キャッシュレス

投稿日:

楽天ペイと楽天edyの違いは?ポイント還元率やキャンペーンを徹底検証

わたる

わたる

はじめに

楽天には、

  • 楽天Pay(ペイ):スマホ決済サービス
  • 楽天Edy(エディ):電子マネーサービス

があります。

同じようなキャッシュレスのサービスに見えますが、いくつか違う点も。

今回は、そんな楽天ペイと楽天Edyは何が違うのか、それぞれどんな特徴があるか?について説明をしていきます。

両者のお得な使い分け方を知りたい人、すでに使ったことがある人、そうでない人もぜひ参考にしてみて下さい。

 

楽天Pay(ペイ)と楽天Edy(エディ)の違い

まず両者の大きな違いは、

ポイント

  • 楽天ペイはクレジットカードと紐づけて使うので後払い
  • 楽天Edyはチャージして使うプリペイド式なので先払い

という、支払い形式の違いとなっています。

その他にも違いがあって、以下の表にてまとめました。

項目楽天ペイ楽天Edy
必要なものクレジットカードクレジットカード、楽天ポイントカード、おサイフケータイなど
ポイント還元率0.5%
(200円につき1ポイント)
0.5%
(200円につき1ポイント)
使える店舗数120万店65万店舗
支払い方法アプリを開いてバーコードを提示スマホを専用端末にかざす
支払いタイミング後払い先払い
上限金額1回の利用にあたり最大50万円残高の上限が5万円

それぞれ解説していきます!

必要なもの

基本的に楽天Edyは、

  • Edy機能付き楽天カード

  • Edy機能付きポイントカード(Edy-楽天ポイントカード)

  • おサイフケータイ(androidの場合)

のいずれかが必要です。

また、iPhoneで楽天Edyを使うには、「パソリ」など、外付けするタイプの非接触型ICカードリーダーが必要になり、使う前に色々と準備しなければなりません。

(※iPhone版 Edyカード用「楽天Edyアプリ」については後述します)

一方楽天ペイは、登録用のクレジットカードが必要ですが、使う・貯める・チャージがワンストップでできる専用アプリ(楽天ペイアプリ)もあります。

iPhoneユーザーで準備が煩わしい人や、すぐキャッシュレスで支払いたい場合は楽天ペイを選ぶと良いでしょう。

楽天ペイアプリはこちらから

App Storeはこちら

GooglePlayはこちら

 

使えるお店

両者で使えるお店が違います。それぞれで使えるお店を以下にてピックアップしました。

 

楽天ペイの対応店舗

ジャンル楽天ペイ使える店舗
コンビニセブンイレブン、ローソン、ファミリーマート、ローソン、ミニストップ
ドラッグストアwelcia、ハックドラッグ、ハッピードラッグ、マルエドラッグ、スギ薬局
グルメ上島珈琲店、倉敷珈琲店、松屋、ファーストキッチンなど
居酒屋漁民、白木屋、居酒屋笑笑、目利きの銀次
家電量販店エディオン、ケーズデンキ、ビックカメラ、コジマ、ソフマップ、YAMADA
ファッションAOKI、東京靴流通センター、Mac House、Right-on
百貨店・モールshinjukuMYLORD、kintetsu(近鉄百貨店)、TheCUBE、上本町YUFURA、Hoop、東京駅一番街、CANAL CITYなど
その他IKEA、アート引越センター、AUTOBACS、カラオケ館、アリさんマークの引越社、Kiosk、ジャンカラ、TOKYUHANDS、BOOK-OFF、ジュンク堂、MARUZEN

現在のところ、楽天ペイは使える店舗120万店と幅広いですね。

PayPayやLINEペイなどの主要サービスと同じように使えるのも魅力。

これ以外でも楽天ペイを使えるお店があるので、詳細は以下のリンクを参照してみて下さい!(一部対象外店舗があります)

楽天ペイ対応店の詳細はこちらのリンクから!

 

楽天Edyの対応店舗

ジャンル楽天Edyの対応店舗
コンビニセブンイレブン、ローソン、ファミリーマート、ミニストップ
スーパーイトーヨーカドー、サミット、やまや、ピアゴ、さとう、たいらや
ドラッグストアツルハドラッグ、マツモトキヨシ、クスリのアオキ、薬王堂、ドラッグイレブン
ネットショップアマゾン、楽天市場、楽天Edyオフィシャルショップ、アメーバー
本・CD&DVDTSUTAYA、明屋書店、タワーレコード
家電ケーズデンキ、エディオン、ビックカメラ、コジマ、ソフマップ

他にも百貨店・モール、服飾・雑貨等、飲食、アミューズメントなどのジャンルで利用できます。

これ以外でも楽天Edyを使えるお店があるので、詳細は以下のリンクを参照してみて下さい!(一部対象外店舗があります)

楽天Edy対応店の詳細はこちらのリンクから!

 

支払い方法

支払い方法は、

  • 楽天ペイ アプリを開きバーコードを店員さんに提示して決済
  • 楽天Edy Edy-楽天ポイントカード/楽天カード/スマホを専用端末にかざして決済

以上のような違いがあります。

楽天Edyは、アプリを開かなくても決済できるので、よりスピーディに決済可能です。

 

支払いタイミング

冒頭でもお伝えした支払いのタイミングですが、

  • 楽天ペイが後払い
  • 楽天Edyが先払い

となります。

楽天Edyは事前にチャージが必要で、チャージ金額以上の額を使うことができません。

ちなみにチャージ方法はクレジットカード、現金、銀行口座など様々な方法があるので、事前に確認しておきましょう。

Edyの種類別チャージ方法一覧はこちら!

 

上限金額

  • 楽天ペイ 1回の利用につき最大50万円
  • 楽天Edy 残高の上限が5万円

以上が上限になっています。

例えば大きな買い物をするなら楽天ペイ、コンビニでちょっとした物を買うなら楽天Edy、と利用状況によって使い分けるのもおすすめです。

 

上限限度のエラーで使えない場合も

上で紹介したように楽天ペイの最大限度額は50万円ですが、楽天IDの会員ランク・楽天ペイアプリの利用状況・利用店舗等によって上限金額は個人差があるようです。

つまり、使用状況などにより50万円使える人もいれば、そうでない人もいるということ

運営会社の楽天によると、セキュリティの観点から、実際いくらまで使えるかは知ることはできないそうです。

高額の商品を買う場合は注意しておきましょう。

 

その他の機能

楽天ペイ、楽天Edyには他にも独自の機能があります。

 

楽天ペイ:送金機能

送金機能では友達や友人、息子娘さんにもお金を送れます。(お金を送れるのは楽天会員のみ。手数料は無料)

送金の上限金額は1回で10万円1カ月で100万円です。

 

楽天ペイ:楽天キャッシュ

実は楽天ペイの「楽天キャッシュ」を利用すれば、楽天カードや楽天銀行、ラクマの売上金からチャージをして、自分で決めた額のみ使うことができます。

楽天Edyのように電子マネーとしてチャージしながら、アプリですべて完結できるのがメリットです。

ただし、

  • 楽天カードでしかチャージできない
  • 出勤手数料が高い

などデメリットも。使う前にしっかり確認しておきましょう。

 

楽天Edy:オートチャージ機能

オートチャージを使えば、チャージしなくても、自動的に指定した金額分チャージしてくれるようになります。(オートチャージに対応しているのは楽天カードのみ)

定期的にちょっとした買い物する人には便利な機能かもしれません。

 

楽天ペイに向いている人

出典:楽天ペイ

それぞれの特徴を比較してきましたが、ここからは楽天ペイに向いている人、楽天Edyに向いている人を紹介します。

まず楽天ペイに向いている人は以下の通りです。

 

1.ポイントをがっつり貯めたい人・楽天ユーザー

楽天ペイはクレジット決済でお買い物ができるので、アプリの決済分ポイントだけでなく、クレジットカードの分のポイントも2重で貯まります。

さらに、クレジットカードの設定を楽天カードにすれば、楽天スーパーポイントの3重取りも可能です。

日頃楽天をよく利用し、日々楽天カードでポイントを貯めている主婦の方なら、さらにおトクにお買い物が可能になるでしょう。

日々の食費や日用品の購入で楽天ペイを使うようにすれば、ポイントが貯まりますよ!

 

2.まとめて後払いで決済したい人

楽天ペイは、クレジットカードのみの支払いになるので、決済は月一回の後払い(引き落とし)になります。

使うたびに残高が減っていくのが気になる人や、いちいちチャージ(入金)に時間をかけたくない人にはぴったりでしょう。

 

楽天Edyに向いている人

次に楽天Edyに向いている人についても触れていきます。

出典:楽天Edy

1.一定の額だけ適切に使いたい人

楽天Edyはプリペイドタイプ。利用するには事前にチャージ(入金)が必要な前払い式です。

つまりチャージした分しか利用できないので、うっかり使いすぎたくない人に楽天Edyはおすすめです。

必要な分だけチャージする方が、使いすぎを抑制できたり、金額が減っているのも確認できたりするので、家計管理を徹底するなら楽天Edyの方が向いているかもしれません。

 

2.よりスピーディーに支払いを済ませたい人

楽天Edyはアプリを開かなくても、スマホやカードをかざすことで決済ができるので、よりスピーディにお買い物ができます。

そのためより速く決済をしたいという人におすすめです。

 

3.色々なクレジットカードからチャージしたい人

楽天Edyは2005年からスタートした言わば老舗のサービス。

チャージできるクレジットカードも豊富で、楽天カードはもちろんのこと、Visa、Mastercard、JCB、ジャックス、オリコなど多数から選べます。(Edy機能付き楽天カードは除く)

一方楽天ペイは、登録できるカードの種類が限られていて、楽天カード以外のJCB・American Expressは登録できません。

 

楽天Payと楽天Edyどちらがおトク?ポイント還元率を比較

スマホ決済といえば気になるのがポイント還元率ですよね。楽天系はどれがお得なのでしょうか。

まずはそれぞれの支払い時でのポイント還元率をまとめました。

 還元率
楽天カード1%(100円につき1ポイント)
楽天ペイ0.5%(200円につき1ポイント)
楽天Edy0.5%(200円につき1ポイント)

単に現金で支払うよりもそれぞれポイントが貯まることが分かります。

これよりポイントアップする方法を次に紹介します。

楽天ペイではポイントの2,3重取りも可能

楽天ペイは楽天カードと紐づけて使えば、合計で1.5%の楽天スーパーポイント還元を受けられます

なので何か大きな買い物をするとなると、楽天ペイで支払った方がお得になります。

例えば、

  • 10,000円の商品なら150円分のポイント
  • 100,000円の商品なら1,500円分のポイント

となります!

日々の食費や日用品のお買い物を楽天ペイに変えることで、節約にも繋げられますよね。

 

楽天ポイントカードを提示すれば3重取りも可能

楽天ペイでは、楽天ポイントカードのコードを提示することで還元率1%のポイントがもらえます。

楽天ペイやカードの決済分と合計すると2.5%の還元率、つまり楽天スーパーポイントの3重取りが可能になります。

  • 1%(楽天ポイントカードの提示)
  • 0.5%(楽天ペイの決済分ポイント)
  • 1%(楽天カードの決済分ポイント)

合計2.5%の還元率

また後述のキャンペーンを利用することで5%以上の高還元も受けられます。

楽天ポイントを貯められる対応店の詳細は以下のリンクを参照してみて下さい。

楽天ポイントカードの対応店の詳細はこちらのリンクから

 

楽天Edyは決済分ポイントの0.5%のみ

一方、楽天Edyは決済分ポイントの0.5%のみなので、2重取りができません。

もし楽天カードからチャージするなら、チャージポイント(0.5%相当)が加わり、還元率は合計1%に。

しかし、楽天Edyは支払額200円単位でしかポイントが付かないことから、直接楽天カードで支払った方がおトクです。

ただし、2019年10月から2020年6月までの消費者還元期間なら、最大5%分のEdyが還元され電子マネーとして利用できます。

 

楽天ペイと楽天Edyどちらがおトク?キャンペーンを比較  

楽天Payにも楽天Edyにもキャンペーンがあるので、キャンペーンはどちらがおトクなのかについても比較していきます。

(※2019年11月現在の情報です)

キャンペーンを有効活用して生活の足しにしていきましょう♪

 

楽天ペイのキャンペーン

まずは、楽天ペイのキャンペーンから紹介していきます。

 

全店舗対象期間中ずーっと5%還元!(12/2 9:59まで)

出典:【第一弾】楽天ペイアプリのお支払いで最大5%還元 - 楽天ペイアプリ

12/2(月)9:59まで、楽天ペイが全店舗で5%還元されます。

  • ポイントで払った分も還元対象になる
  • チャージして支払っても5%還元
  • 楽天カードで払っても5%還元
  • 楽天ペイと楽天カードを紐づければ5+1=6%還元

以上のように最大で6%の還元も狙えるので、キャンペーン中に楽天ペイを使うのをおすすめします。

いつでも5%は大きいですね!日々のお買い物をおトクにするチャンスです。

5%還元キャンペーンの詳細はこちら!

 

5%ポイントバックキャンペーン(12/2 9:59まで)

出典:楽天ペイ:今月のピックアップ加盟店での楽天ペイアプリのお支払いで5%ポイントバックキャンペーン

対象店で、楽天ペイを利用すると5%のポイントバックを受けられます。

居酒屋やドラックストアが対象店舗になります。

↓気になる対象店は以下のリンクに載っているので参照してみましょう。

5%ポイントバックキャンペーンの詳細はこちら!

 

楽天ペイを始めて利用すると100ポイントプレゼント 2019年12/31(火)まで

出典:【楽天】楽天ペイアプリ初めてのお支払いで100ポイントプレゼント!|サクサクスタートボーナスチャンス

楽天ペイを始めて利用すると、100ポイントの楽天ポイントをゲットすることができます。

  • エントリーと同月内に合計500円(税込)以上の支払い

以上が条件となってきます。

100ポイントプレゼントキャンペーンの詳細はこちらから!

 

抽選で10,000分の楽天スーパーポイントキャンペーン (11月11日(月)10:00〜11月29日(金)9:59まで)

出典:楽天スーパーポイント10,000ポイントが抽選で当たる!楽天4サービス合同キャンペーン | Pasha(パシャ)

楽天スーパーポイントが抽選で、10,000ポイント当たるキャンペーンです。

実店舗で購入してもらったレシートの画像を送ることでエントリーができます。

10,000ポイントもらえるキャンペーンはこちら!

 

楽天Edyのキャンペーン

次は楽天Edyのキャンペーンを紹介していきます。

 

毎月行われている楽天Edyデビューキャンペーン(11月1日10:00~12月2日9:59まで)

出典:電子マネー「楽天Edy(エディ)」 | キャンペーン情報 | 楽天Edyをはじめよう!楽天Edyデビューキャンペーン

エントリー後、初めて楽天スーパーポイントを貯める設定をして、楽天Edyを利用すると最大600ポイントがプレゼントされています。

期間が載っていますが、毎月行っているキャンペーンとなっています。

楽天Edyデビューキャンペーンの詳細はこちら!

 

ご利用1日ごとに最大5ポイントプレゼント!(11/11 0:00~11/30 23:59まで)

期間中にエントリーして、

  • 楽天カードに付帯のEdyを利用(利用1日ごとに3ポイント)
  • Edyオートチャージを合計5,000円以上利用(利用1日ごとに5ポイント)

以上の条件を満たすと、ポイントが3、5ポイントもらえます。

5ポイントはどちらの条件も満たした場合にもらえます。

 

【スギ薬局・ジャパン】ポイント2倍!(12/1 ~23:59まで)

出典:電子マネー「楽天Edy(エディ)」 | キャンペーン情報 | 【スギ薬局・ジャパン】ポイント2倍!

スギ薬局・ジャパンにて楽天Edyで200円以上のお買い物をするとポイントが2倍になります。

特典の上限は5,000ポイントです。

楽天Edyは還元率は0.5%(200円につき1ポイント)なので、還元率1%のポイントが受けられるようになります。

スギ薬局・ジャパンのキャンペーンの詳細はこちら!

 

他にもポイント2倍~3倍キャンペーンがある

スギ薬局以外にもポイント2倍キャンペーンが開催されているので、それらも一緒に紹介していきます。

ドミノピザはポイント3倍で他はポイント2倍となります。

  • カラオケ館(2019年11月1日~11月30日)
  • 来来亭(2019年11月1日~11月30日)
  • 紀伊国屋書店(2019年11月1日~12月31日)
  • モンテローザ(2019年11月1日~2020年1月31日)
  • ローソン(2019年11月1日~12月31日)
  • ドミノピザ(2019年9月17日~2020年1月26日) ※ポイント3倍!

 

チキチー無料クーポンプレゼント 2019年11月30日まで

出典:電子マネー「楽天Edy(エディ)」 | キャンペーン情報 | 【マクドナルド】チキチー無料クーポンプレゼント!

  • 楽天Edyアプリに初めて登録
  • 楽天スーパーポイントを貯める設定をする
  • エントリーする

以上の条件満たすとチキチーが無料プレゼントされます。

おサイフケータイ限定のキャンペーンです。

チキチーが無料プレゼントの詳細はこちら!

 

楽天Edy ポイント山分け

出典:電子マネー「楽天Edy(エディ)」 | キャンペーン情報 | 楽天銀行口座チャージでEdy20万円分山分け!

エントリー&楽天銀行の口座からEdyチャージすると、Edy200,000円分が山分けされるキャンペーンもあります。

サイトの文面からは山分けと書いてあるだけで、どのくらいのポイントがもらえるか分かりませんが、楽天銀行をお持ちの方は是非エントリーしてみましょう!

(※もらえるポイントの上限は1人600円までです。)

ポイント山分けの詳細はこちら

 

銀行口座チャージで10万円分のEdy山分け!

出典:電子マネー「楽天Edy(エディ)」 | キャンペーン情報 | 銀行口座チャージで10万円分のEdy山分け!

山分けのサービスは以上のようにもう一つありました。

こちらはおサイフケータイが対象になっています。

10万円分のポイント山分けキャンペーンはこちら!

 

楽天Payと楽天Edyを使い分けるならアプリは必須

2019年の3月に楽天pay、楽天Edy、楽天ポイントカードのサービスが統合して「楽天ペイ」というアプリになりました。

これにより、アプリ上で様々な楽天サービスを利用できるようになり便利になりました。

その特徴を紹介していきます!

楽天Pay・楽天Edy・ポイントを統合した「楽天ペイ」

出典:楽天ペイアプリ

2019年3月にアップデートされた「楽天ペイアプリ」では、

  • 楽天スーパーポイントによる決済
  • 楽天キャッシュによる決済
  • バーコードとQRコードの決済
  • クレジットカードの情報確認
  • 楽天Edyの情報確認
  • 楽天スーパーポイントを貯めるために提示するバーコードの表示

以上の決済や情報の確認を、すべて一つのアプリで完結できるようになりました。

さらに楽天ペイを開くだけで、他の楽天サービスの利用可能。

楽天ユーザーならとても便利に感じるでしょう♪

楽天ペイアプリでできること

  • お買い物をしたい場合はコードを提示
  • 楽天Edyの情報を確認したい場合は、「楽天Edyマーク」をタップ(Androidのみ)
  • 楽天ポイントを貯めたい場合はポイント用コードを提示

などアプリ上で使い分けると便利ですよ。

ただし楽天Edyの機能は、おサイフケータイがあるandroid版でのみ利用することができます。

iPhoneで利用するには、次に紹介する「Edyカード用楽天Edyアプリ」の利用が必要です。

 

iPhone版 Edyカード用楽天Edyアプリが登場  

出典:電子マネー「楽天Edy(エディ)」 | iPhone版 Edyカード用楽天Edyアプリが新登場!!

上で紹介した「楽天ペイアプリ」が誕生する前は、楽天Edyのアプリ版はおサイフケータイがあるandroidにしか対応していませんでした。

しかし今秋、新たにiPhone専用アプリが登場し、iPhoneでも楽天Edyが便利に利用できるようになりました!

「Edyカード用楽天Edyアプリ」では、Edyカードをかざすと、残高と履歴確認やEdyで受け取れるポイントの受け取りが可能になります。

 

注意点

Edyカード用楽天Edyアプリにはいくつか気になる点もあります。

  • チャージや支払いにはパソリ(RC-S390)、パソリ用Edyアプリが必要
  • Edyカードが別途必要
  • iPhone7以降の機種に対応(iPod touch、iPadは対象外)

まだまだ機能面では十分ではないので今後のアップデートに期待しましょう。

 

おわりに

以上のように楽天ペイと楽天Edyは対応店舗や支払い方法など、いくつか違う点がありました。

楽天スーパーポイントを効率よく貯めたいなら楽天ペイ、チャージして管理しながら使うなら楽天Edyがおすすめ。

このように、自分の用途に合わせて使い分けてみてくださいね。

The following two tabs change content below.
わたる

わたる

埼玉出身のアイドルオタク。大学時代は就活に失敗してフリーターになってしまう。 その後一時は就職するも仕事を辞め、現在はフリーライター。 推しメンに多く会い行きたいという思いから節約を始める。そのなかでFPの資格も取得。 オタク活動費は必要経費。推しメンの笑顔はプライスレス。

-キャッシュレス
-, ,

Copyright© 節約ぽけっと , 2019 All Rights Reserved.