出費を減らす 節約術

確実にタバコ代を2万円節約する方法7選!人気のヴェポライザーも紹介!

更新日:

はじめに

禁煙したい!って思っていてもなかなか禁煙出来ないのがタバコ・・・。

私は喫煙歴が7年程で、結構なヘビースモーカーです。平均すると1日2箱吸っています。

タバコは大好きだから吸うのはいいんですが1つ問題が・・・。

身体に悪いのは勿論ですけど、1日2箱も吸っているととにかくすっごいお金がかかるんです。

1箱500円だとして、2箱吸ってたら1日で1000円、30日で3万円。

1ヶ月の食費より高いって何!?って感じです(笑)

そんな金食い虫で禁煙したくても出来ないタバコですが、禁煙せずに節約できないかと色々調べて、更に挑戦してきました!

今回は私が調べて実際に挑戦してきた節約術をご紹介させていただきます!

禁煙せずに出来る節約術がある!?

タバコを吸っている人は月に1万円~3万円くらいはタバコ代に使っていると思いますが、これを節約できるとしたら嬉しくないですか?

しかも「禁煙しなくても出来る節約術」だったら最高ですよね!

私は禁煙したくても出来なかったのでとにかくタバコを吸いながらでも出来る節約術を探してみたんです!

そうすると思っている以上に禁煙しなくても節約って出来るんだなっていう事に気づきました(笑)

凄い簡単な方法だと、まずは「タバコの本数を減らす」です。

私で言うなら1日40本吸っていたところ20本に減らすだけで1ヶ月15,000円の節約になります。今までの半分のお金ですね。

ただこれは数量を減らさないといけないので、結果的に我慢が必要です。

正直に言うと・・・私は我慢をしたくないんです!!(笑)

って皆さんも我慢なんてしたくないですよね(笑)

安心してください!今回ご紹介するのは我慢しなくても良い、禁煙しなくてもいい節約術です!

タバコ代を節約する方法7選

ここではタバコ代を節約する方法を7選ご紹介いたします!

ヴェポライザー

最初から一番オススメの節約術をご紹介させていただきます!(笑)

皆さんはヴェポライザーっていう加熱式タバコをご存じでしょうか?

加熱式タバコで一番有名なのはアイコスだと思いますが、ヴェポライザーはアイコスよりもコスパが良くて、更にタバコの銘柄を自由に選べる事が出来るとんでもない加熱式タバコなんです。

更に!コストパフォーマンスも電子タバコや加熱式タバコよりも良いっていうのが凄いところ。

実際にどれくらいコストパフォーマンスが良くなるかっていう部分なんですが、なんと驚きの1ヶ月のタバコ代が6割~7割もカット出来るんです!

他の電子タバコや加熱式タバコでも紙巻きたばこに比べるとかなり安いんですがヴェポライザーは更にその上を行きます(笑)

ココでは全部を伝えきれないので、後程お気に入りの「C-VAPOR3.0」というヴェポライザーの詳しい説明をさせていただきます!とにかく凄いのがヴェポライザー!

タバコ代の節約に効果的な「C-VAPOR3.0」はAmazonで購入可能です!

Amazonで購入する

電子タバコ

紙巻タバコを電子タバコに変更する事でどれくらい節約になるのか?っていう部分なんですが、結論から言うとヴェポライザーと同じくらい、約6割~7割ほど節約できます!

例えば月に1箱タバコを吸っているとすると、約15,000円のタバコ代が掛かります。これを電子タバコに変更すると1ヶ月で約6,000円くらいまで抑えられます。

という事は、1ヶ月で約9,000円もの節約をする事が出来るんです!

更に電子タバコは加熱式タバコとは違ってニコチンやタールといった物質が含まれていないので身体に害がないのが特徴です。

電子タバコの中でもおすすめなのが「DR.VAPE(ドクターベイプ)」です!
6種類のフレーバーがあって、気分によって変えることが出来ちゃいます。

Amazonで購入する

電子パイポ

電子パイポっていう言葉、皆さんあんまり聞いたことがないかもしれませんが、簡単にお伝えすると「電子タバコの入門用」だと思っていただければ良いと思います。

紙巻きタバコ以外で考えると一番お手軽に始められるっていうのがこの電子パイポ

香りがついた水蒸気を吸って吐いて楽しむものです。

電子パイポは喫煙して節約する、というよりも禁煙したい人に向けて作られています。

入門編なだけあってお値段はかなりリーズナブルです。マルマンの電子パイポが一番有名で、2015年に発売されたものが2,800円で発売されています。

ずっと使えるものではありませんので、買い替えは必要ですが紙巻タバコを吸う事を考えると圧倒的に節約できます。

Amazonで購入する

キセル(煙官)

キセルって高いように思われがちなんですが、実はすごくリーズナブルです。キセル自体は安価なものを選べば2,000円~3,000円程度で購入出来ます。

キセルは刻みタバコというものを利用して吸うのですが、こちらは20gで500円程度。

1回の喫煙でだいたい0.1g~0.2gなのでだいたい200回前後吸う事が出来ます。

どれくらい節約できるのかっていうと、大体ですが紙巻タバコに比べると5~6割ほど安くなります

また、キセルの良い所は安いだけじゃなくて普通の紙巻タバコも使用出来るという部分!

通常のタバコを小さくちぎって、キセルの刻みタバコを入れる部分に投入すればどんなタバコでも吸う事が可能なんです。

更に!とにかくタバコが美味しくなるのが特徴です。ダイレクトにタバコの味を味わえるというか、キセルならではの味わいがあります。

コスパも良いし、味が抜群に良いので、味を重要視したい人にはオススメです!

Amazonで購入する

手巻きタバコ

簡単に言うと自分で作るオーダーメイドの紙巻タバコのようなもので、刻みタバコをペーパーやローラーなどのグッズを使って自分で作るタバコです。

自分で巻かないといけないのでめんどくさいと思われがちですが、意外と楽しいのでめんどくさいっていう気持ちはないんですよね。

自分で巻くっていうだけで普通の紙巻タバコと味は変わりませんし、むしろ好きなように作れるので美味しさは手巻きタバコの方が美味しいくらい。

ただ1つだけ問題があるのは、節約にはなるけどそんなに凄い節約にはならないっていう部分です。

1ヶ月で約3割くらいタバコ代をカットする事が出来ます

普通の紙巻タバコ吸うよりも安いけど他の節約術に比べるとちょっと、といった感じですね。

Amazonで購入する

「喫煙管理アプリ」を使って管理をする

私個人的には我慢して喫煙本数を減らすっていうのはあまり好きではありません。

ただこの「喫煙管理アプリ」を使うと我慢せずに自然と喫煙本数が減ります(笑)

どうしてかっていうと、タバコを吸ったらアプリを起動してボタンをタップするんですが、それだけでその日に吸った本数や平均本数、月に吸った本数にタバコ代の合計まで全部のデータが一括で見れるようになります

このデータが凄い曲者で、見てると「マジかよ・・・」ってなります。絶対なります(笑)

こんなに吸ってるの!?こんなにお金使ってるの!?

っていう衝撃的事実が明るみになっちゃうので、自然とタバコから手が離れるんですよね(笑)

数字で見えるので損した気分になります...。

このアプリを使ったおかげで自分の現状を知れて節約に踏み切れたのでこのアプリは本当に良いです。操作も簡単ですしタバコ吸ってる人は絶対やるべきです。

>>Apple Storeでアプリダウンロードする

タバコをやめる

究極言ってしまうとコレにつきます(笑)

とはいえ辞めれないから悩んでいるんですけど、何か絶対に辞めないといけない理由がある場合なんかはやめるのが一番の節約術です。

1ヶ月3万円タバコ代で消えていくお金が、タバコをやめるだけで浮きますからこれ以上の節約術はありません。

しかし・・・!

辞めれない(笑)

電子タバコで年間どれくらい節約出来る?

私自身さっき紹介した7つの節約術を全部試してみたんですが、その中でも電子タバコを吸った感想とどれくらい節約できたかを紹介します。

吸ったのはDR.VAPE(ドクターベイプ)というカートリッジ式充電タイプの電子タバコです。

元レディガガ専属スタイリストが日本人向けに開発した電子タバコで、かなり有名です。

操作は簡単で、吸うだけで蒸気を楽しめるという事とフレーバーも6種類と多すぎないし少なすぎないので良い感じで、感想としては「簡単でそこそこ満足できる吸いごたえ」でした。

実際に使ってみてどれくらい節約できたか、なんですが、私は半年で電子タバコを辞めてしまったので半年間の節約金額で1年間を計算したいと思います。

まず前提として、私は紙巻きタバコは1日2箱、約1,000円使っていました。

紙巻タバコと電子タバコの費用比較表

 紙巻タバコ電子タバコ
初期費用無し6,500円※本体代
1ヶ月30,000円12,000円
半年180,000円72,000円
1年360,000円144,000円
その他 無し14,400円※年間のコイル代
合計360,000円164,900円

電子タバコに変更した事で年間合計約20万円も節約する事が出来る計算です!めっちゃ安くなりました(笑)

自分でもかなりの節約術になったんじゃないかなって思います。

自分の好きな銘柄が吸えるヴェポライザーを試してみた!

節約術7選で少しだけ紹介したんですが、ココではヴェポライザーについてさらに詳しくご紹介します!

個人的には一番オススメしたい節約術です。

皆さんが良く知っているアイコス等の加熱式タバコは基本的に「専用のヒートスティック」などのタバコ葉を仕込んだカートリッジが必要です。

ですがヴェポライザーは専用のヒートスティック等が無く、今まで吸っていた紙巻きタバコを利用する事が出来るんです!

ヴェポライザーには刻みタバコの葉を入れるスペーサーという部分があるんですが、そこに自分の好きな銘柄のタバコを差し込み、スペーサーの長さでタバコをちぎります。

後は本体にスペーサーを組み込めば準備完了!加熱して吸う事が出来ます!

通常の加熱式タバコは専用のヒートスティックしか利用できなかったので、味に不満があったり費用が思うように抑えられなかったりしてましたが、ヴェポライザーを使えば両方改善できます!

私はタバコの銘柄はセブンスターを愛煙しているのですが、セブンスターの味をそのまま楽しむことが出来るんです!

他の電子タバコや加熱式タバコでは絶対に味わえないですよね(笑)

正直これだけでもヴェポライザーを吸う価値はあるんですけど、更にコストパフォーマンスもめっちゃ良いんです!

ヴェポライザーでタバコ代が1/3に!

実際にヴェポライザーを1ヶ月使用してみてどれくらい節約出来たのか。

初期費用に関しては抜きにして、純粋なランニングコストで計算したいと思います!

使用したのは刻みタバコではなくて私が大好きな銘柄、セブンスターで挑戦しました。

今までは1日2箱、1ヶ月3万円ものお金をタバコに使っていましたが、ヴェポライザーにする事でなんと・・・!

1ヶ月1万円までタバコ代を抑える事が出来ました!

ヴェポライザーを使うと1箱で1.5日持ちます。2箱で3日、20箱で30日です。

「20箱×500円=10,000円/月」という結果になりました!

3~4倍も長持ちするっていう事です。

1ヶ月で2万円も節約する事が出来たんですが、年間にすると24万円もの節約に成功した事になります!

ちなみにですが、セブンスターじゃなくて刻みタバコを使っていればもっと安くなるみたいです。

それに加えて吸いごたえも十分あるので紙巻きタバコと比べても十分満足できます。

結果的にタバコ代が1/3くらいになるっていう事なんです!

ヴェポライザーを実際に使ってみた感想

実際に使ってみた感想としては、セブンスターをスペーサーに差し込む作業は特にめんどくさいとは思いませんでした。

ただ、少し散らかってしまうのでそれだけがネックです。

味に関しては普通の紙巻きタバコで吸うよりも味わい深いです。

やっぱりそのまま吸うよりもじっくりと過熱した方がエグみがなくなるんですよね。

温度設定を変更する事で味や煙臭さも変わってくるのですが、私は200℃くらいが一番丁度良かったです。

アイコス吸っててなんか変な臭いがする、って思った事ありませんか?あれって300℃くらいで高温加熱するから出る臭いなんです。

200℃程度だとあの臭いもしませんし、味も十分楽しめたのでヴェポライザーを吸ってみるなら200℃で試してみてください!オススメです!

Amazonで購入する

ヴェポライザーの使い方

今回私が実際に使ってみたのは「C-VAPOR3.0」という機種です。

使い方はそんなに難しくなく、スペーサーという部分にタバコ葉を詰めて、本体に接続して加熱するだけです。

  1. 好きな銘柄のタバコ(刻みタバコ葉でも可)を用意※私はセブンスター
  2. スペーサーにタバコを差し込む
  3. 差し込んだタバコをスペーサーの長さでちぎる
  4. スペーサーを本体に接続する
  5. 本体ボタンを5回連続でクリックして電源をONにする
  6. 設定温度に到達するとバイブが作動しますので、吸う

たったこれだけです!

実際にやってみると思っているよりも簡単なので「え?こんなに簡単なの?」と拍子抜けするかもしれません。

ちなみに私は拍子抜けしました(笑)

紙巻きタバコとアイコス・電子タバコ・ヴェポライザーのランニングコスト比較表!

実際に何が一番安くなるのかってちょっとわかりにくいですよね。

なので比較表を作ってみたので参考にしてみてください!※ランニングコストのみで計算

1日2箱タバコを吸った際の1ヶ月の金額

1ヶ月のランニングコスト
紙巻きタバコ30,000円
アイコス27,600円
電子タバコ12,000円
ヴェポライザー10,000円

こんな結果になりました!

電子タバコとヴェポライザーがランニングコストで考えると圧倒的に安いです。

ただ初期費用やメンテナンス費用がかかるので実際にはもう少し値段が高くなりますが、年間で見るとほとんど誤差だと思います。

こうして見るとアイコスって全然節約にならないんですね(笑)

さいごに

今回はタバコを節約できる方法7選をお伝えしました!

節約術といっても方法は色々ありますし、どれが一番良いかっていうのは正直難しい部分ではあります。

私だったら喫煙管理アプリとヴェポライザーが一番合っていましたが、我慢できる人はただただ本数を減らすだけでも節約できます。

私は我慢出来なかったので(笑)

それでも今回紹介した節約方法で年間20万円以上の節約に成功しています!

大切なのは自分に合った節約方法を見つけてタバコ代を節約する、という事だと思います!

我慢したり無理するとリバウンドしたり良い事なんて何もありませんので、ストレスなく節約できる方法を探してみてください!

The following two tabs change content below.
犬ヶ島わん太

犬ヶ島わん太

地方在住のぬるっと節約をはじめたメンズです! ちょっとした工夫で節約できる情報を紹介していきたいです。

-出費を減らす, 節約術
-,

Copyright© 節約ぽけっと , 2019 All Rights Reserved.