通信費

投稿日:2019年11月16日 更新日:

スマホ代を節約する裏ワザ教えます!毎月5000円安くする方法とは

ぽけっと編集部

ぽけっと編集部

はじめに

生活の必需品として欠かせないスマホは、通信料が毎月かかります。
通信料は契約プランによって異なりますが、すごく無駄遣いしているケースがあるので注意しましょう!

そこでこの記事では、

  • スマホ代の平均
  • 節約する方法

を紹介します。

今すぐ通信料を見直せば、ザクッと節約に成功できますよ♪

スマホ代ってみんないくら使ってるものなの?

スマホの通信料を見直す上で大切なのは、通信料の平均を知ること。
もしもあなたの通信料が平均より上回っている場合は、今すぐ見直しする価値ありです!

大手キャリアのスマホ代の平均

利用者が多い大手キャリアといえば、docomo、au、ソフトバンク。

この3社のスマホを利用している方の通信料は、月々9,000円が平均です。

ちなみに月々9,000円という料金は、端末の支払いを含めた金額なので、支払いが終了した後の平均相場は7,000円程度になります。

自分のスマホ代と比較して、平均より高いか低いか参考にしてみましょう。

ポイント

  • 携帯料金の平均は月々9,000円
  • 端末の支払いが終わっている人は、月々7,000円

通信料の平均には、男女の差もある

通信料は、女性の方が男性よりも高い傾向にあります。
男女別の通信料をまとめた表が、こちら。

 男性女性
通信料5,700円7,500円
平均7,000円より-1,300円+500円

女性の方が通信料が高くなる理由は、アプリの使用時間の長さによるもの。
一般的に女性の方が男性よりもアプリの使用時間が長く、通信量が多いプランに入っている人が多いからです。

一方で男性は、「日中はスマホをあまり触らない」という社会人の方が多いため、通信量が少なめの安いプランが選ばれています。

よって、大手キャリアの平均が月々の平均が7,000円に対して、女性は平均を少し上回りますが、男性は平均を下回ると考えられますね。

マネオ
ただし、あくまでこれは「平均の通信料」の話!
男女に関係なく、もーっと通信料金を節約する方法もありますよ♪

今すぐできる簡単スマホ料金を安くする方法!

ここからは、すぐに実践できるスマホ料金を安くする方法を紹介していきます!

抑えておきたいポイントは、以下の3つです。

  • 通話プランの見直し
  • オプションの解約
  • パケット料金の見直し

この3つを行うだけで、携帯料金は今すぐ安くなりますよ。
人によっては、「5,000円も節約できた!」なんてことも・・・。

それぞれについて詳しく解説します。

通話プランの見直し

最初の見直しポイントは、通話プラン。

大手キャリア3社の通話プランは、以下の通り。

 カケ放題プランカケ放題ではないプラン
docomoかけ放題オプション
月額1,700円
5分通話オプション
月額700円
au通話定額
月額1,700円
通話定額ライト(5分以内)
月額700円
ソフトバンク定額オプション
月額1,500円
準定額オプション
月額500円

「よく電話をするけど、カケ放題プランにしてない・・・」

という方は、カケ放題プランに加入すると通話料金を1,700円(ソフトバンクは1,500円)に抑えられます。
毎月の通話料が1,700円以上掛かっている方は、通話プランを変更した方がいいですね。

反対に、

「カケ放題プランにしてはいるけど、そんなに電話しないなぁ」

という方は、カケ放題プランではないプランに変更するだけで、毎月1,000円オトクに!
電話をあまりしない、しても5分以内しか通話をしない人は、こちらで十分です。

今すぐ自分に合った通話プランへ、変更してみましょう!
通話プランを変える方法は、以下の2つ。

通話プランを変える方法

  • キャリアショップへ行く
  • マイページにアクセスし、WEB上で変更する

オプションの解約

スマホ契約時につけられたオプションをそのままにしていると、本当にもったいないんです。
といのも、月額2,000円以上も損している可能性が・・・。

使用していない無駄なオプションは解約しましょう。

残した方が良いオプションとは・・・?

基本的には、端末修理の値段を補てんしてくれるオプションのみだけで良いです。
このオプションを無料期間が終わったからといって外してしまうと、万が一端末が故障してしまった時に全額負担をすることに・・・。

 残した方が良いオプション
docomo「補償サービス」または、
「いちおしパック」、「あんしんパックモバイル」
「あんしんパックホーム」などのセットパック
au安心ケータイサポートプラス
ソフトバンクあんしん保証パック

他の「動画」「雑誌」などのオプションは、必要な時に追加すれば良いです。
これらは一見便利そうでも、使わなければオプションに加入してお金を払っている意味がないので、解約しちゃいましょう!

オプションを外すには、電話で問い合わせるか、WEB上からできます。

パケット料金の見直し

続いて、データ通信量のパケット代を見直すことも重要です。

パケット代は、最大のプランと最小のプランとで毎月3,000円~4,500円ほどの差が出てきます。

  • なんとなく使うかなって思って容量多いプランにした
  • あまり携帯電話でネットやアプリを利用しない
  • 家にWi-Fiがあって、ネットは家でやることが多い

という方は、容量が少ないプランにチェンジを検討してみてはいかがでしょうか?

毎月消化しきれていない容量に対して掛け捨て状態になっていたお金が、たんまり節約できますよ!
また容量を使い切ってしまった場合も、追加料は掛からず、速度制限が掛かるだけなので安心してくださいね。

とはいえ、なかなか自分がどれくらいの容量が必要なのか目安がわからないもの。

「自分がどれくらいの容量を使っているか知りたい!」

というあなたのために、こちらの記事で詳しく説明しています!

動画30分見たら通信量は何GB?1GBってどのくらい?スマホを使って実際に検証してみた

【この記事の概要】 この記事では、元ソフトバンクショップ店員の私が、スマホでyoutubeの動画を30分見たらどのくらい ...

格安スマホに替えてスマホ代を節約する

スマホ代を更に節約するなら、「格安スマホ」に切り替えるのも有効です。
そこでここからは、格安スマホについての詳しい解説と、どれほど安くすることができるのかを紹介していきます!

格安スマホとは?

格安スマホとは、安い携帯会社で契約する携帯のことを指しています。
たくさんの会社がありますが、どこも月額1,000円~2,000円程度で利用できるんです!

安さの理由は、主に2つ。

  • 自社の回線を持っていない
  • 実店舗ではなく、WEB上での販売をメインにしている

安い携帯会社は、大手キャリアと違って自分で回線の設備を持っていません。
大手キャリアの回線を借りて、利用者にサービスを提供しているのです。

マネオ
「例えば、auならauの回線を持ってるけど、安い携帯会社は自分の回線ではなく、
auの回線を借りて通信サービスを提供しているよ!」

だから、サービスの提供に回線を作る初期費用がほとんど掛かっていません。

また、安い携帯会社は実店舗を持たずにインターネット上での販売がメイン
人件費、設備費や維持費などの経費があまり掛からず、超格安でのサービス提供を実現しています。

格安スマホの一番安い携帯料金の例

格安スマホは、通信容量などに応じてプランを選択することができます。

よくあるプランが、以下の2つ。

 価格
「通信のみ」のプラン1,000円前後
「音声通話機能付き」のプラン2,000円前後

「通信プラン」とは、電話機能がなく通信だけできるシンプルなものです。
たったの1,000円程度で携帯電話を持てるのは良いですよね。

「通信のみプラン」は、こんな人におすすめ!

  • 電話は、LineやSkypeなどしか使わない
  • 仕事用携帯があるから、自分の携帯電話では電話が必要ない
  • 自宅に電話番号があるから、携帯電話の番号を持っていなくても別にいい
  • 携帯電話を持っていない家族に、とりあえず持たせてあげたい

一方で「音声通話機能つきプラン」は、普通に電話もネットもできます
格安スマホ会社によっては、それまでの電話番号をそのまま使えますよ。

普通の携帯電話と変わりない機能を使えるのに、安いプランだと月額2,000円前後です。
大手キャリアのスマホ代の平均が9,000円となっているのを考えると、格安スマホに切り替えるだけでものすごく節約できますね!

格安スマホと大手キャリアのスマホでは何がどう違う?

「安い携帯会社だと、ちょっと心配だなぁ・・・」

「値段が安くなっても、繋がりにくくなったらイヤ!」

あんまりにも格安スマホ会社は安いため、不安になりますよね。
また、長年の通信サービスを提供してきた実績のある大手キャリアと比べ、安心感も劣ります。

そこで、格安スマホと大手キャリアを比較した表が、こちら。

 格安スマホ大手キャリア
繋がりやすさ
速さ
安さ
平均
2,000円~3,000円

平均
7,000円~9,000円
実店舗でのサポート

心配な繋がりやすさと速さは、大手キャリアと格安スマホは全く同じです。

なぜなら、格安スマホは大手キャリアの回線を借りているから。
いずれも、au、docomo、ソフトバンクの回線を使っています。

例えば、

「ソフトバンクの携帯を使っていて、使い心地を気に入っている」

という人は、ソフトバンクの回線を借りている格安スマホを選べばOK。
格安スマホに変えたことも忘れるほど、今までと同じ使い心地で使えますよ。

マネオ
しかも使い勝手が同じなのに、格安スマホの値段は半分以下!!

大手店舗のいいところは、どこにもたいてい実店舗があり、すぐにサポートしてくれるところですよね。
格安スマホは経費削減のためにweb完結をしているところが多いので、その点は不便に感じることも。

ただし、格安スマホの中には実店舗を構えているところや、提携しているお店で対応してくれるところもありますよ♪

賢い主婦は格安スマホを使っている!

今どき、本気でスマホ代を節約しようと思ったら、格安スマホがおすすめです!
なぜなら、大手キャリアで節約しようと思っても、月額1,000円とか2,000円には絶対にできないから。

格安スマホに乗り換えるとファミリー割引等はなくなってしまいますが、それがなくなっても断然にオトクです。
私は家族みんなで乗り換えたところ、なんと、年間6万円の節約に成功しました!

「でも、格安スマホの会社ってたくさんありすぎて選べない・・・」

そこで、おすすめの格安スマホを紹介します。

主婦目線で見るおすすめ格安スマホ

私的に、おすすめの格安スマホは以下の3つです。

 楽天モバイルTONEモバイルmineo
回線docomo,au,楽天docomodocomo,au,ソフトバンク
値段1,480円~1,000円~1,310円~
ポイントクレジットカードがなくても申し込めるTSUTAYAでサポートしてもらえる大手キャリアの回線が全部あり、乗り換えがスムーズ

それでは、それぞれ詳しく紹介していきますね♪

楽天モバイル

  • 回線 docomo,au,楽天
  • 値段 月額1,480円~

安心大手の格安スマホを選びたいなら、ここ

楽天モバイルは、大手の楽天による通信サービスです。
docomo回線、au回線にプラス、2019年10月から自社の「楽天回線」をスタートしました!

格安スマホは自社の回線を持たないのが安さの秘密なのに、楽天モバイルは型破りです・・・。
しかも、自社の回線をスタートさせたのに、値段はそれまでと同じ月額1,480円のまま。

さらに、楽天モバイルはクレジットカードを持っていなくても支払いができます
口座振替やデビットカードを選択することができるので、クレジットカードを持っていない主婦の方でも気軽に契約できますよ。

もちろん、支払いの度に「楽天ポイント」もたまっていくので、楽天でよくお買い物をする方にはうってつけです。

TONEモバイル

  • 回線 docomo
  • 値段 月額1,000円~

たった月額1,000円でネットも電話も使いたい人必見!

「TONEモバイル」は、TSUTAYAが提供している格安スマホです。

他の格安スマホは「音声通話なしの通信プランだけで月額1,000円」としているところが多いなか、TONEモバイルはネットと通話の両方で月額1,000円なので、とってもオトクですよ。

とにかく格安スマホに乗り換えて、通信費を安くしたい方におすすめです。

また、TSUTAYAに行けば店舗でサービスを受けられるので、

「何かあった時には実店舗にすぐにいきたい!」

と考えている人にもおすすめです。
実店舗サポートの安心感があるから、スマホの扱いにが不慣れなシニアな方にも選ばれています。

そして、支払いの度に「Tポイント」が貯まるのも嬉しいところ。
TポイントはTSUTAYAやファミマなど使えるところが多いため、日々のお買い物に使えますよ。

mineo

  • 回線 au,docomo,ソフトバンク
  • 値段 1,310円~

大手キャリアの全回線あり!乗り換えやすさ◎

mineoの最大の特徴は、docomo・au・ソフトバンクの回線プランを全て持っていること。
なので、自分のこれまで使っていた回線を使用できます。

しかも、乗り換えた人からも

「今までと同じように使えてる!」

と評判が高いんです。

料金プランも比較的い方なので、格安スマホデビューしたいあなたにおすすめですよ。

まとめ

毎月支払っているスマホ代は、無駄遣いしている方も多く、早めに見直さないと損をしている可能性があります!
大手キャリアの平均通信料7,000円~9,000円を参考に、
「スマホ代金を払い過ぎていないかどうか」
をチェックしてみましょう。

ただし、大手キャリアだと節約できるお金に限界があるため、月々の携帯代を1,000円や2,000円にしたい人は、格安スマホへの乗り換えがおすすめです!

 

The following two tabs change content below.
ぽけっと編集部

ぽけっと編集部

当メディア「節約ぽけっと」編集部です。「コスパ良く楽しむ」をモットーに、節約情報を発信しています。

-通信費
-,

Copyright© 節約ぽけっと , 2019 All Rights Reserved.