格安スマホ

【2019年版】HUAWEIスマホのおすすめランキング!1位の商品を体験レビューしてみた

更新日:

【この記事を読んだらわかる結論】
★コスパを重視するならダントツ「HUAWEI nova lite 3」がおすすめ

★HUAWEIの機種は割引が大きいので、格安SIMの「端末セット」で大幅に安くなる

はじめに

こんにちは! 節約ぽけっと編集部のざわさん(@zawa_setsupoke)です。
1年前まではソフトバンクショップで販売員として勤めていました。

今回は、最近人気が高まっている「HUAWEI(ファーウェイ)」のスマートフォンについて紹介します。

なぜ人気が高まっているかというと、アップルや国内メーカーに比べて機種の値段が安いからです!
そんなHUAWEIのスマホの中でも、特にコスパが良い(値段が安くて性能も良い)ものはどれなのか、気になりませんか?

そこで、HUAWEIのスマホをおすすめ順にランキング形式で紹介した上で、「どんな人におすすめの機種なのか」をわかりやすく説明したいと思います。

ざわさん
機種変更の前にぜひ参考にしてみてください!

おすすめ1位「HUAWEI nova lite 3」

最近HUAWEIから発売されたスマホの中で、一番安いものが「nova lite 3」です。
さらに、普段使いのスマートフォンとしては充分なスペックも兼ね備えています。

ざわさん
間違いなく「コスパ最強」の機種と言っていいでしょう!

>>「nova lite 3」の体験レビューを先に読みたい人はこちら

 

「nova lite 3」のスペック

発売日2019年2月1日
価格10,450円~29,318円
画面サイズ6.2インチ
重量160g
CPUkirin710
メモリ3GB
ストレージ(保存容量)32GB
バッテリー3400mAh
カメラアウト:1300万画素+200万画素
イン:1600万画素
防水対応×
認証指紋/顔
充電ケーブルmicroUSB

とりあえず不自由しないスマホが欲しいならこれ一択

「機種代はできるだけ安く抑えたいけど、安い機種は性能が劣りそうで心配・・・」という人にこそ、この「nova lite 3」がおすすめです。

ざわさん
なぜなら、安いのに性能がしっかりしているからです。

たとえばカメラは、iPhoneXSと同じダブルレンズになっているので、色彩や立体感を感じられる写真が撮れます。
バッテリー容量もしっかり3000mAh以上あるので、1日使い倒してもそうそう充電切れにはなりません。

メモリに関しては、HUAWEIの他のスマホ4GB~6GBと比べて、3GBだと少し劣るように思えます。
でも、最新のCPU「kirin710」を搭載しているので、メモリの少なさは気にならないくらい、かなりサクサク動きますよ。

<「kirin710」の特徴>
スマホの動きを快適にするのに特化したCPUで、2018年7月に発表されました。
特に3Dを使ったゲームや、多くのアプリを同時に起動する作業に最適です。

 

「nova lite 3」の評価は?

それでは「nova lite 3」が世間的にどんな評価を受けている機種なのか、参考にネットのレビューを見てみましょう。

各レビューサイトでの評価比較

4.324.24.75

一部口コミ

安価なスマートフォンの中ではデザインが良いと思ったので購入しました。
古い端末からの乗り換えとはいえ、操作性にまったく不満を感じなかったので星5です。
バッテリーの持ちもよくて、充電せずに2日間ほど使えます。
この価格帯でここまで満足に使えるスマートフォンが買えるとなると、高い機種を買う気がなくなりますね。(40代/男性)
新品で2万円台は安い。衝動買いしました。
安かった分、機能面では少し心配だったのですが、全く問題なし。
コスパがとても良い機種だと思います。
正直、10万円以上払って2年間しか使わないスマホを買うことに疑問を抱いていたので、このくらいの値段がちょうどいいのかも。
安いと思えば気軽に使い倒せますし、値段の割に性能が良いですよ。
次に買い替えるときもHUAWEIの機種にしようと思っています。(30代/男性)

 

「nova lite 3」はどんな人におすすめ?

  • スマホの機種に特別なこだわりがない人
  • 安いスマホがいいけど性能を落としたくない人
  • 現在のスマホを2年以上使っている人

こんな人には「nova lite 3」がぴったりです!
一番安くて性能も良いスマホとなれば、特別こだわりがある人以外は皆満足できると思います。

また、スペック的には2~3年前に当時の最新機種として10万円前後で販売されていたスマホとほとんど変わらないのもポイントです。
今使っているスマホが2年以上前に購入したものなら、「nova lite 3」の性能にだいぶ満足できると思います。

もちろん3年、4年と長く使い続けている人は、かなり性能が良くなって感動すると思いますよ!

 

「nova lite 3」が最安値で買える格安SIM

格安SIM業者で端末を購入する方法

SIMカードとセットで端末を購入する場合は、まず格安SIM業者の公式サイトから契約の申込をします。

(参考:楽天モバイル)

「お申し込みはこちら!」「今すぐお申し込み」等が書いてあるボタンを押して、契約内容を選択していきましょう。

途中「端末とSIMのセット」と「SIMのみ」のどちらかを選ぶ項目が合ったら、セットの方を選びます。
そうすると、機種の選択画面が開くので希望の機種を選択してください。

あとは手順通り申し込みが完了すれば、家に届くのを待つだけです。

 

 

おすすめ2位「HUAWEI P20 lite」

近年HUAWEIから発売されたスマホの中で、2番目に安いのが「P20 lite」です。
知名度と評価がかなり高い機種ですが、バッテリー容量が低いのとCPUが旧モデルであることから、2位にしました。

ざわさん
1位とほぼ性能変わらないけど、こっちの方がほんのちょっと高いんだよな~

 

「P20 lite」のスペック

発売日2018年6月15日
価格13,910円~29,400円
画面サイズ5.8インチ
重量145g
CPUkirin659
メモリ4GB
ストレージ(保存容量)32GB
バッテリー3000mAh
カメラアウト:1600万画素+200万画素
イン:1600万画素
防水対応×
認証指紋/顔
充電ケーブルtype-C

廉価版にしてはかなり安定のスペック

昨年発売された段階では「神スマホ」と言われるほどの高評価を得ていた「P20 lite」。
なぜ2位なのかというと・・・

  • 1年前に発売した旧モデルの機種である
  • 「nova lite 3」よりも数千円高い
  • バッテリー容量が少ない

と、理由はこんな感じなのですが、正直なところ1位と2位はそこまで大きく差はありません。
どっちも安いし、どっちもそれなりに性能が良い。

だから、より安い「nova lite 3」を1位にしました!
「typeCの充電ケーブルを使いたい」など、特別な理由があれば2位の「P20 lite」にするのもいいと思います。

 

「P20 lite」の評価は?

それでは「P20 lite」が世間的にどんな評価を受けている機種なのか、参考にネットのレビューを見てみましょう。

各レビューサイトでの評価比較

4.424.34.6

一部口コミ

前の機種の充電持ちが壊滅的で、お昼には30%まで減るようになってしまったので機種変更しました。
使って驚きました。今まで購入したどの機種よりも使いやすいです。
デザイン、レスポンス、画質、バッテリー、カメラ・・・何をとっても申し分なし。
特にtypeCの充電ケーブルに対応していて、急速で充電できるところが嬉しいです。
うっかり充電を忘れて寝てしまう事がよくあるのですが、1時間ほど差しておけばほぼ満タンになります。
これだけのスマートフォンが3万円弱で買えるのはすごいです!(20代/女性)
メインで使っているiPhoneXに加えて、サブ機として購入。
すごく良い機種だと思います。
画面はサクサク動くし画質もキレイで、10万円以上払って購入したiPhoneXと変わらないレベルです。
これほどコスパが良い機種は他にないと思います。
ランキングで常にトップクラスなのも納得です!(30代/男性)

 

「P20 lite」はどんな人におすすめ?

  • typeCの充電ケーブルを使いたい人
  • カメラの画質がほんのちょっとでも高い方がいい人

「P20 lite」の一番の推しポイントは、充電コネクタがType-Cに対応していることだと思います。

Type-C充電ケーブルの特徴は、従来のmicroUSBと比べて充電が速いこと。
さらに、差込口の上下が決まっていないリバーシブルなコネクタなので、わざわざ確認してから差し込む手間が省けます!

これを目当てに「P20 lite」を選ぶのは大いにアリです。
ほんの少しですが「nova lite 3」よりカメラの画素数も高いので、「同じ価格帯ならカメラの画質を重視したい」という人にもおすすめですよ。

 

「P20 lite」が最安値で買える格安SIM

 

おすすめ3位「HUAWEI nova3」

ここまでは価格の安いミドルスペックのモデルを2種類紹介してきました。
そして「nova 3」は、ハイスペックモデルの中では一番価格が安い機種です。

ざわさん
1位、2位の機種よりもう少し性能の高さを求める人におすすめです。

 

「nova 3」のスペック

発売日2018年10月5日
価格43,920円~59,184円
画面サイズ6.3インチ
重量166g
CPUkirin970
メモリ4GB
ストレージ(保存容量)128GB
バッテリー3750mAh
カメラアウト:1600万画素+2400万画素
イン:2400万画素+200万画素
防水対応×
認証指紋/顔
充電ケーブルType-C

性能は大幅グレードアップ、価格は抑えめ

上の表を見ればわかると思いますが、「nova3」は1位や2位の低価格モデルよりもハイスペックなスマホです。

たとえばバッテリー・ストレージ・カメラの画素数などがグレードアップしてますね。
CPUも廉価モデルより性能の良いものを搭載しているので、より「ヌルサク」な操作感を楽しめます。

とはいえ値段が4~5万円と、そこまで高すぎないので、手を出しやすいハイスペックモデルなのではないでしょうか。
iPhoneの2分の1以下の価格でこの性能って・・・ため息が出ちゃいますね。

 

「nova3」の評価は?

それでは「nova3」が世間的にどんな評価を受けている機種なのか、参考にネットのレビューを見てみましょう。

各レビューサイトでの評価比較

4.414.64.5

一部口コミ

iPhoneXに見た目が似ている、ノッチのあるスマホが欲しかったので購入しました。
HUAWEIの端末はどれも見た目がシャープでカッコイイと思います。
価格のわりに安っぽさは感じませんよ。
思い切って購入して良かったと思いました。
本体は少し大きめですが、女性の手でも片手操作ができるくらいです。
落下防止のためにバンカーリングを使うのがおすすめです。(30代/女性)
サブ機として購入したのですが、メインでもいけそうな性能の良さです。
薄くて持ちやすく、レスポンスもサクサク。
Androidに慣れている人にとってはたまらない操作感だと思います。
カメラやバッテリー容量も思った以上のクオリティ。
同じHUAWEIのもう少し安い機種と迷ったのですが、こちらにして良かったです。(30代/男性)

 

「nova 3」はどんな人におすすめ?

  • 「せっかく購入するならちょっと良い機種を」と考えている人
  • ハイスペックなスマホが欲しいけど、10万円は出せない人
  • スマホをデジカメの代わりに使いたい人

「nova 3」は、ここまで見てきたとおり性能の良い機種なので、「2年間快適にスマホを使うためなら、ちょっとくらいお金出してもいいよ~」って人にぴったり。

それに、HUAWEIの機種は最低ラインが安すぎるのでマヒしがちですが、4万円台でもスマホとしては充分格安です。
だから「スペックは妥協したくないけど10万円はムリ! 出せない!」という人にも、手を出しやすい価格帯のスマホですね。

それから、価格に対してカメラの画質がかなり良い機種なのでデジカメ代わりにもなりますよ。

 

「nova 3」が最安値で買える格安SIM

 

おすすめ4位「HUAWEI Mate 20 Pro」

HUAWEIから近年発売されたスマホの中で、一番ハイスペックなモデルがこの「Mate 20 pro」です。
性能がめちゃめちゃ良いので、もちろんお値段もそれなりにします!

ざわさん
もう少しお金に余裕があれば、ぜひとも購入したい機種です・・・!

 

「Mate 20 pro」のスペック

発売日2018年11月30日
価格91,880円~円114,350円
画面サイズ6.4インチ
重量189g
CPUkirin980
メモリ6GB
ストレージ(保存容量)128GB
バッテリー4200mAh
カメラアウト:4000万画素+2000万画素+800万画素
イン:2400万画素
防水対応◯ ※防塵も対応
認証指紋/顔
充電ケーブルType-C

最新iPhoneにも負けない完璧スペック

この機種、信じられないほどハイスペックです。
2018年11月に発売したスマホなのですが、同時期に発売したiPhoneXSのスペックと比較してみると、そのすごさがわかります。

たとえばメモリ。iPhoneXZ Maxが4GBで、この「Mate 20 pro」は6GBを搭載しています。
それに、iPhoneシリーズ最大と話題になったiPhone XS Maxのバッテリー容量3174mAhを、1000mAhも上回ってますし。

カメラに至っては、iPhoneのダブルレンズに対して、トリプルレンズですからね。

それでいて価格はiPhoneXS Maxの64GBよりも約3万円安い、10万円前後。
価格自体は決して安いわけではありませんが、費用対効果はかなり高いんじゃないでしょうか。

 

「Mate 20 pro」の評価は?

それでは「Mate 20 pro」が世間的にどんな評価を受けている機種なのか、参考にネットのレビューを見てみましょう。

各レビューサイトでの評価比較

4.434.44

一部口コミ

iPhone8から機種変更で購入して、今1ヶ月くらいです。
驚いたのは画面切り替えの速さ。処理速度がめちゃくちゃ速くて、ストレスを一切感じません。
XperiaやGALAXYなど様々な機種を試してきましたが、ダントツで快適です。
HUAWEIの技術力に驚かされました。
特にバッテリーの持ちが良くて、減りが気にならないのが助かりますね。
1日ふつうに使っても70%は残ります。
売りの1つであるカメラの画質もかなり良いです!
デジカメがいらなくなるレベル。
これから機種変更する人みんなにおすすめしたい機能「全部盛り」のスマホです。(30代/男性)
カメラの性能とコスパを求めるなら「買い」です。
私が持っているミラーレスよりも、こちらの方がキレイに撮れるような気がします。
薄くて軽いので、ミラーレスを持ち歩くよりもずっと楽ですしね。
バッテリーの持ちがよく、充電も一瞬で終わるので、他のスマホがポンコツに思えてきちゃいました。
これまでずっとiPhoneを使ってきたけど、こっちの方が使いやすいです。
まあ、操作性が全然違うので、コスパを重視しないならiPhoneでも良いと思いますが。(20代/女性)

 

「Mate 20 Pro」はどんな人におすすめ?

  • HUAWEIヘビーユーザー
  • Androidの最新ハイスペック機種を探している人
  • 機種変更したいけどiPhoneにあまり心動かされない人

「Mate 20 Pro」はHUAWEIから発売されている機種の中で、最もハイスペックかつハイコストなスマホです。
いくら「iPhoneと比べたらかなりコスパがいい!」とはいえ、「安いスマホを求めている人」には向きません。

なので、おすすめしたいのは「金額ではなく性能の良さを追い求めたい人」。
あるいは「iPhoneだと高すぎるのでもう少しコストを抑えたい人」ですかね。

 

「Mate 20 Pro」が最安値で買える格安SIM

 

おすすめ5位「HUAWEI P20」

3位で紹介した「nova 3」に近いスペックで、防水機能がついているのがこの「P20」。
正直なところ「nova 3」の下位互換にあたる機種だと思います。

ざわさん
それでいて値段はこっちの方が高いんですよね・・・!

 

「P20」のスペック

発売日2018年6月15日
価格65,400円~円75,384円
画面サイズ5.8インチ
重量165g
CPUkirin970
メモリ4GB
ストレージ(保存容量)128GB
バッテリー3400mAh
カメラアウト:1200万画素+2000万画素
イン:2400万画素
防水対応
認証指紋
充電ケーブルType-C

「nova 3」の存在を無視すれば文句なしの良機種

CPUやメモリ、バッテリー、カメラなどスペック面では本当に良い機種だと思います。
実際、2018年6月の発売当初はおすすめ機種として相当市場を賑わせました。

しかし2018年10月に「nova 3」が発売したことで形成は逆転。
カメラの画質やバッテリー容量、そして値段の面でも「nova 3」が上回りました。

唯一「P20」が優っているポイントといえば、防水性能くらい・・・!
「nova 3」さえ登場しなければバランスのとれたコスパの良いスマホと断言できたんですが、今の時点では「nova 3」の方がおすすめです。

 

「P20」の評価は?

「P20」が世間的にどんな評価を受けている機種なのか、参考にネットのレビューを見てみましょう。

各レビューサイトでの評価比較

4.494.74.78

一部口コミ

もともとHUAWEIのタブレットを使っていたので、安心して購入しました。
スペックも申し分ないですし、iPhoneと比べてかなり安い。
「iPhoneが高い」と思っている方には特におすすめしたいです。
私はゲームなどをやらないので、利用用途はネットサーフィンやSNSが中心。
重いと思ったことは一度もありません。
唯一、ワイヤレス充電機能があれば尚良かったと思います。(40代/男性)
HUAWEIの機種を使うのはこれで7台目です。
普段LINE・インターネット・カメラ・youtube・Amazonprimeミュージックなどを使いますが、困ったことはありません。
他の人のレビューを見てみると、ゲームの3D処理も問題ないみたいですね。
バッテリーは上記の使い方であれば2日は持ちますし、高速充電に対応しているのもありがたい。
出勤前に30~40分くらい差しておけば満タンになります。
もちろんもっと性能の良い機種もあるでしょうが、私はこの機種で十分満足しています。(30代/男性)

 

「P20」はどんな人におすすめ?

  • 予算が5~7万円で防水性能のついた機種を探している人
  • 「nova 3」のサイズが少し大きめだと感じる人

安すぎず高すぎない機種を探していて「防水性能は欠かせない」と思っている人には「P20」がおすすめです。
あとは「P20」の方が「nova lite 3」よりも少しサイズが小さいので、小さいスマホが欲しい人にもいいかもしれません。

 

「P20」が最安値で買える格安SIM

 

おすすめ6位「HUAWEI nova lite 2」

「nova lite 2」は、1位に選んだ「nova lite 3」と同タイプの旧モデルです。
1年以上前に発売された機種なので、比較的値段が安めになっています。

ざわさん
価格を最重要視している人は選択肢に入れてもいいと思います!

 

「nova lite 2」のスペック

発売日2018年2月9日
価格15,120円~28,058円
画面サイズ5.6インチ
重量143g
CPUkirin659
メモリ3GB
ストレージ(保存容量)32GB
バッテリー3000mAh
カメラアウト:1300万画素+200万画素
イン:800万画素
防水対応×
認証指紋
充電ケーブルmicroUSB

スペックには不安が残るが旧モデルなので割引に期待できる

2018年2月に発売された機種で、当時としてはかなりコスパが良かったんです。
でも、最近発売された機種に比べるとどうしても見劣りしちゃいますね。

この機種を購入するかどうかの決め手は、「キャンペーンで大幅割引をやっているときに買えるかどうか」です。

「nova lite 3」という同タイプのニューモデルが発売した今、どんどん価値が下がっていくと思われる「nova lite 2」。
在庫をさばくために大幅割引セールが行われる可能性が高いです。

現に、ネットには「10,000円で買った」「8,000円で買った」という声がチラホラ。
そうなると通常最安の「nova lite 3」よりも安い値段で買えるので、価格面を最重要視したい方には狙い目かと!

 

「nova lite 2」の評価は?

それでは「nova lite 2」が世間的にどんな評価を受けている機種なのか、参考にネットのレビューを見てみましょう。

各レビューサイトでの評価比較

4.214.74.78

一部口コミ

2018年の3月に購入しましたが、当時のモデルとしてはトップクラスの高コスパ機種だったと思います。
1年使い続けて、お財布ケータイやtype-C充電ケーブルに対応していないことが不便に思えてきました。
その他の点はおおむね満足です。
前述の不満点を解決するために買い替えも検討していますが、サイズ感は今の機種の方が好きなので迷っています。(30代/男性)
一括で買っても2万円しないとのことだったので、格安SIMに乗り換えする際に同時購入しました。
ファーウェイの機種ははじめてなのですが、全く問題は生じておりません。
ソフトバンクなどのキャリアショップでだまされて、高額なスマホを分割購入させられるよりも、これくらいの安い機種を使うべきだと思います。
どうしてもAppleの製品を使いたい人は良いですが、それ以外の人はもったいないですよ。
この機種は型落ちですが、良い買い物をしたと満足してます。(30代/女性)

 

「nova lite 2」はどんな人におすすめ?

  • 値段を節約するために型落ちモデルを探している人
  • 「nova lite 3」が欲しいけど在庫がなくて手に入らない人

価格が安ければ型落ちの古い機種でも構わない、という人にはぴったりのスマホだと思います。

あるいは、「nova lite 3」を購入予定だったけど、残念なことに在庫切れだった場合。
同じく安くて性能が近い「nova lite 2」にするという選択肢もありですね。

 

「nova lite 2」が最安値で買える格安SIM

 

HUAWEIおすすめスマホ全6種類を比較!

以下、ここまで紹介したHUAWEIのスマホスペック表です。
値段をとるかスペックの高さをとるかは人それぞれだと思うので、ぜひ表を参考に選んでみてください。

 

HUAWEIのスマホ6種類比較表
機種名
nova lite 3
P20 lite
nova 3
Mate 20 pro
P20
nova lite 2
最安値10,450円13,910円43,920円91,880円65,400円15,120円
CPUkirin710kirin659kirin970kirin980kirin970kirin659
メモリ3GB4GB4GB6GB4GB3GB
ストレージ32GB32GB128GB128GB128GB32GB
バッテリー3400mAh3000mAh3750mAh4200mAh3400mAh3000mAh
カメラ1300万+200万1600万+200万1600万+2400万4000万+2000万+800万1200万+2000万1300万+200万
インカメラ1600万1600万2400万+200万2400万2400万800万
画面サイズ6.2インチ5.8インチ6.3インチ6.4インチ5.8インチ6.2インチ
重さ160g145g166g189g165g143g
防水対応××××
認証指紋/顔指紋/顔指紋/顔指紋/顔指紋指紋
充電ケーブルmicroUSBtype-Ctype-Ctype-Ctype-CmicroUSB

※スマホの人は、横にスクロールで全部読めます。

 

ランキング1位の「nova lite 3」を実際に使ってレビューしてみた

それではここから、ランキング1位の「nova lite 3」を実際に使った感想を紹介したいと思います。

ちなみに「nova lite 3」本体は、私の友人が普段使っているものを借りたので、新品ではありません。
自分のSIMカードに差し替えて、2週間ほど実際に使ってみました。

 

novalite3の第一印象

写真は初めて持ってみたところ。ケースがついてます。

裏面はこんな感じ。色は「オーロラブルー」です。
すごくキレイな色ですが、指紋がつきやすい材質なので、ケースは必須かもしれませんね。

薄さはこんな感じ。
触った感触はツルッとしていて、凹凸もないので手にしっくり馴染みます。

 

サイズ感の感想

サイズがiPhoneXSより少し大きいので、重いのかと思いましたが、持ってみると意外に軽くてビックリしました。
公式サイトによるとiPhoneXSが177g、novalite3が160gなので、約20gほどこっちの方が軽いみたいです。

あとは、画面がとにかく大きい。
インカメラ部分以外はディスプレイをギリギリまで広げた、「ノッチデザイン」はiPhoneXSでも採用されているデザインですね。

6.2インチという画面サイズは、現在販売されているスマホの中でも大きい方に入ります。
私はyoutubeやhuluなどで動画をよく見るので、画面が大きいのはいいなと思いました。

片手操作で右上をタップするのは、かなり手が大きい人でないと難しそうです。
これはHUAWEIの機種に限った事じゃなくて、今どきのスマホってどんどんビッグサイズ化が進んでて、片手操作ユーザーに優しくないんですよね・・・。

デザインや重さは気に入ったので、次はもう少し小さなサイズを出してくれたら迷わず「買い」ですね。

以下、novalite3とiPhoneのサイズを比較してみたので参考にどうぞ。

novalite3とiPhoneのサイズ比較
機種名novalite3iPhoneXSiPhoneXSMAXiPhone8
本体サイズ73.4×155×7.9570.9×143.6×7.777.4×157.5×7.767.3×138.4×7.5
画面サイズ6.2インチ5.8インチ6.5インチ4.7インチ
重さ160g177g208g148g

※スマホの人は、横スクロールで全部読めます。

 

さっそく使ってみる

2週間の体験スタートです!
私のスマートフォン利用環境は以下の通り。

SIMカードLINEモバイルソフトバンク回線
利用用途・SNS(主にツイッター)
・ネットで調べもの
・youtubeで動画鑑賞
・たまに写真撮影
利用頻度・通勤の間往復1時間半
・仕事の休憩時間1時間
【出発から帰宅まで11時間前後】

こんな感じで、いつも通りの生活を2週間「nova lite 3」で過ごしてみました。

 

充電持ちがめっちゃ良い

まず驚いたのが、充電持ちがめちゃめちゃ良いことです。

「9時間仕事してから同僚と3時間飲んで深夜0時半に帰宅・・・」
このシチュエーションだったら、充電20~30%くらいに減ってるのがふつうですよね?

でも、novalite3の場合・・・

70%も残ってる!
いつも通り通勤時間にはSNSやネットサーフィンをしてましたし、休憩時間にはyoutube動画を見たりしました。
飲み会の場でおいしいご飯の写真を撮ったりもしたのに、これだけ残ってるのはすごいです。

 

まさに「ヌルサク」動作が早すぎる

「nova lite 3」についてネットで調べていると、頻繁に登場する「ヌルサク」の4文字・・・。
「言いたいことはわかるけど、大げさすぎじゃない?」と思っていました。

でも、使ってみてわかったこと。

ざわさん
ほんとに「ヌルサク」でした。

具体的に言うと、画面をタップしたときの反応が速いんです。
指がディスプレイについたときにはもう新しい画面が開いている感じ。

スマホが「ヌルサク」で動くメリットは、なんといってもゲームのスコアを上げやすいこと!(笑)
たとえばツムツムなどの時間制限のあるパズルゲームは、反応が速ければ速いほど点数が稼ぎやすいです。

反対にゲーム画面がカクカクして反応が遅いのは最悪ですよね。
その点novalite3は、スマホゲームヘビーユーザーにもおすすめできると思いました。

 

写真を撮ってみた

スマートフォンを選ぶ上で、多くの人が重要視するのはカメラの画質ですよね。
特にほかにデジカメなどを持っていない人は、キレイに撮れるスマホの方が絶対良いはず。

というわけで何枚か写真を撮ってみました。
ダブルレンズのカメラは初体験です。一体どんな写真になるんでしょうか?

 

街を散歩しながらぶらぶら撮ってみた

お~~、結構良い雰囲気の写真ではないでしょうか!
いつも通る道で撮ったんですが、普段より風景がキレイに見える気がします。

上の画像は色調補正などの加工は一切加えていません。
それなのになぜ、こんな良い雰囲気の写真が撮れるかというと、novalite3が「AIカメラ」を搭載しているからなんです。

カメラモード上部の「AI」マークをタップするとAIカメラが起動します。

AIカメラは「晴れの日」「屋内」「食べ物」「人物」など、被写体や撮影環境を自動で判別して、色味や光加減を調節してくれます。
だから、まるで加工後のような写真が撮影できるというわけですね。

インスタなどのSNSに投稿する際、加工の手間が省けてうれしい!
もちろんAIカメラはオフにもできるので、通常の写真も撮影できますよ。

 

novalite3を使ってみた総評

というわけで、HUAWEIおすすめ機種ランキング1位の「nova lite 3」の体験をしてみました。
使ってみてわかったガチのおすすめポイントは以下の通りです。

  • 画面が大きいわりに軽い
  • 充電がめっちゃ持つ
  • タッチしたあとの反応が速くて、特にゲームがしやすい
  • そのままSNSに載せられるおしゃれ写真が撮れる

今回「nova lite 3」を貸してくれた友人にも聞いてみましたが、

まったく問題がなさすぎて何も言うことがない

と言ってました(笑)
最初は充電持ちや反応の良さに結構びっくりしたそうです。

私も触ってみてその気持ちがわかりました。
ダントツ一番安い機種でこの性能なんて、信じられません。

ざわさん
ほんと、スマホって年々性能が上がってんだなあ・・・

 

HUAWEIの人気スマホを安く買う方法

それでは最後に、ただでさえ安いHUAWEIのスマホを一番安く買えるのはどこなのか、考えてみます。

インターネットを経由してHUAWEIのスマホを購入する方法は、大きく分けて2つ。
「通販サイトで端末のみ購入する方法」と、「格安SIM業者でSIMカードとセットで購入する方法」です。

 

「nova lite 3」を最安で買えるのは?

各サイトで、ランキング1位の「nova lite 3」の最安値を調べてみました。

通販サイトAmazon21,499円
楽天24,624円(※1)
Yahoo!ショッピング22,000円
格安SIM楽天モバイル10,454円
BIGLOBEモバイル16,080円
UQモバイル29,318円

※1 端末のみを探したけど、OCNモバイルONEのSIMとセットでしか取り扱いがありませんでした。

格安SIMのSIMカードとセットで買った方が安く買えるみたいですね!

「端末のみ」で買った方が、「SIMセット」で買うよりも安い機種もあります。
ですが、HUAWEIの端末の場合は、格安SIMでキャンペーン対象になっている機種が多いです。

一緒にSIMも買える予定なら、セットにした方が良さそうですね。

 

★ちなみにUQモバイルの価格は「29,318円」とダントツ高いですが、最大13,000円のキャッシュバックキャンペーンを行っているので、実質負担が少しやすくなります。
手数料無料キャンペーンも行っているので、全体のコストを低く抑えたい人におすすめです。

au系列会社の大手格安SIM業者、UQモバイルがおすすめな理由は以下の記事でもまとめてます。

【2019年版】格安スマホのデメリットまとめ!後悔しないために知っておきたいこと

【この記事を読んだらわかる結論】 ★最もデメリットの少ない格安スマホ・・・UQモバイル ★後悔しないためにはデメリットを ...

 

まとめ

この記事では、HUAWEIのスマホについていろいろとまとめたり体験してきました。

Appleや国内メーカーのスマホと比べてあまりにもコスパがいいことに驚いています。
HUAWEIの方がかなり安いんだから、使用感にも差があると思い込んでました。全然そんなことなかった。

今使っているスマホが壊れたらHUAWEIにしてみようかと思います。
皆さんもぜひ検討してみてくださいね。

 

The following two tabs change content below.
ざわさん

ざわさん

節約ぽけっと編集部の通称「ざわさん」です。格安スマホ担当。映画オタク。去年の春から実家を出て一人暮らししていますが、映画にかけるお金がデカすぎるせいでジリ貧です。好きなお金映画は「マネーショート」

-格安スマホ
-, ,

Copyright© 節約ぽけっと , 2019 All Rights Reserved.