時短術

梅雨の洗濯物は乾かない!?嫌な臭いなしで早く乾かす方法8選を大公開!

投稿日:2019年3月18日 更新日:

はじめに

私たち主婦にとって毎日の洗濯って結構大変です。

お天気がカラッとしてる時なんかは気持ち的にも洗濯もの的にもいいのですが、雨とか雪が降ってる時は最悪です。

冬は雪も降るしお日様が出てる時間が少なくて最悪なんですが、それよりも一番最悪なのは「梅雨の時期」。

洗濯ものが乾かないのは勿論なんですが、外に干せないから部屋干ししか出来ない。ずっと部屋干ししてると嫌な臭いがしてくる・・・と本当に梅雨の季節は最悪です。

今回はそんな梅雨の季節でも「洗濯物が嫌な臭いなしですぐに乾くようになる方法」をご紹介したいと思います!

梅雨の洗濯物が臭いし乾かない原因は?

洗濯物が臭くて乾かない原因はですが、それぞれに理由があります。

まず「臭いの原因」ですが、実は臭いの元となる雑菌は洗濯機の中にも潜んでいます。目に見える雑菌(黒カビ)もいますし、目に見えない雑菌も存在しています。

それらの雑菌が洗濯物に付着する事で洗濯物が臭くなっちゃうんです!特に洗濯機の中に放置しちゃった洗濯物って臭いがきついって思いませんか?これが原因なんです。

次に「乾かない原因」ですが、これは部屋の中の湿度が大きく関係しています。

湿度が高いと洗濯物が乾きにくく、湿度が低いと洗濯物が乾きやすいっていう事なんです。

より早く乾燥させたいのであれば出来るだけ湿度が低くなるように部屋を調整する必要があります!

梅雨の洗濯物を嫌な臭いなしで早く乾かす方法8選

色々方法があるんですが、今回は私が実際に梅雨の季節や雨が続いた時に使ってみて効果があった方法をご紹介します!

洗う前の洗濯物を洗濯機に入れておかない

まず嫌な臭がする原因の1つとして「洗濯機の汚れ(黒カビの発生)」があります。

毎日使うものですから少しずつ汚れてしまうのは仕方がありませんが、黒カビの発生する一番の理由は「乾燥してない」からなんです。

黒カビが好む環境は「高温多湿」の場所なので、洗濯機が常にジメジメ湿っていると最高の苗床になってしまいます・・・。

洗濯をする予定の衣類を洗濯機に入れっぱなしにしてしまう人が結構いるのですが、それは絶対にダメです。

「もう少ししたら洗うから」「夜になったら洗うから」「明日の朝に洗うから」と洗う前の洗濯物を洗濯機に入れっぱなしにしてしまうと、まず洗濯機の中が乾燥されません。

シャツや下着などの衣類は一見綺麗に見えても実際には汗や雑菌まみれです。また、顔や身体を拭いたタオルやバスタオルも湿っているので当然言語道断です!

水をふき取ったタオル、汗で湿っているシャツ、どう考えても乾燥には不適切ですし、洗濯機が湿気だらけになってしまいますよね。

更には雑菌も多く菌が繁殖するというとにかく最低な状況になってしまいます。

「洗濯ものが臭い」原因は生乾きとか雨が多いとか以前に「洗濯機が菌まみれ」になっている可能性があります。

乾燥させるのが一番なので絶対に洗う前の洗濯物は洗濯機に入れないようにしましょう。

抗菌成分が含まれている洗剤を使う

簡単に言うと「除菌・抗菌」の成分が含まれている洗剤を使うのがベストです。

というのも抗菌成分が含まれている潜在を使う事で「雑菌臭対策」にもなりますし「洗濯層のカビ対策」にもなるんです!

今まで衣類の事を考えて抗菌成分が入っていない、入ってても少しだけの洗剤を使っている、という人も多いとおもいます。

また、「抗菌成分が入ってなくても洗濯機を綺麗にすればいいんでしょ?」と思う人もいると思いますが、半分正解で半分不正解なんです。

まず毎日使う洗濯機なので、汚れは日に日に溜まっていきます。それを月1回程度の洗濯槽の掃除だけで補うのは正直厳しいです。

確かに目に見える汚れは月に1回で問題ありませんが、「目に見えない”臭いや雑菌”」はそれだけだと全然足らないんです。

実際部屋干しした時に「ちょっと臭うな~」って思う時があると思いますが、まさにコレなんです。

なので、臭わないようにする一番いい方法は普段から抗菌成分が含まれてる洗剤を使うっていう事なんです!

洗濯が終わったらすぐに干す

洗濯が終わったらすぐに干す人、適当に放置して気が付いたら干す人がいると思いますが、洗濯が終わったら絶対にすぐに干しましょう。

その理由は先ほどもお伝えしましたが「洗濯機を乾燥させる」という事と「洗濯機の中には菌がいる」からです。

まず「洗濯機を乾燥させる」ですが、洗濯ものが終わってもそのまま洗濯機に入れ続けると洗濯物は湿っているので洗濯機が乾きません。

乾かない=雑菌(黒カビ)が増える、という事になります。

次に「洗濯機の中には菌がいる」ですが、洗濯が終わってすぐの衣類にはほとんど菌はついていません。特に抗菌洗剤を使うと激減しています。ただ、洗濯機に入れっぱなしにすればするほど、菌が繁殖し、繁殖した菌が衣類に付着してしまうんです。

この2つの理由で洗濯物が臭くなってしまいますし、何より干してないので乾かないですよね(笑)

干しても乾きにくいのに干さないとより乾かないのは当然です(笑)

洗濯物の間隔を空ける

洗濯物の量にもよりますが、出来るだけ服と服の感覚を空けるようにして干してください。

出来れば15㎝ほどが望ましいですが、難しいなら最低でも10㎝は空けるようにしましょう。

なぜか?それは衣類が乾くための条件として「空気に触れる」事が何よりも大事だからです。

洗濯物の間隔が短いと密集してしまうので空気の通り道が少なくなってしまいますし、下手をしたら道がなくなっちゃいます。

空気の通り道がない=洗濯物が空気に触れない=乾かない

という事になりますので、間隔を空けるのはとっても大事です。

どうしても場所が足らないという場合はツッパリ棒などを使って洗濯物を干せる場所を増やしましょう!

干した洗濯物の下に新聞紙を敷く

「なんの意味があるの?」って思いませんか?私は最初にこの裏技を聞いた時思いました(笑)

新聞紙を敷くとどうして洗濯物が早く乾くのか、それは「湿気を吸わせる」事が目的なんです!

というのも、湿気って言うのは部屋にもありますし、それが梅雨なら部屋の中もジメジメしています。

そのジメジメを新聞紙が吸い取ってくれるんです!※新聞紙は普通に広げるんじゃなくて、一度クシャクシャにしてシワを付けた方がいいです。そうすると裏側でも湿気を吸い取ってくれるので効果が倍に!

浴室乾燥機や浴室の換気扇を活用する

洗濯物を出来るだけ早く乾かしたい!でも雨が降っている・・・どうしよう!

っていう時に便利なのが「浴室乾燥機」を使った方法です!

浴室乾燥機って簡単に言うと「浴室内に暖かい空気を送り込んで温めたり乾燥させたりする装置」なんです。

浴室内で洗濯物を干して、浴室乾燥機を使えば驚くほど早く乾かすことが出来ます!

少し電気代がかかるので時間があるときは部屋干し、時間がない時は浴室乾燥機を使うのがいいと思います!

ちなみに早く乾かすコツとして「しっかり脱水する事」「湯船の栓を抜くかフタを閉める」「窓を閉める」「水滴をふき取る」「乾きにくいものは吹き出し口近所に」これをするとより一層早く乾かすことが出来ます!

部屋に干すならエアコン(ドライ)をかける

洗濯物を乾かすために必要なのは「空気や風に触れる」事です。自然の風が一番いいのですが部屋の中だとなかなか難しいですよね。

そういう時は「エアコン(ドライ)」を使って乾かす事が出来ます!

これもエアコンを使うだけに少し電気代がかかってしまいますが、どうしても早く服を乾かしたい!という時にはめっちゃオススメの方法です!

お風呂場は湯船を空にしたり水滴をふき取ったりと少し面倒ですが、エアコンならそういう事はしなくてもOKです。

ただただエアコンの風を洗濯物に当てるだけでいいので楽ちん差でいうとエアコンですね。

扇風機を使う

エアコンで風を当てるのも有効ですが「扇風機」の風を当てるのもかなり効果的です!

というか洗濯物を早く乾かしたい時は必須アイテムと言っても過言じゃありません(笑)

というのも浴室やエアコンと違って「場所を選ばない(扇風機は移動が簡単だからどこでもOK)」「電気代が安い」「ピンポイントで当てたい場所に風を当てれる」この3点が特に有効で、一番お手軽なのは扇風機です!

ただ、全体的に乾かすのはそこまで得意ではありませんので一長一短ですね。

乾かしたい服の種類、量、時間などでどういう方法で乾かすかを決めるのが一番いいと思います!

一番早く乾く方法はこれだ!

ここまで洗濯物を早く乾かす方法をいくつか紹介してきましたが、一番効果的なのはどうするのがいいか気になりますよね。

私が今でも梅雨時期になったら使ってる最強の「一番早く乾く方法」は「エアコンと扇風機を同時に使用する方法」です!

まず扇風機の首振りで乾かしたい洗濯物に風を当て続け、次にエアコンでも上から風を洗濯物に当て続けます。

更に!両方を使う事でかなり早く乾かすことが出来ますのでトータル的に電気代まで安くすることが出来ます!

勿論毎日使いまくると電気代がバカにならなくなっちゃうので、出来るだけココゾっていう時に使う事をオススメします。

私は洗濯物が溜まりすぎたり、乾かなさ過ぎた時の最終手段にこの方法を使います。

出来るだけ自然乾燥に任せるけど、時間がない場合はエアコンと扇風機を使う、っていう感じですね。

この方法を知ってるだけでも緊急時に対応できるので全然違います!是非覚えておいてください!

エアコンと扇風機を使ったらどれくらいで乾くのか実際に検証してみた

便利で早く乾くのは知ってたんですけど、実際にはどれくらいで洗濯物が乾くのかな?と疑問に思ったので時間を測ってみました!

検証した条件は

・洗濯が終わってすぐのもの

・エアコン(ドライ)使用

・扇風機(中)使用

・エアコンの風が当たる位置に洗濯物を配置

・洗濯物の間隔は15㎝

です!この5つの条件で実際にやってみました!

といっても準備して時間測るだけなんですけど(笑)

結果なんですが、なんと「約1時間30分~2時間」で洗濯物が乾きました!

タオルなんかは比較的早くて衣類が少し時間かかった印象ですね。

でも梅雨時期なんて半日、下手したら1日干していても乾かないのでこの方法だとあっという間でした(笑)

ちなみに電気代も計算してみたんですけど、1回約「25円~30円」くらいだったので負担にならない金額でした!

まとめ

今回は梅雨の時期や雨が続いた時に使える「嫌な臭いなしで早く乾かす方法8選」をご紹介しました!

全部私が実践してる方法なのでオススメです!

特にエアコンと扇風機の合わせ技だと電気代も安いし時間もたった2時間程度で乾いてくれるので本当にオススメです!

自分で検証した結果ですけどちょっとびっくりしてるくらいなので(笑)

いや~な季節がやってきても大丈夫なように、雨の日は是非チャレンジしてみてください!

The following two tabs change content below.
海中くじら

海中くじら

節約が大好きな30代主婦ライター。旦那さんと子供2人の4人家族。節約して貯めたお金で海外へ家族旅行に行くことを夢見て日々努力している。

-時短術

Copyright© 節約ぽけっと , 2019 All Rights Reserved.