娯楽費

投稿日:2019年9月14日 更新日:

hontoの電子書籍の評判・口コミは本当?読書オタクの僕が体験してみました【貴重】

ぽけっと編集部

ぽけっと編集部

みなさんどうも。「はむ」でございます。

みなさんは「honto」ってご存じですか?紙の本、電子書籍のどちらも購入できる「ハイブリッド型総合書店」として現在人気を集めているオンライン書店です。

そんなhontoですが、実際はどのようものなのでしょうか?評判と口コミを調査し、実際に使ってみたことで感じたメリットとデメリットを書いてみました。

他社との比較やお得なクーポンについてもまとめてありますので、電子書籍の購入を考えている人は是非参考にしてみてください!

hontoとは?

先ほどお話したとおり、hontoは紙の本も電子書籍も取り扱うオンライン書店。大日本印刷株式会社という印刷会社が運営しています。

気になるサービスの内容はどのようなものなのでしょうか。表にまとめてみました。

会費無料
取り扱いジャンル小説・文学・経済・ビジネス本・コミック・ライトノベル暮らし・実用雑誌の紙本、電子書籍
品揃え約70万冊
支払い方法

クレジットカード、LINE Pay、代引き、コンビニ支払い、ドコモ、au、ソフトバンクの各キャリア決済等

※次の項目に詳しく記載しました

月額料金は無料となっており、購入した時点で商品の金額を支払うようになっています。取り扱いジャンルは小説等の本からコミック、雑誌まで幅広く、約70万種類もの品揃えがあるようです。

hontoの支払い方法

hontoの支払い方法は電子書籍と紙本で違いがあります。下記の画像ようになっております。

電子書籍では携帯電話キャリアの決済ができるようになっています。代引き、コンビニ支払いは紙本の場合のみ利用可能ですので、注意が必要です。

hontoの評判・口コミをまとめてみた

ここまでhontoの基本情報をまとめてみましたが、実際に使っている人の口コミはどうなのでしょうか?調査してみました。

評判、口コミをみてみると電子書籍が半額になったりとキャンペーンも人気を呼んでいるようです。発送してもらう際もしっかりとした対応をしてもらえるようですね。

反面悪い口コミですが、ほとんど見かけることはありませんでした。一時期口コミとしてサイトにアクセスできないといった声が多くありましたが、どうやらその時だけ何か不具合が発生していたようで頻繁に起こるわけではなさそうです。

利用している方の声を見てみると良い評判が多かったです。そこで私も実際に使ってみましたので、体験してみた結果を書いていきます。

hontoだけにホントにすごく良いサービスでした(汗)

まず結論だけ教えてくれ!!!なんて方向けに先に結論をお話しすると、実際に利用してみてhontoは非常に使いやすく、とても良いサービスでした。

私個人として、

    • 本の冊数がかなり豊富な点
    • メニューや購入手続きがシンプルで分かりやすく、ストレスなく商品を購入できた点

この2点が特に嬉しかったです。

本が届くまで3日ほど時間はかかりましたが、梱包も丁寧であり安心して注文できるサービスだと思います。

下に実際に利用してみた体験談を掲載しておきますが、公式ホームページも載せておきますので、良いならばまずは自分の目で確かめたい!という方は是非見てみてください!

↓※画面上部の「新規会員登録」ボタンから登録ができます↓

hontoの公式サイトはコチラ

【体験談】hontoの評判・口コミ調査!実際に使ってみた!

では、実際にhontoに登録をしてみて使ってみた体験談を書いていきます。分かりやすいように写真も混ぜながらお話していきます。

まずはhontoに会員登録

まずは会員登録をしていきます。

hontoサイト上にある赤いボタン「会員登録」から登録。月額料金は無料なのでご安心を。

メールアドレス、パスワード、氏名、ふりがな、性別、生年月日、hontoカードの情報入力(持っている人のみ)メールサービスの選択を完了させたらもう会員登録は完了です。

支払い方法の選択は実際に本を購入するタイミングで入力するので、このタイミングでは入れません。個人的にはこの部分はなんとなく安心しました。

会員画面はコチラ

会員登録は難なく完了です。今度は画面上にある「ログイン」から、実際のログイン画面を見ていきます。

こちら会員画面です。噂の機能「ブックツリー」がすぐに表示されます。これはわくわくしますね・・・。

私のブックツリーに出てきた「食い意地クン」。いきなり表示されて最初ビビりましたが、内容が半端なく気になります。

メニュー画面です。貯まっているポイント数、使えるクーポンの枚数が確認できたり、My本棚では購入した本を管理できるようになっていたりと、便利に使えるようになっていますね。

メニューには検索機能のほか、ジャンル毎に購入したい商品を探すことができるようになっています。80万冊近い冊数があるようなので、こういった機能は嬉しいですね。

本を実際に購入してみる

今回はちょうどほしい本があったこともあり、さっそく本を注文してみることにしました。

まだまだ絶大な人気を誇る、さくらももこさんの「ひとりずもう」。前々から興味があり、今回はこちらを注文します。

まずは配送方法の選択から。配送で受け取るか、店舗で受け取るかの選択ができます。店舗を選択した場合、丸善やジュンク堂などの近くの実店舗での受け取りが可能です。

まずは支払い方法を選択していきます。クレジットカード以外にも紙本であればコンビニ支払いや代引きも選択できるので、希望のものを選択しましょう。

次はクーポンとポイントの利用選択。利用できるクーポンを持っている方は必ずここで選択するようにしましょう!新規会員限定クーポンなど、割引の多いクーポンもたくさんあります。

あとは注文内容を確認して、ご注文を確定のボタンを押すだけです。

 

実際に注文をしてみて、特に難しい内容もなく、スムーズに購入ボタンまで進むことができました。購入した本は3日で自宅に届き、梱包などもしっかりとされていて、丁寧な対応だったと思います。

次の項目では今回実際に容を利用し、調査してみて分かったhontoのメリット、デメリットをまとめてみましたので、見てみてくださいね。

hontoを使うメリット

まずはメリットから紹介していきます。

hontoポイントが貯まる

1つ目のメリットは利用するたびにhontoのポイントが貯まる点です。100円(税抜)分を購入する毎に1ポイントずつ貯まり、1ポイント1円単位で使うことができます

hontoのポイントはオンラインストア以外にも提携している丸善・ジュンク堂・啓林堂書店でも貯めることができ、ポイントを使うことも可能です。オンラインで買い物をして貯まったポイントを提携している店舗で使ったり、またはその逆も可能ということですね。

ちなみに直近2か月のうちに電子書籍ストア、本のストア、店舗のいずれかの2つで各ストアごとに1000円以上お買い物をすると翌月のポイントが2倍になったりもします。

他にもキャンペーンでポイントがもらえたり、1日1回抽選に参加することで100ポイント当たったりといった機能もありますので。通常のお買い物以外にもポイントが貯まりやすくなっています。

お得なクーポンがある

のちほど詳しくクーポン紹介の項目で説明をしますが、hontoで使えるクーポンには大幅な割引を受けられるものもあります。

新規会員限定で電子書籍が30%オフになるクーポンや、対象の紙の本を購入してから同一タイトルの本を電子書籍で購入すると50%引きになったりいったクーポンもあるので、通常より安く購入できる可能性が高いです。

ユーザーの関心、興味に合せて本を紹介してくれる機能がある

こちらは面白いサービスですが、著名人や作家、編集者などの「ブックキュレーター」と呼ばれる人たちが自分の趣味や関心にあわせ本を紹介してくれる「ブックツリー」というサービスがあります。

「蜜蜂と遠雷」や「夜のピクニック」で有名な恩田陸さんや、「嫌われる勇気」の著者である岸見一郎さんなど有名な作家さんもブックキュレーターとなっており、ユーザーにおすすめの本がトップ画面に紹介されるようになっています。

本を読みたいけどイマイチ読みたい本が見つからない・・・という方は、おすすめされた本を思い切って読んでみるのも面白いと思いますよ!

↓※画面上部の「新規会員登録」ボタンから登録ができます↓

hontoの公式サイトはコチラ

hontoを使うデメリット

発送があまり早くない

最近のオンラインストアだと注文して次の日に届くような場合も多いですが、hontoの場合は1~3日程度かかります。入荷時期の問題で商品によっては5日ほどかかる場合もあり、すぐに本が手元に欲しい!といった場合だと難しい可能性もあります。

注文する際は自分の日程に余裕をもって利用するようにしましょう!

電子書籍のみしか使わない場合は少し損

電子書籍の購入のみの利用の場合、ポイント面では少し損です。

メリットの項目でお話した通りhontoのポイント付与サービスでは紙本を含め購入金額と利用ストア数に応じてポイント付与率が大きく変わってきますが、電子書籍のみの購入だと付与率は1%のままとなってしまいます。

電子書籍のみの利用でもクーポンの利用などで十分お得ではありますが、ポイントを貯めたいという方には少し損になる可能性があります。

hontoとアマゾンのkindleを比較してみた

hontoの良い点、ちょっとな・・という点も含め、だいぶ色々見えてきましたね。では、他社と比較してみるとどうなのでしょうか?

電子書籍のシェアでNo.1ともいわれる「Amazon Kindleストア」と比較してみました。まずは基本情報から。

 hontoAmazon kindle
運営開始日2012年10月2011年1月
専用端末有無なし有(Kindle)
取り扱い冊数約80万冊約70万冊
会費なしなし

取り扱い冊数、会費自体がかからない部分はどちらも同じ。取り扱いしている冊数はhontoの方が多いようです。

金額は商品によって異なるので比較表には入れませんでしたが、大体同じような金額のようです。

ただアマゾンには本以外にも商品の取り扱いがある点があるので、本と合わせて本以外の商品を購入したいときは便利です。

hontoの方はオススメ本を紹介してくれるブックツリーの機能や丸善・ジュンク堂・文教堂・啓林堂書店などの実店舗との連携もあるので、本メインで商品を購入したい!という方にはhontoの方がおすすめな印象があります。

状況に合わせて使い分けるようにしたいですね!

honto割引クーポンはかなりお得

購入する本を安くするために一番気になるのがクーポンです!現在使えるクーポンをまとめてみました。

新規会員限定!電子書籍30%OFFクーポン

まずは対象の電子書籍が30%オフになるクーポンです。

新規での会員登録した人限定のクーポンとなっており、有効期間中に1回のみ利用することができます。割と高額になってしまう本にも使うことができたりするので、1冊3000円する本に使えば900円引きになったりとかなり大きいです。

使い方は購入時にクーポン利用を選択する欄があるのでそこで選択するだけ。

登録してすぐに欲しい商品がある方は必ずクーポン対象かみてみるようにしましょう。

 

読割50で電子書籍が50%OFF

こちらはオンラインストア、丸善・ジュンク堂・文教堂のhontoポイントサービス実施店にて、対象の紙の本を購入してから5年間は同一タイトルの電子書籍が50%オフで購入できるサービスです。

読んでみて良かった本など、家に保管しておきたくてもこれ以上ものが増えるのは。。なんて時ありますよね。そんな時は電子書籍で同じ本を買っておけば部屋が本であふれることはありません。

心に残った文章を何かあったときに読み返したい!なんて時も電子版を購入しておけばスマホ1台でも複数の本を入れておくことができますし、持ち運ぶにもがさばりません。

通常の半額で購入できる点は大きく用途はたくさんあるので、良いと思った本は使ってみることをオススメします。

↓※画面上部の「新規会員登録」ボタンから登録ができます↓

hontoの公式サイトはコチラ

hontoの運営会社について

hontoの運営会社の概要は下記のようになっております。

会社名大日本印刷株式会社
代表取締役社長北島 義斉
本社所在地東京都新宿区市谷加賀町一丁目1番1号
電話番号(大代表)03 (3266) 2111
創業1876(明治9)年10月9日
設立年月日1894(明治27)年1月19日(登記)
資本金1,144億6,400万円(2019年3月31日現在)
売上高1兆4,015億500万円(連結)9,826億9,100万円(単体)(2019年3月31日現在)
従業員数38,051名(連結)10,757名(単体)(2019年3月31日現在)

まとめ

honto、いかがでしたでしょうか?

私個人としては豊富な品揃え、会員登録自体は無料な点は使い勝手がよく、非常に便利であると感じました!

これから読書を始めるんだ!という方、せっかくだから本でも買ってみようかな?という方も是非hontoを利用してみてくださいね!

The following two tabs change content below.
ぽけっと編集部

ぽけっと編集部

当メディア「節約ぽけっと」編集部です。「コスパ良く楽しむ」をモットーに、節約情報を発信しています。

-娯楽費
-

Copyright© 節約ぽけっと , 2019 All Rights Reserved.