クレジットカード活用術

楽天ペイのメリットデメリット最新情報!最大還元率にするお得な使い方やってみた【2019年6月】

更新日:

こんにちは!株、不動産、暗号通貨の投資に詳しいチャーリーです。お金の専門家「ファイナンシャルプランナー」でもある私がマネーの節約知識を監修していきます。

この記事では、楽天株式会社が運営する楽天ペイについて取り上げます。

楽天ペイとは?

楽天ペイとは、簡単に言うとスマートフォンで決済ができるサービスです。

クレジットカードの情報をアプリに登録しておくことで、スマートフォンひとつで簡単に支払いが完了してしまいます。

支払いの方法は後ほどでも紹介しますが、お店で楽天ペイのアプリを開いてQRコードをかざすか提示されたQRコードを読み取るだけ、現在対応している店舗は限られていますが、今後さらに拡大が予想されます。

コンビニや飲食店での使用はもちろん、ネットショッピングなどでも利用できるので本当に便利なサービスです。

登録も簡単で、楽天会員の方であれば数分で完了します。楽天グループの運営する他アプリとの連携が強いのも嬉しいですね。

次の項目では楽天ペイのメリットについて詳しく紹介していきますのでぜひ参考にしてください。

楽天ペイの3つのメリット

楽天ペイのメリットは以下の3つがあげられます。

楽天ペイの3つのメリット

  • 小銭いらず
  • ポイントが貯まる!(期間中ずっと還元率5%)
  • ラクマで貯まった売上金が使える

メリット1.小銭いらず

楽天ペイの最大の特徴は、スマートフォンひとつで簡単に支払いができることですが、ということは財布を持ち歩く必要がなくなりますよね。

お店でお会計の際に、お釣りをピッタリにしたいからと小銭を数えなくてもよくなるのでスマートに会計を済ませることができます。

メリット2.ポイントが貯まる!(期間中ずっと還元率5%)

楽天ペイは会員数NO.1の楽天が運営しているサービス。なので楽天ポイントもザクザク貯まります。

現在はキャンペーン中で、楽天ペイに楽天カードを設定している方限定で、期間中ずっと還元率が5%になるキャンペーンを実施しています。

100円のものを買ったら5円が返ってくると考えるとかなりお得ですよね。

ただし、楽天カードを設定していることが条件になりますので、楽天カードも一緒に作るなどして、この機会を逃さないようにしましょう。

メリット3.ラクマで貯まった売上金が使える

同じく楽天が運営するサービスであるラクマ。楽天ペイはラクマで貯まった売上金もチャージして使うことができます。

ラクマで不要なものを売ったお金を、その場でチャージしてすぐに使うことができるので、振込申請をして現金化するよりも早いし便利です。

また、ラクマで売上金を振込申請する際は手数料を取られますが、楽天ペイにチャージする際には手数料が取られないのも嬉しいポイントですね。

楽天ペイのポイント還元率

楽天ペイのポイント還元率は通常キャンペーンのときが200円につき1ポイントなので0.5%ですが、楽天カードで登録している方は通常キャンペーン中も200円につき3ポイントのポイントがもらえるので、1.5%の還元率ということになります。

ただし、ポイント還元率については上記のメリットでも紹介しましたが、キャンペーンなどによっても変わってきます。できるだけ最新のキャンペーン情報は集めておくことが望ましいですね。

また通常キャンペーン時についても、楽天カード以外のクレジットカードを設定しているとあまりポイントが貯まる実感はないかもしれませんが、楽天カードを設定することでよりお得にポイントを貯めることができるので、やはり楽天カードの作成は必須だと思います。

楽天ペイ最新キャンペーン情報!

楽天ペイはキャンペーンが豊富!現在2019年6月中は対象店舗での楽天ペイ利用で10%ポイントバックのキャンペーンを実施しています。

このキャンペーンは誰でもエントリーできますが、適応させるためにはエントリーが必要になります。

エントリーをして、期間中に対象の店舗で楽天ペイを使ってお支払いをするだけで、キャンペーン終了後にその分のポイントがバックされる。これはエントリーしない手はないですよね。

キャンペーンの対象店舗については以下をご覧ください。

対象店舗

  • チヨダグループ
  • オーイズミダイニンググループ
  • DEAN & DELUCA
  • つるやゴルフ
  • 上新電機
  • 丸善ジュンク堂書店
  • ピザーラ
  • ワタミグループ

また、このキャンペーンの良いところは、通常キャンペーンのポイントは別で計算されて付与されるということです。

その場合、楽天カード以外のクレジットカードを設定している方は10.5%の還元率。楽天カードを設定している方は11.5%の還元率ということになります。

ただし、注意点としてはキャンペーンのポイントがバックされるのは一人あたり1,000ポイントまで。ということは10,000円分までの支払いしか適応されないということです。(※通常キャンペーンのポイントは別)

「どうせ10%返ってくるからいいか」と言って無駄遣いをしすぎることのないようにしてくださいね。

楽天ペイの使い方

楽天ペイの使い方は至って簡単です。ここではバーコード決済とQR決済の2つの手順を簡単に説明していきます。

バーコード決済の手順

バーコード決済の手順は以下の通りになります。

バーコード決済の手順

  1. 楽天ペイアプリを開いて「R Payコード・QR払い」を選択
  2. お店でバーコードもしくはQRコードを提示し、読み取ってもらう
  3. 支払い完了

実際に使用しているところを写真に撮ってみました。

まず、楽天ペイのアプリを開きます。レジに並んでいるときはレジ前にアプリを立ち上げておくと会計もスムーズに終わりますよ。

店員さんがバーコードを読み取りやすいようにレジの上にスマホをおきます。

ピッと読み込んで支払い完了。持ち帰った仕事もじゃがりことヨーグルトで乗り切ります。

支払い後の画面ですぐに獲得予定のポイントもわかります!

QR決済の手順

QR決済の手順は以下の通りになります。

QR決済の手順

  1. お支払い方法で「QR読み取り」を選択
  2. お店側に提示されたQRコードを読み込む
  3. 金額入力画面で金額を入力
  4. 確認画面でスライド
  5. 支払い完了

楽天ペイが使えるお店一覧!

楽天ペイに対応しているお店は現在もどんどん拡大しています。その中でもメジャーなお店を一覧で紹介していきたいと思います。

楽天ペイが使えるお店一覧

楽天ペイを使えるお店は以下の通りになります。

対象店舗

  • ファミリーマート
  • ローソン
  • ミニストップ
  • ウェルシア
  • セイムス
  • 松屋
  • ピザーラ
  • 上島珈琲店
  • 白木屋
  • 魚民
  • はなの舞
  • エディオン
  • ケーズデンキ
  • Right-on
  • メガネスーパー
  • アート引越センター
  • アリさんマークの引越社
  • BIG ECHO
  • ジュンク堂書店

全て紹介すると永遠に続いてしまいそうなので、ある程度絞りましたが、この他にもまだまだ使えるお店はあります!

さらに詳しく知りたい方はこちらをご覧ください。

楽天ペイが使えるネットのお店一覧

楽天ペイが使えるネットのお店一覧は以下の通りになります。

対象サイト

  • 無印良品
  • TOHO CINEMAS
  • ドミノ・ピザ
  • nano UNIVERSE
  • UNITED ARROWS LTD. ONLINE STORE
  • J!NS
  • 小田急百貨店 TOKYU NET SHOPPING
  • フジフィルムモール
  • 大阪大将 公式通販 本店
  • 亀田製菓ネットショップ
  • mobage
  • 日テレオンデマンド
  • テレ朝動画
  • フジテレビオンデマンド
  • レコチョク
  • めちゃコミック
  • 富士通 WEB MART
  • TOWER RECORDS ONLINE

これは本当に一部で、対象のサイトを全て含めると5,000以上あります。

さらに詳しく知りたい方はこちらをご覧ください。

楽天edyと楽天ペイの違いは?

楽天edyと楽天ペイの違いとしては、簡単に説明すると楽天edyはプリペイド型の電子マネーで楽天ペイはコード(QR)決済サービスです。

楽天edyはスマホで使用する場合、おサイフケータイ等の非接触決済対応機能が必須でしたが、楽天ペイは非対応機種でも使用できます。

支払い方法にも違いがあり、楽天edyは事前にチャージしたお金を使う先払いの決済システム、楽天ペイはクレジットカードと連携して後払いができる決済サービスとなっています。

楽天ペイのデメリット!使えない状況とは?

楽天ペイのメリットは先程紹介しましたが、やはりデメリットと言える部分もいくつかあります。

楽天ペイのデメリットとしては以下の3つがあげられます。

楽天ペイの3つのデメリット

  • スマートフォンの充電がないと使えない
  • 電波が悪いと使えない
  • 決済の上限金額がある

デメリット1.スマートフォンの充電がないと使えない

これはかなり初歩的なことになりますが、楽天ペイはスマートフォンの画面に表示させたコードを読み込ませたり、逆に読み込んだりして決済をするサービスなので、スマートフォン自体の充電がない場合は使えません。

お財布を持ち歩かなくても、スマートフォンひとつで決済ができてしまうのはすごく楽で良いのですが、充電がなくなった場合は何もできなくなってしまうので注意が必要です。

充電がなくなったときにすぐに充電できるように、充電器を持ち歩くようにすると安心できますよ。

デメリット2.電波が悪いと使えない

楽天ペイだけに限ったことではありませんが、基本的にこういった決済サービスは電波がない状況では使うことができません。

電波が届かないような地下の店舗などでは使えない可能性がありますので注意してください。

それだけではなく、通信制限などで通信速度が遅い場合にも、もしかしたら支払いができない可能性があります。

ただ、通信制限で使用できないというのは滅多にないと思いますし、実際に僕は通信制限のときでも支払いできていたので、あくまでも可能性もあるという程度の意識でいいと思います。

デメリット3.決済の上限金額がある

楽天ペイの一度の支払いで使える金額の上限は50万円となっています。(楽天IDの会員ランクや店舗ごとによって上限金額は異なります)

また、利用上限金額は設定してあるクレジットカードの利用可能枠の範囲内となります。

ちなみにコンビニの場合は一度の支払いで使える上限金額は4,000円となっているので注意が必要です。

楽天ペイならやっぱり楽天カード?

上記でも何回も言ってますが、やはり楽天ペイを使うのであればクレジットカードも楽天カードに設定した方がお得です。その理由を紹介していきますね。

楽天ペイに楽天カードを設定するとお得な理由と楽天カードのメリット

ポイント還元率0.5%→1.5%に

楽天ペイで楽天カードを利用する一番のメリットとしては、通常キャンペーン時のポイント還元率が、その他のクレジットカードの場合0.5%なのに対して、楽天カードの場合は1.5%になるということです。

分かりやすく言うと楽天ペイで10,000円を支払った場合、その他のクレジットカードでは50ポイントしか付いてきませんが、楽天カードの場合は150ポイントが付いてくるんです。

3倍のポイントが付くと考えると、楽天カードを設定した方がお得だということがよく分かりますよね。

ちなみに、期間限定のキャンペーンについても、楽天カードを設定している人限定のものがあるので、そういった意味でも楽天カードを設定しておくメリットはあると思います。

年会費無料なのに海外旅行保険も付いてくる

これは直接楽天ペイと関係があるわけではないのですが、楽天カードは年会費無料なのに海外旅行保険として、旅先での怪我や病気、トラブルをサポートしてくれるんです。

ただし、これには条件があって、海外へ行くための交通費等を楽天カードで支払う必要があります。

ですが、その他のクレジットカードの場合は年会費を払って海外旅行の保険が付いてくるといったものはあっても、年会費無料でこういったサービスがあるものは数少ないので、大きなメリットと言えるでしょう。

楽天カードの発行手順

楽天カードをすでに持っている方は、そのまま設定するだけなのでいいですが、持っていない方はカードを発行してもらわなければなりません。

そこで、楽天カード発行の手順を紹介していきたいと思います。申し込みまでの流れは以下の通りです。(今回は楽天会員でない場合で紹介していきます)

まずは上の画像のように楽天カードの公式ホームページを開きます。

そこで、「楽天会員でない方というボタンをクリックしてください。

すると、基本情報を入力する画面に移動しますので、基本情報を入力していきます。

まずはクレジットカードのブランドの選択です。「MasterCard」「American Express」「Viza」「JCB」の4種類からお好きなブランドを選んでください。

次にカードのデザインの選択です。これも好みに合ったものを選択してください。

ただし、ブランド毎に選択できるデザインは違いますので注意が必要です。

デザインが選べたら、名前や性別、生年月日などの情報を入力してください。

入力が終わったら、電話番号やメールアドレスを入力していきます。

ここで注意が必要なのは、指定のキャリア以外のメールアドレスは登録することができないということです。Gmailなどは登録ができません。

楽天カード・楽天ポイントカードからのお知らせを受け取るか受け取らないかを選択します。

次は住所の入力です。郵便番号から入力しないと入力できないみたいなので、郵便番号がわからない人は日本郵便の郵便番号検索を利用して調べてみてください。

家族についてや世帯人数で当てはまるものを選択します。

続いて、居住状況や居住年数、住宅ローンの有無などを選択してください。

お勤め状況を選択します。ちなみに、収入があるかないかでキャッシングが利用できるかできないかが変わってきます。

預貯金金額を選択します。預貯金額のうち、1年間にクレジットの支払いに当てることができる金額を入力してください。

請求書の送付先を自宅か勤務先かで選択します。個人のカードであれば自宅を選択しましょう。

カード入会後の利用目的を選択します。このとき、複数回答もできるので、どちらも希望の方はどちらも選択しましょう。

自動リボサービスに申し込む人は「申し込む」を選択します。ですが、自動リボ払いは個人的にはおすすめできないので「申し込まない」でいいと思います。

他社からすでに借り入れのある人は「あり」をない人は「なし」を選択します。

家族カードとして使う場合は「申し込む」を個人で使う場合は「申し込まない」を選択してください。

楽天ETCカードに申し込む場合は「申し込む」いらない場合は「申し込まない」を選択します。このとき、ETCカードには年会費が540円かかるので注意してください。

楽天カードに楽天edyを付けるかやオートチャージ機能を付けるかどうかを選択します。楽天edyはプリペイド式の電子マネーなので、オートチャージを利用するとかなり便利に利用できると思います。

楽天edyからのお知らせを受けとるかどうかを選択します。

利用代金の支払い口座を選びます。郵送でも口座設定の手続きはできますが、ネットでの手続きの方が簡単で楽なので、ネットでの手続きをおすすめします。

最後に暗証番号の入力をします。基本情報の入力は以上になります。

次のページでは勤務先情報の入力、その次のページでは楽天会員登録情報(ログインパスワード等)の入力をして終了です。

本当は最後の最後に口座情報の入力がありますが、こちらは入会後にも設定できるので好きなタイミングで問題ありません。

楽天カードの発行はこちらから!

楽天カード以外のクレカも複数登録可能?

楽天ペイでは、楽天カードを設定しておくのが一番お得ではありますが、クレジットカードによって貯められるポイントも異なるので、楽天カード以外のカードも使いたいといった場合もあると思います。

楽天ペイはクレジットカードを複数枚登録することができるので、手持ちのカードを登録しておけばその都度カードを使い分けることができます。

ただし、楽天レギュラー会員の方は楽天カードしか登録できないので、注意が必要です。

楽天会員のランクを上げる方法としては「過去6ヶ月で200ポイント以上、かつ2回以上ポイントを獲得」という条件があります。

楽天ペイを楽天カード以外で登録したいと考えている方は、自分が条件を満たしているかを確認してから登録することをおすすめします。

楽天キャッシュとは?

楽天キャッシュとは簡単に説明すると、suicaやnanacoと同様に電子マネーの一種です。

楽天ペイアプリからのチャージができたり、ラクマの売上金を楽天キャッシュにできるので、とても便利なサービスです。

ちなみに、ラクマの売上を楽天ペイで使うには、楽天キャッシュで楽天ペイにチャージが必要。

チャージの注意点としては、チャージには限度額があって一回に10万円までしかできないということです。

また、楽天キャッシュの特徴のひとつとしては、楽天キャシュを友達などに個人間で送ることができるということです。

友達数人で飲みに行ったとき、会計をしてくれた人に後で割り勘分の金額を送るということもできます。

会計のときにレジの前で「一人3,280円な」とかそういう会話をしなくても良くなるので、会計もスムーズですしスマートですよね。

出金方法と手数料

楽天キャッシュは換金して出金することもできます。(楽天キャッシュプレミアム型に移行済みの方のみで現在はサービス停止中)

まず、換金に必要な条件として

  • 本人名義の楽天銀行口座を持っていること
  • 楽天会員情報への楽天銀行口座の登録
  • 楽天キャッシュ利用規約への同意

上記の3つが必要になります。

また、換金時には手数料として換金額の10%と、その手数料に消費税をかけた金額が引かれます。

換金額が5,000円の場合には手数料は540円引かれる計算です。

それでは実際の方法ですが、出金は以下の順序で行います。

出金方法

  1. 楽天会員でログインし、楽天キャッシュプレミアム型に移行してない場合は移行
  2. 出金額を入力
  3. 「出金する」ボタンをクリック

めちゃくちゃ簡単ですね。ですが、上記でも説明した通り条件を満たしていることが必要なのと、現在はサービスを停止しているのでご注意ください。

楽天ペイとの違い

楽天キャッシュと楽天ペイの違いとしては、楽天キャッシュは事前にチャージした金額内で支払うプリペイド式の決済サービスなのに対して、楽天ペイは設定してあるクレジットカードから支払う後払いができる決済サービス。

普段から楽天ペイを使っている人は楽天キャッシュで支払うメリットは特にありませんが、楽天ペイとは違ってチャーシした金額内でしか使えないので、使いすぎが怖いという方は楽天キャッシュでの支払いにしてもいいのかなと思います。

楽天ペイと他決済サービスの比較

ここまで、楽天ペイについて色々紹介してきましたが、楽天ペイとその他の決済サービスの違いはどんなところなのでしょうか。比較してみましたので参考にしてください。

決済サービス1.LINE Pay(ラインペイ)

LINE Payは、LINE Pay株式会社が運営する決済サービス。

登録方法も簡単で規約に同意するだけでできてしまったり、口座番号等の登録をしなくても手数料無料で送金や割り勘ができるのが特徴です。

LINE Payにはマイカラーというポイント還元システムがあり、2018年8月から2019年7月までの1年間は、LINE PayのQRコード決済を使って支払いをした場合ポイント率が3%上乗せされるので、還元率3.5%~5%とかなり高くなっています。

ただし、事前にチャージした金額内でしか支払いができないので、支払いの際には注意が必要です。

カードが使えるお店は国内外のJCB加盟店約3,300万店舗となっており、店舗数で言うとその他の決済サービスと比較しても圧倒的に多いので、どこに行っても使えます。

決済サービス2.PayPay(ペイペイ)

PayPayはPayPay株式会社と言って、ソフトバンクとヤフーの両者によって2018年の6月に設立された会社が運営する決済サービス。

新規登録のキャンペーンでPayPayの残高500円相当をもらえるという太っ腹さや、条件はありますがポイントの還元率が3%と高いのが特徴です。

支払い方法としてはPayPayの残高とYahoo!マネー、クレジットカードの3つから選べるので、場合によって使い分けられるのが嬉しいですね。

また、読み取り支払いは、店舗に置いてあるQRコードをユーザーが読み取って、支払い金額を入力して店員に見せるという流れで、この支払い方法の場合は決済手数料や入金手数料が期間限定ですが無料になるというキャンペーンも行っています。

決済サービス3.Origami Pay(オリガミペイ)

Origami Payは株式会社Origamiが運営する決済サービス。

こちらはポイント制度などはないのですが、対象の店舗で支払いの際に2%オフになったり、期間限定のクーポンが発行されたりするのが特徴です。

また、Origami Payは銀行口座を直接結びつけることができ、銀行口座の残高から支払いができてしまいます。

クレジットカードを持ってない方でも利用できるのは嬉しいですよね。

加盟店舗も国内で145万ヶ所、海外で1,000万ヶ所となっており、今後もさらに拡大していくと思われます。

決済サービス比較表

上記で紹介したそれぞれの決済サービスを比較表にまとめてみました。

サービス名ポイント還元率決済手数料(店舗)料金の支払い方法一回あたりの決済上限額
楽天ペイ0.5%
(楽天カード登録時は1.5%)
3.24%・登録したクレジットカードからの支払い
・楽天ポイントや楽天キャッシュでの支払い
1回の会計で2万円まで
(レギュラーランクは4千円まで)
LINE Pay2019年7月まで3.5~5%
(それ以降は0.5~2%)
無料
(2021年8月以降は2.45%)
・チャージ残高からの支払い1回の会計で100万円まで
PayPay0.5%
(ヤフーカード登録時最大3%)
無料
(読み取り支払いのみ対象)
・PayPay残高での支払い
・Yahoo!マネーでの支払い
・クレジットカードでの支払い
加盟店により異なる
Origami Payなし3.25%・クレジットカードでの支払い
・銀行口座からの支払い
税込み100万円未満まで

まとめ

以上、4つの決済サービスを比較してみましたが、それぞれ特徴があるので、どのサービスが良いとは一概には言えませんね。

ですが、楽天ペイは2020年にアプリ内でsuicaの発行が可能になったり、今後のサービス発展にもかなり期待ができると思います。

また、楽天ユーザーであれば、楽天ペイや楽天カード、楽天銀行など、楽天に関連するサービスを利用すればするほどポイントの還元率が増えたりもします。

そういった意味でも、楽天ペイを利用するメリットは多いにあると思いますので、この機会にぜひ導入を検討してみてください。

The following two tabs change content below.
チャーリー

チャーリー

不動産/暗号通貨/株など手広く投資してる人。2019年推しはバイナンスBNB関連。ポイントでANAマイルやSPGマリオットポイント貯めてます。twitterは@bitcoinroom【保有資格:宅建士/競売不動産取引主任者/FP】

-クレジットカード活用術

Copyright© 節約ぽけっと , 2019 All Rights Reserved.