食費

投稿日:

お弁当作りで1食400円節約!楽しく毎日作るコツ&厳選節約レシピ6選

yama

yama

 

はじめに

お昼ご飯にスーパーやコンビニのお弁当を買うと、あっという間に予算オーバーしてしまいませんか?

実はお昼をお弁当に変えるちょっとの工夫が、節約に一役買ってくれるんです。

でも、節約できるとはいえお弁当作りって「やっぱり面倒、大変だ〜」って感じますよね。

この記事は誰にでもできるお弁当づくりの簡単なコツやレシピ、注意点などを解説しました。

日々の節約術の一つとしてぜひ参考にしてみてくださいね。

 

お弁当を作ると食費はいくら節約できる?

実際にお弁当を作ったら、いくら節約できるのでしょうか?外食と比較して考えてみましょう。

 

スーパーやコンビニのお弁当 VS 手作りお弁当

例えばこんな献立のお弁当を作ったとしましょう。

  • ごはん
  • ごはんのおとも
  • 玉子焼き
  • 主菜
  • 副菜
  • 箸休め

上記のような一般的な内容のお弁当を作れば、材料費は150円〜250円ほどでできます。

スーパーやコンビニで似たようなメニューのお弁当を買ったと想定すれば、安いものでも400円程はかかるでしょうか。

つまり1日につき約200円ほど節約できることになります。

それを週に5日作った場合は1,000円、1ヶ月20日で4,000円、1年では48,000円節約できます。

1年続けると結構まとまった金額になり、ちりも積もれば山となることが分かりました!

 

外食 VS 手作りお弁当

外食では、素うどんや牛丼などの激安店も含めて、200円〜1000円かかるとしましょう。

平均で毎日600円かかるところ、上の手作りお弁当に変えると、600円-400円で1日平均400円節約できます。

1ヶ月では8,000円、1年ではなんと96,000円にもなります。

上記はあくまでも平均ですので、もし毎日外食に1,000円使っていた人は、1日で800円節約が可能です。

1ヶ月では16,000円、1年では192,000円となり、とても大きな節約になります。

スーパーやコンビニでお弁当を買っていた場合も外食していた場合も、お昼にかかっていた金額が大きい人ほど、節約効果は目に見えて大きくなるんです。

 

ズボラでもできる!毎日お弁当を作る6つのコツ

お弁当を手作りにすると、年間で最大192,000円も節約できることがわかりました。

でも、毎朝せっせと作ることを考えるとやっぱり負担に感じるもの。

どうすれば毎日ラクして作れるのかコツをまとめてみました。

  • スキマ時間を活用して常備菜作り
  • まとめて作って使い切る
  • 100円グッズや冷凍食品に頼る
  • お気に入りのお弁当箱を用意
  • 節約にこだわりすぎない

 

1.常備菜を作るときは5分のスキマ時間を有効活用

常備菜とは、いつも冷蔵庫に置いておくおかず(惣菜)のこと。これがあると朝にお弁当をつくるのがとても楽になります。

代表的なもので、「ひじきの煮物」や「きんぴらごぼう」などがありますが、たくさん作っても傷みにくく、何日か保存がきくものとされています。

オススメの常備菜の作り方は5分のスキマ時間を活用すること。これは1日の中でコマ切れ時間単位の利用法です。

この時間にジップロックなどの袋に常備菜の材料を切って入れておきましょう。

後は炒めるだけ煮るだけで完成します。余ったときは御飯時に一緒に作っても時短になっていいですよ。

市販のお弁当には保存料などの添加物が入っていますが、自分で作った常備菜はその点安心できます。

野菜を使った常備菜は、食物繊維もとれるし栄養価も高くていうことありません。

 

2.空いた時間に食材はまとめて使い切る

平日は難しくても、休日や週末にまとまった時間がとれるなら、事前にお弁当のレシピを探しておき、まとめて何個か作ってみましょう。

その際に、買ってきた食材を使い切るようにしたら無駄がなくていいし、まとめていろんなおかずを作ることで節約になります。

要するに、キャベツ一個で何品作れて何個作れるかという考え方で献立を決めていくといいということです。

 

3.100円グッズをフル活用!調理ステップを減らして簡単に

主婦の方でパートなど仕事をしている人や、育児で忙しい人に特にオススメなのが、100円グッズを使って調理することです。

数ある100円グッズには、「アイディア商品」というものがあります。

例えばキッチングッズには、温野菜を電子レンジで手軽に作る商品や、ゆで卵を簡単に作る商品などがあります。

テレビやSNSでもよく取り上げられていますので、それらを参考にして探してみてください。

特に100円グッズと電子レンジは好相性で、調理のステップが格段に減ります。鍋を使ってお湯を沸かすということなく温めができますので、便利ですよね。

調理後に重い鍋を洗う手間がなくなれば負担が軽くなります。

 

4.詰めるだけの冷凍食品も活用する

お弁当箱に詰めるだけの究極の時短おかずが冷凍食品です。朝に詰めて、昼に食べる頃には凍った状態が溶けてちょうど良くなります。

作っておいたおかずを切らしたときや、寝坊してお弁当の準備がピンチってときには、冷凍庫に常備しておくと便利です。

特にお弁当作り初心者や慣れない人の助け舟になります。

でも、この冷凍食品たくさん買うと節約になりません。

なので、残り野菜やベーコン、ツナ缶などを炒めた物を、お土産物のお菓子のパックや100円ショップのおかずカップ、製氷皿などに入れて凍らしておくと、オリジナル冷凍食品の出来上がりです。

とっても簡単にできますので、子どもさんのいる方は一緒に作るのも楽しいですよ。

 

5.お弁当箱や水筒選びにこだわる

何事もそうかもしれませんが、お弁当作りで最も大事なのは、モチベーションを維持して続けることです。

「最初は張り切って頑張ってやってたのに、楽しくなくなって続かない」なんてことありませんか?

一度始めたお弁当作りも挫折しそうになるかもしれません。

そんなとき、

  • お弁当箱が可愛いorおしゃれ
  • 保温力があって夏には冷たく、冬には暖かな飲み物が美味しく飲める

こんな機能性やデザイン性のあるお弁当箱ならランチが楽しみになりませんか?

最近は100円ショップでも可愛いお弁当箱を見かけるようになりました。

何個か買っておいて、ローテーションでお弁当箱を変えて詰めて持っていくのも気分が変わって楽しいです。

旦那さんや子どもさんのために作っていて自分は食べない人も、ぜひ家族のために、食べるのが楽しみになるようなお弁当箱や水筒にこだわってみませんか?

 

6.節約にこだわりすぎない

お弁当作りを続ける最大のポイントは、節約にこだわり過ぎないことです。

あくまでもお弁当作りは日々の節約。毎日コツコツと続けていくことで、長期的に見ると大きな節約につながっていきます。

「絶対成功させてやる!」なんて意気込んで始めてみても、毎日のことだから、しんどいときや面倒だなと思うこともあります。

ストイックに節約ばかり考えていると、お弁当作りは続かないのです。

ポイント

  • 疲れてちょっと甘いものが食べたいときは、おやつを持って行く
  • コーヒーが好きな人は、ミニ水筒にコーヒーを入れる
  • 自分の好きな食材で作ったメニューを考えて作ってみる

など、お弁当作りが楽しくなるような工夫をしていくことが大事です。

 

お弁当でダイエットしたい人は?

  • カロリーの低い食材ばかりで作るなら、味付けを美味しく作ってみる
  • 1週間に一回はチートデイを作って豪華なお弁当にする

などがおすすめです。

ちなみに糖質制限ダイエットなら、お肉や魚も制限なく食べれるので、お弁当もボリュームたっぷりに作れて満足感あって楽しいですよ。

 

[ジャンル別]おすすめの節約お弁当レシピ6選

ここからは節約も実現できるおすすめのお弁当レシピを6つ紹介します!

どれも簡単にできるものばかりなのでぜひチャレンジしてくださいね。

 

お肉のおかず

和風ハンバーグ

材料:(2人分)

  • えのき 1袋
  • 厚揚げ 小1枚
  • 玉ねぎ 1/2個
  • 鶏ひき肉 150g
  • おろし生姜 小さじ1
  • 塩胡椒 各少々
  • サラダ油 大さじ1
  • ※和風あんかけ
  • A オイスターソース 大さじ1
  • A めんつゆ(4倍希釈)大さじ2
  • A 水 大さじ4
  • A 片栗粉 大さじ1/2

作り方

step
1
玉ねぎ・えのきをみじん切りにする。

step
2
ビニール袋に1.と鶏ひき肉、手でちぎった厚揚げ・おろし生姜を入れて、袋の上からしっかりこねて混ぜ、4等分にし食べやすい大きさに形を整える。

step
3
フライパンに油を入れて並べ、2.の片面をこんがりと焼き、ひっくり返し蓋をして蒸し焼きにする。

step
4
別のフライパンに合わせたあんかけを入れて火にかけてとろみをつけて、ハンバーグにかけて完成です。

 

魚のおかず

生鮭としめじのホイル煮レモン風味

材料:(2人分)

  • 生鮭(塩鮭でも良いがその場合は塩胡椒を控える)ふた切れ
  • しめじ 1/2株
  • 人参 1/4本
  • 玉ねぎ  1/2個
  • ポン酢 適量
  • レモンドレッシング 適量
  • 塩胡椒 少々

作り方

step
1
生鮭は塩胡椒しておく。

step
2
玉ねぎを薄切りにして、人参は千切りしめじは小房に分けておく。生鮭は一口サイズに切る。

step
3
ホイルを用意して、入れ物状に形を整え、まず玉ねぎを入れて、その上に鮭を並べて乗せる。その上に人参、しめじと重ねて置いていく。

step
4
オーブントースターで、焼き具合を見ながら15分ほど焼いてポン酢とレモンドレッシングをまわし掛けると完成です。

 

野菜のおかず

ブロッコリーの芯と人参のきんぴら

材料:(2人分)

  • ブロッコリーの芯 1株分
  • 人参 1/2本
  • 白ごま 少々
  • みりん 小さじ2
  • 酒 大さじ1
  • めんつゆ 大さじ1
  • 油 適宜

作り方:

step
1
ブロッコリーの芯はあらかじめ電子レンジなどである程度まで柔らかくなるまで温めておく。

step
2
フライパンに油を熱して、茹でておいたブロッコリーの芯と人参を炒める。

step
3
酒、みりんをいれて少し炒め、しんなりしてきたらめんつゆをまわしかけ、白ごまを散らす。

 

卵料理

ひじきの煮物入り卵焼き

材料:(2人分)

  • ベーコン 50g
  • ひじき  100g(戻したもの)
  • A:醤油 大さじ1
  • A:みりん 大さじ1
  • A:砂糖 大さじ1/2
  • 卵2個

作り方

step
1
下ごしらえとして、乾燥ひじきは戻して水気を切っておく。

step
2
1センチ幅に切ったベーコンとひじきとA.を5分ほどフライパンで炒める。

step
3
出来上がったひじきの煮物を溶いた卵に入れ、フライパンか卵焼き専用のスライパンがあればそれで焼いたら完成です。

 

揚げ物

鶏むね肉の揚げ焼き

材料:(2人分)

  • 鶏むね肉(皮を除いたもの)1/2枚
  • にんにくチューブ 4センチ
  • マヨネーズ 大さじ1
  • 塩胡椒 少々
  • パン粉 大さじ2
  • 油 適量
  • ハーブソルト 小さじ1/2

作り方

step
1
鶏むね肉は、縦半分に切り1センチのそぎ切りにする。塩胡椒しておく。

step
2
にんにくチューブ4センチとマヨネーズ大さじ1をを入れて混ぜ合わせ、鶏肉につける。

step
3
2.の鶏肉に、パン粉とハーブソルトを混ぜた衣をつける。

step
4
フライパンに、サラダ油を1センチくらいの高さになるまで入れて、鶏肉を両面ひっくり返しながら揚げ焼きする。

 

おにぎり

大根菜と梅干しおかかのおにぎり

材料(2人分)

  • 大根菜 1/4本分(短いものなら大根1/2本分)
  • 梅干し 中くらいの大きさの梅干し1つ
  • おかか 大さじ2
  • 醤油 大さじ1
  • ご飯 茶碗2杯分

作り方

step
1
大根菜をゆでる。

step
2
大根菜を湯がいている間に、おかかに醤油をまぶして、包丁で刻んだ梅干しを合えて混ぜておく。

step
3
湯がいて祖熱のとれた大根菜を小さく刻み、2.で用意しておいたものと混ぜ、ご飯とも合わせる。

step
4
形を整えておにぎりにすれば完成です。

 

節約弁当の注意点

節約お弁当作りには気をつけておくべき点もあります。楽しみながら作るために覚えておきましょう。

 

作り置きや下ごしらえは衛生面や美味しさを考えて。香辛料や香味野菜が◎

多くの食材を使い、作り置きや下ごしらえをするときに気をつけたいのが衛生面です。

そんなときはお肉に塩胡椒をしたり、ナツメグなどの香辛料を使ったり、にんにくや生姜などの香味野菜を使って作るのがコツ。

上記の香辛料や香味野菜には、独特の香り成分がありますよね。

実はこれらには、強い抗菌作用・防腐効果、食中毒予防に効果があると言われています。

料理にうまく使えば、鶏むね肉や豚小間切れ肉、合挽き肉などの安いお肉も美味しくできますし、お弁当に取り入れることで、香りづけだけでなく、腐りにくく殺菌効果もアップ。

これらの食材を使って作れば美味しくて衛生面でも安心なお弁当ができ上がります。ぜひ、メニューに取り入れていきましょう。

 

夏場は傷みやすい食材とおかずに注意

夏場はクーラーのある場所にお弁当を短時間置く程度なら大丈夫かもしれません。

しかし、お弁当をバックに入れて持っていく最中に傷んでしまうことも。

お弁当に熱がこもってしまうとより傷みやすいので、ご飯や出来上がったおかずをお弁当箱に詰めるまでの間に、よく冷ましておくようにしましょう。

また、次のことに細心の注意をはらってお弁当作りをしてください。

 

夏場にお弁当に詰めてはいけないもの

  • 生食可能なハム
  • 豆腐
  • 生野菜
  • 練り物
  • チーズ

などがあげられるでしょう。

これらの食品を詰めるときには、必ず火を通すようにしてくださいね。

練り物なども手軽でつい加熱せず詰めてしまいがちですが、夏場では気をつけたい食品です!

チーズなどの乳製品もオーブントースターなどで加熱してから詰めたい食品です。

 

果物や水分の多いサラダなどは別の容器に。水分を飛ばした料理がベター

果物や水分の多いサラダは別容器に入れて、詰めるときにはキッチンペーパーなどで水分を取り除き、保冷剤などと一緒に入れたりしましょう。

その他ほとんどの野菜は水分が含まれていますが、調理法を工夫することで対策をすることができます。

なるべく、煮物やおひたしなどの水分を多く含んだ調理ではなく、焼いたり揚げたりなどして水分を飛ばした料理が望ましいです。

お弁当の定番メニューのポテトサラダやマカロニサラダも、他の食材と一緒に入れたりすると水分が出やすくなりますので、避けたほうが無難なおかずです。

どうしても食べたい場合は別容器に単品として入れて持っていくのがいいでしょう。

 

おわりに

節約という目的で始まったお弁当作りが家族の健康や心を満たしてくれるなら、「いくら節約出来たのか」という結果よりも大きな効果をもたらしてくれるかもしれません。

ぜひみなさんもお弁当作りを始めてみませんか?きっと今よりずっと充実した楽しい生活が待っていますよ!

 

この記事を書いた人

yama
yama
元セリアの従業員。セリアに行って可愛いオシャレな商品を見つけて喜ぶアラフィフ主婦兼ライター。
毎日の生活は小さな感動からを心に、ささやかな幸せを探して猫8匹と家族4人で暮らしています。古い家を建て直し、
フリーランスしながら予約制のカフェをすることが夢です。只今、ゆるりとInstagram更新中です。アカウントはこちら

-食費
-, ,

Copyright© 節約ぽけっと , 2020 All Rights Reserved.