日用品代

投稿日:

家電が安くなる時期はいつ?家電別の買い時まとめ!さらに安くなる方法も紹介

わたる
ライター/ファイナンシャルプランナー

わたる

家電は時期によって価格が変わり、種類によって安くなるタイミングがあるのを知っていますか?

家電は決して安いものではありません。できるだけおトクに家電を買うには、もっとも安くなる時期を知っておきましょう。

そこで本記事では、家電別に安くなる時期や買い方を紹介していきます。

浮いたお金で、もう一つ家電を買えるかもしれませんよ♪

【家電別】安くなる時期まとめ

家電には、安くなる時期が2つあります。

  • モデルチェンジの時期
  • 大型セールの時期

それぞれ説明していきますね。

モデルチェンジの時期

新商品が発売になる「モデルチェンジ」のタイミングは、年に何度かあります。

この時期の特徴は、旧型の家電を最安で購入できること。
メーカーは在庫を抱えたくないため、大幅に値下げをして売り切ろうとします。

安く買えるなら、旧型モデルや型落ちでも気にしない人に、おすすめのタイミングです。

参考までに、家電ごとのモデルチェンジの時期を表にまとめました。

家電の種類モデルチェンジの時期
洗濯機(縦型)6月
洗濯機(ドラム式)11月~12月
掃除機メーカーによって異なる
冷蔵庫9月~11月
電子レンジ7~8月、11月~12月
エアコン10月
パソコン1月、5~6月、10月
ブルーレイレコーダー10月
デジタルカメラ12月〜3月
空気清浄機9月~10月
炊飯器6月~8月

それぞれ詳しく解説していきます!

洗濯機

洗濯機は、縦型かドラム型かによって、新商品の発売時期が異なります。

縦型は夏前、ドラム型は秋が新製品の発売時期です。

そのため前年度のモデルが底値になるのは、

  • 縦型:5月半ば〜6月
  • ドラム型:11月

と言われています。

ただし、縦型洗濯機でも「節電」や「節水」などの機能がないものは、この時期からずれる可能性があります。

たとえば、「一人暮らし用洗濯機」などの容量が小さいシンプルなタイプは、新生活がスタートする3月ごろに値下がりしている可能性が高いでしょう。

掃除機

掃除機に関しては、メーカーごとに新製品の販売時期が異なります。

主要メーカーごとのモデルチェンジの時期は、以下の通りです。

  • ダイソン:3月~5月
  • パナソニック:9月~11月
  • 日立:決まった時期がない

注意したいのは日立で、Webサイトの製品情報を見るなど、発売時期を日々チェックしておきましょう。

いずれのメーカーも、新製品発売のおよそ1カ月前から、欲しい商品に目星をつけるのがおすすめです。

冷蔵庫 

冷蔵庫の新製品は、例年9〜11月にかけて発売されます。最上位モデルが先で、順に下位モデルが売られていきます。

前年度モデルが底値になるのは、11月です。
ボーナスの時期に近いですが、12月まで待ってしまうと、お買い得商品は売り切れてしまう可能性があります。

冷蔵庫を安く買う詳細について知りたい方は、以下の記事を参考にしてみてください。

冷蔵庫を安く買う方法とは?買い替え時や、安く買えるタイミングを分かりやすく解説!

冷蔵庫やテレビ、洗濯機など、家の中に大型家電って色々とありますよね。 その中でも冷蔵庫は金額も高く、頻繁に買い替えしない ...

電子レンジ

電子レンジに関しては7〜8月、11月〜12月に新商品が発売されるので、これらの時期をチェックしてみてください。

ボーナスで安いものを狙うのもありでしょう。

エアコン

エアコンの新製品の販売時期は「秋~冬」です。

毎年10月頃から最上位モデル、下位モデルにいたっては4月頃に売り出されます。

したがって、最上位モデルなら9月〜10月、中級モデルなら1〜3月、下位モデルなら4月辺りがエアコンの底値になるようです。

パソコン

パソコンは春モデル(1月)、夏モデル(5~6月)、秋冬モデル(10月)と、年内に3回のモデルチェンジがあります。

パソコンは、ほとんど仕様が変わらないマイナーチェンジか、性能やデザインが大きく変わるフルモデルチェンジかによって、安くなる時期が異なります。

  • フルモデルチェンジ:新製品発売より1カ月後
  • マイナーチェンジ:発売1カ月前ごろ

を狙うとよいでしょう。

ただし、国内・海外メーカーによっても少しずつ発売時期は異なるので、お気に入りメーカーがあるなら、事前に発売サイクルを確認しておくのがおすすめです。

ブルーレイレコーダー

ブルーレイレコーダーは、だいたい10月にモデルチェンジされます。

この時期に旧型モデルを安く買うか、発売から2〜3カ月待てば、通常価格よりも安く新型モデルを買えることがあります。

ちなみに、オリンピックやワールドカップといったイベントの前も、大幅値下げされるケースが多いです。

デジタルカメラ

デジタルカメラのモデルチェンジは、12月から3月。

ただしモデルチェンジのサイクルは、機種によって少しずつ異なります。

  • 値段が安いコンパクトデジカメや、初級クラスの一眼レフ:一年間隔
  • 高級機種:一年以上

ですので、自分の欲しい機種がいつ新商品を発売するのか、公式サイトなどでチェックしておくのが大切です。

また、ゴールデンウィーク前などの行楽シーズン前にもセールがあり、安く購入できるチャンスがあります。

空気清浄機

空気清浄機の新製品発売は9~10月です。年内には各社の新モデルが出揃うでしょう。

夏の終わりから秋口にかけてが、前年度モデルの底値だとされています。

また、空気清浄機は季節電気として扱われるため、シーズンに向けて特設コーナーができることも。
これにより、旧モデルが完売するケースも多いです。

ですので旧モデルを安く購入するなら、店頭よりもネット通販が確実でしょう。

炊飯器

炊飯器は、6月以降から各社の最上位モデルが発売されます。

その後に下位モデルも順に登場してから、新米が市場に出てくる8月頃、すべてのラインナップが揃います。

6月以降~前年度モデルがなくなる9~10月くらいまでが、底値期間だと言われています。

大型セールの時期

大型セールの時期は、多くの家電が同時に安くなるので、まとめ買いしたい人におすすめの時期です。

ただし、店内が混雑しやすく、人気の商品は在庫がなくなるのが早いので注意しましょう。

大型セールは以下の時期に分かれます。

  • 年末年始の時期(1月・12月)
  • ボーナスの時期(7月・12月)
  • 決算の時期(3月・9月)

これらの3つの時期について順に説明します。

年末年始の時期(1月・12月)

12月の年末セールは、「年間でも重要なセール」として位置づけている家電量販店が多いです。

販売量数を増やすためにも、全体的に価格を下げる傾向があります。

12月に安く買うなら、お客が少ない30日・31日の来店がおすすめ

お客が少ないと、一人当たりの接客に時間を長く割けるため、価格交渉に応じる余裕があるからです。

なお、12月に下がった価格は、1月になると上がることもあるので注意しましょう。

ボーナスの時期(7月・12月)

ボーナスの時期は、財布の紐が緩みますよね。

店側もそれを考慮して、多くの商品を販売し、中には大幅に値下げした目玉商品も出してきます。

量販店のちらしや、ネットショップのセール品をチェックしてから商品を買うのがおすすめです。

決算の時期(3月・9月)

家電量販店は、3月と9月の決算の時期になると、売上を伸ばすためにセールを行います。

決算時期は、旧モデルが大幅に値引きされることが多いです。
狙っている旧モデルがあるなら、この時期は見逃せません。

大手家電量販店別の決算時期は以下の通りです。

家電量販店名決算月
ヤマダ電機9月、3月
ヨドバシカメラ9月、3月
ケーズデンキ9月、3月
コジマ9月、3月
エディオン9月、3月
上新電機9月、3月
ビックカメラ8月、2月
ベスト電器8月、2月

ビックカメラとベスト電器は、他の量販店と比べ、決算月が1カ月ずれている点に注意しましょう。

家電をもっと安く購入する方法【家電量販店】

モデルチェンジやセール時期を狙う以外にも、家電を安く購入する方法があります。

おすすめの方法をいくつか紹介していきますね。

家電量販店のアプリをダウンロードする

大手家電量販店は、お店専用のショッピングアプリを展開しています。

会計時にアプリを提示することで、ポイントが貯まるのでおトクです。
家電は金額が高い分、ポイントも多く貯められます。 

また、アプリ上でセールの情報が流れてくるので、おトクな情報をキャッチしやすくなりますよ。

スマホ決済、バーコード決済にする

お会計をスマホ決済・バーコード決済にすることで、ポイント還元が受けられておトクです。

スマホ決済サービス「d払い」を例に挙げると、買い物するだけで0.5%の還元ポイントがあります。

また、支払いをクレジットカードですると、ポイントの2重取りも可能です。

例えば、還元率が1.5%で、10万円の家電を購入すると、1,500円分のポイントが貯まります。

家電は大きい買い物だからこそ、より多く付与されるのでおトクですね。

大手家電量販店ブランドのクレカ決済にする

ヨドバシカメラの「ゴールドポイントカード」など、大手家電量販店では、専用のクレジットカードを発行していることがあります。

店独自のクレジットカードで買い物をする利点は以下の通りです。

  • 会計時に店舗ポイントが貯まる
  • 分割払いの金利が割引になる
  • 補償制度がある

ただしめったに家電を買わない人なら、量販店専用のクレジットカードではなく、いつも使っているクレジットカードで十分です。

クレジットカード独自のポイントが貯まります。

お客が少ない時間に交渉する

家電量販店では、店員さんに交渉すると値切れることがあります。

値切りたい家電があるときは、お客さんの入りが少ない開店直後や、16~19時の閉店に近い時間帯に行くのがおすすめです。

お店の人も、時間をかけて対応してくれるでしょう。

特定の日時に来店する

値引き交渉を成功させたいなら、特定の日時や曜日を狙ってお店にいきましょう。

おすすめは日曜日の夕方や月末です。

これらの日は、量販店側は店の売上目標を達成することを考えています。

店員さんは「値引きしてでも売りたい」と考えているので、値引き交渉をしやすいはずです。 

アウトレット品を狙う

型落ちや傷ありなどのアウトレット品は、通常の3〜5割程度安くなっている場合があります。

人気商品や廃番商品だけでなく、新製品が大幅に安く買える可能性も。

一方で、すぐ売り切れてしまうことが多いので、欲しい商品が確実に手に入るわけではありません。

できるだけ安い製品が欲しい方は、アウトレット品を狙ってみましょう。

家電をもっと安く購入する方法【ネット通販】

安さを追求するなら、ネット通販を利用するのもおすすめです。

量販店に比べて人件費のコストがかかっていない分、さらに安く家電を購入できる可能性があります。

以下では、ネット通販で安く家電を購入する方法を紹介していきます。

価格比較サイトで最安店舗を探す

まずは、「価格.com」「最安値.com」のような価格比較サイトで、気になる家電の価格動向をチェックしてみましょう。

製品を検索すると、どの店舗の商品が一番安いのかが分かります。

訳あり品を狙う

ネット通販でも、訳あり商品はお買い得価格で販売されています。

  • 箱潰れ
  • 旧モデル
  • 付属品の欠損
  • 在庫過多の商品
  • 展示品

などが気にならない人は、家電のアウトレットショップで、気になる商品がないか検索してみましょう。

クレカ決済にする

量販店と同じく、ネット通販もクレジットカード決済で買い物をすれば、ポイント還元を受けられます。

ただし、量販店より安く商品を販売する代わりに、「クレジットカード決済不可・銀行振込のみ」としているお店もあります。

クレジットカード決済を採用しているお店にこだわると、逆に高くついてしまう可能性もあるでしょう。

家電をもっと安く購入する方法【セット家電】

家電は、セットでまとめて買うと安くなります。

ここでは家電量販店以外で、セット家電を取り扱うショップを紹介してきます。

ニトリ

引用:ニトリ

ニトリでは、テレビ・冷蔵庫、洗濯機、電子レンジなどの家電を、まとめて購入できるサービスがあります。

どの家電も、必要な機能だけ備えたコンパクトな設計です。モノトーンに統一され、シンプルデザインなのも魅力ですね。

8点セットで9万円以内とリーズナブルですよ。

アイリスオーヤマ

引用:アイリスオーヤマ 

アイリスオーヤマでも、家電のセット販売が行われています。

  • 冷蔵庫+洗濯機
  • 冷蔵庫+洗濯機+オーブンレンジ
  • 冷蔵庫+洗濯機+オープンレンジ+ジャー炊飯器+掃除機

上記の2点セット~5点セットの家電を販売しています。

家電量販店と家電通販サイトはどちらが安く買える?

家電は、家電量販店か家電通販サイトで購入できます。

それぞれのメリット・デメリットを知ったうえで、どちらで買えばよいのかを総合的に判断しましょう。

家電量販店のメリット

家電量販店で購入すると、家電量販店独自のサービスが受けられます。

お店によって内容は異なりますが、例えば

  • エアコンの室外機などの無料取り付け
  • 故障や破損時の保障
  • パソコンの無料初期設定

などです。

また、商品の不明点や疑問点は、対面でじっくり相談できるので心強いですよね。

家電量販店のデメリット

値段に関しては、場所代や人件費などがかかるため、家電サイトよりも家電量販店の方が高い傾向にあります。

ただし、値下げ交渉が成功した場合は、予想以上の値下げを受けることも可能でしょう。

家電量販店がおすすめの人

こんな方におすすめ

  • 保証やアフターフォローを手厚くしたい人
  • 商品についてじっくり相談したい人
  • 値下げ交渉に自信がある人
  • 複数の店舗を比較して回りたい人
  • 家電量販店独自のポイントを貯めている人
マネオ
お店のサポートをフルに生かして購入したい人におすすめ!

家電通販サイトのメリット  

一方家電サイトは、電量販店よりも価格が安いのが大きなメリット。

店に行く必要もないので、時間を問わずすぐに購入できるのも良いところですね。

家電通販サイトのデメリット

家電サイトで購入すると、メーカー側のサポートは受けられますが、店側のサポートを受けることができません。

また、お店と違って、販売スタッフに細かく相談できないので、自分で情報を調べる必要があります。

取り付けサービスもないことが多いので、自分で専門業者を依頼する必要もでてきます。

外国から商品を取り寄せた場合は、取扱説明書が外国語のみということも・・・。

家電通販サイトがおすすめの人

こんな方におすすめ

  • 保障やサポートより価格重視の人
  • お店に行くのがめんどうな人
  • 忙しくお店に行く時間がない人
  • ネット通販に慣れている人
マネオ
店のサポートを必要とせず、安く家電を買いたい人におすすめ!

おわりに

ということで今回は、家電を安くする方法を紹介しました。

家電には「モデルチェンジの時期」「大型セールの時期」など、安くなる時期があります。

安く家電を購入したいなら、この2つ時期を狙いましょう。

さらに家電を安く・お得に買うには、本記事で紹介してきた方法をぜひ参考にしてくださいね。

この記事を書いた人

わたる
わたる
埼玉出身のアイドルオタク。大学時代は就活に失敗してフリーターになってしまう。
その後一時は就職するも仕事を辞め、現在はフリーライター。
推しメンに多く会い行きたいという思いから節約を始める。そのなかでFPの資格も取得。
オタク活動費は必要経費。推しメンの笑顔はプライスレス。

-日用品代
-, , ,

Copyright© 節約ぽけっと , 2020 All Rights Reserved.