コラム

投稿日:2020年1月2日 更新日:

ネット銀行のデメリット7つ紹介。損しないために知っておこう!

かわんちゅ
ライター

かわんちゅ

はじめに

「ネット銀行がお得とか、便利とか聞いたことはあるんだけど、実際のところデメリットが多いんじゃないの?」

などと疑問に感じている方も多いのではないでしょうか。

確かに、ネット銀行にはデメリットはあります。

そこでこの記事では、ネット銀行のデメリットを正直にお伝えしていこうと思います。

実は、ネット銀行のデメリットは解消できる部分もあるので、そちらについても解説していますよ。

 

ネット銀行とは?

ネット銀行とは

パソコンやスマートフォンなどインターネットを介し、銀行の取引ができるWebサービスのこと。

従来は銀行といえば実店舗があり、そこまで足を運び、窓口に並んで呼ばれたら手続き開始という流れですよね。

しかし、ネット銀行ならすべてがインターネットでつながっているので、パソコンやスマホでアクセスすれば銀行の手続きができるようになっているのです。

このネット銀行は何十年も前からありましたが、ここ数年間でかなり利用する人が増えてきており、2020年以降はもっと店舗をもつ銀行から移行する人が増えてくるだろうと言われています。

詳しい説明は以下の記事をご覧ください。

ネット銀行を使えばもっとお得に!オススメのネット銀行18選!

はじめに 銀行と言えば、今ではネット銀行も広く使われるようになりました。 私もネット銀行を、もう15年以上使用しています ...

 

ネット銀行のデメリット7個

ではさっそくネット銀行のデメリットを紹介したいと思います。

  • ID・パスワードを忘れた場合、利用できなくなる
  • システムメンテナンスをしていると、利用できない
  • 引き落とし口座に指定できない場合がある
  • インターネット上のセキュリティが心配
  • 店舗・通帳がない
  • 住宅ローンの審査が厳しい
  • ネット銀行が倒産・破産したらどうなるか不安

デメリットはこちらの7つです。

 

ID・パスワードを忘れた場合、利用できなくなる

ネット銀行では、もし、ログインIDやパスワードを忘れてしまうと、ログインができないので口座が利用できません。

また、忘れたことにより何回も間違えてしまうと、不正にログインしようとしていると判断されてしまい、ユーザー保護のため口座が利用できなくなるというパターンも考えられます。

そうなってしまったら、新たにパスワードを発行しなければならなくなるのですが、ネット銀行で用意されるパスワードというのはある程度厳重なため、発行に時間がかかってしまう場合があります。

 

さらには、新しくパスワードが発行されて次にログインするまではネット銀行を使用することはできなくなりますので、お金を引き落としたいのにずっと待っておかなければならないということになってしまいますよ。

そのため、ネット銀行においてログインIDやパスワードはしっかりと管理しておきましょう。

 

ちなみに、万が一パスワードを忘れた場合、ネット銀行のカスタマーセンターへ電話するか、メールなどで問い合わせることになります。

再びログインして口座が利用できるように、手順を親切に教えてくれるでしょう。

お金がもう2度と引き出せなくなるとかそんなことは一切ないので安心してくださいね。

 

システムメンテナンスをしていると、利用できない

ネット銀行は基本的には24時間利用可能で、深夜や遅い時間帯でも利用することが可能です。

ただし、利用できない時間帯もあることは知っておいた方が良いと思います。

その利用できない時間他とは、システムメンテナンスをしている時間帯です。

インターネットに複雑な銀行システムを構えている以上、日々メンテナンスしていかなければならないので、これはネット銀行の宿命でもあります。

どのネット銀行を利用する場合でも、このシステムメンテナンスで使えない時間を避けることはできません。

 

システムメンテナンスはいつあるの?

このシステムメンテナンスは通常、何日の何時にやりますよという事前告知の上行われることがほとんどです。

また、行われる時間帯もほとんどが深夜です。

利用者が多い日中などにメンテナンスが行われるのは、よほど急なトラブルに巻き込まれた時などで本当に稀です。

そのため、システムメンテナンスが行われることはあるものの、深夜などに使う機会がない方は、メンテナンスの存在を知らないまま使い続けることになると思いますよ。

 

引落口座に指定できない場合がある

これは結構痛いデメリットなのですが、公共料金などの引き落とし口座に指定できない場合があります。

公共料金とは、たとえば水道料金、電気代などです。

現在、みずほ銀行や三菱UFJ銀行などと紐付けして、自動的に引き落とされるように設定している方もいるかもしれませんが、水道行政側がネット銀行に対応していないことから、引き落とし口座に指定できないことがあるんですよね。

そのため、せっかくネット銀行を開設したのに、結局毎月コンビニに行かなければならなくなる可能性があります。

ただし、最近では結構ネット銀行に対応してきているところも増えてきています。

現在対応していなかったとしても、これから対応してくる可能性はとても高いです。使いたいネット銀行の情報はチェックしておきましょう!

 

インターネット上のセキュリティが心配

「ネット銀行を初めてみたいけど、インターネットってなんだか怖くてセキュリティとか大丈夫?」って思っている方も多いのではないでしょうか。

確かに近年では、ネットサービスに不正にログインされて個人情報が流出した事件もあるので、その流れで自分のお金が流出してしまったらどうしよう・・・って感じですよね。

正直なことを申し上げると、ネット銀行での不正送金などによる被害は3ヶ月に1億円くらいのペースで発生しています。

自分の口座に入っているお金が、不正に流出してしまう可能性があるのは確かにデメリットです。

しかし、もしあなたのお金が不正流出の被害にあったとしても、その金額分はあなたのせいではないので当然のことながら補償をしてくれます。

もちろん油断してはいけないのですが、もしものことがあってもお金は帰ってくるので安心してくださいね。

 

店舗・通帳がない

ネット銀行を利用したことない人からすると、

  • 銀行に店舗がない
  • 通帳がない

上記に対してすごく抵抗感があるのではないでしょうか?

確かに、私も初めてネット銀行に変える時には抵抗がありました。

店舗がないということは、もしものことがあった場合に相談できないってこと?
通帳がないってことは、入出金の明細を確認することができないってこと?

って感じです。

でも、大丈夫です。すぐに慣れます。

店舗に行かなくてもコールセンターに電話をすればたいていのことは解決できますし、入出金の明細はスマホやパソコンからみることができます。

つまり、いつでもスマホがあればその場で解決できるため、店舗や通帳がないということは逆にメリットであると言えるくらいと感じるようになりますよ。

 

住宅ローンの審査が厳しい

住宅購入の際に利用する住宅ローンですが、手続きの際にネット銀行を検討している方もいるかもしれませんね。

そして、ネット銀行はメガバンクなどよりは審査が甘そうだなと感じていませんか?

その考えは少し変えておいた方が良いかもしれません。

ネット銀行が用意する住宅ローンは、メガバンクと同じくらいか、場合によってはそれ以上に審査が厳しい場合があります。

そのため、ネット銀行だからと油断していると、住宅ローンを組めなくなってしまう場合があるので注意しておきましょう。

ただし、審査が比較的緩めな通常の銀行をサブ口座として開設し、住宅ローンを通すというやり方をすればこのデメリットを解決できる場合があります。

もしネット銀行の審査が通らなかったら、この方法を試してみてくださいね。

 

ネット銀行が倒産・破産したらどうなるか不安

「ネット上にある銀行がもし倒産や破産してしまったらどうしよう・・・。」って思っている方も多いのではないでしょうか。

実店舗をもたない銀行って安心できないですよね。

でも、安心してください。

いまやネット銀行の中には、実店舗を持つ銀行以上に預金を保有しているネット銀行だってありますし、それも年々増加傾向にあります。

そのため、破産してしまう可能性はかなり低いのです。

破産してしまう確率でいうと、大手の銀行と同じくらい低いですよ。

また、ネット銀行はペイオフ(破綻した金融機関に代わって、預金保険機構が預金者に預金を一定額までは払い戻す制度)を導入しています。

ですので、万が一ネット銀行が倒産や破産してしまったとしても、預けているお金は1000万円まで帰ってくるので安心してください。

 

ネット銀行のメリット7個

ここまでネット銀行のデメリットを紹介してきましたが、実はそれらを超える利点がネット銀行には存在しています。

そこで、ネット銀行のメリットもこの記事で紹介させていただきます。

  • 振り込み手数料が無料、あるいは格安
  • ATM手数料が無料、あるいは格安
  • 24時間利用できる
  • 銀行窓口にいく必要がなく、ネット上で完結
  • 金利が高め
  • 住宅ローンの金利が低め
  • 取引をするとポイントがもらえる銀行も

こちらの7つです。

 

振込手数料が無料、あるいは格安

通常の銀行では、他人にお金を振り込む際、手数料が発生することがほとんどです。

他行への振り込みで手数料がかかるのはともかく、同じ銀行同士なのに手数料がかかる場合もありますよね。

しかし、ネット銀行なら同じ銀行同士はもちろんのこと、他行へ振り込む時も振込手数料が無料、あるいは格安になります。

 

また、一般的な銀行でも、「ある程度の金額が口座に入っている条件を満たせば数回無料」という場合もありますが、ネット銀行の場合、たとえ1円しか入っていなかったとしても、振込手数料が無料であるところもあります。

振込手数料は一回数百円ではありますが、長期間で考えると積もり積もって何千円何万円となってしまいますからね。

ネット銀行を申し込んで手数料を無料にできるのであれば、早めに切り替えておいた方が良いですよ!

 

ATM手数料が無料、あるいは格安

通常の銀行では、コンビニなどでお金を引き出すのに手数料がかかるところも多いのではないでしょうか。

ですが、ネット銀行ならATM手数料が一切無料か、優遇プログラム(預金残高や銀行サービスの利用に応じて会員ランクによる)などで、月数回無料であったり、料金がかかったとしても格安になったりします。

確かに、通常の銀行でもATM手数料が無料な場合もありますが、月数回程度と限られていますし、一定以上の残高が口座に入っていないと有料になることが多いです。

ネット銀行にすれば、お金を引き出す際の手数料を払わなくて済むようになりますし、「無料になる時間帯だけATMに行く」といった面倒くささから開放されるメリットがあるのです。

 

24時間利用できる

銀行は通常15時くらいで窓口の営業が終了しますよね。

お金を引き出す程度ならATMで24時間できるかもしれませんが、他行に振り込んだり、その他ATMでできない手続きは、翌営業日の平日9時ごろまで待たなければなりません。

しかし、ネット銀行なら24時間フルサービスを利用することができるのです。

また、ほとんどの銀行窓口は土日祝日は営業していませんが、ネット銀行なら24時間、休みの日でも手続きを行うことができます。

土日休みで働いている人にとっては、ネット銀行はこれだけでもメリットがあると思いますよ。

 

銀行窓口に行く必要がなく、ネット上で完結

ネット銀行の名前からして、わざわざ店舗に行かなくてもいいメリットもあります。

家のパソコンからアクセスするだけで、銀行でできることが行えます。

もちろん、スマホやタブレットからでもアクセスできるので、通勤しながら電車の中で操作できるのです。

さらに、ネット銀行であれば即時に操作できるため、店頭のように案内されるまで数十分待たされることがない点も優秀ですね。

 

金利が高め

現在メガバンクの普通預金の金利は0.001%程度です。

100万円を預けても1年で増えるのはたったの10円だけ。

しかし、ネット銀行では0.01%〜0.1%程度の金利を設定していることが多いです。

0.01%の場合、100万円預ければ1年で1000円なので、なんと10倍も違うことになります。

マイナス金利で預けていたら逆にお金が減る時代が来るかもしれないのに、これだけの金利を保てるのはネット銀行の強みですね。

 

住宅ローンの金利が低め

先ほどデメリットのところで住宅ローンの審査が厳しいとお伝えしました。

しかし、ローンが通ってしまった後は、金利が低く、とてもお財布に優しいメリットが待っています。

あるネット銀行は0.45%金利に対して、とある銀行は0.54%くらいだったりします。

金利が0.1%も変わるだけで、5,000万円借りていたとすると、数十万円から数百万円も最終的に支払う金額が変わりますからね。

住宅ローンをお得に組もうと思ったらネット銀行を利用しましょう。

 

取引をするとポイントがもらえる銀行も

ネット銀行は手数料がかからなかったり、金利が安かったりお得なのですが、それに加えて取引をするとポイントがもらえるところもあるんです。

例えば給料を受け取ったら30ポイントとか、口座振替したら5ポイントとか。

お金をおろすだけでATM手数料とか取られてしまう時代なのに、逆にポイントをもらうことができるなんて、どれだけお得なんだ・・・って思いませんか?

 

安心してネット銀行を使いたいなら、楽天銀行がおすすめ

ここまでご覧いただい方は、ネット銀行はデメリットよりもメリットな部分が大きいと気づいて、自分も利用してみたいと思っていただけたのではないでしょうか?

しかし、ネット銀行はたくさんあるので、どこがおすすめかわからないという方も多いと思います。

そこでおすすめするのが「楽天銀行」です。

 

楽天銀行の特徴やメリット

楽天銀行は売上高1兆円を誇る楽天が運営しているので、資本的な心配がありません。

しかも、設立が2000年とネット銀行としては老舗です。

まだまだネット銀行が浸透していなかった時代から、現在まで経営をし続けているため、セキュリティに関するノウハウも溜まっています。

大手であり、セキュリティもしっかりしているので、ネット銀行を迷っているなら楽天銀行がおすすめですよ。

さらに、銀行の取引に応じて楽天スーパーポイントを得ることができるので、特に楽天ユーザーにぴったりだと思います。

日々の出費をお得にできるネット銀行を探しているなら、この機会に口座開設してみましょう。

楽天銀行を見てみる

↑ボタンクリックで口座開設申し込みページに進みます。

 

まとめ

この記事では、ネット銀行のデメリットと、メリットをお伝えしてきました。

こうしてみるとネット銀行はデメリットはあるものの、それ以上に多数のメリットがあります。

デメリットは認識して気をつけていれば、どうってことないことにお気づきになったのではないでしょうか?

確かにネット銀行は従来の常識とは違っている部分もあります。「ネット上にある銀行」に抵抗感を覚えることは無理もないでしょう。

しかしこうしてメリットやデメリットを理解していれば何も怖いことはありませんよ。

ぜひ今回紹介した楽天銀行などに申し込んで、あなたもネット銀行に切り替えてみてくださいね。

 

この記事を書いた人

かわんちゅ
かわんちゅ
新卒で入った東証一部上場企業を退職し、現在はフリーランスのWebライターとして活動中。QRコード決済とか、とりあえず新しいものにすぐ手を出しちゃうタイプ。趣味はGoogleMapを眺めること。

-コラム
-,

Copyright© 節約ぽけっと , 2020 All Rights Reserved.