食費

投稿日:

飲み物代の節約方法を徹底解説!飲み物は買わずに手作りで節約しよう♪

しゅう

しゅう

毎日欠かせない飲み物ですが、だからこそ飲み物代が節約できれば嬉しいですよね。

マネオ
大した金額とはいえ、チリツモだとそこそこな金額になるのが飲み物代。

今回は、飲み物代の節約方法を徹底解説

手作りして節約する方法や、節約テクニックをぜひ参考にしてみてくださいね。

飲み物代を節約する一番の方法は"買わない"

たかが1日2本ぐらいペットボトルを買っても、大した金額にならないのでは?

最初に断言しますが、飲み物代を節約する一番の方法は「買わない」ことです。

毎日飲んでいるお茶やコーヒー、コンビニコーヒーショップなどで買ってはいませんか?

マネオ
1ヶ月間と1年間、ペットボトル2本とコーヒー1杯をお店で買ったとして検証してみました。

(※1ヶ月間の平日を20日で想定)

平日にお店で飲み物を買った場合

  • ペットボトルのお茶 150円×2本×20日=6,000円 ・・・ 1年間だと7万2,000円
  • スタバのドリップコーヒー(Tall) 363円×20日=7,260円 ・・・ 1年間だと8万7,120円

もしペットボトルとコーヒーを毎日買っていれば、1年間で約16万円も飲み物代として使っていることになります。

1日だけだと大したことないと思いますが、1年間で考えると意外と大きい金額になるということが分かりますね。

 

飲み物代を節約するには手作りがオススメ

じゃあ、飲み物代を節約するにはどうしたらいいの?

飲み物代を節約するには、ダンゼン「手作りする」のがオススメ。

そこで役立つのが、スーパーなどで売っている「お茶パック」や「コーヒー粉」です。

マネオ
では、自分で作った場合だとどれぐらい節約になるのでしょうか。

お茶を手作りした場合

  • 緑茶パック(50個入り) 430円・・・1パックあたり8.6円
  • 500mlで1パック使用

ペットボトル(500ml)と同容量のお茶が、わずか8.6円です。

マネオ
1日2本分準備したとしても、20円もかかりません。

1ヶ月分として考えると、8.6円×2本×20日=344円・・・1年間でも4,128円です。

コンビニで買った場合と比べても、1年間で約6万8,000円も浮くことになるから驚きですね!

コーヒーを手作りした場合

コーヒーを手作りする場合は、コーヒー粉(レギュラーコーヒー)を買うことになります。

  • レギュラーコーヒー粉(400g) 500円・・・1gあたり1.25円
  • スタバのコーヒー(トールサイズ)・・・350ml
  • 120mlで粉10gを使用・・・トールサイズであれば約30g使用する
マネオ
つまりトールサイズのコーヒーを手作りすると、37.5円ということですね。

1ヶ月分として考えると、37.5円×20日=750円・・・1年間だと9,000円

毎日スタバでコーヒーを買った場合と比べると、1年間で約7万8,000円も浮くことになります。

マネオ
これは無視できないレベルの節約になりそうです。

マイボトルを準備しよう

飲み物を手作りしたなら、その飲み物を入れる容器が必要ですよね。

でも、いまどき水筒なんてちょっと恥ずかしいかも・・・

最近では、思わず持ち歩きたくなるおしゃれなデザインのボトルが多く、機能性もとても優れています。

お気に入りのマイボトルを見つけることで、飲み物を手作りして持ち歩きたくなってきますよ。

たくさん種類があって選ぶのに迷うという方は、別記事でジャンル別のおすすめマイボトルをご紹介していますので、そちらも一緒にご覧ください♪

水筒で年間48,600円節約!おすすめマイボトル&中身・豆知識もご紹介

皆様こんにちは! 突然ですが、皆さんは普段から水筒を持ち歩いていますか? 普段何気なく買っている自販機やコンビニでのドリ ...

マネオ
あなたに合ったベストなマイボトルを探してみましょう。

 

手作り飲み物レシピで節約!

ここからは、おすすめの手作り飲み物をご紹介します。

マネオ
作る手間特徴コスパから考えて比較してみました。

おすすめの手作り飲み物

  • お茶(緑茶、ウーロン茶、紅茶など)
  • コーヒー・ココア
  • 粉末のスポーツドリンク
  • 炭酸水を手作りする
  • デトックスウォーター

お茶(緑茶、ウーロン茶、紅茶など)

手作りの飲み物で最もコスパがいいのは、やはりお茶です。

大量に入ったお茶パックは安く手に入りますし、作る手間もラクラクです♪

マネオ
一口にお茶といっても、緑茶、麦茶、ウーロン茶、紅茶など色々ありますね。

そこで、お茶の種類別で比較をしてみました。

(※商品の値段は、楽天西友ネットスーパーから算出)

お茶の種類価格・1回分のコスト特徴おすすめ度
緑茶50パック ¥450
1パック:500ml
(1パックあたり8.6円)
・お湯出しがおすすめ
・カフェインが豊富
・お弁当に合う
★★★
麦茶30パック ¥320
1パック:500ml
(1パックあたり10.6円)
・お湯出しがおすすめ
・味が安定しやすい
・特に夏におすすめ
★★★
ほうじ茶50パック ¥320
1パック:500ml
(1パックあたり6.4円)
・お湯出しがおすすめ
・カフェインは少なめ
・香りが良いホットがおすすめ
★★
ウーロン茶54パック ¥410
1パック:500ml
(1パックあたり7.6円)
・お湯出しがおすすめ
・脂っこい食事に合う
・渋みが出やすい
★★
紅茶50パック ¥270
1パック:150ml
(1パックあたり5.4円)
・水出しがおすすめ
(お湯出しだと時間が経つと濁る)
・1パックで作れる量は少なめ
★★

個人的にですが、コスパが良くてご飯に合う緑茶、そして夏場は大量に作って節約になる麦茶が特におすすめです♪

お茶は、どの種類でも水出し・お湯出しどちらにも対応していることが多いので、色々な種類を買って、その日の気分によって変えるのもいいかもしれませんね。

コーヒー・ココア

コーヒーココアなども、スーパーなどで粉が簡単に手に入るので、作りやすいですね。

特にコーヒーは粉から作るのも良いですが、お茶と同じように水出しのアイスコーヒーが作るのも楽々♪

ホットコーヒーだと時間が経つと風味が落ちるので、1日飲むのであれば、アイスコーヒーの方がおすすめです。

マネオ
ただし、コーヒーならではの注意したい点もあります。

ボトルにコーヒーを入れると、コーヒー独特のニオイ渋みがボトル内部についてしまいがち。

出来れば、コーヒー専用のボトルを準備したほうが良いですね。

粉末のスポーツドリンク

お茶でもなくコーヒーでもなくて、水分補給をしたいのであれば・・・スポーツドリンクはいかがでしょうか。

普段はペットボトなどで売られているスポーツドリンク、実は粉末からも作ることができるのです。

マネオ
お値段も、買うよりも作るほうが断然おトク。

コンビニなどで買えるペットボトルのスポーツドリンクは、500mlで150円程度しますが・・・。

粉末タイプのものであれば、1パックあたり90円程度1000ml作ることができます♪

夏の暑いときなど、たくさんスポーツドリンクを飲むことが多い方は、ぜひ粉末タイプで大量に手作りしてみてはいかがでしょうか。

炭酸水を手作りする

毎日お茶だけだと飽きてきて、たまには炭酸が効いたものを飲みたい・・・なんてこともありますよね。

実は炭酸水も、スーパーに売られているもので、簡単に手作りすることができます。

手作り炭酸水に必要なもの

  • 食用のクエン酸
  • 食用の重曹
  • 空になった炭酸飲料のペットボトル
マネオ
クエン酸と重曹は、必ず食用のものを使ってください!

上の材料を使った炭酸水の作り方はこんな感じです。

step
1
500mlの水に、クエン酸を小さじ1杯入れて混ぜる。

step
2
さらに、重曹も小さじ1杯入れて混ぜる。

step
3
クエン酸と重曹が反応して炭酸が出てくるので、ペットボトルに移して冷蔵庫で冷やして完成。

この炭酸水は全く味がしないので、お好みでレモン果汁などを絞ると飲みやすくなりますよ♪

デトックスウォーター

ちょっと変わったオシャレな手作り飲み物であれば、デトックスウォーター(フルーツウォーター)はいかがでしょうか。

デトックスウォーターとは、お好みのフルーツをミネラルウォーターに入れて冷やすだけで出来る、フレーバーウォーターのこと。

マネオ
ジュースよりは味が薄めで、普通のミネラルウォーターよりは飽きずに飲めます。

作ってすぐに飲むのではなく、冷蔵庫で数時間から一晩寝かせておくと飲み頃♪

夜寝る前に作って、朝出来上がったデトックスウォーターをマイボトルに詰めるのがオススメですよ。

 

飲み物代を節約するその他のテクニック

ここまで手作り飲み物で節約する方法を紹介しましたが、最後にその他のテクニックもご紹介します。

飲み物代を節約するその他のテクニック

  • どうしても買うなら安く買えるお店で買う
  • 飲み物の温度を保つグッズを活用する

手作りをする暇がなく、どうしても飲み物を買ってすませたいのであれば・・・。

比較的飲み物が安く買えるお店(スーパーやドラッグストアなど)を活用しましょう。

マネオ
特売日などでは2リットルのお茶が、100円を切るような値段で売られていることも。

また、飲み物がぬるくなるのが嫌で、ついつい新しい飲み物を買ってしまう・・・という方も多いのではないでしょうか。

そんなときには、飲み物の温度を保つグッズも有効活用しましょう。

保冷機能がついたボトルや、小さな保冷バッグに保冷剤と一緒に入れておくだけでも、冷たさをキープできますので、節約するにはおすすめです。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。

今回は飲み物代を節約する方法として、手作りするためのテクニックをご紹介しました♪

これまで毎日飲み物を買っていたという方でも、今から始めても遅くはありません。

1回手作りしてみると、そのお手軽さコスパの良さが分かると思いますので、ぜひ一度試してみてくださいね。

この記事を書いた人

しゅう
しゅうライター
アラサー・アラフォーの狭間にいる福岡在住の会社員。
家電、ゲーム、スマホ、猫の話が大好き。
娘を溺愛し過ぎて妻に怒られる毎日です…。
分かりやすく親しめる記事をモットーとしております。

-食費
-, , ,

Copyright© 節約ぽけっと , 2021 All Rights Reserved.