節約術

【ミニマリストの節約術】「30着しか服を持たない」生き方に学ぶお金の貯め方とは?

投稿日:2019年4月2日 更新日:


最近よく耳にする「ミニマリスト」という言葉。
モノが溢れている現代で、最小限のモノだけを所有するというミニマリストたち。
一体彼らはどんな生活をしているんでしょうか。
「モノを持たない生活」はとてもかっこよく聞こえますが、不便が多いイメージは捨て切れません。

最近断捨離しようと決め、「この際ミニマリストを目指そう!」と考えたこともあった筆者。
ミニマリストになると節約にもつながりそうだと感じ、メリットが多いと考えたこともありました。

当時は挫折してしまったため、ここで再度ミニマリストについて詳しく調査し今後の生活に活かそうと思います!

 

最近よく聞く「ミニマリスト」って何?


ミニマリストとは、必要最小限のモノだけで暮らしている人のことを言います。
モノが豊かで比較的安価でどんなものも手に入りやすいこの時代に、モノを持たないことを主義としている人たちのことを言うんです。
ミニマリストという言葉は2010年前後から海外で使われ始め、これが日本でも広まっていったとされています。
「最小限」を意味する、「minimal(ミニマル)」から派生した言葉であるとされています。

そんなミニマリストになるためには、まず身の回りにあるものを手放さなければなりません。
そこでミニマリストとセットで広く使われるのが、「断捨離」です。
断離とは2010年の流行語大賞にノミネートされた言葉で、断行や捨行、離行などの言葉から生まれたとされています。
「断」は入ってくる不要なモノを断つこと、「捨」は今ある不要なモノを捨てること、「離」はモノに対する執着から離れることとして使われているんですね。
この断舎離を行うことこそが、ミニマリストへの第一歩となるんですね。

しかし一般的に考えれば、生活に必要なモノってとてもたくさんあります。
言ってしまえば、今あるものの半分以上は必要なモノであると考えているんだと思います。

私も断舎離すると決めたものの、「必要」か「不要」かで分別した際半分以上が「必要」として手元に残りました。
結果モノは半数減りはしましたが、ミニマリストにはほど遠くまだまだモノに溢れかえった生活をしているんです。
これを考えると、ミニマリストの暮らしって大変そうだし自分でしっかりモチベーションを維持していかないと続けられないのではというイメージすら浮かんできます。

ですが、ミニマリストは大変な思いをしたり辛い思いをしながら生活をしているわけではありません。
モノを持たない暮らしをしているからこそ、余計なモノを持たないシンプルでゆとりのある生き方ができているんです。

 

ミニマリストになるメリット

インターネット経由でのショッピングも一般的となり、欲しいモノが簡単に手に入りやすい現代。
そんな時代だからこそ、必要以上のモノを所有している人が多いんですよね。
もちろん、モノをたくさん持っていることは決して悪いことではありません。

ですがミニマリストになることにも、メリットはたくさんあるんですよ。
例えば、部屋の掃除がとても簡単になるということ。
モノが多ければ、掃除の際はそれだけモノを移動したりしなければなりませんよね。
家電や家具の数が多ければ、掃除する場所がその分増えるのです。

しかしミニマリストならば、そもそもモノが少ないので掃除がとっても簡単です。
その上、家の中でなくしものをすることはほとんどありません。
モノがそもそも少ないので、モノをなくしてしまうようなスペースがないんです。

シンプルな生活だからこそ得られるメリットが、ミニマリストには多くあるんですね。

 

ミニマリストの生き方はお金がかからない!?

ミニマリストは、必要最低限のモノしか所有しません。
そのため、モノを買わない分お金がかからないのではないだろうか!?と私はふと考えました。

私はシングルマザーで二人の息子を育てている立場上、お金がかからない生活ほど魅力を感じるものはありません。
ミニマリストになれれば、家にモノが増えないようにするためショッピングを極力控えることでしょう。
そうなれば、お金を使う機会もグンと減ることになります。
そもそも家電製品も少ないため、電気代も最低限しかかかりませんよね。

本当に必要なモノ、ないと困るモノだけを持つ生活だからこそ、お金も本当に必要なモノにしか使わなくなると言えるんです。
こう考えると、ミニマリストの生き方は節約の極みと言えるのではないでしょうか!?

 

ミニマリストの考え方から節約に役立つTipsを6つ紹介!

ミニマリストの大きな魅力とも言える、お金を極力使わない生活。
そんなミニマリストの考え方から、ミニマリストではない私たちの生活にも役立てられるアイディアはないものかと考えました。

私は、努力はしたもののミニマリストになることを諦めた立場です。
しかし、ミニマリストのように無駄使いを極力減らしたいと常々思っています。
そこで、ミニマリストを参考にした節約に役立つTipsを下記6つご紹介します!

  • 物を持たないために、大事に長く使う
  • 一石で二鳥も三鳥も得る
  • 安いけど質の良くないものを買わない
  • 暮らしやすさへの投資は惜しまない
  • モノに執着しない
  • モノがなければモノをなくさない

 

Tips1:物を持たないために、大事に長く使う

モノを新しく買わないためには、今あるモノを大事にして長く使うことがポイントとなります。
モノを買う時は、そのほとんどが「今あるモノが使えなくなって必要だから」という理由か「新しいモノが欲しいから」という理由です。
この場合、節約という意識を強く持っている人ならば「新しいモノが欲しい」だけならばグッと我慢することでしょう。
しかしどうしても必要なモノが壊れてしまった場合、どんなに節約したくても新しく購入する必要が出てきてしまいますよね。

これを避けるためには、今あるものを大切に使っていくしかありません。
例えば悪くなったから捨てる、壊れてしまったから捨てるということではなく、手入れや修理をすることで極力長く使うことを意識するんです。
こうすれば、かなりお金を節約できることは間違いないでしょう。

このTipsは、私自身今とても大切にしていることでもあります。
独身時代、私はモノを大切にするという概念がありませんでした。
「ダメになったら買いかえれば良い」という考えで生きていたので、ミニマリストとはほど遠い生活をしていたんです。

そんな中今でも後悔しているのが、当時所有していた車です。
その車は親から譲り受けたもので、思い出がたくさん詰まっている上に愛着たっぷりの大好きな存在でした。
しかし年式もかなり古くなっていたことと充分なメンテナンスをしてなかったことで、愛車はついに重大な故障を起こしてしまったんです。

当時は「直す」という意識が薄かったことと定期的なメンテナンスの必要性を理解していなかったので、そのまま愛車は廃車となってしまいました。
そこでお金をかけて新たな車に乗り換えたわけですが、今でも当時の愛車が恋しくてたまりません。
定期的にメンテナンスをしていれば、もっと長く乗れていたことでしょう。
新しい車を買うお金も節約できたはずです。

そんな後悔を胸に、今ではあらゆるモノをしっかり手入れするように心がけています。
ズボラな私でも実践できるくらいなので、このTipsはすぐにでも始められる節約術なのではないでしょうか!?

 

Tips2:一石で二鳥も三鳥も得る

一石二鳥とは、1つで2つの利益を得ることを言います。
ミニマリストになるためには、モノを上手に使い回す必要が出てきます。
必要最低限のモノしか持たないわけですから、一石二鳥になる便利アイテムはぜひ生活に取り入れたいモノとなるんです。

ミニマリストの場合には、1つあればさまざまな使い回しが可能なモノが重宝されます。
これを節約に応用するのならば、1つのモノの用途をさまざま考えてモノを増やさないことではないでしょうか。

例えば、クッションを例に挙げてみましょう。
クッションは背もたれ部分に挟んだり膝の上に置いたりと、様々な使い方が可能です。
さらに、クッションは枕にもなり得ます。
こうして使い回せば、クッション1つで2役も3役も補えることになるんです。

また電気ケトルやポットを使用している人も多くいますが、これはやかん1つあれば特に必要がない存在と言えます。
夏に使う扇風機だって、冬には暖房器具と合わせて使えばファンの役割を果たしてくれますよね。
鍋なんかは、大きなモノが1つか2つあれば基本的には問題ないことが多いでしょう。

このように、今あるモノをいかにさまざまな使い方をするのかが大切です。
これを考えていけば、不用意にモノを増やす必要がなくなり節約になるんです。
そして新しくモノを購入するのならば、複数の使い方ができる利便性の高いアイテムを選びましょう。
そうすれば、さらなる出費を防ぐことが可能となるんですね。

 

Tips3:安いけど質の良くないものを買わない

「節約=安い買い物をすること」であると認識している人がいます。
もちろん安い買い物ができれば出費を抑えることができ、節約することができますよね。
例えば食品や日用品などの消耗品は、安く購入できればありがたいものです。

しかし長く使うモノに関しては、安さよりも質で良し悪しを判断すると効果的なんですよ。
長く使うモノを安く購入できればお得感が大きいですが、それがすぐ壊れてしまってはまた買い直さなければなりません。
100円で購入できたアイテムであっても、すぐに壊れてしまうからといって10回買い替えたらトータルで1,000円出費していることになります。

それなら、最初から1,000円で壊れにくいものを買った方がお得じゃありませんか?
しかも100円のものを「安いから」と壊れたら買うを繰り返していたら、使えば使うほど出費がかさむことになるんです。
その上、買いに行ったついでに無駄な買い物をしてしまうリスクも出てきます。

だからこそ、長く使うアイテムに関しては価格よりも質が良いモノを選ぶと良いんです。
質が良ければ長く使えるので、長期的に見ると大きな節約につながるんですね。

私にとっては、なかなかこれは難しい課題です。
どうしても「安いモノ」に目が入ってしまうので、見る目を養う必要がありそうですね。

 

Tips4:暮らしやすさへの投資は惜しまない

ミニマリストは、決して我慢ばかりの窮屈な生活をしているわけではありません。
それどころか持っているアイテム1つ1つは良いモノが多く、生活にゆとりすら感じます。

それは、暮らしやすさへの投資を惜しまないからです。
いくら節約のためだからといっても、便利ではないアイテムはおすすめできません。

例えば、私の親戚はお米の軽量カップを持っていません。
「目分量でだいたい分かるから!」「わざわざ買うのかもったいない!」と言っています。

それ故お米の量に対する水の量の見極めに時間がかかる上に、炊きあがりのご飯の硬さは毎回違います。
軽量カップがあれば、お米を焚くまでの時間が短縮できて毎回美味しいご飯が食べられるのに。
これでは、毎日ストレスが溜まってしまうのも無理はありませんよね。

節約は、我慢だけで続くものではありません。
暮らしやすさを追及しつつ節約することが、本来は理想の形ですよね。

だからこそ、例えば使い捨てのラップを買い続けるよりも少しコストがかかるシリコン製の蓋を1つ買ってみるなどの利便性を求めることも大事なんです。
シリコン製の蓋ならば、ラップよりも手間がかからず料理も冷めにくいという特徴があります。
ちょっと高くても暮らしやすくなるアイテムを取り入れた方が、ストレスにもならずゆとりのある生活ができるんです。
我慢ばかりの節約生活は、長く続きません。

節約を楽しめる余裕を作るためには、このように暮らしやすさを追及することも1つのポイントになるんですね。
暮らしやすさと贅沢の境界線を見極めるのが難しそうなので、このTipsについても私はまだまだ鍛錬が必要そうです。

 

Tips5:モノに執着しない

ミニマリストは、モノへの執着がありません。
モノは単なるモノであり、思い出の代替え品とはならないことを知っているんです。

例えば「使わないけどとっておきたい」という感情は、単なるモノへの執着です。
「絶対欲しい」と思うのも、明確な用途や理由が説明できなければ単なる物欲でしかありません。
これらを捨てることで、モノへの執着を大幅に減らすことができるんですよ。

例えば昔の恋人からもらったアイテム、昔好きだった服など、今は使わないけれど昔を思い出すためのアイテムはすぐにでも手離してしまいましょう。
これらを持っておきたいのは、思い出を残したいからという思いと共にモノヘの執着があるからです。
思い出を残したいのならば、思い出の品を写真に撮って保存しておくなどすれば場所も取りませんよね。

さらに物欲を「モノへの執着」であるとして認識して我慢することができれば無駄遣いも減ります。
すると必然的に家のスペースが空くようになり、モノに執着していた理由からも解放されてとってもスッキリするんですよ!

しかしこれは、なかなか難易度の高いTipsです。
私は今でも昔の楽譜を大量に持っていて、使わないと分かっているのに収納の4分の1は楽譜で埋まっている状態です。
執着を捨てたい!とは思いつつ、思い出と切り離すことができずにそのままになっているわけですね。

モノへの執着を捨てるというのは、簡単にできるものではありません。
そこで、できるところから少しずつ捨て、物欲に負けないように工夫していこうと思っています。

 

Tips6:モノがなければモノをなくさない

家の中には絶対あるのに、モノをなくしてしまったという経験はありませんか?
絶対どこかにあるのに、どうしても見つからない必要なモノ。
なくしてしまったら、また買わなければなりませんよね。

昔は私もよくありました。
例えば、印鑑なんかが良い例です。
小さな印鑑は、ちょっとした隙間にコロコロに入り込んでしまいすぐに行方不明になってしまいます。
重要な印鑑ならばしっかり保管しますが、シャチハタなんかは特にすぐなくしてしまうアイテムでした。
そのため、なくす度に買いに行く手間が発生し、購入のための費用もかさんでくるんですよね。

しかし最小限のモノしか家になければ、そもそもなくすチャンスがあまりありません。
だからこそ無駄なコストを抑えて節約することができるんです。

洋服でも同様で、多すぎると自分が何を持っているのか分からなくなってしまいますよね。
必要な服を見つけることができずに仕方なく購入したところ、購入後に見つかることも少なくありません。
こうして同じような服が2着になってしまい、無駄な出費もかさんでしまうんです。
そもそもモノをなくさず、どこに何があるのかしっかり把握できていれば、無駄な出費を減らすことができるんですね。

 

「30着しか服を持たない」なんて本当にできる?

ミニマリストは、家具や家電だけでなく洋服も必要最低限しか持っていません。
しかし、特に女性は少ない洋服で毎日やりくりするのはとても大変なことですよね。

私はそこまでおしゃれというわけではありませんが、それでも洋服には気を遣う方です。
ここでは必要最低限しか所有しないというミニマリストの精神は、洋服にも応用できるのか考えてみましょう。

 

ミニマリストは30着しか服を持たないらしい

ミニマリストが持っている洋服は、平均30着程度とされています。
もちろん、すべての洋服を数に入れての30着です。
これだけ洋服の数が少なければ、洋服のための収納も少なくて済みますよね。
毎日着る洋服を迷う必要もないと言われてはいるものの、実際30着で本当に事足りるのでしょうか。

 

今、自分が持っている服を数えてみた

まず、今私がもっている洋服をざっくり数えてみることにしました。
我が家には洋服専用収納の他、クローゼットつきの収納が2つ設置されています。
クローゼットを1つ開けてみると、そこにはすでに30着を超える数の洋服が収納されていました。
決して洋服が多いわけではありませんが、それでも全収納を合わせると単純計算でも60着はあることになります。

ミニマリストとは程遠い生活をしていることを、身に染みて実感しました。
よく見てみると、私の場合はスカートだけで20着は軽く超えていました。
これらを30着以内にまとめるというのは、並大抵のことではありません。
ミニマリストのすごさを、身を持って痛感した瞬間でもありました。

しかし、よく見ると同じようなデザインや色合いの洋服も多くあることに気付きました。
これらを精査し着回しが効く必要なモノだけを残せば、もしかしたら30着以内に納めることができるかもしれません。
30着は無理でも、今ある洋服を半分くらいまで減らすことはできそうだと感じ始めました。

数が減ればすべての洋服を把握して覚えておくことができるので、余計な買い物も増えませんよね。
そう考えたら、なんだか着回しを考えるのが楽しく思えてきました。
この勢いで洋服を減らしていこうと考えています!
そして、これが節約につながったらご褒美に好きなブランドの洋服を1着買おうと決めました!

 

今一番有名なミニマリストは「こんまり」さん

ミニマリストの中でも今一番有名なのは、「こんまり」さんではないでしょうか。
本を執筆するなど幅広く活躍する彼女についても、節約の参考に調べてみました!

海外でも話題!「こんまり」ってどんな人?

こんまりこと近藤麻理恵さんは、最近アメリカなどで一躍有名となったミニマリストです。
2015年のタイム誌では「世界でもっとも影響力のある100人」にも選ばれたことのある実力者なんですよ。
ミニマリスト界隈だけに留まらず、世界的に活躍されている日本人女性なんですね。

現在では動画配信サービスで放送されている「片づけドキュメンタリー」が話題になっていることもあり、彼女の名前は広く知られています。
「人生がときめく片づけの魔法」などの本も執筆され、ミニマリストの魅力を広めることにも尽力されています。
こんまりさんの得意分野は「片づけ」ですが、これを続けることは節約することにもつながります。
ミニマリストを目指さなくとも、こんまりさんの考え方を参考にすることには大きなメリットがあるんですね。

 

「ときめきの魔法」を節約にも活用!

片づけって誰がやっても同じと思われがちですが、こんまりさんには特殊な片づけメソッドがあります。
それが、「ときめき」を基準として考えているということ。
普段片づけを行う時に、ときめきなんて感じない人がほとんどではないでしょうか。

しかしこんまりさんの場合は、「ときめくものしか持たない」「ときめかないものは捨てる」という基準で片づけが進行していきます。
この「ときめき」を利用することこそ、部屋を片づける最大のポイントであるとされているんですね。
これをショッピングなどに活かすことができれば、衝動買いしてしまいそうな時にも効果的なのではないでしょうか。
衝動買いって、後から考えると必要のないものばかりですよね。
これこそ、無駄使いの代表です。

そこで衝動買いをしそうな時には、「本当にときめいているのかどうか」を吟味することで自分にとってそれが本当に必要かどうかを判断しやすくなるんです。
これを普段の日用品などの買い物でも応用できれば、不必要なモノを増やさずに上手に家計をやりくりできるようになるでしょう。

すると、必然的に節約できるようになるんです。
片づけ術を活用することは、節約の面でもメリットがとても大きいんですね。

 

【まとめ】ミニマリストになればお金は貯まりそう!

今回ミニマリストのことを詳しく調べて思ったことは、ミニマリストになればかなり貯金できそう!でした。
ミニマリストは、無駄遣いをほとんどしません。
そもそも必要最低限のモノしかなく、これを増やしてしまえばミニマリストではなくなってしまいます。
そのため、本当に必要なモノとなくても困らないモノの分類が非常に上手なのではないでしょうか。

だからこそ無駄遣いをすることもなく、お金が貯まるんです。
まだまだモノへの執着が抜けない私ですが、ミニマリストの魅力を知れば知る度にミニマリストになりたいと強く思います。
そしてこんまりさんの片づけメソッドも参考にしつつ、シンプルな生活でお金を貯めていこいうと決めました!
明日から突然ミニマリストになるのは難しいですが、1つずつできるところから始めて節約につなげていけるといいなと思っています!

 

The following two tabs change content below.
rarabel

rarabel

息子2人と犬とウサギと仲良く暮らしている30代シングルマザーです。「楽して節約したい!」をポリシーに、節約についていろいろ調べて記事を書いてます。

-節約術
-, ,

Copyright© 節約ぽけっと , 2019 All Rights Reserved.