないでしょうか。
子供がどんなアプリを多く使っているのかを把握することができる他、Google Playストアからアプリをダウンロードしようとすると親に通知が送られてきて、ダウンロードを許可するかブロックするかを選ぶこともできるんです。

アプリ内購入も管理が可能なので、高額請求になりにくいのもメリットですね。

またスマホの利用時間を制限したり、おやすみ時間の設定も可能なので子供の生活リズムを管理することにもつながりそうです。

こうしたアプリを活用しつつ、子供のスマホの安全対策を万全にしていきましょう!

最低限必要なアプリを入れる

フィルタリングアプリを設定したら、これから必要となる最低限のアプリを入れておきます。
まず欠かせないのは、セキュリティアプリですね。

外部からの攻撃を防ぐためにも、セキュリティアプリは必ず入れてインターネットを安全に使えるようにしておきましょう。

またラインなどの必ず必要となるアプリは、子供に手渡す前にダウンロードしておくと良いですね。

こうして必要なアプリが揃っていれば、子供も安心してスマホを使い始めることができるんです。

子供と一緒にスマホを楽しもう!親子で使えるおすすめアプリ

最後に、子供と一緒にスマホを楽しむためのアプリを紹介します!

Tik Tok

まずは、定番「Tik Tok」です。
言わずと知れた大人気アプリで、音声や音楽に合わせて口パクした動画を編集するアプリとなっています。

これなら、中学生の子供でも親子で一緒に笑いながら楽しむことができそうですね!
動画が作品となるため、思い出として残るのも嬉しいポイントです。

どうぶつタワー

次に紹介するのは、「どうぶつタワー」です。
ルールはとても簡単で、落ちてくる動物を上手に積み上げていくだけ。

アプリそのものの雰囲気が可愛く、動物もやたら可愛いので単純なゲームながら癒されます。
さらに単純なゲームだけに、親子で白熱してしまいそうなのも良いですね!

頭を柔らかくする脳トレ ? 無料で謎解き暇つぶしIQアプリ

3つ目は、「頭を柔らかくする脳トレ ? 無料で謎解き暇つぶしIQアプリ」です。
謎解きが主となるこのアプリは、楽しみながらも脳トレにもなる一石二鳥な存在となります。

ちょっとした空き時間なんかに、親子で謎に挑戦してみてはいかがでしょうか!?

【まとめ】中学生のスマホデビューは一大イベント!

大人にとっては当たり前の存在であるスマホですが、中学生の子供にとってのスマホデビューは大変な一大事です。

周りのお友達もスマホデビューする子が多くなる年齢なので、子供にとっては大人になるための1つの大きなステップと言えるのかもしれませんね。

そんな子供のワクワク感とは反対に、親にとって子供のスマホデビューは心配事が増える要因ですよね。

最近ではインターネットを介した犯罪も増えているため、スマホの安全性については本当に心配の種だと思います。

いくらフィルタリングアプリが入っているとは言え、スマホを介して起こることを親が全て監視することはできません。

だからこそ、子供としっかりと話し合ってルールを作り、安全にスマホを使うための環境を整えておくべきなんです。

そして、「もし万が一なにか困ったことがあったらいつでも力になるからね!」ということをしっかりと伝えておくだけでもトラブルに巻き込まれるリスクを下げることができます。

万全の対策をして、安全に我が子がスマホデビューできるようにサポートしていきましょう!

The following two tabs change content below.
rarabel

rarabel

息子2人と犬とウサギと仲良く暮らしている30代シングルマザーです。「楽して節約したい!」をポリシーに、節約についていろいろ調べて記事を書いてます。

-格安スマホ
-,

Copyright© 節約ぽけっと , 2019 All Rights Reserved.