光熱費

ガスの乗り換えで年間5,000円お得に!乗り換え方法やおすすめのガス会社

投稿日:2019年10月31日 更新日:

はじめに

皆さんは、ガスが自由化になったのをご存知でしょうか。

今までプロパンガスは自由に選ぶことが出来ましたが、都市ガスは出来ませんでした。
それが2017年4月に都市ガスも自由に選べるようになり、全面自由化になったのです。

その結果、今まで地域を独占してきた都市ガスの市場独占が開放され、各社で競争が始まり、ガス料金が下がっています

電力自由化は知っていたけれど、ガス自由化は知らなかった・・・。

乗り換えでどれくらいお得になるの?

そんな声にお答えして今回は、「ガスの自由化でどれくらい節約できるのか」や、「乗り換え方法」について調べてみました。

皆さんもガスの乗り換えをして、ガス代を大きく節約しちゃいましょう!

ガス会社の乗り換えで年間5,000円も節約!

ガス代は、基本料金に従量料金(単位料金×ガス使用量(㎥))を足して算出します。
つまり、基本料金が低くて、従量単価も安いところがお得という訳ですね。

ではガス会社を乗り換えると、どれくらいお得になるのでしょうか。
例でガス会社を何社か挙げてみました。

今までのガス会社でガスを40㎥利用して、支払いが1ヶ月6,300円、年間75,600円だった場合と比較します。

【基本料金・従量料金】

ガス会社基本料金従量料金
東京ガス1,036.80円128.08円
レモンガス1,022.20円121.68円
ENEOSガス995.32円122.95円
ニチガス1,057.97円121.68円

【1ヶ月の料金・年間料金】

ガス会社1ヶ月の料金年間料金
東京ガス6160.0円73,920円
レモンガス5889.4円70,672.8円
ENEOSガス5913.32円70,959.84円
ニチガス5925.17円71,102.04円

 

現在6,300円ほどガス代を払っている場合、一番安いレモンガスへ乗り換えると、月で約400円、年間5,000円近くの節約に!
10年ならなんと、50,000円も節約ができますね。
なんとなくずっと同じガス会社を使用していると、実は結構な損をしている可能性があるのです。

一度、ガス会社を見直してみる価値ありますよ。

東京、神奈川、埼玉の方は、お得なレモンガスをチェック↓

レモンガス公式サイトはコチラ

乗り換え先はどこがいい?自分では決めにくいガス会社

では、どこのガス会社が一番お得になるのでしょうか。
これは、ガスの使用量や地域・環境などによって異なります。

なぜなら、今や全国のガス会社の数は、なんと2万社を越えているんです!

一番安いガス会社を探すために2万社以上を全部比較するなんて・・・とても大変ですよね。
プランも多くありますので、自分に合った一番お得なプランを探すのは容易ではありません。

自分で安いガス会社を探すと、悪徳会社に引っ掛かる可能性も!

また、悪徳業者にも注意が必要です。

ガスの自由化以前から、プロパンガス会社は自由に選べ、料金体制も自由でした。
よって国によるガス料金の規制がなく、それぞれのガス会社で自由に料金を設定できたため、中には割高な業者や悪徳な業者も混ざっている可能性があります。

ガス料金は、契約後にガス会社側が変更が可能となっており、顧客の同意も不要となっているのです・・・。

よって、契約時だけ安い料金設定にして、契約後に値上げをしたり、知らないうちに値上げを繰り返したりする業者もあります。

また、途中で解約しようとすると高い違約金が発生するというケースも。

ですが私たち素人には、どこが良心的なガス会社でどこが悪質なガス会社なのか、なかなか判断がつきませんよね。

そこで便利なのが、比較サイトです。

ガスの乗り換えなら、比較サイトを使うと便利

ポイント

  • 自力で一番お得なプランを探すなんて、やってられない!
  • 自分に合ったプランが分からない。
  • 悪い業者に捕まりたくない。

そんな時は、ガス会社のプランをまとめて比較できる「比較サイト」を使うと大変便利です。

必要事項を入力するだけで、信頼のおけるお得なガス会社とプランを教えてくれますよ。

ぜひ利用してみましょう。

用意するもの

比較サイトを使う前に、まずは「検針票」を必ず用意しましょう。

現在契約しているガス会社の「お客様番号」・「供給地点番号」・「ガスの契約量」などが書かれています。

比較サイトでこれらの情報を入力しなくてはなりませんので、必ず用意しておいてくださいね。

比較サイトでの比較方法

上記で用意した検針票を手元に置いて、比較サイトへアクセスします。

「ガス会社」「比較サイト」などで検索すれば、いくつかのサイトが表示されるかと思いますので、お好みのサイトを利用してください。

おすすめの比較サイトは、こちらの3つです。

おすすめの比較サイト

アクセスしたら、比較用のフォームが用意されている事が多いので、必要事項を入力していきます。

契約中のガス使用量などは、手元の検針票を確認して入力。

入力が終わったら、送信をして完了です。

しばらくしたら、メールや電話で比較結果の連絡が来ます。

結果に納得する場合は、ガスの切り替えの申し込みに進みましょう。

ガス会社比較!乗り換えにおすすめなのはどこ?

2万社以上あるガス会社の中から、おすすめのガス会社を地域別にまとめましたので、ご紹介します。
※基本料金と単価は40m³使用した場合です。

北海道

北ガス

基本料金1,427.76円
基準単位料金152.34円/m³
対象エリア北海道の一部地域

北海道はガスの供給ラインの確保のしにくさなどから新規参入がほぼなく、自由化が難航しているようです。

結果として競争がなく高値で安定してしまい、本州などに比べるとガス代が高くなっており、単価が900円以上する会社も存在します。

各社のサイトを見ても詳しい料金が掲載されていない事も多いですので、できるだけ大手で信用できるガス会社を選ぶのがベター。

北ガスは道内10社の都市ガス会社のうち、最も供給数が多いですよ。

東北

東北ガス

基本料金874.80円
基準単位料金221.9265円/m³
対象エリア福島県の一部地域

ガス温水暖房や小型空調などを契約している方に向けたお得なプランがあります。

東北ガスという名前ですが、対象エリアは福島県です。

仙台市ガス局

基本料金770.00円
基準単位料金159.65円/m³
対象エリア宮城県の一部地域

ガス温水式暖房や、給湯器などとセットにしたプランがあります。

ガスクジラくんというキャラクターを作るなど、ガスの魅力を伝える事に力を入れている誠実さが感じられますね。

東北も北海道ほどではありませんが、比較的ガス代が高い地域です。

配送コストを人口で割ると、人口密度が低いところがどうしても割高になってしまうためですね。

関東

ニチガス

基本料金1,057.97円
基準単位料金118.53円/m³
対象エリア東京都、神奈川県、埼玉県、千葉県、栃木県、群馬県、茨城県の一部地域

日本最大手のプロパンガス会社です。

宅配水やインターネット、USENのBGMサービスなどとのセット割引が充実しており、ビットコイン支払いもできます。

レモンガス

基本料金1,022.20円
基準単位料金121.68円/m³
対象エリア東京都、神奈川県、埼玉県の一部地域

レモンガスは、東京ガスに比べると、5%ほど安くなります。

電気など他のサービスとサービスとセットにするとさらにお得になりますよ!

東京ガス

基本料金1,056.00円
基準単位料金130.46円/m³
対象エリア東京都、神奈川県、千葉県、埼玉県、茨城県、栃木県、群馬県の一部地域

なんと言っても、関東エリアの大手都市ガス会社です。

電気とのセットで料金が割引になります。

ENEOS都市ガス

基本料金1,013.76円
基準単位料金125.23円/m³
対象エリア東京都、神奈川県、埼玉県、千葉県、茨城県、栃木県、群馬県の一部地域

支払いでENEOSカードを利用すると毎月100円が値引きされます。

東京ガスと比べ、1~7%安くなります。

中部

中部ガス

基本料金1,099.44円
基準単位料金212.44円/m³
対象エリア豊橋市、豊川市、蒲郡市、田原市、浜松市、湖西市、磐田市の一部地域

東京電力、関西電力と並ぶ三大ガス会社のひとつ

暖房機器+温水機器など、特に冬のガス料金がとてもお得になるプランに強いです。

東邦ガス

基本料金1,560.00円
基準単位料金165.96円/m³
対象エリア三重県、愛知県、岐阜県の一部地域

電気も東邦ガスにすると、さらにお得になる「がすてきトクトク料金」などがあります。

がすてきポイントが貯まると、ガスや電気料金の支払いに使えますよ!

関西

関西電力

基本料金1,262.33円
基準単位料金124.48円/m³
対象エリア大阪、京都、滋賀、兵庫の一部地域

大阪ガスと都市ガス契約をしている方が対象の、「なっトクプラン」があります。

光熱費はWEBで管理でき、料金もメールでお知らせがきますので、管理が手軽ですね。

JCOM

基本料金1,337.40円
基準単位料金122.77円/m³
対象エリア大阪、京都、滋賀、兵庫の一部地域

JCOMの特徴は、ケーブルテレビやインターネット、モバイルとのセットプランがある点です。

Jサービスとセットで毎月100円が値引きされます。

九州

西部ガス

基本料金1,533.60円
基準単位料金213.84円/m³
対象エリア福岡県、熊本県、長崎県、北九州の一部地域

「プラスでんきプラン」で都市ガスと電気をセットで申し込むと、さらにお得になります。

他に高効率給湯器や浴室暖房乾燥機を使っている方を対象に「エコ割」「バス割」なども。

九州電力

基本料金1,562.00円
基準単位料金217.80円/m³
対象エリア福岡県、長崎県、鹿児島県の一部地域

こちらも電気をセットで申し込むとお得になる「スマートファミリープラン」があります。

ただし、福岡県の西部ガス都市ガス供給区域で、都市ガスをご利用の方に限定です。

ガス会社を乗り換える手順

比較サイトなどを利用して乗り換え先のガス会社が決まったら、申し込みに進みます。

各会社によって詳細な手順は異なりますが、大まかに下記の手順で行います。

step
1
必要なものを準備する

まず必要なものですが、比較の時と同様に「検針票」を必ず用意してください。

検針票に書かれた「お客様番号」や「契約プラン」などの情報が必要になります。

step
2
乗り換え先のガス会社のサイトへアクセスする

準備ができたら、乗り換え先のガス会社のサイトへアクセス。

サイトに「新規申し込み」などのページがありますので、申し込み画面に進みます。

step
3
フォームか電話で申し込みする

ガス会社によって、申し込みフォームから申し込む場合と、電話で申し込む場合がありますので、サイトに書かれた指示通りに申し込みを行います。

フォームから申し込みの場合は、フォームの必要事項に入力をして、間違いや抜け・漏れがないか確認をして送信してください。

わからない項目は、手元の検針票に書かれていないか確認をしましょう。

電話の場合は、記載された電話番号に電話をしてガイダンスに従ってください。

その場合も検針票に書かれた内容を確認されますので、検針票を見れるようにして電話をすると、スムーズです。

申し込み完了後

申し込み完了後、今までのガス会社への連絡は必要ありません。
新しいガス会社が代わりに行ってくれます。

後日、新しいガス会社から切り替え予定日の連絡が来ますよ。
同意であれば決定、調整が必要であれば相談してください。

正式に決定したら、後日切り替え日の連絡が改めて郵送されて来る事もあります。

また、プロパンガスから都市ガスへ、都市ガスからプロパンガスへ変更した場合などは、自宅の外についているメーター・配管・ボンベの交換や撤去が必要です。

ガスの切り替え時にはガス栓の開閉栓は行わないため、ガス供給が停止されることはありません。

従来のガス管をそのまま使用してガスが供給されますので、ガスの品質が変わるような事もありませんし、工事なども必要がないのでガスの切り替えは非常にスムーズです。

当日を迎えたら、ガス会社が切り替わって完了です。

【まとめ】手続きはとっても簡単なのに、節約効果あり!

ガス会社の乗り換えについてご説明しましたが、いかがでしょうか。

手続きは10分程で完了する事が多く、難しいことはありません。

比較サイトを使えば、カンタンに信頼おける一番安い会社の最適なプランを教えてもらえるから、おすすめです。

これで年間5,000円近くの節約ができるなら、ぜひ検討したいですね!

The following two tabs change content below.
ぽけっと編集部

ぽけっと編集部

当メディア「節約ぽけっと」編集部です。「コスパ良く楽しむ」をモットーに、節約情報を発信しています。

-光熱費
-, , ,

Copyright© 節約ぽけっと , 2019 All Rights Reserved.