キャッシュレス

PayPayの評判は?メリット・デメリット、使い方についても徹底解説!

投稿日:2019年9月19日 更新日:

100億円キャンペーンで話題となった人気のスマホ決済のPayPay。

ポイントの還元や手軽に使えることから、現在では利用者数が900万人を突破、加盟店舗数は70万店舗に登るとのことです。

今回の記事では、PayPayのメリット、デメリット、評判、利用方法などについてまとめてみました。

PayPayを使おうか悩んでいる人は、当記事を是非参考にしてみて下さい。

PayPay(ペイペイ)現在のキャンペーン PayPay(ペイペイ)ってなに?

paypayとは

PayPayとは、PayPay株式会社(ソフトバンクとヤフーが共同出資)が提供しているスマホ決済アプリです。

お得なスマホ決済アプリとして知られており、「100億円キャンペーン」も話題になりました。

銀行口座やYahoo!カードからアプリにチャージしておけば、手軽に支払いができ、ポイント還元を受けられるというものです。

お財布不要、スマホ一つで支払いが完結できることが人気の秘密かもしれません。

PayPay(ペイペイ)のメリット5つ

paypayのメリット

しかし、なぜこれだけ支持されているのでしょうか。不思議に感じている人も多いことでしょう。

PayPayの特徴的なメリットは以下の通りです。

  1. アプリを開くだけで楽々決済可能
  2. PayPay残高やクレジットカードで支払うだけで最大4%還元
  3. 毎月開催のキャンペーンで最大20%還元
  4. 送金機能がある
  5. 新規加入なら500円もらえる

次の項目で具体的に紹介していきますね。

①アプリを開くだけで楽々決済できる

PayPayはアプリを開いて、バーコードを読み取ってもらうか、店頭のQRコードを読み取るだけで一瞬で決済ができます。

バックから財布を出さずに済みますし、お釣りも貰う手間も省けるので支払いがスムーズです。

レジでのやりとりを短縮したい人や、お財布を持ち歩くのが面倒な人にはぴったりでしょう。

②PayPay残高やクレジットカードで支払うだけで最大4%還元

  • PayPay残高
  • Yahoo!マネー(電子マネー)
  • Yahoo!カード(クレジットカード)

以上の支払い方法ならば、支払うだけで3%還元されます。

Yahoo!カード決済すれば合計4%還元される

Yahoo!カードで決済すると、Yahoo!カード自体の還元ポイント1%(Tポイント)も貯まるので、最大4%の還元が受けられます。

Yahoo!カード以外のクレジットカードの支払いだと、還元率は0.5%となるので、クレジットカード支払いなら年会費無料のYahoo!カードがおすすめです。

また、今ならYahoo!カード入会&利用することで、最大10,000円相当の期間限定のTポイントも受け取ることも可能。

入会するだけで4000ポイント貯まり、1回の利用につき2000ポイント3回利用で6000ポイント受け取ることができますよ。

※上記の企画は2019年8月31日23時59分で終了します。

③毎月開催のキャンペーンで最大20%還元

出典:https://paypay.ne.jp/event/wakuwaku/

話題になった100億円プレゼントキャンペーンに代わり、新たに「いつでもどこかでワクワクペイペイ」というキャンペーンがスタートしました。

内容は、その名の通り、いつもどこかでお得なキャンペーンを実施するというもの。月ごとに飲食店、スーパー、コンビニなどで10%~20%の還元キャンペーンが開催されています。

出典:https://premium.yahoo.co.jp/paypay/wakuwaku/?ex=P_2778.C_C4pps031#entry_mid

これは今年の7月に行われた「paypayランチ」のキャンペーンの内容です。

  • PayPayユーザーなら10%還元
  • ソフトバンクスマホユーザー、ワイモバイルスマホユーザー、Yahoo!プレミアム会員なら20%還元

ソフトバンクやワイモバイルのスマホを契約している人は、自然に活用できるサービスですね!

ただし、それ以外のユーザーが20%還元を受けるなら、月額462円するYahoo!プレミアム会員に登録しなければなりません。

出典:https://premium.yahoo.co.jp/paypay/wakuwaku/?ex=P_2778.C_C4pps031#entry_mid

上記の還元に加えて、20回に1回、10回に1回の確率で1000円相当が戻ってくるというサービスもやっています。

Yahoo!カード以外のクレジットカードだと抽選対象外になってしまうので、最大にサービスを受けるならYahoo!カードは必須です。

④送金機能がある

PayPayには送金機能があるので、相手にお金を送ることができます。

割り勘したい時、買い物で相手にお金を送りたいという時など、利用シーンは様々です。

⑤新規加入なら500円もらえる

新規にPayPayを登録すると500円もらえます。

登録してすぐPayPay残高を使って買い物をすることができますよ。

PayPay(ペイペイ)のデメリット2つ

paypayのデメリット

メリットを説明しましたが、デメリットがないわけではありません。

ここからはPayPayのここが不便だなと思うところを挙げてみます。

PayPay残高は他の支払いと組み合わせられない

例えばPayPayの残高が500円で「550円の商品を買いたいから、残りの50円の支払いをクレジットカードや現金で払おう」というような支払いの併用ができないようです。

微妙に残高が残っている場合は、少々使い勝手が悪いと言えますね。

チャージできる手段が限定されている

PayPay残高にチャージの手段が限定されているのが不便に感じた点です。

チャージできる手段が次の5つとなります。

  • 銀行口座(三菱UFJ銀行は使えない)
  • Yahoo!カード(クレジットカード)
  • セブン銀行ATM
  • PayPayギフトカード
  • ヤフオクの売上金

クレジットカードでチャージできるのが、Yahoo!カードのみ。銀行口座は三菱UFJ銀行の口座は使えないのが注意です。

他のクレジットカードでもチャージできれば便利なのに……というのが本音です。

しかし、最近ではセブンのATMを使ってチャージできるようになったので便利になりました。

PayPay(ペイペイ)の登録方法

次にPayPayの登録方法について解説していきます。

まずはPay Payアプリをインストールしましょう。

アプリをインストールしたら、電話番号とパスワードを入力して新規登録を行います。

登録を押すとSMSの認証コードが端末に届くので、認証コードを入力したら登録完了です。

「Yahoo! JAPAN ID」「ソフトバンク・ワイモバイル」での新規登録もできます。

登録し終わると画像のようなトップページが表示されました。

PayPay(ペイペイ)はどこで利用できる?

PayPayはお店にPayPayのマークがある店舗で利用可能です。

  • コンビニ・・・セブンイレブン、ローソン、ファミマなど
  • ドラックストア・・・ welcia、マツモトキヨシ、ビックドラックなど
  • 飲食・・・ 松屋、牛角など
  • 居酒屋・・・ 金の蔵、白木屋など
  • 家電量販店・・・ ケーズデンキ、ビックカメラ、コジマなど
  • 書籍・・・ とらのあな、ブックファーストなど

幅広い分野の全国有名チェーン店に対応していますね。

ネットショッピングでは、YAHOO!JAPANショッピング、ヤフオク!、LOHACOで対応しているとのこと。

PayPayを利用できる店舗は公式サイトにも載っているのでチェックしてみましょう。

paypayが使える店舗はこちら!

便利な使い方

paypayトップ画面にある「近くのお店」タブをタップすると、現在地からPayPayが使える店を検索してくれるのでおすすめです。

PayPay(ペイペイ)はどうやって使う?

PayPayの使い方はとても簡単です。

ここからは基本的な残高をチャージする方法と、お店で使う方法について紹介します。

チャージする方法を選ぶ

トップページにある「チャージ」をタップして、チャージ画面にあるチャージ方法をタップしましょう。

チャージする方法は次の5つから選んでください。

  • 銀行口座(三菱UFJ銀行は使えない)
  • Yahoo!カード
  • セブン銀行ATM
  • PayPayギフトカード
  • ヤフオクの売上金

チャージする手順

チャージするにはいくつかの手順が必要となります。

①Yahoo! JAPAN IDの連携

まずはホーム画面下にある「アカウント」をタップしましょう。

「外部連携」をタップしましょう。

「外部連携」のページに移ったら、Yahoo JAPAN IDの「連携する」をタップしましょう。

連携するをタップすると、画像のように同意を求められるので「上記に同意して連携する」をタップしましょう。

Yahoo! JAPANのログイン画面に移るので、ログインしたら連携完了です。

②Yahoo!マネー/ウォレットを登録する

Yahoo!カードの場合だと、Yahoo!マネー/ウォレットの登録は必要ないですが、銀行口座の場合は必要となります。

ホーム画面下にある「アカウント」をタップして「支払い方法の管理」を開くと「Yahoo!マネーを登録」という項目があります。

画像のように連携済みだとYahoo!マネー連携済みという表記になっています。

「Yahoo!マネーを登録」から進んで行くと、Yahoo!マネー/ウォレットの登録が行えます。

③チャージ用の銀行口座/ヤフーカードを登録する

支払い方法の管理をタップして、「チャージ用の銀行口座を追加」をタップしましょう。

の処理をした銀行口座と本人認証サービスに登録されたヤフーカードが必要となります。

ヤフーカードを登録する場合は「クレジットカードを追加」をタップして下さい。

「チャージ用の銀行口座を追加」をタップすると「預金払い用口座の登録」という画面が表示されるので、こちらから自分が登録したい銀行口座を登録していきましょう。

3Dセキュアの方は、登録しているカードの右下にある「利用上限金額を引き上げますか?」をタップすると登録できるようになっています。

④PayPay残高をチャージする

ホームページにある「チャージ」をタップします。

チャージ金額は画像のように+1,000、+5,000円、+10,000円で表示されています。

その他をタップすると、画像のように2,000円から100,000円まで追加できるようになっています。

⑤「バーコード支払い」か「スキャン支払い」から選ぶ

paypayでの支払いは、レジスタッフにバーコードとQRコードを見せる「バーコード支払い」と店頭のQRコードを読み取る「スキャン支払い」の2種類があります。

支払いを行うには「支払う」をタップすれば完了です。

⑥支払いはヤフーマネーとクレジットカードでも可能

paypay残高だけではなく、ヤフーマネー(YahooJAPANが提供している電子マネー)とクレジットカードでも支払い可能です。

ただし、クレジットカードでのチャージに関しては、Yahoo!カードのみが対応しています。

また、クレジットカードのブランドははVISAとMasterCardのみ利用可能でJCBには対応していません。

PayPayを使って最大限お得にする方法はある?

ペイペイでお得にする方法

PayPayを使って最大限にお得にするには「Yahoo!カード」を持つことです。

PayPay残高を使って買い物をすると3%還元されますが、Yahoo!カードで決済すると、Yahoo!カードの分もポイントが貯まるので合計して4%の還元を受けることができます。

Yahoo!カードからpaypay残高にチャージするときも、Yahoo!カードの決済ポイントが貯まります。

さらにポイントを貯めたいのなら、毎月開催中の「ワクワクペイペイ」キャンペーンの利用は非常におすすめです。

PayPayユーザーならば10%還元、Yahoo!プレミアム会員なら20%還元はとてもお得。

それに加えて、

  • PayPayユーザーは20回に1回1,000ポイントが戻ってくる
  • Yahoo!プレミアム会員、ソフトバンクやワイモバイルでスマホを契約している人は、10回に1回ポイントが戻ってくる

というサービスもあります。

最大限の得をしたいなら「ワクワクペイペイ」を活用するようにしましょう。

PayPay(ペイペイ)の評判はどう?

PayPayキャンペーンで全額返ってきた!ポイントが返ってくるなら、もっとお店で購入しておけばよかった。
PayPayのおかげで現金払いをすることが減り、節約できました。
個人店でもpaypayが導入されているので、出かけるのが楽しいです。
ポイントがたっぷり返ってきたから今日は外食に行こうかな。

やはり900万人も使っているとあって、評判が良い口コミは多いですね。

個人店で導入している店も良く見かけるので、食べ歩きが好きな人には使い勝手が良いと思います。

PayPay(ペイペイ)がおすすめな人

paypayはどんな人が使うべき?

何かと便利なPayPayですが、特に利用するのにおすすめな人を紹介します。

スマホを「ソフトバンク」か「ワイモバイル」で契約している人

PayPayはソフトバンクが運用している決済サービスなので、スマホをソフトバンク、ワイモバイルで契約している人にはお得です。

その中でも、ヤフープレミアム会員なら、ポイント還元キャンペーン時に通常のPayPay会員より多くもらうことができます。

キャッシュレスでスムーズに決済をしたい人

PayPayの決済はアプリを開いてすぐに決済が可能。

アプリを開くとすぐにバーコードが表示されて、店員さんがそれを読み込んで決済できるので、一瞬で支払いが完了します。

例えば、慌ただしい通勤・通学前など、少しでも早く支払いを済ませたい時に便利に感じるでしょう。

ポイントの恩恵を受けたい人

この記事でも何度か触れてきましたが、PayPayでポイントを受け取れる機会はとても多いです。

ポイントの恩恵を受けたい人や、ポイントをお得に貯めたい人は是非利用してみてください。

PayPay(ペイペイ)には危険性がある?

paypayのリスクや危険性は

手軽に利用できてなおかつポイントも貯まりやすいPayPay。

とはいえ、危険性やリスクがあるかどうかは気になるところだと思います。

結論から言うと、セキュリティ対策は取られているのでそこまで不安を感じることはないでしょう。

3万円以上の支払いは本人確認が必要

PayPayは、3万円以上の支払いだと本人確認が必要となります。

そのためスマホを誰かに盗まれて、PayPayを利用されても3万円以上は取られないようになっています。

しかし、対象店舗の店員が本人確認をせず決済してしまうことも考えられます。

PayPayにはセキュリティ対策の生態認証(顔認証と指紋認証)があるので、心配な人は二重でセキュリティをかけておきましょう。

クレジットカードのセキュリティは3Dセキュアで強化された

PayPayではクレジットカードの本人認証サービス「3Dセキュア」に対応するようになりました。

3Dセキュアとは、各クレジットカード会社が本人認証をするサービスです。

他人による「なりすまし」などの不正利用を防ぐことができるので、よりセキュリティを強化できる仕組みです。

3Dセキュアを行うことで、クレジットカードでの支払い時の上限金額が引き上げられるのがメリット。

過去30日間の利用制限が通常5,000円のところ、50,000円に大幅アップします。

登録は無料なので利用制限が面倒に感じているなら是非導入しましょう。

銀行口座はワンタイムパスワードが必要

銀行口座でPayPay残高を増やすときはワンタイムパスワードが必要です。

ワンタイムパスワードとは、一定時間ごとに変わるパスワードのこと。これがあるとセキュリティ面に強くなります。

ただし、使っている銀行口座によって「ワンタイムパスワード」に対応してないことがあるので事前に確認しておきましょう。

スマホを落としたら?

もしもスマホを落としてしまったら、すぐにPayPayに電話して利用停止を依頼してください。

PayPayは365日24時間対応しています。

PayPay(ペイペイ)の解約方法は? 

アカウントの解約方法は以下の通りです。

step
1
paypayアプリ右下にある「アカウント」をタップ

step
2
「その他」をタップ

step
3
「アカウントの解約」をタップ

step
4
[解約手続きに進む]をタップ

step
5
パスワードの入力が表示された場合はパスワードを入力

step
6
詳細な注意事項が表示されるので、読んで[以上、同意します]をチェック、ページ最下部にある[同意して解約する]をタップ

step
7
端末に届いたSMSコードを入力して「認証する」をタップ

以上でアカウントの解約ができます。

アカウントを解約すると、登録されているユーザー情報やPayPay残高は失われるので注意しましょう。

おわりに

PayPayの評判、メリット・デメリット、利用方法などを紹介しました。

paypayはスマホ一つで決済がスムーズにできるだけでなく、ポイントがさくさく貯まるのが大きな特徴です。

今なら新規登録で、お買い物にすぐ使える500円分の残高がゲットできるので、初めての人は是非利用してみてくださいね。

-キャッシュレス
-, ,

Copyright© 節約ぽけっと , 2019 All Rights Reserved.