コラム

投稿日:2020年1月2日 更新日:

ネット銀行のデメリット8つ!対策方法とメリットが多いネット銀行も紹介

かわんちゅ
ライター

かわんちゅ

「ネット銀行って、便利でお得らしいけど・・・
デメリットはないの?」

と、疑問に感じている方も多いのではないでしょうか。

確かにネット銀行を使ってみたところ、デメリットもありました・・・。
でも、ネット銀行のデメリットは対策できます!

ネット銀行のデメリットと解決方法をチェックして、ネット銀行選びの参考にしてくださいね♪

ネット銀行とは?

ネット銀行とは

銀行サービスを、インターネット上で行っている銀行のこと。

インターネットですべての手続きが完了するから、店舗に行く必要もなければ、通帳や印鑑を持つ必要がありません。

マネオ
「パソコンかスマホがあれば、口座の開設、残高照会、振込、振替などができてカンタン&便利♪

現金の出入金は、コンビニなどの提携ATMを利用して行います。

ネット銀行の詳しい説明は、こちらの記事でもご紹介♪

ネット銀行を使えばもっとお得に!オススメのネット銀行18選!

はじめに 銀行と言えば、今ではネット銀行も広く使われるようになりました。 私もネット銀行を、もう15年以上使用しています ...

 

ネット銀行のデメリット8つと対策を解説!

ではさっそく、ネット銀行のデメリットを紹介します。

ネット銀行のデメリットは意外と多く、8つもありました。
ただし、それぞれ対策も紹介していますので、ぜひ気になる項目をチェックしてみてくださいね!

 

デメリット① ID・パスワードを忘れた場合、利用できなくなる

ネット銀行はセキュリティの都合上、IDとパスワードを設定する必要があります。

もし、ログインIDやパスワードを忘れてしまうと、ログインができないので口座が利用できません。
またIDやパスワードを何度も間違えると、口座の利用ができなくなることも・・・。

カスタマーサポートにお問い合わせをし、復旧してもらうまでネット銀行を利用できなくなるのは、デメリットですよね。
しかもパスワードの再発行には時間が掛かる場合があるので、急いで利用したいときに困ります。

マネオ
「不正アクセスから口座を守り、インターネット上で安全に利用するためなのです・・・!」

 

デメリット①の対策

IDやパスワードを設定する際は、記憶に頼りすぎないようにしましょう。

第三者に見られないところかつ、パスワードやIDだとわからないようにして書き留めて置くのがおすすめです。

IDやパスワードを忘れると、お金がもう2度と引き出せなくなることは一切ありません。
カスタマーセンターにお問い合わせすれば、親切に対応してもらえます。

 

デメリット② システムメンテナンスをしていると、利用できない

ネット銀行は、システムメンテナンス時の利用ができません。

インターネット上ですべての取引を行っている都合上、セキュリティの見直し、機能のアップグレードなどが必須なのです。

マネオ
「ネット銀行は、基本的には24時間利用可能で、深夜や遅い時間帯でも利用することが可能
普通の銀行と違って取引できる時間が長いので、便利です!」

 

デメリット②の対策

システムメンテナンスの日は、事前告知の上行われることがほとんどなので、事前にチェックしておきましょう。

またシステムメンテナンスは、月に一度程度かつ、行われる時間帯も深夜から朝に掛けてが多いです。

よほどの緊急事態でない限り、利用者が多い日中などにメンテナンスが行われることはありませんので、深夜に利用しない人にはあまり影響ないですよ。

(出典:楽天銀行の2020年6月15日のお知らせメール)

 

デメリット③ 口座を指定できない場合がある

ネット銀行の口座は、以下の場合に口座を使えないデメリットがあります。

  • 公共料金の引き落とし口座に、指定できない場合がある
  • 税金の振替納税ができない場合がある
  • 国税還付金の振込口座として指定できない

公共料金(水道代や電気代など)は、業者側がネット銀行の引き落としを未対応なため、指定できないケースも。

マネオ
「最近ではネット銀行に対応してきている業者も、増えてきてはいます!」

また、税金を自動的に口座から引き落としてくれる振替納税は、「イオン銀行」「新生銀行」以外のネット銀行口座は指定できません。

さらに、国税還付金(税金を払いすぎた際に返してもらえるお金)の受け取り口座には、ネット銀行口座は原則指定できないです。

 

デメリット③の対策

ネット銀行口座を指定できない場合は、以下の方法で対策ができます。

  • 公共料金の支払い・・・クレジットカードで払う
  • 税金の振替納税・・・振替納税に対応しているネット銀行(「イオン銀行」か「新生銀行」)を選ぶ
  • 国税還付金・・・普通銀行、ゆうちょ銀行あるいは信託銀行を併用する
マネオ
「国税還付金を受け取る予定のある人は、ネット銀行だけでなく、他の銀行口座も必要です!」

 

デメリット④ インターネット上のセキュリティが心配

ネット銀行はすべての取引をインターネットで行うため、サイバー犯罪に巻き込まれる可能性があります。

サイバー犯罪によるリスクは、以下の通り。

  • ネット銀行に預けたお金が、不正送金されてしまう
  • IDやパスワードを盗まれる
  • 不正ログインをされて、個人情報を盗まれる

自分の銀行に預けたお金が不正に流出してしまうのは、とっても怖いですよね!

ただし万が一不正にお金を引き出されたとしても、1,000万円以内なら全額保証してもらえます。

これは「預金保護(ペイオフ)」という制度で、日本国内のすべてのネット銀行が適応しているので安心ですよ。

 

デメリット④の対策

セキュリティ対策には、必ずワンタイムパスワードを設定するようにしましょう。

マネオ
「ワンタイムパスワードとは、一回しか使えないパスワードのこと。
スマホアプリなので発行します。」

警察庁の発表によると、不正送金の被害にあった口座の75%は、ワンタイムパスワードを設定していませんでした・・・。
ワンタイムパスワードを利用しておけば、仮にワンタイムパスワードを盗まれたとしても次は使えないため、あなたの銀行口座へ不正にアクセスされなくなりますよ。

また万が一の不正送金の被害が心配な方は、一つのネット銀行に1,000万円以上は預けないと良いでしょう。

ネット銀行デメリット⑤ 店舗がない

ほとんどのネット銀行は、実店舗や自社のATMを持っていません。

取引はインターネット上、お金は提携のATMやコンビニのATMでやり取りが完結するため、
「わからないことがあったら、銀行の受付に聞きに行く」
というサービスをしているネット銀行は、ほとんどないのです。

マネオ
「ネット銀行は、『実店舗を持たない』『対面サービスをしない』ことで人件費を削減し、金利を上げたり、手数料を安くしたりしています!」

デメリット⑤の対策

わからないことがあれば、すぐにカスタマーサービスを活用しましょう。

親切なスタッフが案内してくれるので、たいていのことは解決できます。

最近では、音声だけでなくSkypeでのビデオ通話を使った対面相談も可能な銀行も増えています。

「普段はネット完結で良いけど、万が一の時に対面で相談できる銀行を選びたい」

というあなたは、イオン銀行」なら実店舗もあるので、おすすめですよ。

 

ネット銀行デメリット⑥ 通帳がない

ネット銀行には通帳がありません。

通帳の記載でお金を管理するのに慣れていると、ちょっと不安に感じますよね。

ネット銀行は、WEBサイトやスマホアプリから口座にアクセスすると、過去の利用履歴や残高照会ができる仕組みです。

デメリット⑥の対策

WEBサイトやスマホアプリを使えば、過去の取引データをいつでも見れます!

通帳がなくても、慣れれば管理が通帳よりも楽ですよ。

マネオ
「わざわざ記帳をする手間もなし♪」

 

ネット銀行デメリット⑦ 住宅ローンの審査が厳しい

ネット銀行の住宅ローンは、普通の銀行よりも審査が厳しめです。

また、書類を自力でやり取りしていかなければならないため、申請までに時間が掛かることも・・・。

住宅ローンを申請したいと考えている方は、慎重にネット銀行を選んだほうが良いでしょう。

ただしネット銀行で住宅ローンを組むと、普通銀行よりも金利が低めで保証料も無料なので、挑戦するのはおすすめです!

デメリット⑦の対策

住宅ローンの書類のやり取りを自力でしたくない人は、イオン銀行じぶん銀行など、対面で相談しながら申請できる銀行がおすすめです。

また、新生銀行楽天銀行もSkypeのビデオ通話を使った対面相談ができるので、書類の準備がスムーズにできますよ。

そして、もしもネット銀行で住宅ローンの申請に落ちてしまった場合は、普通銀行をサブ口座として開設し、そちらから審査に申し込むのがおすすめです。

マネオ
「ネット銀行で住宅ローンの審査に落ちたとしても、普通銀行から審査に通る場合もあります!」

 

ネット銀行デメリット⑧ ネット銀行が倒産・破産したらどうなるか不安

ネット銀行って、運営的に大丈夫なのか不安ですよね。
メガバンクと違って、倒産のリスクもありそうな気がします。

でも、倒産の心配はほとんどありません。

なぜなら、ネットバンクはその便利さから利用者が急増し、今では普通銀行以上に利用者や預金を保有しているところもあるからです!

また万が一倒産したとしても、ペイオフ制度によって1,000万円までのお金は、どこのネット銀行を利用したとしても戻ってきますよ。

デメリット⑧の対策

万が一の倒産に備えるのなら、1,000万円以上は預けなければ安心です。

ネット銀行は無料で口座を持てるところがほとんどなので、複数の口座に分散させて預金を管理するのも手でしょう。

また、倒産の恐れがないネット銀行を選びたいなら、利用者数・人気No.1の「楽天銀行」がおすすめです。

 

ネット銀行のメリット7つ

ここまでネット銀行のデメリットを紹介してきましたが、実はそれ以上にネット銀行には魅力的なメリットがあります!

それがこちらの7つです。

ネット銀行のメリット

  • ネット銀行のメリット① 振り込み手数料が無料、あるいは格安
  • ネット銀行のメリット② ATM手数料が無料、あるいは格安
  • ネット銀行のメリット③ 24時間利用できる
  • ネット銀行のメリット④ 銀行窓口にいく必要がなく、ネット上で完結
  • ネット銀行のメリット⑤ 金利が高め
  • ネット銀行のメリット⑥ 住宅ローンの金利が低め
  • ネット銀行のメリット⑦ 取引をするとポイントがもらえる銀行も

ネット銀行の詳しいメリットは、こちらの記事でも紹介しています↓

ネット銀行を使えばもっとお得に!オススメのネット銀行18選!

はじめに 銀行と言えば、今ではネット銀行も広く使われるようになりました。 私もネット銀行を、もう15年以上使用しています ...

 

デメリットも心配なし!初めてのネット銀行におすすめ6選

ここからは、おすすめのネット銀行をランキング形式で発表します。

マネオ
「気になるネット銀行をポチッとすると、詳細へジャンプ♪」

おすすめのネット銀行ベスト3

おすすめのネット銀行・4位~6位

第1位 楽天銀行

大人気の大手会社が運営するネット銀行で安心♪

おすすめ度:

金利普通:0.02~0.10% /定期:0.030%
ATM手数料月7回まで無料、以降はコンビニにより1回200~250円
振込手数料同行:無料、他行:月3回まで無料、以降は1回152~238円
特徴
  • 売上高1兆円をほこる楽天が運営
  • 2000年からある銀行で、セキュリティ対策もばっちり
  • 楽天スーパーポイントが溜まりやすい

こんな人におすすめ

  • 信頼の大手が運用するネット銀行を選びたい
  • セキュリティ対策がしっかりしているところを選びたい
  • 楽天でよく買い物をする

大手であり、セキュリティもしっかりしているので、ネット銀行を迷っているなら楽天銀行がおすすめですよ。

さらに、銀行の取引に応じて楽天スーパーポイントがたまるので、特に楽天で買い物をする人にぴったりです!

↓今すぐ大人気のネット銀行口座を利用してみる↓

楽天銀行の公式サイトはこちら

楽天銀行については、こちらの記事でも詳しく紹介しています。

楽天銀行の口コミは良い?評判とメリットとデメリットを徹底解説!

はじめに 楽天銀行は、通販などで名前を知られている楽天が運営する銀行です。 ほかの銀行と比べて、どんな特徴やメリットがあ ...

第2位 GMOあおぞら銀行

最大10個の「つかいわけ口座」でお金の管理が楽々♪

おすすめ度:

金利普通:0.001%/定期0.020-0.030%
ATM入出金手数料初回無料、以降はステージにより月2〜15回まで無料、以降1回157円
振込手数料同行:無料、他行:166~261円
特徴
  • 「生活費」「貯金」など、つかいわけ口座が最大10個作れる
  • 取引でたまるポイントをGMOポイントか、Pontaポイントにするかを選べる

こんな人におすすめ

  • お金の管理がしやすいネット銀行を選びたい
  • GMOサービスや、ローソンなどPontaポイントが使えるサービスをよく使う

ネット銀行のデメリットの一つは、通帳がないこと。

通帳でお金を管理していた人にとって、スマホやパソコン画面を見るだけでは
「お金をどう管理すればいいのか不安・・・」
と不安になりますよね。

そこでおすすめなのが、GMOあおぞら銀行。
同じ名義で口座を最大10個まで使い分けられるので、主に主婦の人から「お金の管理がしやすい!」と大人気ですよ。

(出典:GMOあおぞら銀行 公式サイト)

お金の管理に使いやすいネット銀行をお探しの場合は、ぜひチェックしてみてくださいね♪

↓今すぐ超便利なネット銀行口座を利用してみる↓

第3位 イオン銀行

実店舗があり、ほとんど普通の銀行と同じサービス!

おすすめ度:

金利普通:0.001% /定期:0.11%
ATM手数料ATMにより変動
振込手数料同行:無料、他行:220円
特徴
  • 全国展開している実店舗がある
  • 税金の引き落とし口座に指定できる
  • 国税還付金の受け取り口座に指定できる

おすすめの人

  • 対面サービスもしている銀行を選びたい
  • ネット銀行で税金の支払いをしたい

インターネットで手続きが完了できるネット銀行はメリットではありますが、万が一の時に対面サービスがないのもデメリット・・・。
そこで、イオンネット銀行なら実店舗もあるネット銀行なので、おすすめです。

わからないことを対面で相談できたり、住宅ローンの申し込み書類を対面で用意したりできるので、とても便利!

また、ほとんどのネット銀行ができない「税金の引き落とし口座の指定」もできるので、ほとんど普通の銀行と同じように利用ができますよ。

イオン銀行の公式サイトはこちら

 

第4位 ジャパンネット銀行

日本初のネット銀行!Tポイントを貯められる♪

おすすめ度:

金利普通:0.01-0.015% / 定期:0.02‐0.03%
ATM手数料毎月初回無料、3万円以上は無料(3万円未満は1回165~330円)
振込手数料同行:55円/他行:176〜275円
特徴
  • VISAデビットカードを発行してもらえる
  • Tポイントがたまる

おすすめの人

  • 長年の実績があり、安心できるところを選びたい
  • Tポイントをためている

ジャパンネット銀行は、2000年にサービスを開始した日本最初のネット銀行です。
20年間のセキュリティ対策をはじめとした運用ノウハウがあるから、安心して利用できますね。

また、ジャパンネット銀行の取引でTポイントがたまるので、Tポイントを集めているあなたは必見ですよ!

ジャパンネット銀行の公式サイトはこちら

 

第5位 ソニー銀行

ATM手数料が圧倒的にお得!顧客満足度も◎

おすすめ度:

金利普通:0.001% / 定期:0.01‐0.05%
ATM手数料預入れは無料、引出しは月4回まで無料、以降1回110円
振込手数料同行:無料、他行:毎月初回無料、以降1回220円
特徴
  • ATM手数料がネット銀行の中でも安い
  • 顧客満足度が高く、サービスのレベルが高い

おすすめの人

  • ATM手数料をお得にしたい
  • サービスの質が高いネット銀行を利用したい

他のネット銀行は、取引回数や預金の額に合わせて手数料を無料にしたり、格安にしたりしています。

でもソニーネット銀行は、もともとATM手数料が超お得なのです!
ATMでのお金の出し入れをよくやるあなたは、ソニーネット銀行に切り替えると手数料に掛けていたお金を大きく節約できますよ♪

また4年連続Webサポートポータル五つ星獲得など、顧客サービスの格付け評価が高いネット銀行としても、ソニーネット銀行は有名です。

ソニー銀行の公式サイトはこちら

 

第6位 東京スター銀行

普通預金の金利が0.1%?!高金利でお金を貯めたいならココ☆

おすすめ度:

金利普通:0.001-0.10%/定期:0.025%
ATM手数料月8回まで無料、9回目以降は1回110~200円
振込手数料同行:無料、他行:月3回まで無料、以降は1回300円
特徴
  • 給与振込指定口座にすると、普通預金の金利が0.1%
  • ATM手数料もなかなか安い

おすすめの人

  • 高金利なネット銀行を選びたい
  • ネット銀行のメリットを最大限に感じたい

東京スター銀行は、口座を給与振込指定口座にするだけで、なんと金利が0.1%になります。

定額預金ではなく、普通預金なのにこんな金利がつくのは、ネット銀行の中でもダントツに高金利ですね。

取引回数や預金高に関係なく高金利のメリットを得られるから、お勤めのあなたは東京スター銀行を選んで損はありません!

東京スター銀行の公式サイトはこちら

 

ネット銀行をメインバンクにするのにおすすめな人は?

取引がすべてインターネットで行われる都合上、ネット銀行にはデメリットもいくつかあります。

ただし、適切なデメリット対策を行えばネット銀行をメインで使うことは可能す。

中でも、こんな人におすすめですよ。

  • 店舗に行く必要なく、ネットで完結する便利な銀行を使いたい 
  • 振込手数料が安い銀行を選びたい
  • 高い預金金利の銀行を利用したい

ただしネット銀行口座だけだと、

  • 住宅ローンの審査が通りにくい
  • 公共料金や税金の口座引き落とし支払いができない場合がある
  • 国税還付金の受け取り先に指定できない

という点で困ることがあるので、ゆうちょ銀行や普通の銀行などをサブ口座として持っていることもおすすめです!

マネオ
「年々ネット銀行ができることは増えているので、このデメリットもいずれなくなるかもしれません!」

 

まとめ

確かにネット銀行は従来の常識とは違っている部分もあります。
店舗がなく、「ネット上にある銀行」に抵抗感を覚えることは無理もないでしょう。

しかしデメリットを理解して対策をすれば、何も怖いことはありません。
むしろ、節約したいあなたにとっては、ネット銀行のほうがメリットたっぷりです♪

ぜひネット銀行に切り替えてみてくださいね。

この記事を書いた人

かわんちゅ
かわんちゅ
新卒で入った東証一部上場企業を退職し、現在はフリーランスのWebライターとして活動中。QRコード決済とか、とりあえず新しいものにすぐ手を出しちゃうタイプ。趣味はGoogleMapを眺めること。

-コラム
-,

Copyright© 節約ぽけっと , 2020 All Rights Reserved.