ガジェット

2019年ゲーミングキーボードおすすめ11選!ロジクールのテンキーレスは使いやすい?

更新日:

こんな方におすすめの記事

  • ゲーミングキーボードの選び方が初心者な人
  • ゲーミングキーボードは何買えばよいかわからない人
  • キーボードについての知識がないから選び方を知りたい人

今回は日頃からパソコンでゲームをプレイしている僕がゲーミングキーボードのおすすめを輩出しました。

ゲーミングキーボードって、ゲーマーの中ではこだわらないという人が多いです。

僕的には必要です。ゲーマーにとって恩恵を感じにくいが必要なデバイスの一つです。

なぜかというと、プロゲーマーですらこだわってるわけですからいらないわけないですよね・・・

ですがどれを選べばよいかわからないのが本音。
キーボードの違いなんて普通は判りません。

そんな方のために、何がおすすめでどう選べばよいかを教えちゃいます!

ゲーミングキーボードおすすめ8選

選び方の基準としては

  • 実際に触れてみて良かった
  • プロゲーマーも使用している
  • Amazonなどでの評判が良いほう

です。

僕が使っているゲーミングキーボードもあるので、参考になるかと思います。

1.Logicool G-PKB-001

値段¥12728~(Amazon価格)
軸種Romer-Gスイッチ(Logicool独自開発)
総評

こんな人におすすめ

コスパ最強のテンキーレスキーボードを探している人

最初から一番おすすめのゲーミングキーボードを紹介します!

こちらは現に僕がお世話になっているゲーミングキーボードです。

おすすめ個所としては、コンパクトな作りになっていながらパフォーマンスが高い点です。

キーの音もかちゃかちゃうるさすぎないのにしっかり押している感じもあります。

しかも汚れが付きにくい素材で作られていますし、キーの隙間の掃除もしやすくなっています。

かれこれキーボードもたくさん変えてきましたが、ようやく落ち着いたかなと思わせてくれたゲーミングキーボードでした。

Amazonで購入

2.Logicool G213

値段¥6930~(Amazon価格)
軸種Mech-Domeキー(Logicool独自開発)
総評

こんな人におすすめ

なるべく安く性能が高いゲーミングキーボードは欲しい人

こちらもLogicool社のゲーミングキーボードです。

G213のおすすめ箇所としては、静音性のキーが使われていることです。

静音性が高いキーの、デメリットは押してる感じがしないという点だけで、それ以外は何もありません。

押してる感じがしないというのも慣れなので、カチャカチャ音が嫌いな人におすすめできるゲーミングキーボードとなっています。

ですが値段が安いのにかかわらず性能は最低限揃っている印象もあるので、初めてゲーミングキーボードを買うなんて人にもおすすめです!

Amazonで購入

3.Steelseries Apex M750

値段¥15834~(Amazon価格)
軸種QX2メカニカルRGBスイッチ(steelseries独自開発)
総評

こんな人におすすめ

キーの押し心地だけにこだわる人

Steelsereis社は耐久性を大きく売り文句にしているメーカーという印象があります。

ですが耐久性を売りにするのは遅れていて、じゃあなぜApexM750を紹介したかというと・・・

Steelseriesが採用している軸は癖がつよくハマる人はとことんハマるキーだからです!

Steelseiresが出してるゲーミングキーボードの軸ってホントに絶妙なんです!

僕はキーの良さだけでSteelseriesが出している2万越えのキーボードを買ったことがあるくらいです(笑)

それだけキーと耐久性だけでいうならおすすめできるキーボードです。

Amazonで購入

4.Kingston Hyper X Alloy Elite

値段¥12742~(Amazon価格)
軸種赤軸
総評

こんな人におすすめ

押している感覚はしっかりしているテンキーレスを探している人

モデルとしては、最初はゲーミングヘッドセットを主に販売していたメーカーさんなんですが。

キーボードも割と良い評判を得ています。(現在Amazonで43件口コミがあり4.3の評価)

ですが注意してほしいのはUS配列です。

普通はキーの配置が日本語配列だと思われますが、こちらはUS配列なので「半角全角」キーや「@」キーがなかったりします。

キーの配置をしっかり覚えている人には問題ないのですが、不安な人は購入しないほうがよいかもしれません。

Amazonで購入

5.NPET K10

値段¥2299~(Amazon価格)
軸種軸なし
総評

こんな人におすすめ

格安ゲーミングキーボードを探している人

他のゲーミングキーボードに比べると、とても安いゲーミングキーボードです。

軸種もないのですが、ゲーミングキーボードに必要とされている性能面は最低限備わっているかなという印象です。

この安さで2年間の保証もあるので、とりあえず今すぐ安いゲーミングキーボードが欲しいという人におすすめです。

Amazonで購入

6.Razer Ornata Chrome

値段¥11378~(Amazon価格)
軸種メカ・メンブレンテクノロジー(Razer独自開発)
総評

こんな人におすすめ

性能も見た目も良いゲーミングキーボードを探している人

ブランド力の高いRazer社のOrnata Chromeです。

軸種で紹介したメカ・メンブレンテクノロジーはなんと現在特許出願中らしいです。

内容としては、押した感覚に加えて押された後の反応も同時に良くするらしいですが、体感できるかはちょっと難しいレベルだと思います(笑)

キーボードとしての性能も申し分ないですし、値段も割と抑え目なので、かっこよいのが欲しい人なんかにおすすめです!

Amazonで購入

7.REALFORCE RGB APEX02

値段¥28276~(Amazon価格)
軸種軸なし(REALFORCE独自機能取り入れ)
総評

こんな人におすすめ

高額でもいいから最高のキーボードが欲しい人

REALFORCEというキーの押し心地から耐久性などすべてに優れているゲーミングキーボードです。

質がなぜここまで高いかというと、日本製が大きく影響しているかと思います。

その分も値段も他と比べて圧倒的に高額ですが・・・

ちなみに筆者が一番欲しかったゲーミングキーボードでもあります。

しかもREALFORCEは仕事の現場でも使われていることがあるキーボードのため、押し心地や耐久性などには本当にこだわっています。

これを買っておけば失敗しないだろうというキーボードになっています。

Amazonで購入

8.Corsair K65

値段¥13605~(Amazon価格)
軸種Cherry MX Speed RGBキースイッチ
総評

こんな人におすすめ

テンキーレスでコスパにこだわる人

Corsair社のK65というテンキーレスゲーミングキーボードです。

僕が一番最初に紹介したLogicoolのキーボードと同じテンキーレスで、買おうとしたときに2択で迷っていたものです。

K65の良いところは、キーを最後まで押さなくても途中でキーが「押されたっ!」と認識してくれるんですよね。

ただ僕の場合は、ある程度押した感覚が欲しかったのでLogicoolの方を選びました。

ですがCorsairのキーボードは、スポンサーに縛られないプロストリーマーが多く使っているので使いやすさなんかも良いはずです。

プロストリーマーと同じってだけでモチベも上がりますし、FPSなんかやる人はおすすめのキーボードです。

Amazonで購入

人気プロゲーマーが使用しているゲーミングキーボード3選

超大物プロ選手やストリーマーが使っているゲーミングキーボードを3つ紹介します。

なぜ上記のおすすめゲーミングキーボード8選と分けたかと言いますと、プロ選手などは新しいものを買わず自分が選んだものを長く使っているからです。

それが当たり前なので良いのですが、今から購入するのなら昔のモデルを買うのはプロの熱いファンじゃなければしないと思うので分けてみました。

1.Corsair K70

値段¥16457~(Amazon価格)
軸種Cherry MX Speedキースイッチ
総評

使用プレイヤーは「Ninja(にんじゃ)」

Twitchストリーマーとして爆発的な人気を誇るストリーマーのNinjaが使っているCorsair社のK70です。

NinjaといえばFortniteというゲームでのアクロバティックなプレイでファンを魅了させ、たった一人で最大視聴者数10万人を超えることもあるくらいの超大物ストリーマーです。

ちなみに最大視聴者数10万はゲームの大会でもそう簡単に出せる数字ではありません。

Ninjaの最高月収は5000万超えてたこともあるみたいです

そんなNinjaが使っているK70はシンプルなゲーミングキーボードのキーの反応スピードが速いバージョンと言えます。

特にこだわるような性能が入っているわけではないですが、やはり速さが重要なFPS世界で有利になれるゲーミングキーボード言えるでしょう。

ちなみにK70は同じくTwitchの大物ストリーマーであるDr.DisRespectという同時接続者数39万人を超えた経験がある人も使っています。

Amazonで購入

2.Logicool G810

値段¥16200~(Amazon価格)
軸種Romer-Gスイッチ
総評

使用プレイヤーは「Shroud(しゅらうど)」

ストリーマーとして現在は活動中ですが、元はFPSタイトルであるCSGOというゲームのプロ選手でPUBGというゲームでストリーマーの道が始まりました。

Shroudは世界1のAIMを持っていると言われている最強選手です

普通のプレイが人間離れしすぎているんですよね。

AIMが良すぎてゲームバランスを狂わしちゃうくらいのレベルなので、誰しもが認めるFPSプレイヤーという感じですね。

そんなShroud選手が使っているLogicoolのG810ですが僕的には、一番最初に紹介したG-PKB-01にテンキーをつけた版かなという印象です。

プロと同じじゃなきゃ嫌な人や、テンキーが必要な人はこちらのほうがおすすめです。

Amazonで購入

3.Razer BlackWindow Ultimate Stealth

値段¥23100~(Amazon価格)
軸種オレンジ軸
総評

使用選手は「Faker(ふぇいかー)」

大人気タイトルLOLのプロゲーマであるFakerです。

LOLというゲームは大会賞金が大きく、総額7億越えの大会もありました。

そんなLOLというゲームの頂点に君臨していると言われているのがFaker選手なんです。

Fakerは推定年間3億稼いでいるといわれています

そんなFakerが使っているBlackwindow ultimate stealthはRazer社のゲーミングキーボードです。

軸はオレンジ軸というものを使っていて、程よいカチャカチャ音が鳴ります。

僕も一時期使っていたキーボードですが、キーの押し心地は結構良いですよ。

値段が高いのが少しネックですが、オレンジ軸にはまってしまったら買うしかないですね。

Amazonで購入

ゲーミングキーボードの選び方

ゲーミングキーボードの選び方は基本的に下記です。

選び方

  • キーの軸
  • テンキーありかなしか
  • メーカー

他のゲーミングデバイスと比べて、選び方の項目は少なめです。ですが選び方は難しいです。

その理由をひとつづつ説明していきます。

キーの軸

一番難しいのですが、キーの軸は自分に合うのがとても見つけにくいです。

キーのスイッチ感は押して確認するしかないんですけど、押して確認しても正直わかりくいんですよね(笑)

確認方法としては実際にゲームをプレイして試してみるしかないのです。

ここ最近ではゲーミングデバイスを取り扱っているお店で、実際に商品を使ってゲームをプレイできる環境などが整ってきています。

なので、キーの軸は実際にお店に足を運んで選んだほうが失敗はしにくいかなと思います。

テンキーの有無

正直、僕はゲームをするためだけならテンキーは99%いらないと考えています。

僕的にゲーミングデバイスは、キーボードよりマウスの方が大事です。

マウスは動作が必要なので机がある程度の広さ必要なのですが、キーボードがでかいせいでマウスを動かせる距離が小さくなるのはもってのほかです。

テンキー無しだと種類がモデルの減ってしまいますが、十分コスパが良いゲーミングキーボードはたくさんあるので、そちらがオススメです。

テンキーなしの方が値段も安くなりますし!

メーカー

キーボードって正直わからないと思うんですよ。

正直僕もちゃんとは理解しきれていません。

内部構造なんか考えたことありません。ですが、大手メーカーだと安心感ありますよね。

普通何か商品探すってなったらだいたい大手を最初に見ると思うのでその感覚です。

ゲーミングキーボードのおすすめメーカー5社

Corsair

主にPCパーツを販売しているメーカー。

ゲーミングデバイスの参入もここ最近ではありながら、キーボードなどは使用しているプレイヤーがいるので、もっと伸びてくるであろう企業です。

東プレ(REALFORCE)

東プレはいくつかの事業を行っていて、PC周辺機器以外にも空調機器関連製品や車のプレス関連製品などを作っている国内会社です。

コンビニのATMで計算機みたいなのあると思いますがそういったものを作っています。

正直なぜキーボード作り始めたのかは僕にもわかりません(笑)

Logicool

ゲーミングデバイスを販売しているメーカーの中でもLogicool社は1位2位を争うレベル。

世界ではLogitech(ロジテック)として名が通っていますが、日本ではロジテックという名前で商標登録があったので、日本のみLogicool(ロジクール)で展開しています。

紹介している企業の中で一番長く、主にコンピューターの周辺機器に強いメーカーです。

Razer

ゲーミングデバイスメーカーのRazer社です。

見た目のカッコよさなどのブランド力で、世界的にも人気のあるRazerは最近ではゲーミングpcの販売も行っております。

だんだんと値段が高くなっている印象があるので、ブランド力が益々強くなっていくんじゃないかなと思っています。

Steelseries

上記Razerと同様、ゲーミングデバイスメーカーのSteelseries。

マウスパッドやヘッドセットがとても人気。

新商品などを調査しているため、新商品の波に乗るのが少し遅いかなという印象。

Corsair同様、やり方次第でもっと伸びそうな企業。

ゲーミングキーボードはロジクールのテンキーレスがおすすめな理由は?

なぜおすすめか

  • シンプルに使いやすい
  • コンパクト
  • 角度を変えやすい

ただでさえゲーミングデバイスは、机の幅を取ります。

ゲーミングデバイスの中で2番目くらいに幅を取るのがキーボードです。

ですが、ロジクールのテンキーレスキーボードにしてしまえば、机の上が少し広く使えて、キーボードの角度なども大きく変えることができます。

角度はとても大事で、自分のゲームプレイ時の姿勢や指の長さなどでキーボードの角度を変えたくなることがあります。

ロジクールにこだわらなくても良いかもしれませんが、テンキーレスにすることでそのようなことを容易にできるのでおすすめというわけです。

ゲーミングキーボードはいらない?普通のキーボードとの違いは?

結論を先に述べると、ゲームをある程度本気でやるなら絶対に必要でしょう。

特にFPSならば。

ゲームの世界は0.01秒の世界と言われることも・・・

人間の反応速度はどうにかできてもコンピューターの速度はどうにもできません。

自分の反応速度が速くても使っているキーボードがゲームに特化していなければ、そこだけで負けてしまうかもしれません。

それが嫌ならゲーミングキーボードを含むゲーミングデバイスは必要と言えるでしょう。

違いとしてはこれらです。

  • キーの同時押し対応数
  • キーの軸
  • 無線は基本的にない
  • マクロキーの有無
  • キーが押された時の認識速度

簡単に言ってしまえば、普通のキーボードより優秀なだけのキーボードです。

仕事でもメリットがあるので、ゲームだけに限らずPCで仕事をしている人にもゲーミングキーボードは選ばれているのが特徴です。

ゲーミングデバイスの中では揃える優先度としては最後の方ですが決していらないというものではないので、ゲームを本気でやる人は購入しましょう。

ゲーミングキーボードを買うならAmazonがおすすめ!

ゲーミングキーボードだけに限らず、ゲーミングデバイスは基本的にAmazonで購入するほうが安いです。

順番としては

  1. ゲーミングキーボードに触れる
  2. 良いのが見つかったらAmazonで値段を調べる
  3. Amazonの方が安くてその場で欲しいなら店員さんに値段交渉

これが一連の流れです。

ゲーミングデバイスは値段交渉を有効に使いましょう。

値段交渉したことないし、恥ずかしいという人はAmazonで購入しましょう。

高くても良いならその場で購入してよいと思いますが。

お店としては他の場所より値段交渉に応じて自分のお店で買ってもらうほうが結果的にお得になると思うので。

ですが一番大事なのはゲーミングキーボードに実際に触れて自分に合うものを見つけることだということを忘れずに。

一度お家に帰って考えてからAmazonで購入をするのをおすすめします!

さいごに

ここまでゲーミングキーボードのおすすめから選び方まで説明してきましたが、何となく理解して頂けたかと思います。

僕自身ゲーミングキーボードは、何十回も買い直しているわけではありませんが、こだわって選んでいます。

今まで買ってきたゲーミングデバイスがあったからゲームはうまくなっていると実感しますし、キーボードに関しては仕事でも使いたいなと思っているほどです。

この記事を参考に良いキーボードに出会って、良いゲーミングライフを送れたらいいなと思います。

以上、「2019年ゲーミングキーボードおすすめ11選!ロジクールのテンキーレスは使いやすい?」でした!

The following two tabs change content below.
なお

なお

ゲーム大好きで現実逃避する時はいつもゲームしてる19歳。 自分が持っているパソコンやスマホを便利に使いたいので、コスパが良いガジェットを探すのにハマってます!!

-ガジェット
-, ,

Copyright© 節約ぽけっと , 2019 All Rights Reserved.