クレジットカード活用術 ポイントお得術

nanacoチャージでクレジットカードのポイントを貯める裏技!2019年おすすめカード7種も比較

投稿日:2018年12月4日 更新日:

【この記事を読んだらわかること】
★nanacoチャージの裏ワザ・・・クレジットカードでnanacoチャージするとポイントダブル取り!

★2019年現在、ポイント還元率が一番高いおすすめカードは「リクルートカード」(還元率1.2%)

はじめに

こんにちは! 節約ぽけっと編集部のざわさん(@zawa_setsupoke)です。

ざわさん
突然ですが、nanacoチャージでポイントが「倍以上」貯まる裏ワザを教えます!

その裏ワザとは・・・クレジットカードを使ってnanacoチャージすること!
そうすれば、クレジットカードのポイントとnanacoカードのポイントを、ダブルゲットできちゃうんです。

まずはポイントが貯まりやすいおすすめクレジットカードから、紹介していきます。

nanacoチャージでポイントが貯まるカード7枚を比較してみた

nanacoクレジットチャージができるカード

nanacoチャージに使ってポイントが貯まるおすすめのクレジットカードは、以下の7枚です。

リクルートカード★★★★★業界ナンバーワンの還元率!
貯まったポイントはPontaポイントに交換可能
Yahoo!JAPANカード★★★★☆Tポイントが貯まるので活用しやすい!
即日発行できるのも魅力の1つ
セブンカード・プラス★★★★☆nanacoポイントが貯まる
nanacoカードと一体型になったタイプもある
オートチャージを使えばさらに手間いらず!
ファミマTカード★★★☆☆ファミリーマートのお得なキャンペーンが受けられる
JMBローソンPonta★★★☆☆Pontaポイントとマイルが同時に貯められる
セディナカード★★★★☆セブン・イオン系列の店舗でポイント3倍!
補償サービスも充実
リーダーズカード★★☆☆☆還元率は0.3%と低い
普段のお買い物では高還元率!

上記以外のクレジットカードだと、nanacoチャージでポイントは貯まりませんので、注意してくださいね。

 

nanacoクレジットチャージにおすすめのカード7枚比較表

nanacoチャージでポイントが貯まるクレジットカード7枚の、それぞれの特徴は以下の通りです。
カードのお申込は公式サイトからできます。

※スマホで閲覧している場合は、横スクロールで全部見られます。

ブランド名
リクルートカード

Yahoo!JAPANカード

セブンカード・プラス

還元率1.2%1%0.5%~1.5&
nanacoチャージ
還元率
1.2%0.5%0.5%
年会費無料無料初年度無料
2年目~500円
ポイントの種類リクルートポイントTポイントnanacoポイント
公式サイト

申込

申込

申込

 

ブランド名
ファミマTカード

JMBローソンPonta

セディナカード

リーダーズカード

還元率0.5%0.5%~2%0.5%1.25%
nanacoチャージ
還元率
0.5%0.5%0.5%0.3%
年会費無料無料無料初年度無料
ポイントの種類TポイントPontaポイント
JALマイル
わくわくポイント独自ポイント
公式サイト

申込

申込

申込

申込

他のカードの還元率を見てみると、軒並み「0.5%以下」ですが、リクルートカードの還元率は「1.2%」です。
1000円分nanacoチャージして貯まるのが、5ポイントと12ポイントだと結構差がありますよね。

「とにかくポイントを貯めたい!」という人は、もちろんリクルートカードに申込むのがおすすめです。
>>リクルートカード公式サイトはこちら

 

【参考】nanacoにチャージが出来るカード15枚

nanacoにチャージできるけど、ポイントは貯まらないクレジットカードカードもあります。
間違えてしまわないように気をつけましょう。

以下、ポイントを貯めることができないカードをご紹介します。

  • リクルートカードプラス
  • ミレニアムカード セゾン
  • ライフカード
  • 楽天カードJCB
  • セブンカード
  • LINEpayカード
  • dカード
  • ANA JCBカード
  • MUJIカード
  • AMEX
  • REXカード
  • ビックカメラsuicaカード
  • 三井住友カード
  • JP BANKカード
  • セゾンカードインターナショナル

上記のカードでもnanacoチャージはできますが、クレジットカードのポイントは貯まりません。

どうせチャージするならポイントが貯まった方が嬉しいですよね。
これらのカードでnanacoチャージしている人は、上に挙げた「ポイントの貯まるカード」の導入をおすすめします。

 

損しないためにクレジット2枚持ちも検討してみよう

現在私は、還元率の一番高いリクルートカードを使ってnanacoチャージをしています。
2018年4月にカード利用条件の変更があり、ポイント付与の対象となるのが月に30000円までになりました。

そこで、nanacoチャージ用のクレジットカードをもう一枚持つことも検討しています。
考えられる選択肢は以下の2パターンです。

  • リクルートカードをもう1枚持つ
  • 他社のカードと併用する

 

選択肢①リクルートカードをもう1枚持つ

リクルートカードの1.2%という高還元率はやっぱり魅力的ですよね。
だから、1つ目の選択肢は、nanacoチャージ用のリクルートカードをもう一枚持つというものです。

今持ってるのが「Visa」なので、「MasterCard」か「JCB」を選べばもう1枚作れます。

税金の支払いなどもnanacoで行うとして、合計60000円分も余裕があれば充分ですよね。
nanacoチャージのためだけにカードを2枚も持つのはちょっと面倒ですが、還元率によるバックも大きいと思います。

 

選択肢②他社のカードと併用する

還元率の低い他社のカードを持つっていうのも考えてます。
なんでわざわざポイントが貯まりづらいカードを持つのかというと、リスク分散のためです。

万が一、リクルートカードがサービス変更しても、もう1枚のカードで対応できるように、という。

ただ、書いてて思ったんですが、そのためだけに2分の1以下の還元率でポイントを貯めるって、もったいないですね・・・。
万が一のことが起こったら、その時はその時で考えればいいので、2枚目におすすめしたいのもやっぱり「リクルートカード」かな。

公式サイトからカードのお申込ができます。

※リクルートIDをお持ちの方は作成がめちゃくちゃ簡単です。

 

nanacoチャージにおすすめのクレジット7種をさらに詳しく紹介!

それでは改めて、7枚のおすすめクレジットカードについて詳しくご紹介していきます。
クレジットカードのお申込は、それぞれの公式サイトへリンクを貼ったので、そちらからどうぞ。

 

おすすめクレジットカード①リクルートカード

このカードがおすすめな人は?

  • 一番還元率の高いカードでポイントをより多く貯めたい人
  • リクルートのウェブサービスをよく利用する人
  • Pontaポイントも貯めたい人
  • 学生さんや主婦など、審査が少し心配な人

1番オススメなのは、1.2%という還元率の高さが魅力的な「リクルートカード」です。
nanacoチャージ1000円につきリクルートポイントが12ポイント貯まります。

「じゃらん」「ホットペッパービューティ」などのリクルートが提供するサービスを利用すれば、さらにポイント還元されるのも嬉しいですね。

それから、18歳以上であれば学生や専業主婦でも作ることができるカードなので、審査が心配な人にもおすすめですよ。

 

リクルートのネットサービス利用でポイント高還元!

リクルートカードを利用すると「リクルートポイント」が貯まります。
リクルートが運営する以下のようなネットサービスを利用した場合も、リクルートポイントが貯まります。

  • じゃらんnet
  • ホットペッパーグルメ
  • ホットペッパービューティ
  • ポンパレモール

つまり、リクルートカードを持ちながらリクルートのサービスを利用すれば、

「普段の買い物で貯まるリクルートポイント」
「リクルートのサービスを利用した時に貯まるリクルートポイント」

という二本柱でどんどんポイントを貯めていくことができるんです。
ここにnanacoチャージのポイントも加えれば、毎月かなりの金額を貯めることができそうですね!

リクルートのサービスを利用した支払いの際に、リクルートカードで決済すれば還元率がさらにアップするお得なキャンペーンもあります。
たとえば、以下の通りです。

  • じゃらんnetで予約した宿泊施設をリクルートカードで決済すると3.2%に還元率アップ!
  • ポンパレモールで購入した商品をリクルートカードで決済すると4.2%に還元率アップ!

これだけポイントの貯まるキャンペーンが充実していると、ポイントゲットにかなりのやる気が湧いてきますね。

 

リクルートポイントは使い道が豊富!

貯まったリクルートポイントは、もちろんリクルートのネットサービスで使うことができます。

「ホットペッパービューティ」で、ちょっと高めのトリートメントを予約してみる・・・
「じゃらんnet」で自分へのご褒美に温泉旅館を予約する・・・
「ポンパレモール」でずっと欲しいと思っていたあの商品を購入するための足しにする・・・

どうでしょうか、考えただけでワクワクしてきませんか?
私はしてきます!

でも、「リクルートのサービスはあまり使わないから、もっと使いやすいポイントの活用法ってないの?」という方もいるかもしれませんね。
そういう方にはリクルートカードで貯まったポイントをPontaポイントに交換するのがおすすめです!

PontaWebの会員登録をしていれば、リクルートポイントをPontaポイントに交換することができます。
たとえばリクルートカードで500ポイント貯めて、Pontaに交換するとそのまま500ポイント分、Pontaポイントの加盟店で使えるようになります。

Pontaポイントの加盟店は、ローソン・GEO・ケンタッキーなど人気のお店ばかりで、50店以上あります。
これなら、普段ネットサービスを利用しないような人も、ポイントを有効活用できると思います!

セブンイレブンの電子マネーnanacoにチャージしたらローソンのPontaポイントが貯められるって、なんだか面白いですね(笑)

公式サイトからカードのお申込みができます。

※リクルートIDをお持ちの方は作成がめちゃくちゃ簡単です。

 

おすすめクレジットカード②Yahoo!JAPANカード

このカードがおすすめな人は?

  • Tポイントの加盟店を普段からよく利用している人
  • nanacoのチャージだけじゃなくいろんなことに役立つ万能カードが欲しい人
  • 申し込んでから即日利用したい人
  • ソフトバンクのスマホを使っている人

TポイントやYahoo!JAPAN系のサービスをよく利用する方におすすめしたいのが「Yahoo!JAPANカード」です。
nanacoチャージ1000円につきTポイントが5ポイント貯まります。

個人的には、nanacoチャージに限らずいろんなことに役立つ便利なカードだと思います。

 

Tポイントを貯めやすい人気カード

最近どのお店に足を運んでも聞かれますよね、「Tポイントカードはお持ちですか?」って。
Tポイントカードは日本で一番有名なポイントカードと言っても過言じゃないと思います。

そして、Yahoo!JAPANカードは、クレジットカードにTポイントカードの機能を追加した使用になっています。

だから、ファミリーマートやTSUTAYAで買い物をする際に、このカードを見せるだけでTポイントが貯まります。
もちろん支払いをクレジット決済にすれば、利用金額に応じてさらにTポイントを貯めることができるんです。

つまり、Tポイントをガンガン貯めまくれるってことですね・・・!

 

使い道の豊富さはナンバーワン

今回紹介するクレジットカードの中で、一番ポイントの使い道が豊富なのがYahoo!JAPANカードだと思います。
普通に生活していても、Tポイントが使えるお店ってほんとに多いと感じますからね。

全部はとても挙げきれないので、以下にTポイントが使えるお店のジャンルを抜粋してみました。

コンビニ、スーパー、ドラッグストア、ファミレス、ファーストフード、洋服店
携帯キャリア、ガソリンスタンド、宅配業者、不動産屋、電力会社、銀行
書店、電子書籍、動画配信、オンラインゲーム、旅行・ホテル予約

生活のすべてをTポイント加盟店だけで完結させられそうなラインナップです(笑)
だからたとえば、「ごちゃごちゃポイントカードばっかり貯まったらわけわかんなくなる!」という人は、Yahoo!JAPANカード1枚用意してポイントをすべて集約させちゃうのも1つの手ですね。

 

即日発行もウリ

Yahoo!JAPANカードは申し込んでから約一週間で手元に届きます。
得に面倒な書類を書いたり、審査に膨大な時間がかかったりしなくても済むのは嬉しいメリットだと思います。

↓Yahoo!JAPANカードについて、さらに詳しく知りたい方は以下の記事もどうぞ。

 

おすすめクレジットカード③セブンカード・プラス

このカードがおすすめな人は?

  • ポイントカードは1枚に集約したい人
  • ポイントの交換や利用申請などが面倒でつい失効させてしまう人
  • チャージの手間をかけたくない人

セブンカード・プラスなら、nanacoカードとクレジットカードを1枚にまとめられます。
それに、チャージで貯まるのもnanacoポイントなので、ポイント管理が楽です。

ポイントは貯めたいけど面倒な作業は苦手・・・という、面倒くさがりな人におすすめですよ。

 

クレジットカードの利用でnanacoポイントが貯まる

セブンカード・プラスを使ってクレジットカード決済すると、nanacoポイントが貯まっていきます。

他社カードの場合
nanacoカードにチャージして他社のポイントが貯まり、nanacoカードで支払いしてnanacoポイントが貯まる
セブンカード・プラスの場合
nanacoカードにチャージしてnanacoポイントが貯まり、nanacoカードで支払いしてnanacoポイントが貯まる

上の2つを見比べてみて、ポイントを管理しやすいカードはもちろんセブンカード・プラスの方だと思いませんか?

いろんなところにポイントを分散させていると、交換するのが面倒くさかったり存在を忘れてしまって、ポイントを無駄にしてしまう事もありますもんね。
それを防ぐためにも、チャージ用のクレジットカードとnanacoカードを一体にするのはおすすめです。

あとは、お財布の中に入れるカードが一枚少なくなるのも嬉しいですよね。

 

オートチャージが利用できる

お会計の時に残高が足らなかったら、自動でクレジットカードからチャージする。
そんな「オートチャージ」が使えるのもセブンカード・プラスだけです!

セブンイレブンとイトーヨーカドーのみでの利用になりますが、チャージのタイミングを気にせず気軽にお買い物できますよ。
もちろん、オートチャージでも通常のチャージと同様ポイントが貯まります。

 

年会費は2年目から有料だけど・・・

セブンカード・プラスは初年度年会費無料ですが、2年目から有料に変わります。

かといって年間500円なのでそれほど大きい金額ではありません。
さらに言うと、前年度のショッピング支払い合計金額が5万円以上であれば年会費は無料になります。

この5万円の中に、nanacoにチャージした金額もしっかりカウントされますので、年会費を理由に選択肢から外すほどのデメリットではないと思いますよ。

 

おすすめクレジットカード④ファミマTカード

このカードがおすすめな人は?

  • とにかくファミリーマートばっかりよく行く人

・・・って、nanacoチャージにおすすめなカードの紹介なのに、おかしな話ですが(笑)

ファミマ限定のキャンペーンなどを利用したいのであれば、メリットはあるかもしれません。
それ以外には特におすすめポイントがないので、むしろファミマヘビーユーザー向けのカードです。

 

Tポイントの貯まるカードではあるが・・・

ファミマTカードは、「Yahoo!JAPANカード」と同じくクレジットとTポイントの機能が一緒になったカードです。

そのため、Tポイントカードとしてショッピングの際に提示すればポイントが貯まります。
もちろんクレジット決済に使えば使用金額に応じてさらにTポイントが貯まります。

ここまではYahoo!JAPANカードと全く同じサービス内容なので、どちらがどう違うのか気になるところですよね。

2枚のカードの決定的な違いは、ポイント還元率です。
ファミマTカードはTカード利用・クレジット利用ともに還元率0.5%となっています。
一方でYahoo!JAPANカードの還元率は1%、ファミマTカードの倍ですね。

ということは、「1000円の買い物をする際に、Tカードとして提示して、支払いにクレジットカード機能を利用した」場合に獲得できるポイントは以下のようになります。

ファミマTカードの場合
Tカード提示→5ポイント
クレジットカード決済→5ポイント

1000円の買い物に対して、ファミマTカードなら合計10ポイント貯まります。

Yahoo!JAPANカードの場合
Tカード提示→10ポイント
クレジットカード決済→10ポイント

1000円のお買い物に対して、Yahoo!JAPANカードなら合計20ポイント貯まります。

 

うーーん、1000円というそれほど大きくない金額の買い物ですら、10ポイントもの差がつくとなると・・・。
通常利用の際のポイント還元率に関しては、Yahoo!JAPANカードに軍配が上がると言って間違いないでしょう。

今回話題にしているnanacoチャージのポイント還元率はどちらも0.5%で変わらずですが、総合的に考えるとどうしてもYahoo!JAPANカードの方が良いような気がしてしまいます。

 

ファミマTポイントカードを使うメリットとは?

ポイント還元率において完全にYahoo!JAPANカードに敗北してしまったファミマTカードですが、そのメリットは一体どこにあるのでしょうか?

ファミマTカードは限定キャンペーンを非常に多く展開しています。
たとえば、公式サイトには以下のような内容が掲載されていました。

  • ファミリーマートでの1ヶ月の買い物金額によってポイント還元率がアップする(最大3倍)
  • 25歳以下の若者がファミリーマートで買い物をしてクレジットカードで支払をするとポイント2倍
  • TSUTAYAレンタル登録料無料
  • TSUTAYA新規登録時に使えるレンタル3本無料クーポン

などなど、他にもいくつかポイントがお得に貯まるキャンペーンが並んでいます。
特に私が「使いやすそう」と思ったキャンペーンはこれです。

毎週火曜・土曜にはTポイントカード利用で3倍、クレジットカード利用で2倍、普段よりも多くポイントがもらえます。
ほとんどがファミリーマート限定のキャンペーンですが、うまく使えばYahoo!JAPANカードよりも効率的にポイントを貯めることもできるかもしれませんね!

 

おすすめクレジットカード⑤JMBローソンPontaカードVisa

このカードがおすすめな人は?

  • ローソンをめっちゃ使う人
  • リクルートのウェブサービスをよく利用する人
  • あるいは上の2つが両方当てはまる人

ローソンヘビーユーザーなら持っておいて損はない「JMBローソンPontaカードVisa」をご紹介します。
PontaポイントとJALマイルが同時に貯まるところが、このカードのおすすめポイントです。

 

2種類のポイントが同時に貯まるカード!

日本航空とローソンが提携したクレジットカードなので、このカード一枚で以下のすべての機能が使えます。

  • クレジットカード
  • Pontaカード
  • JALマイレージバンク

クレジットカード利用による通常のポイント還元率は0.5%なので、そこまで高くはありません。

ですが、ローソンやローソンストア100での買い物に関しては、100円につき2ポイントも貯まります。
ローソンでの利用限定ですが、なんと2%という高還元率ですよ!

さらに、毎月のローソンでの利用額200円ごとに、JALマイルが1マイルずつ貯まります。
支払いに対して2種類のポイントが同時に付与されるなんて、お得感満載ですよね。

たとえば、月に10000円ローソンで買い物したとしたら・・・

支払い時
Pontaポイント→200ポイント(1ポイント1円換算)
月末
JALマイル→50マイル(1マイル1円換算)

合わせると、ローソンで10000円払ったのに対し、最終的に250円分戻ってきたことになります。

2.5%も還元してくれるカードなんて、なかなかありませんよね。
ローソン以外でのポイント還元率は結構低いので、「ローソンでの買い物&nanacoチャージ専用カード」として持つのがいいかなと思います。

 

PontaポイントとJALマイルを交換できる!

私はあまり飛行機に乗る機会がないので、JALマイルがせっかく貯まってもあまり使う機会がないと思います。
そんな私のような人のために、PontaポイントとJALマイルはある程度貯まったら相互的に交換できるようになっているんです。

上の画像を見ていただくとわかるように、JALマイルがいらない人はPontaポイントに、Pontaポイントが要らない人はJALマイルに交換できます。
交換時にポイントは少し減ってしまいますが、無駄になってしまうかもしれない分まで有効活用できると思えば、良いサービスなのではないでしょうか。

JALマイル10000マイル以上ならPontaポイントに交換しても減らないので、そこまで貯めてからどーん!っと交換するのもありですね。

JMBローソンPontaカードVisaのページが見つからなかったので、シェルPontaカードのリンクを貼っておきます。
気になる方はPonta系列のクレジットカードについて見てみてください。

※シェルPontaカードの方は、JMBローソンPontaカードと違ってnanacoチャージのポイントは溜まりませんのでお気をつけくださいね。

 

おすすめクレジットカード⑥セディナカードJiyu!da!

このカードがおすすめな人は?

  • イオンで大きな買い物をする機会が多い人
  • 補償やサポートサービスが充実しているカードが欲しい人
  • リスクを覚悟でリボ払いできるカードが欲しい人

6枚目に紹介するのは、「セディナカードJiyu!da!」です。

リボ払いの設定にさえ気をつければ、大手が運営している補償サービスのしっかりしたカードなので、安心して使えると思います。
サービス内容をしっかり理解して、計画的に使える人におすすめしたいカードです。

 

独自のポイントサービス「わくわくポイント」って?

セディナカードJiyu!da!を利用すると、200円につき1ポイントの「わくわくポイント」がもらえます。

これまで紹介してきたのは、TポイントやPontaポイントが貯まって、いろんな場所でポイントが使えるカードばかりでした。
でも、わくわくポイントはセディナカードが独自に運営しているポイント制度なので、「せっかく貯めても使えないのでは」と心配に思う人もいるかもしれません。

安心してください。
むしろnanacoユーザーにとっては嬉しい使い道がちゃんと用意されていますから!

  • 食品・家電などのポイント交換グッズ
  • 商品券
  • ポイント交換
  • 寄付
  • キャッシュバック(口座振込)
  • 抽選参加

このように、バリエーションに富んだ使い道が用意されています。
特にnanacoユーザーにとって嬉しいのは下の2つではないでしょうか。

商品券・・・チャージが入ったnanacoカード(5000わくわくポイントで5000円分)
ポイント交換・・・nanacoポイント(1000わくわくポイントで1000nanacoポイント)

nanacoチャージでコツコツポイントを貯めたら、上の2つのうちどちらかを選べば、貯めたポイントをまたセブンイレブンで使うことができます。

カードが2枚になっちゃうと面倒くさいので、チャージ入りnanacoカードよりポイント交換の方がいいですね。

 

ポイントがお得に貯まるキャンペーン!

セディナカードJiyu!da!を、セブンイレブンあるいはイオン・ダイエーで利用すると、わくわくポイントが3倍貯まります。
イオンで大きな買い物をする時なんかはすごく得した気持ちになれそうですね。

ちなみに、このカードはショッピング保険の内容が充実していて、180日以内に購入した商品の破損・盗難による損害を補償してくれます。
だから、現金払いよりも安心して高額商品を購入することができますよ。

 

セディナカードJiyu!da!のデメリットは?

セディナカードJiyu!da!の一番のデメリットは「リボ払い専用カード」だということです。

リボ払いとは、毎月の支払額を「5000円」など一定にすることで、支払いやすくするサービスですよね。
ただ、返済期間が長くなってしまうため、利子の支払額がかさんでしまう事がよく指摘されています。
個人的には結構リスクの高い支払い方法だと思っています。

ちなみに、セディナカードJiyu!da!を1回払いで利用する方法も1つだけあります。
それは「毎月の支払額までしかクレジット利用しない」ということです。

セディナカードJiyu!da!は5000円以上5000円単位で毎月の支払額を自分で決めることができます。
なので、たとえば15000円に設定したとして、月に15000円までしか使わないようにするんです。

そうすれば、リボ払いの設定になっているとしても1回払いのように使うことができますよね。

リスクを覚悟の上で、それでもセディナカードJiyu!da!を使いたい場合は上の使い方をぜひ参考にしてみてください。

 

おすすめクレジットカード⑦リーダーズカード

このカードがおすすめな人は?

  • 通常の買い物でポイント還元率が高いカードを持ちたい人
  • ネットショッピングをよく利用する人
  • 旅行(海外含む)によく行く人
  • カッコイイ見た目のカードを持ちたい人

JACCSから出ている「リーダーズカード」も、クレジットチャージでnanacoポイントが貯まります。

nanacoチャージのポイント還元率は0.3%と、今回紹介するカードの中で一番低いです。
しかし、nanacoチャージ以外の面でいえば、1.25%もの高い還元率でポイントが貯まるので、普段使いのカードとしては良いと思います。

あとは、黒字にシンプルなデザインなので、カッコイイカードを持ちたい人にもおすすめです(笑)

 

ネットショッピングで1.75%のポイント還元率は結構デカい

リーダーズカードの一番のメリットは、通常ショッピングの還元率が1.25%と、かなり高いところです。

さらに、Amazonや楽天で買い物をするときに、JACCSモールを経由するようにすれば、還元率は1.75%まで高くなります。
Amazonや楽天でお買い物をまとめる人はかなり増えているので、この点もすごく魅力的だと思います!

 

保険サービスが充実しているので安心

国内・海外旅行時の保険サービスや、カード盗難保険などが充実しています。
よく旅行に行く人にとっては安心ですよね。

さらに、インターネットで不正利用されたときのための、損害補償サービスがついています。
ポイントの高還元率と合わせて、ネットショッピングヘビーユーザー向けのカードといえますね。

 

nanacoポイントって通常どのくらい貯まるの?

そもそも、nanacoカードで支払いをすると、どのくらいポイントが貯まるのかおさらいしましょう。
私自身は、毎月150ポイントくらい貯まってます。

 

ほんとに150ポイントも貯まる?

nanacoカードは、100円で1ポイント貯まるようになっています。
つまり私は、月におよそ15000円分をnanacoカードで支払っていることになりますね。

「セブンイレブンだけでそんなに買い物してるの!?」と思う人もいるかもしれません。
でも、nanacoカードでポイントが貯められるのはセブンイレブン以外にもたくさんあるんですよ。

以下、nanacoカードが使えるお店を並べてみました。

  • イトーヨーカドー
  • デニーズ
  • マクドナルド
  • ミスタードーナッツ
  • ビックカメラ
  • ロフト
  • サンドラッグ
  • ラウンドワン
  • コカコーラの自販機

※一部のお店は200円で1ポイントの場合もあります。

これは全てのnanaco加盟店のうちのほんの一部です。
セブンだけじゃなく普段よく利用しているお店でnanacoポイントが貯まるのであれば、15000円分の買い物なんて余裕ですよね。

あくまで私の場合ですが、外食や雑貨の購入などが重なった時は300ポイントくらい貯まる時もあります。

 

もっとお得にnanacoカードを使いたい!

nanacoポイントを使う場合は、1ポイント1円換算になります。
月に15000円使って150ポイントを貯める私は、毎月150円分得しているということですね。

次は、「クレジットカードでnanacoチャージするとどのくらい得するか」見ていきましょう。

 

クレジットでnanacoチャージするのがおすすめな理由

クレジットカードを利用して、お買い物に使う分の金額をnanacoチャージすれば、さらにお得にポイントを貯めることができるんです。
どういう仕組みになっているのか、改めて説明していきますね。

 

nanacoチャージでポイントが貯まるクレジットカードがある!

電子マネーへのチャージでポイントが貯まるクレジットカードって、実は少ないんです。
逆に言うと、nanacoチャージでポイントが貯められるカードを持っていれば、nanacoポイントとクレジットカードのポイントをダブルゲットできるということです。

たとえば、私がnanacoに月15000円チャージするとします。

 

現金でnanacoチャージした場合

現金でチャージしても特にポイントはもらえないので、もらえるのはnanacoで支払いした分の150ポイントです。

それでは、nanacoチャージでポイントが貯まるクレジットカードを使った場合も見てみましょう。
参考にするのは、私の一番おすすめカードリクルートカード」(還元率1.2%)です。

 

リクルートカードでnanacoチャージした場合

リクルートカードを使ってnanacoチャージした場合、15000円のお買い物に対して合計330ポイントもらえます。
つまり、現金チャージした場合にもらえるポイントと比較すると2倍以上お得になるんです!!

どうして私がこの裏ワザをおすすめしたいのか、すでにわかっていただけたと思います。
でも、クレジットカードを利用してのnanacoチャージをおすすめしたい理由はもう1つあるんです。

 

税金の支払いでもポイントを貯められる!

税金をnanacoカードで行うことはできますが、その際nanacoポイントはもらえません。
税金をクレジットカードで払うこともできません。

では、コンビニで税金を払うとき、お得にポイントを貯める方法は全くないんでしょうか?
・・・いいえ、そんなことはありませんよ。

  1. 税金支払い分の金額をnanacoカードにクレジットチャージ
  2. nanacoカードを使って税金を支払う

この2ステップで、税金支払分のポイントをクレジットカードで貯めることができます!

たとえば、私が10000円分の税金を支払うとします。

 

現金チャージしたnanacoで税金を払う場合

現金で10000円分チャージして10000円分支払いをしても、税金はnanacoポイント付与の対象外なので、ポイントは全くもらえません。
それでは、私のおすすめクレジットカード「リクルートカード」(還元率1.2%)でチャージした場合はどうでしょうか?

 

リクルートカードでnanacoチャージした場合

リクルートカードで10000円分チャージすると、120ポイントもらえます。

ということは、1円も得しないはずだった税金の支払いが、リクルートカードのおかげで120円分お得になるんですね!

この方法を知らないnanacoユーザーがいたら、すごくもったいないと思います。
私もネットで調べてこのことに気がついた時は「裏ワザだ!」と思ってテンション上がりました(笑)

この後おすすめのカードもいくつか紹介しますが、やっぱりリクルートカードは還元率が高いので一番お得ですよ。
公式サイトからカードのお申込みができます。

※リクルートIDをお持ちの方は作成がめちゃくちゃ簡単です。

 

nanacoクレジットチャージを使うには事前登録が必要!

クレジットチャージを使ったことがないけど使ってみたい!という人のために、どんな風に使うのかご説明しますね。

 

使い始める前に・・・事前登録

まずは、nanacoカードにチャージ用のクレジットカードを登録します。
手順は以下の5ステップです。

  1. nanaco会員メニューにログイン
  2. nanaco会員メニューから「クレジットチャージ」を選ぶ
  3. 「特約に同意のうえ、登録」を押す
  4. 必要事項を入力して「登録する」を押す(オートチャージは「利用しない」にチェックを入れてください)
  5. クレジット会社の認証画面が出たら、パスワードを入力する

 

実際にクレジットチャージしてみる

事前登録から24時間経つと、nanacoカードにクレジットチャージができるようになります。
チャージの申込みもnanaco会員メニューから行います。
手順は以下の6ステップです。

  1. nanaco会員メニューにログイン
  2. nanaco会員メニューから「クレジットチャージ」を選ぶ
  3. 登録時に決めたチャージパスワードを入力する
  4. 「クレジットチャージ(入金)」を押す
  5. チャージ金額を入力して「次へ」を押す
  6. 内容に間違いなければ「申込」を押す

チャージを申し込んでからセブンイレブン、もしくはセブン銀行ATMで残高確認をすると、チャージ金額を受け取ることができます!
ちょっと面倒に思えますが、買い物前にスマホでチャージして、お会計前に残高確認するだけなので意外とラクですよ!

<クレジットカードを変更したいときは?>
今登録しているカードから別のカードに変更したいときは、nanaco会員メニューから「クレジットチャージ」→「登録クレジットカード変更・更新」を選んでください。
クレジットチャージのパスワードと、新しいクレジットカードの情報を入力すれば変更できます。

 

やっぱりリクルートカードが1番おすすめ!

ここまで、nanacoカードにクレジットチャージしてポイントを貯める方法について、ご紹介してきました。
私が1番におすすめするのは、やっぱりリクルートカードです。

いつかポイント還元率が変更になる可能性はもちろんありますが、後の心配よりも今の高還元率です!

ぜひ、nanacoを愛用しているあなたも、検討してみてくださいね。

※リクルートIDをお持ちの方は作成がめちゃくちゃ簡単です。

 

The following two tabs change content below.
ざわさん

ざわさん

節約ぽけっと編集部の通称「ざわさん」です。格安スマホ担当。映画オタク。去年の春から実家を出て一人暮らししていますが、映画にかけるお金がデカすぎるせいでジリ貧です。好きなお金映画は「マネーショート」

-クレジットカード活用術, ポイントお得術
-, ,

Copyright© 節約ぽけっと , 2019 All Rights Reserved.