キャッシュレス

スマホ決済15社徹底比較2019!一番お得なおすすめはこれだ!厳選比較表

投稿日:2019年8月8日 更新日:

日々の支払いを少しでもお得にしたくて、「QRコード決済をはじめとするスマホ決済を導入したい!」という人は増えてきています。
ですが、以下のような困りごとをかかえていませんか?

LINE PayとかPayPayとか聞いたことあるけどお得なの?

いろいろサービスがあるけど結局どれが一番おすすめなの?

この記事では、全てのスマホ決済を実際に利用したことがある私が、スマホ決済を徹底比較しおすすめ順に紹介していきます。

おすすめするスマホ決済のメリットデメリットや、逆にあまりおすすめできないスマホ決済も紹介していますので、最後までご覧ください!

最強にお得なスマホ決済おすすめ6選!【2019年版】

①LINEPay(ラインペイ )

1つ目はLINE Pay株式会社が運営するLINE Pay(ラインペイ )です!

スマホにLINEが入っていると言う方は、今すぐにでも始めることができるQRコード決済です。

LINE Payの主な特徴

  • クレジットカードを持っていなくても利用できる
  • 送金機能が便利!割り勘もできる
  • なにより直感的な操作で使いやすい!
  • 使える場所がかなり多い(ローソン、ファミマ、セブンをはじめとする約3,300万店舗)※1

※1 LINE Payカード使用時の使用可能店舗数です。

特に、割り勘ができるサービスはかなり優秀で、LINE Payがあれば楽にきっちり集金をすることができるようになります。

関連記事

【初心者必見】LINEPayの始め方と使い方徹底解説!コンビニ決済の裏技も紹介

こんにちは!株、不動産、暗号通貨の投資に詳しいチャーリーです。 お金の専門家「ファイナンシャルプランナー」でもある私がマ ...

 

②楽天ペイ

2つ目は楽天株式会社が運営する楽天ペイです!

普段から楽天スーパーポイントを貯めている方にはかなりおすすめですね。

楽天ペイの主な特徴

  • 楽天スーパーポイントが貯まる(200円につき1ポイント)
  • 支払いカードを楽天カードにするとポイントの2重取り可能
  • チャージ不要

楽天ペイはセブンイレブンだけ未対応ですが、ほとんどの主要なコンビニや飲食店では不便なく使うことができます。

関連記事

楽天ペイのメリットデメリット最新情報!最大還元率にするお得な使い方やってみた【2019年6月】

こんにちは!株、不動産、暗号通貨の投資に詳しいチャーリーです。お金の専門家「ファイナンシャルプランナー」でもある私がマネ ...

 

③PayPay(ペイペイ)

3つ目はソフトバンクとYahoo! JAPANが合同で出資したPayPay株式外社が運営するPayPay(ペイペイ)です!

100億円キャッシュバックのキャンペーンが行われたことで、一躍有名になったQRコード決済サービスです。

PayPayの主な特徴

  • 通常還元率が3%(2019年5月8日に0.5%から3%に引き上げとなりました)
  • 使える店舗が多い(特に個人経営のお店などに強い)
  • 定期的に大きなキャンペーンがある(100億円あげちゃうキャンペーンなど)

Yahoo! JAPANが出資しているので、「Yahoo!カードやYahoo!マネーを普段から利用している方」には、PayPay利用でよりお得になるサービスが用意されています。

関連記事

PayPayの評判は?メリット・デメリット、使い方についても徹底解説!

100億円キャンペーンで話題となった人気のスマホ決済のPayPay。 ポイントの還元や手軽に使えることから、現在では利用 ...

 

④メルペイ

4つ目はフリマアプリでお馴染み「メルカリ」の、子会社である株式会社メルペイが運営するメルペイです!

メルカリを普段から利用している方は、特におすすめのQRコード決済サービスです。

メルペイの主な特徴

  • メルカリの売上金を支払いに使える
  • iD払いに対応(これにより全国約135万箇所で支払い可能)
  • メルペイあと払い機能で残高がなくても買い物できる

先日LINE Payとの業務提携を発表し、今後ますます便利になることが期待されます。

関連記事

メルペイってどうやって使うの?メリットデメリットについても解説!

出典:メルカリ はじめに 様々な会社がスマホ決済のサービスを提供している中で、メルカリにも「メルペイ」というスマホ決済が ...

 

⑤Origami Pay(オリガミペイ )

5つ目は株式会社Origamiが運営するOrigami Pay(オリガミペイ)です!

2018年がQRコード決済元年と言われていますが、Origami Payは2016年からサービスを開始しており、QRコード決済の先駆者的存在です。

OrigamiPayの主な特徴

  • ポイント還元ではなく「2%割引」などその場でお得になる
  • クーポン発行が多い
  • 使える店舗が検索できる

お店に行かなくても、そのお店でQRコード決済ができるかわかる店舗検索機能は、とてもありがたいですね。

関連記事

Origami Payの還元率は他と比べてどう?使い方についても解説!

はじめに Origami Payとは、バーコードの表示、QRコードの読み取りだけで決済できるスマホ決済アプリです。 他の ...

 

⑥d払い

6つ目は株式会社NTTドコモが運営するd払いです!

携帯がドコモではない方もお得に使えるQRコード決済ですよ!

d払いの主な特徴

  • dポイントが貯まる(リアル店舗:200円につき1ポイント/サイト:100円につき1ポイント)
  • 支払いを月々のスマホ代と合算できる(ドコモユーザーのみ)
  • ポイントアップキャンペーンが多い

dカードを持っていると言う方は、d払いの決済カードとして設定することで、ポイントの2重取りが可能となりますよ。

関連記事

d払い
d払いの上手なポイントの貯め方とは?使い方や2重取りについても解説

出典:d払い はじめに ドコモの決済サービスの「d払い」は、街のお店やネット通販での支払いを月々の携帯料金と合算して支払 ...

 

スマホ決済6社徹底比較表!

スマホ決済サービスを選ぶときは、以下の6点を要チェックです!

スマホ決済サービスを選ぶポイント

  • ポイント還元率
  • 貯まるポイントの種類
  • 利用可能クレジットカード
  • 使用可能な店舗数
  • 支払いのタイミング
  • 送金機能の有無

これらについて、6種類のスマホ決済サービスを以下の表にまとめました。
ぜひ参考にしてみてください!

※スマホの方は横スクロールで見れます。

 

還元率0.5%~2%
(ランクにより変動)
0.5%3%
(他社クレジットカードは0.5%)
ポイント還元なし2%(割引)0.5%
貯まるポイントLINEポイント楽天スーパーポイントなしなしなしdポイント
利用可能カードVISA/MasterCard /JCB/

AmericanExpress /Diners Club
VISA/MasterCard
楽天カードがお得!
3%
(他社クレジットカードは0.5%)
クレジットカード非対応VISA/MasterCardVISA/MasterCard/

JCB/AmericanExpress
使用可能店舗数100万店舗以上120万店舗以上60万店舗以上135万店舗以上10万店舗以上10万店舗以上
支払いタイミング事前チャージ事前チャージ・後払い事前チャージ・後払い事前チャージ・後払い後払い・即時払事前チャージ・後払い
送金機能ありありありなしなしなし

 

QRコード決済を導入しても使えるところがなければ意味がありませんので、100万店舗以上で使うことのできるLINE Payや楽天ペイなどがやはり使いやすいですね。

また、普段QRコード決済アプリを使っていて、意外と便利なのが送金機能です。
正直言うと、送金機能を使うためだけにQRコード決済をダウンロードしてみる価値があるくらいです。

だから、店舗数が多くて送金機能がついている「LINEPay」「楽天ペイ」「PayPay」は本当におすすめできます。

 

スマホ決済6社のメリットデメリット

比較表をご覧いただいたところで、改めてそれぞれのスマホ決済の具体的なメリットデメリットを解説していこうと思います。

 

LINE Pay(ラインペイ )

メリット

LINEPayのメリット

  • LINEアプリですぐに始めることができる
  • LINE友達であればすぐ送金できる
  • 慣れ親しんだLINEアプリなので操作しやすい
  • 銀行やコンビニからチャージできるのでクレジットカード不要

LINE Payの最大のメリットは、普段から利用しているLINEアプリですぐに始めることができるという点です。新たにアプリをダウンロードする手間がかかりません。

送金したい相手とすでにLINE友達なら、新しくアカウントを聞き出したりする必要もありませんし、何よりLINEアプリには皆慣れているはずなので、操作も楽ちんです。
もともとお年寄りでも使いやすいようなシンプルな作りのアプリなので、初心者でも安心ですね。

また、クレジットカードを持っていなくても、QRコード決済を使い始められるのも、初心者の方に優しいポイントです。

 

デメリット

LINEPayのデメリット

  • 現金化するには手数料216円かかる

あまり非の打ち所がないLINE Payですが、デメリットもあります。
それは、LINE Payにチャージした金額を現金化するために銀行口座へ送金をする場合、216円の手数料がかかると言う点です。

しかし、そもそも一度チャージしたお金を現金化できるのは、スマホ決済サービスの中でも珍しいパターンなんです。

ということで手数料はかかってしまいますが、飲み会のワリカンや遠くに住んでいる友人とのお金のやりとりに向いているサービスですよね。

 

楽天ペイ

メリット

楽天ペイのメリット

  • ネット通販のオンライン決済に使える
  • 楽天カードと併用で還元率1.5%にアップ!

楽天ペイの最大のメリットは、楽天をはじめとする多くのネット通販サイトでオンライン決済に使える点です。なんとその数、5000店舗。

いちいちクレジットカード情報などを入力せずに済むので、かなり便利です。

また、楽天カードと紐付けすることにより、還元率0.5%から1.5%へ上昇させることができます。

普段からネット通販での買い物が多い、特に楽天をよく利用するという方はぜひ入れておきたいQRコード決済サービスです。

 

デメリット

楽天ペイのデメリット

  • 実店舗での対応がまだ少ない
  • 他の楽天サービスを使わない人にはメリットが少ない

オンライン決済に強い楽天ペイですが、まだまだ実店舗での決済はあまり充実していない点がデメリットです。

上の比較表で使用可能店舗数が120万店舗と記載しましたが、加盟店のほとんどが飲食チェーン店や個人経営のお店です。
そのため、セブンイレブンで使えないなど、他のスマホ決済で支払える大手チェーンで支払えないケースがあります。

また、貯まるポイントが楽天ポイントのため、普段楽天のサービスを使わない方にとっては、あまり利用するメリットがありません。

 

PayPay(ペイペイ)

メリット

PayPayのメリット

  • 登録でもれなく500円分のチャージ残高プレゼント
  • 3%の高還元率に引き上げ!
  • 使えるお店の幅が広い

PayPayのメリットは、サービスの新規登録でもれなく500円分の残高がもらえる点です。
登録だけで500円もらえるのはかなり大きいのではないのでしょうか。

また、還元率が2019年5月8日から3%に引き上げとなり、スマホ決済サービスの中でもトップクラスの還元率となりました

さらに、PayPayは大手チェーン店に加えて、個人経営のお店で使えるところがかなり多い印象で、使えるお店の幅が広いこともメリットと言えます。

 

デメリット

PayPayのデメリット

  • 高還元率の適用は支払方法が限られる
  • チャージ銀行の指定など制約が多い

還元率が3%というメリットを紹介しましたが

  • PayPay残高
  • Yahoo!マネー
  • Yahoo! JAPANカード

からの支払い方法をした場合のみとなっています。

他者のクレジットカードでは0.5%のままですので、Yahoo!系のサービスを日々利用している方以外はあまりお得ではないというデメリットがあります。

また、銀行チャージにおいて三菱UFJ銀行が利用できないなど、意外と制約が多いこともデメリットの1つです。

 

メルペイ

メリット

メルペイのデメリット

  • メルペイの売上金をすぐ使える
  • QR決済ができない店でもiD払いで使える

メルペイの最大のメリットは、メルカリの売上金をそのまま支払いに利用できる点です。

メルカリでいらないものを販売して得た売り上げは、銀行振込の申請をしてから数日経たないと振り込まれず、少し不便でした。
しかし、メルペイ支払いであればすぐに使えるので、そのタイムラグを解決してくれます。

また、iD支払いに対応していることにより、QRコード決済できない場所でもメルペイを支払えます。
なので、支払いできる場所の幅がかなり広いといったメリットもあります。

 

デメリット

メルペイのデメリット

  • メルカリユーザー以外にメリットがない

メルカリの売り上げを支払いに利用できる点はかなり優秀なのですが、普段メルカリを使わない人にとってはメリットになりませんよね。

ポイントが貯まったり、送金機能があるわけでもないため、メルカリを普段から利用していない方は、メルペイを選ぶ理由はあまりありません。

ただし、LINEPayとの業務提携を発表したので、これから便利になる機能が追加される可能性はかなり高いです。

 

Origami Pay(オリガミペイ )

メリット

OrigamiPayのメリット

  • ポイントではなく割引で還元

Origami Payは他のQRコード決済アプリにあるようなポイント還元ではなく、「2%off」などの割引が採用されている点がメリットです。

ポイントって意外ともらっても使う機会がなかったり、気づいたら有効期限が切れていたりと、有効に使えている人はあまり多くない印象です。

そのため、その場で2%即時割引されると言うのはかなりわかりやすくて安心できます。

また、他のQRコード決済アプリでも0.5%などの還元率なため、2%還元はかなり高い水準の還元率ですよ。

 

デメリット

OrigamiPayのデメリット

  • 使えるお店が比較的少ない

Origami Payのデメリットとしては、使える場所がまだ少ないという点です。

ファミリーマートやセブンイレブンでは使えないなど、まだまだ使える機会が少ない電子マネーなのです。

また、登録できるクレジットカードにJCBやAmericanExpressが含まれないなども、他のQRコード決済に比べて見劣りする点かと思います。

 

d払い

メリット

d払いのメリット

  • 使った分をスマホ料金とまとめて支払える(ドコモユーザー限定)
  • dポイントは使い道が幅広い

d払いのメリットは、QRコード決済での支払いを、月々のスマホ代金と合算してまとめて支払えると言う点です。

いちいちチャージをしなくても良いし、日々の支払いを一元管理できるので、わかりやすいお金の管理ができるというメリットがあります。

また、貯まるdポイントはマクドナルドやローソンなどで使うことができるため、ポイントの使い道が幅広いというメリットもあります。

 

デメリット

d払いのメリット

  • スマホ料金とまとめられるのはドコモユーザー限定
  • dポイントをスマホ料金に充てる使い方もドコモユーザー限定

「月々のスマホ代金と合算してまとめて支払える」というサービスはドコモユーザーでなければ使えません。
そのため、他のキャリアを使っている方はこのメリットの恩恵を受けることができません。

また、dポイントは誰でも貯めることができますが、貯まったdポイントをスマホ代金に充当して使えるのは、ドコモユーザー限定です。

そのため、ドコモユーザー以外の方がd払いを導入するメリットはあまりないと言えます。

 

スマホ決済を選ぶポイント!自分に合うのはどれ?

おすすめのスマホ決済サービスを6社紹介してきました。
自分に合うのはどれなのか、まだ決めかねている人も多いはず。

いくつかスマホ決済を選ぶポイントについて詳しく解説するので、より自分に合うものを選ぶ参考にしてみてください。

還元率

一番わかりやすいのはやはり還元率です。

他の機能などはどうでもよくて、とにかく還元率重視という方は、LINEPay・PayPay・OrigamiPayあたりがおすすめです。

 

個人間送金機能

友人や知人とお金の送り合いができる機能は結構便利です。

特に居酒屋でワリカンする時などに「ごめん1万円札しかない」みたいな会話が必要なくなりますよ。

そんな機能が欲しい方はLINEPay・楽天ペイ・PayPayがおすすめですね。

 

利用可能店舗数

お得であっても、お金の送り合いができても、使えるお店が少なければ意味がない。
そんな方は利用可能店舗数を重視して選ぶことがおすすめです。

基本的には各スマホ決済サービスが公表している利用可能店舗数を確認していただければ良いのですが、サービスによって大手チェーンに強いものもあれば、個人経営のお店に強いものもあります。

例えば

  • 大手チェーンに強い→LINE Pay・PayPay・メルペイ
  • 個人経営店に強い→PayPay
  • ネット通販に強い→楽天ペイ

といった感じです。

そのため、自分がよく行く店や、よく使うサービスを一旦洗い出してから選ぶのがおすすめです。

 

おすすめできないスマホ決済はこれだ!全8社

ここまでおすすめのスマホ決済を紹介しましたが、今度はあまりおすすめできないスマホ決済を紹介します。

おすすめできないスマホ決済

  • ファミペイ
  • au Pay
  • ゆうちょ Pay
  • EPOS Pay
  • pring(プリン)
  • Apple Pay
  • Google Pay
  • セブンペイ 

こちらの8つについて紹介します。

 

ファミペイ

ファミペイはファミリーマート株式会社が運営するバーコード決済サービスです。
ファミリーマートで使えるクーポンや、Fami Payボーナスがもらえたりと、お得なサービスではあります。

おすすめできない理由は、実店舗ではファミリーマートでしか使えないからです。

セブンイレブンやローソンなどで使えないのはもちろん、他の飲食店やスーパーでも使えないファミペイ。
日々の買い物のほとんどがファミリーマートであるという方以外にはあまりおすすめできません。

関連記事

ファミペイのキャンペーンはお得?無料クーポンがもらえます!

出典:ファミペイ 今や様々なスマホ決済サービスがキャンペーン行っていますが、ファミマのスマホ決済サービスの「FamiPa ...

 

au Pay 

au PayはKDDI株式会社が運営するQRコード決済アプリです。
現在au WALLETを利用している方は、残高などをそのまま引き継いで支払いを始めることができます。

ただし、このau Payは現時点ではauユーザーしか利用することができません。

d払いはドコモユーザー以外でも利用することができますが、au Payはauユーザー以外は利用できないのが、おすすめできない理由の1つです。

ただし、au以外のユーザーも利用できるようにサービスを解放する準備は進めているようです。

 

ゆうちょ Pay

ゆうちょPayは株式会社ゆうちょ銀行が運営するQRコード決済サービスです。

操作が簡単でゆうちょ銀行の口座を持っていれば、すぐに始めることができる手間の少ないサービスです。

しかし、セブンイレブン・ファミリーマート・ローソンといった主要なコンビニですら使うことができません。

2019年5月にサービスが始まったばかりとはいえ、不便ですよね。
なにかのポイントが貯まるわけでもなく、現状あまりメリットがないゆうちょPayは、今後に期待ですね。

関連記事

ゆうちょpayを使えるお店は?メリット・デメリットについても解説します

はじめに 出典:ゆうちょ銀行 今年の5月、ゆうちょ銀行がゆうちょpayというスマホ決済のサービスを開始! スマホ決算サー ...

 

EPOS Pay

EPOS Payはマルイグループである、株式会社エポスカードが運営するQRコード決済サービスです。

支払いがそのままエポスカードの引き落としになり、エポスポイントが貯まるといった特徴があります。

しかし、マルイグループを日頃から利用している方でないと、利用するメリットがありません。

また、現在は東京都の中野区を中心にエリア限定でサービスを行なっているので、それ以外の地域の方はダウンロードしても使う機会が全くありません。

 

pring(プリン)

pring(プリン)は株式会社pringが運営する送金アプリです。
QRコード決済も行うことができますが、送金をする機能を主に力をいれているサービスです。

送金、出金、チャージありとあらゆるサービスを手数料無料で利用することができます。

しかし、まだまだ決済できる場所が少なく、出金の際に指定できる銀行の種類が少ないなど、少し課題があります。

ただ、ファミペイと何らかの提携をすることが噂されていますので、今後サービスが拡大していく可能性は十分に考えられます。

 

ApplePay

Apple PayはiPhoneを持っている方が利用できる、スマホ決済です。

クレジットカードをおよびSuicaを登録して、店頭でiD払い・QUICPay払い・交通系電子マネー払いを行うことができます。

カードをiPhoneに登録できるため、財布を持たなくてもスマホ1つで日々の支払いを行うことができる便利な決済サービスです。

ただし送金ができなかったり、還元率がクレジットカードに依存しているなど、スマホ決済と比較すると少し物足りなさを感じてしまいます。

また、VISAのクレジットカード(一部を除く)を登録できないというデメリットもあります。

 

GooglePay

GooglePayはAndroidのスマートフォンを持っている方が利用できる、スマホ決済です。

Apple Pay同様クレジットカードを登録し、iD払い・QUICPay払いをすることができるほか

  • 楽天Edy
  • nanaco
  • WAON
  • Suica

の電子マネーを登録することができます。

ただし、このGoogle Payは従来のおサイフケータイの機能とあまり変わらず、あえてGoogle Payに切り替える必要がないことからあまり浸透していません。

また、QRコード決済の登場により、よりGoogle Payを選択するメリットが薄れてきています。

 

セブンペイ

セブンペイはセブン&アイグループの子会社である、株式会社セブン・ペイが運営するQRコード決済サービスです。

セブンイレブンはnanacoの影響もあり、QRコード決済の導入が遅れていたのですが、2019年7月1日に満を辞してリリースされました。

しかし、7月2日に不正利用の疑いが生じ、7月4日よりサービス停止・・・9月30日にサービス廃止されました。

サービス開始直後にすぐ停止されてしまったということで、これじゃ使えませんよね。
いつかセブンが改めて電子マネーに参入する可能性もありますが、今のところは難しそうです。

 

おわりに

というわけで、スマホ決済サービスのおすすめなもの、おすすめできないものを紹介してきました。

消費税増税後、現金を持ち歩かないキャッシュレスな生活が一般的になってくると想像できます。
そこで活躍するのが電子マネーやスマホ決済。

ポイント還元で戻ってくる金額も、毎日積み重ねればバカにならないですし、この機会に始めてみては?

 

スマホ決済ってそもそもどんなものなのか知りたい方はこちら↓


QRコード決済とは?仕組みやメリットデメリットについて解説!

LINE PayやPayPayなど、QRコード決済が徐々に広まってきています。 しかし中には、 QRコード決済ってどうい ...

電子マネーについて知りたい人はこちらの記事もどうぞ↓


電子マネー8社徹底比較2019!今、最強ポイント還元率のおすすめはこれだ!

電子マネーを使えばポイントが還元されたりと、日々の支払いをお得にすることができます。 しかし、そのことを知っていても電子 ...

 

The following two tabs change content below.
かわんちゅ

かわんちゅ

新卒で入った東証一部上場企業を退職し、現在はフリーランスのWebライターとして活動中。QRコード決済とか、とりあえず新しいものにすぐ手を出しちゃうタイプ。趣味はGoogleMapを眺めること。

-キャッシュレス
-,

Copyright© 節約ぽけっと , 2019 All Rights Reserved.