キャッシュレス

メルペイのポイントのお得な使い道は?有効期限やキャンペーン情報も解説

投稿日:2019年9月24日 更新日:

はじめに

「メルペイ」はメルカリアプリで使えるスマホ決済サービスです。

70%還元という利益度返しのキャンペーンでも話題になりましたよね。

メルペイはメルカリの売上金をお買い物で使えて、iD決済・QRコード決済でコンビニなどでも気軽に使えるのが魅力。

そんなメルペイですが、ポイントの使い道がイマイチ分からない人も多いようです。

そこで今回はメルペイのポイントのお得な使い道や、ポイント還元キャンペーンの詳細などをまとめました。

ぜひ参考にしてくださいね。

メルペイのポイントとは?

出典:メルペイ

まずは「メルペイのポイントとは一体何なのか?」を解説していきます。

メルペイのポイントとは

1P=1円として、お買い物やメルペイでの支払いに使えるもの。

  • メルカリの商品購入
  • メルペイでのiD決済、コード支払い
  • メルペイあと払い

以上で利用することができますよ。

現在何ポイント持っているのか確認してみましょう。

確認するにはメルカリアプリを開き、下のメルペイメニューをタップしてみてください。

メルペイの画面右上に出ているのがポイントです。

 

メルペイのポイントを貯めるには?

メルペイのポイントの貯め方については3種類の方法があり、

  • メルカリの売上金でポイントを購入する
  • キャンペーンの還元ポイントとして受け取る
  • メルカリからのプレゼント

以上の方法でポイントを貯めることができます。

例えば、キャンペーンを利用した場合、画像の様にポイントが貯まっていく仕組みです。

(画像はセブンイレブンでの100Pプレゼントキャンペーンです)

キャンペーンでポイント還元しよう

メルペイを最大限利用するなら、ぜひキャンペーンを活用しましょう。

還元分のポイントは、普通の買い物にも使えますし、メルペイあと払いでも使えます。

参考までに、以下はこれまでメルペイ行ってきたキャンペーンのタイトルです。

  • 増税前にまとめ買い!半額ポイント還元!キャンペーン
  • セブン-イレブン限定 5週連続100ポイント還元キャンペーン開催
  • 10/3まで期間延長決定!【9/5〜10/3】すすメルペイ特別企画 「KASHIMAチャレンジ」がスタート!
  • 【8/30〜9/16】#みんなにすすメルペイ Twitterキャンペーン開催!

キャンペーンはメルペイの「お知らせ」から見れます。

現在開催中のキャンペーン情報【9/18〜9/30】

出典:メルペイ

現在メルペイでは、『はじめての方限定!増税前にまとめ買い!半額ポイント還元キャンペーン』と題して、9/18 (水) 〜9/30 (月) の間、期間限定キャンペーンを開催しています。

内容は、キャンペーン期間中の「メルペイ残高払い」(ポイント充当分含む)もしくは「メルペイあと払い」での支払いが、50%相当のポイントで還元されるというもの。

以下対象となるユーザーが決まっています。

  • キャンペーン期間中にはじめて「本人確認」を完了したユーザー
  • キャンペーン期間以前に「本人確認」を完了しているユーザーで、キャンペーン期間中にはじめて「お店でのあと払い設定」を完了した人

10/3まで延長!「すすメルペイキャンペーン」【8/30〜10/3】

出典:メルペイ

8/30〜10/3の間、メルペイの友達招待キャンペーン『すすメルペイキャンペーン』も開催中です。

友達を招待すると、招待した人・招待された人それぞれにP1,000ずつプレゼントという、初心者向けのキャンペーン。

書類不備で再提出となった場合、期間内に「本人確認」の申し込みが完了していない場合は、ポイント付与の対象となりません。

余裕をもって申し込みましょう。

2019年10月1日からの増税までに、メルペイを使ってお得にお買い物を楽しんでくださいね。

メルペイのポイントの使い道

ここからは貯まったメルペイのポイントの使い方について紹介していきます。

使い方を一覧にすると、

  1. 電子マネーiDが使える実店舗で買い物をする
  2. メルカリコード払いで買い物をする
  3. ネットショップで使う
  4. メルカリ内の支払いで使う
  5. suicaのチャージに使う(iOSのみ)
  6. メルペイ後払いで使う(キャンペーンで付与されたものに限る)

色々な使い道ができますよね。

それではそれぞれについて順に説明していきます。

1.電子マネーiDが使える実店舗で使う

出典:メルペイ

メルペイは、電子マネーiDを使える実店舗に対応しています。

iD決済(ドコモが運営している非接触サービス)対応店舗数が多いのでどこでも使えて便利ですよ。

出典:iD決済

上記の画像にある黄色いマークがある店舗があるお店で利用することができます。

会計時に店員さんに「アイディーでお願いします」と伝え、レジの読み取り機器にスマホをかざすだけで決済が可能なのでスピーディです。

ジャンル店名
コンビニセブンイレブン、ローソン、ファミリーマート、デイリーヤマザキ、ミニストップなど
モール・百貨店イトーヨーカドー、イオン、ビブレなど
レストランガスト、バーミヤン、ジョナサン、ステーキのどんなど
ファーストフードマクドナルド、松屋、すき屋、吉野家、ミスタードーナッツなど
カフェエクシオールカフェ、カフェ&バー プロント、コメダ喫茶、タリーズ、ドトールコーヒーショップ
ドラックストアウェルシア、マツモトキヨシ、薬王堂、スギ薬局、新生堂、サンドラック

表に使える実店舗をピックアップしましたが、まだまだたくさんの利用店舗があります。

ただし一部店舗利用不可の店舗もあるので、事前にチェックしておくと良いでしょう。

id決済の対応店舗はこちらです!

iD決済をするならスマホ側の設定を

iD決済を利用するには、

  • Androidでは、おさいふケータイの設定
  • iPhoneでは、Apple Payの設定

以上の設定が先に必要になってきます。

会計時に慌てないよう設定は済ませておきましょう。

ただしiDに対応していない機種もあるので、その場合は利用ができません。

他のiD決済を利用している場合は優先設定が必要

メルペイ以外にもiDを展開しているサービスがあるため、メルペイ以外のiD決済が優先されて、メルペイのiD決済ができないという場合があります。

そんな時はメルペイ上で優先設定をすれば、メルペイの決済が優先され、メルペイで決済することができます。

設定の方法ですが、トップページにある「メルペイ設定」→「電子マネー(iD)」で優先設定をすることができます。

2.メルカリコード払いで買い物をする

出典:メルペイ

メルペイコード払いは、スマホのバーコードを店員さんに読み取ってもらう方法です。

コード払いが利用できる店舗については、

メルペイの公式twitterメルペイのコーポレートサイトのNEWS欄で随時更新されています。

以前は対応してない店舗は目立ちましたか、徐々に使える店舗が増えてきましたね。

iD決済に対応していないけど、メルペイには対応しているなどの状況で活用してみてください。

店舗にメルペイのマークがあれば、そのお店で利用可能なので探してみてください。

コード払いは支払い方法を設定しておくと便利

コード払いの支払い方法として

  • メルペイ残高
  • メルペイあと払い

の2種類があります。利便性に合わせて選んでおくのがおすすめです。

「メルペイあと払い」ができるように設定すると、自動的に支払い方法がメルペイあと払いに設定されます。

お買い物を「メルペイ残高」で支払いたいのなら、メルペイ残高に設定してから決済しましょう

3.メルカリ内のお買い物で使う

ポイントはもちろんメルカリのお買い物でも使えます。

メルカリで購入したら、支払い方法の選択が出てくるので、「ポイントで払う」にチェックを入れてください。

ポイントには期限があるので、使えるときに使っておきましょう。

4.suicaのチャージに使う(iOSのみ)

iOSユーザーのみ使えるのが、suicaのチャージです。

Apple payを通してsuicaにチャージができます。

suicaでお買い物できる店はもちろん、電車やバスで使えるようにもなるので便利ですよね。

5.メルペイあと払いで使う

「メルペイあと払い」は、お買い物した金額を翌月に支払うことができる機能です。

あと払い機能を使えば、キャンペーンで付与されたポイントに限り使うことができます。

ただし売上金で購入したポイントは、メルペイあと払いには使えません。

ちなみにメルペイあと払いは、手数料なしでコンビニのATMからも支払いが可能です。

メルペイポイントの注意点

ここからはメルペイのポイントを使う時の注意点を紹介します。

特に有効期限については覚えておいてくださいね。

有効期限を過ぎるとポイントは失効する  

メルペイで受け取ったポイントには、有効期限があるので注意が必要です。

売上金から購入したポイントと、キャンペーンで受け取ったポイントの有効期限はそれぞれ違います。

  • 売上金から購入したポイント:獲得日から365日間
  • キャンペーンで受け取ったポイント:獲得日から180日間

以上のようになっています。

残念ながら、有効期限を過ぎてしまうとポイントが失効して使えません。

なお、メルペイ残高のチャージ金額については有効期限はありません。

決済時の還元ポイントは今のところ付与されない

PayPay、楽天pay、LINEpayなどのスマホ決済には、決済時にポイント還元が付与されるサービスがありますが、メルペイでは今のところ決済時のポイント付与がありません。

現在のところポイント還元は、キャンペーンで得られるポイントに限るようです。

メルペイではクレジットカードは使えない

他のスマホ決済ではクレジットカードと紐づけることで、ポイントの2重取りを狙えるのですが、メルペイでは残念ながらクレジットカードを利用することができません。

スマホ決済でクレジットカードを使いたいなら、PayPay、楽天pay、LINEpayなどの他のスマホ決済サービスを使うのが良いでしょう。

メルペイのポイントとメルペイ残高の違い

「メルペイのポイントとメルペイ残高ってどう違うの?」と疑問に感じる人も多いようです。

ここからは両者の違いについて解説していきますね。

ポイントをまとめると

  1. メルペイ残高は、わざわざポイントに変えなくても買い物に使える
  2. メルカリの売上金を使って取引をするなら、銀行口座の登録などは必要がない

ということです。

メルペイの残高とは、

  • 銀行口座からのチャージ+メルカリでの売上金

の合計金額を言います。

銀行口座を登録すると「メルペイ残高」という項目が表示されるようになり、メルカリの売上金は自動的にメルペイ残高に入金されるようになります。

一方ポイントはメルペイ残高とは全く別ものと考えてOKです。

銀行口座を登録する前と後で、ポイントの扱い方は変わってくるため、複雑に感じるかもしれませんね。

銀行口座を登録する前→メルペイを使い、メルカリの売上金を支払うためのもの

銀行口座を登録した後→ポイント還元キャンペーンで貰ったりプレゼントされたりするもの

メルカリの売上金を出金せずにポイントを購入するには

売上金でポイントを購入するには、商品購入時に『売上金を使用』を選ぶか、『メルペイ>ポイント購入』から手続きできます。

注意点として銀行口座の登録が済んだ場合はポイントを購入することはできず、それ以降はメルペイ残高での取引になります。

事前に購入したポイントは売上金へ戻すこともできません。

ポイントとメルペイ残高はどちらが優先されるか?

お買い物をするとき、ポイントかメルペイ残高のどちらかで払うかについては選択できません。

ただし、ポイントがある場合は優先して使用される仕組みとなります。

ポイントには有効期限があるので、先に使われた方が管理しやすくて良いですね。

銀行口座からメルペイに入金(チャージ)する方法

メルカリの売上金だけではなく、銀行口座からメルペイにチャージすることで、お買い物に役立てることができます。

一度、銀行口座と紐づけてしまえば、いつでも引き出せるので便利になりますね。

銀行口座でのチャージはポイントではなく、メルペイ残高で計上されます。

銀行からのチャージ金額については、1回につき1,000円~200,000円までチャージが可能です。

3,000円、5,000円、10,000円と選択できるようになっていますが、「金額を自由に入力する」をタップすれば1,000円単位で好きな金額を指定できます。

チャージの手数料は無料です。

ちなみにポイントを現金に変換することはできません。

メルペイ残高は銀行口座へ出金できる

メルペイ残高については、銀行口座へ出金することができます。

ただし出金には手数料が200円かかってしまいます。

ちなみにポイントは現在のところ銀行口座に出金はできません。

メルペイを持つメリット4つ

それではメルペイを使うメリットについても軽く紹介していきます。

大きなメリットは以下の通りです。

  1. メルカリの売上金がそのまま使える
  2. お得なキャンペーンとクーポンが盛りだくさん
  3. あと払いが利用できる
  4. 支払いがスムーズでストレスフリー

それではそれぞれのメリットを順に説明していきます。

1.メルカリの売上金がそのまま買い物で使える

メルカリの売上金を使って、すぐにお買い物ができるのが一番の特徴ですよね。

メルカリの売上金を出金するには、数日かかってしまう上に手数料も200円かかってしまうので、メルペイでのお買い物なら、すぐに利用できるので便利です!

2.お得なキャンペーンとクーポンが盛りだくさん

メルペイでは、70%還元というキャンペーンなど、お得なキャンペーンが定期的に行われています。

さらに画像のようなお店で使えるクーポンも配信されています。

セブンカフェ11円と濃厚ミルクワッフルコーン20円は嬉しいですね!

3.あと払いで利用できる

メルペイでは、メルペイあと払いを設定すると、月の支払いを来月末に繰り越すことができます。

後払いとなると支払いすぎが怖いところですが、利用制限を設定可能です。

後払いですが、メルペイ残高だけでなく、銀行のATMからも支払うことができます。

4.支払いがスムーズでストレスフリー

メルペイのiD決済やコード支払いは、現金に比べてスムーズな支払いが実現できます。

カバンから財布を取り出す手間が省けるので、時短にもなってストレスフリー。

時間の無駄を省きたいという人にぴったりです。

おわりに

ということで今回は、メルペイのポイントについて解説しました。

ポイントバックやポイントプレゼントなどが人気のメルペイ。

70%還元という高還元のキャンペーンもやっていたので、定期的にキャンペーンをチェックしてポイント還元を狙いにいきましょう!

-キャッシュレス
-, ,

Copyright© 節約ぽけっと , 2019 All Rights Reserved.