レジャー

【完全版】旅行に行くなら準備しておきたい必需品やおすすめグッズ!

投稿日:

  • 旅行に行くのは好きだけど、旅行の準備が面倒くさい
  • いつもなにかしら忘れ物をしてしまう

という悩みを抱えている方はいませんか?

この記事ではそんな方のために、旅行に行くなら準備しておきたい必需品を紹介していければなと思っています。

必需品以外にも旅行の国家資格を持つ私の旅行経験を踏まえて、

  • あったら便利なおすすめグッズ15選
  • 子供との旅行で準備しておきたいグッズ
  • 1泊旅行の準備で最低限必要なものは?
  • 海外旅行で特別準備すべきグッズは?

なども紹介していますので、最後までご覧ください!

また、この記事をチェックリストとしても使えるように、左端にチェックボックスを用意しております。

印刷して、旅行の準備をする際に利用していただければ幸いです

旅行に行くなら準備しておきたい必需品一覧

まず紹介するのは、絶対に持っていきたい必需品です。

  • 貴重品類
  • 電子機器類
  • 日用品類
  • カバン類
  • 衣類
  • 女性向け必需品

これらのジャンルに分けて紹介しています。

貴重品類

□現金

キャッシュレス決済が発展している国へ行くときも、なんだかんだ現金は必要です。

チップの支払いや、露店での支払いなどは現金で行うことが多いですよ。

□クレジットカード

大量の現金を持つのも危ないので、クレジットカードも必須となります。

また、海外のホテルでは、チェックインの際にクレジットカードでデポジットを支払うためにも使います

デポジットとは、支払いを保証する「預かり金」のことです。

□免許証

身分証明のために国内、海外問わず持っておきましょう。

海外でパスポートを無くした場合、免許証が身分証明証するものとなります。

□保険証

旅先で怪我をしてしまうかもしれませんし、慣れない環境から急に熱を出してしまうかも。

そうなったときも、保険が適用できるように保険証は持っておくべきです。

□航空券(eチケット)

2次元バーコードや、飛行機の旅程が書かれた紙のことです。

空港のチェックイン時に、この紙にかかれている情報から航空券を発券します。

□ホテルバウチャー

ホテルの名前、住所、宿泊日数などが書かれた紙です。

国内旅行の際は名前を言えばチェックインできますが、海外旅行の際は提出を求められる場合が多いので持って行きましょう。

□パスポート(海外のみ)

海外旅行へ行く際は、パスポートがないと飛行機に搭乗できません。

出国時にパスポートがなければ、取りに帰るしか対処法はありませんよ・・・。

□海外旅行保険保険証(海外のみ)

海外旅行保険を契約した際に交付される書類です。

インターネットで保険を契約した場合は、印刷して持って行きましょう。

これがないと、海外で怪我をした際に、高額な治療費をその場で支払わないといけなくなります

□ビザ(海外のみ)

ビザを発券しないと入国できない国や、長期滞在で免除期間を超える際は、ビザが必要です。

電子機器類

□携帯電話

一番忘れたくないものは、今やスマホなどの携帯電話かもしれませんね。

□充電器

結構わすれがちなのが充電器。

特に携帯の充電器は旅に出る直前まで充電していて、そのまま忘れちゃうというケースが多く見受けられます

□モバイルバッテリー

旅行中はいつもより外にいる期間が長いし、写真を撮ったりしてすぐ充電が切れがちです。

モバイルバッテリーを持って行ってなんとか食いつなぎましょう。

□カメラ

スマホでも写真は撮れますが、カメラ好きの方は一眼レフで撮りたいという方も多いのではないでしょうか。

レンズや充電器、SDカードなども忘れないように。

□電源変換プラグ(海外のみ)

コンセントの形が違う国へ旅行に行く場合は、変換プラグが必要です。

ちなみに、変圧器はほとんどの場合必要ありません

最近の製品は、世界の電圧に対応している商品が多くなっているからです。

電化製品、もしくは充電器に「100V-240V」と記載があるのであれば、世界の電圧に対応しているということを意味します

日用品類

□常備薬

普段から飲んでいる薬があればそれを。

その他、頭痛薬・胃腸薬・風邪薬あたりは持っておくと便利です。

□コンタクトレンズ

コンタクトレンズもそうですが、洗浄液やケースも忘れないように。

□メガネ

出かけるときはコンタクトなので、かなり忘れがちです。

カバン類

□スーツケース

スーツケースは海外のイメージですが、国内旅行でも体感の荷物の重さを軽くしてくれる必須アイテムです。

□観光用バッグ(サブバッグ)

キャリーとは別に、財布など小物を入れることができるバッグはかなり重宝します。

衣類

□上着

冬物はかなりかさばるので、旅行中は必要最低限にしましょう。

□下着

下着に関しては宿泊日数+1日あると、いざという時に助かります。

□靴下

靴下も、宿泊日数+1日がおすすめです。

□洋服

夏でも夜は冷えたりするので、パーカーなど羽織れるものが1枚でもあれば重宝します。

□雨具

曇りくらいの天気予報であれば持っていくことをおすすめします。

傘はかさばるので、レインコートが特におすすめです。

□防寒具(冬)

特に、季節が逆の国へいく場合はマフラーや手袋などを忘れないように。

□水着(夏)

海に入る予定があるのであれば、水着を忘れないようにしましょう。

女性向け必需品

□化粧品

化粧品は小分けにして持っていく、という方も多いのではないでしょうか?

その場合、種類が多いと思うので、抜け漏れがないように注意が必要です。

□メイク落とし

旅行時のメイク落としは、液体のタイプだとかさばってしまうのでシートタイプのものがおすすめです。

箱型のものではなく、コンビニで売っているような薄いやつが特におすすめです。

旅行国家資格を持つ私がおすすめするあったら便利なグッズ15選!

次に、必需品ではないけれど、あったら旅行を快適にしてくれるというグッズを紹介します。

旅行の国家資格を持つ私が、実際に旅行に行って「あってよかった!」と思えるようなものだけ紹介しています。

荷物運びを楽にするグッズ

□キャリーオンバッグ

キャリーオンバッグというのは、キャリーケースのバーの部分にカバンを通すことができ、ケースの上で固定できるバッグのことです。

このバッグであれば背負わなくていいので、荷物が増えても肉体的負担を減らすことができます。

□バッグ止めるベルト

キャリーオンバッグではなく、好きなカバンをキャリーの上で固定したいという方も多いのではないでしょうか?

バッグ止めるベルトは、好きなカバンを固定することができるという画期的なグッズです。

□衣類圧縮袋

手荷物を減らすために、できるだけキャリーケースに荷物を詰め込みたいという人は衣類圧縮袋がおすすめです。

衣類を3分の1くらいに圧縮できるので、その分たくさんの荷物をキャリーに入れれるようになります!

海外旅行であったら助かるグッズ

□ポケットティッシュ

海外の飲食店などでは、紙ナプキンをもらえないことの方が多いです。

コンビニでももらえません。

自前でティッシュはもっておいた方がいいです。

□ウェットティッシュ

ティッシュすらもらえないので、ウェットティッシュはもっともらえません・・・。

また、海外はウォシュレットがないので、流せるウェットティッシュがあると本当に助かります。

□使い捨てスリッパ

海外のホテルの室内は土足で移動しますし、スリッパの用意もされていないことが多いです。

お風呂上がりにそんな床を裸足で歩きたくないし、裸足で靴も履きたくない、そんなときに使い捨てスリッパがあれば解決できます。

□割り箸

夜中小腹が空いて、近くのコンビニやスーパーで夜食を買ったのはいいけど「お箸がない!スプーンもない!」ってなることがしばしば・・・。

そもそも海外のコンビニやスーパーで、お箸かスプーンをつけてくださいと言ってもそもそも用意がない場合がほとんどです。

買うのももったいないので、自前で持って行きましょう。

□サングラス

日差しが強い国では、おしゃれではなく目を守るためにサングラスが必須です。

特にオーストラリアなどは日差しが強いと言われています。

□海外用モバイルWi-Fi

これは荷物の中に入れるものではありませんが、事前に予約しておく必要があります。

海外のWi-Fiフリースポットが増えたとはいえ、接続が安定しない、セキュリティの問題からあった方が便利で安心です。

□自撮り棒

観光スポットの前で自分が写った写真を撮りたいという方もいらっしゃると思いますが、知らない人に携帯を渡して撮ってもらうのは結構危険です。

そのまま携帯を奪われてしまうというトラブルが続出しています。

そのため、自撮りをしたい場合は自撮り棒で撮るのが安全です。

移動を快適にするグッズ

□アイマスク

飛行機や新幹線での移動時に仮眠をしたい方は特におすすめです。

明かりが遮断されると、格段に取れる疲れが変わりますよ。

□ネックピロー

飛行機や新幹線の座席で寝たいけど、寝やすい体制がなかなか見つからないという経験はありませんか?

ネックピローを利用すれば、首を支えてくれるので寝やすい体制を確保できます。

耳栓

周りの音が気になって、なかなか移動中は寝れないという方は耳栓がおすすめです。

先ほど紹介した、アイマスクとネックピローにこの耳栓が加われば快適に眠ることができます。

体調管理に役立つグッズ

□酔い止め薬

乗り物酔いをする人にとっては必需品ですね。

乗り物酔いから解放されれば、移動も楽しくすることができます。

□マスク

ホテルの部屋や、飛行機の中って結構乾燥していて、喉に負担がかかります。

旅行中に喉風邪などを引かないようにするために、マスクを持っていると便利ですよ。

ただし、海外でマスクをつけて外出すると、変な目で見られることがあるので注意が必要です。

子供との旅行で準備しておきたいグッズ

旅行中も、できるだけ子供には快適に過ごして欲しいものです。

そのためにも、持っていくべき必需品と、あったら便利なグッズを紹介したいと思います。

必需品

まずは、基本となる持ち物です。

□紙おむつ

旅行中は環境が変わるので、便が多くなることもあります。

いつもより多くの紙おむつがあると安心です。

□おしりふき

おしりふきも必須です。

流せるものだとかなり便利です。

□離乳食

離乳食が必要なお子さんは欠かせないですよね。

レトルトパウチのものだと、かさばらないので便利ですよ。

□着替え

すぐ汚れたり、汗をかいたりするので、子供用の着替えは泊数分よりも多めに持っていくことがおすすめです。

□粉ミルク

旅行中におすすめなのは、キューブタイプの粉ミルクです。

計らなくていいので、揺れる車内などでとても重宝します。

□哺乳瓶・水筒

哺乳瓶を持っていく際の1番の心配事は殺菌できるか、ではないでしょうか。

そのため、哺乳瓶と一緒に、熱湯を入れておける水筒を持っていきましょう。

□保険証・母子手帳

環境が変わるため、体調を悪くしてしまう可能性があります。

何がおきてもいいように、保険証・母子手帳は持っていきましょう。

□タオル

どんなときも活躍するのがタオル。

2,3枚くらいは持っておきましょう。

□ベビーカー

旅行にいく際にベビーカーを持っていくか迷う、という方もいらっしゃると思います。

お子さんは抱っこされている状態よりもベビーカーの方が楽なので、持っていくことをおすすめします。

また、荷物を載せたりもできるので意外と役に立ちます。

子供との旅行であったら便利なグッズ

続いて、子供との旅行であったら便利なグッズを紹介します。

□ウェットティッシュ

旅行中だろうと、子供はすぐに手や顔を汚してしまいます。

ウェットティッシュはかなり重宝します。

□ビニール袋

紙おむつや、ウェットティッシュで拭いたものをすぐに捨てれないことも多いです。

一時的に保管しておけるビニール袋があるとかなり重宝します。

□授乳ケープ

旅先での授乳は、そもそも授乳室探しから始まるなど、結構大変です。

そういった時に授乳ケープがあれば、外出先でも安心して授乳することができますよ。

□抱っこ紐

ベビーカーでの移動が難しい時などに、抱っこ紐があれば移動を快適にできます。

□常備薬(子供用)

旅先はいつもと違う環境なので、急に体調を崩すことも考えられます。

風邪薬などは持っていくのがおすすめです。

いつも使っている薬があれば、それを持っていきましょう

□おやつ

急にぐずりだした時のために、おやつに助けを求めましょう。

キャラクターものだと、テンションも上がってくれます。

□塗り絵セット

こちらも、ぐずりだした時に助けてくれるグッズです。

塗り絵に集中してくれるので、飛行機など周りに迷惑をかけられない時にかなり重宝します

□タブレット端末

タブレット端末にアニメや子供向け番組をダウンロードしたものを見せることも、ぐずり防止に繋がります。

□子供用歯磨き

ホテルなどに歯磨きが備わっていることは多いですが、子供用にはちょっと苦手な歯磨き粉であることが多いです。

また、いつもの歯ブラシじゃないと嫌だ、というお子さんのためにも自前で持って行くのをおすすめします

1泊旅行の準備で最低限必要なものは?

この記事では、旅行に際に準備しておきたい必需品やグッズを紹介してきました。

しかし、便利なグッズもいいけど一番は荷物が少ない方が良い、と考えている人も少なくありません。

そこで、1泊2日の旅行にいくと仮定して、最低限準備しておきたい必需品をリスト化してみました。

最低でも以下のようなものがあれば、旅行をすることができます。

□財布

□クレジットカード

□免許証

□保険証

□携帯電話

□充電器

□メガネ・コンタクトレンズ

□上着

□下着1日分

□靴下1日分

□着替え1日分

□雨具

□化粧品(女性)

□メイク落とし(女性)

海外旅行で特別準備すべきグッズは?

海外旅行では、国内旅行や普段の生活で全く使わないものも必要になってきます

そのため荷物の準備段階で、「なにが必要だっけ?」となりがちです。

そこで、海外旅行で特別準備すべきグッズをリスト化してみました。

□パスポート

□航空券 

□旅行日程表(ホテルバウチャー)

□海外旅行保険保険証

□ビザ

□電源変換プラグ

□サングラス

□翻訳機

□自撮り棒

忘れ物しても現地で買える!けどお金がかかる・・・

実際のところ、忘れ物をしても旅先のコンビニなどで大抵の物は現地で調達することができます。

そのため、荷物を減らしたいという理由で、現地で必需品を調達するという手段を取っている方もいらっしゃいます。

しかし、コンビニで売っている商品は結構高く、お金がもったいないことからあまりおすすめの方法ではありません

どうせなら、そのお金を旅先での食事や観光費用に使ったほうが、満足のいく旅をすることができますよ。

忘れ物なしで快適な旅を!

忘れ物をなくすためには、必要なものをリスト化することである程度防ぐことができます

しかし、ただでさえ旅行の準備が面倒臭いのに、リスト化するのはもっと面倒臭いのではないでしょうか?

そんな方のためにも、この記事では必需品や、あったら便利なもの、子供との旅行で必要なものなどをリストアップしてみました。

今後旅行に行くことがあれば、この記事のリストをうまく活用していただいて、忘れ物なしで快適に旅行ができるようにしてください

The following two tabs change content below.
かわんちゅ

かわんちゅ

新卒で入った東証一部上場企業を退職し、現在はフリーランスのWebライターとして活動中。QRコード決済とか、とりあえず新しいものにすぐ手を出しちゃうタイプ。趣味はGoogleMapを眺めること。

-レジャー
-, ,

Copyright© 節約ぽけっと , 2019 All Rights Reserved.