格安スマホ

動画30分見たら通信量は何GB?1GBってどのくらい?スマホを使って実際に検証してみた

更新日:

【この記事の概要】
この記事では、元ソフトバンクショップ店員の私が、スマホでyoutubeの動画を30分見たらどのくらい通信量がかかるのか検証しています。
なかなかイメージしづらい1GBという容量の目安や、通信量を抑える方法についても解説しました。

はじめに

こんにちは! 節約ぽけっと編集部のざわさん(@zawa_setsupoke)です。

 

私は1年前までソフトバンクショップで店員として働いていました。
毎月通信制限になってしまっているお客さんに理由を聞くと、大抵みなさん「動画」をよく見ています。

「通勤時間はyoutube見てる」
「お昼休みにAmazonプライムビデオでドラマシリーズ見てる」

WiFi環境がない場所で、データ使用量の大きい動画を見れば、通信制限になるのも仕方ありません。

ざわさん
あなたの通信プランは何ギガですか? 1GB? 5GB?
動画を何分見ると制限オーバーしてしまうのか知っておけば、不便な通信制限も回避することができます。

というわけで、この記事では「動画を30分見ると通信量は何GBになるか?」を、実際にスマートフォンを使って検証してみました。

 

【検証】動画を30分見たら通信量はどのくらいになるのか

それではまず、スマートフォンで動画を30分見たら通信量はどのくらいになるのか、実際に検証していきましょう。
今回はYoutubeで以下の動画を見てみました。

 

ゲーム実況者・弟者さんの「デトロイト」実況動画

この動画の再生時間・・・30分45秒

若者を中心に人気のあるゲーム実況者・弟者さんが、PS4のゲームソフト「Detroit:Become Human」を実況プレイしたシリーズの1作目を見てみます。
(※ゲーム実況プレイ動画・・・プレイヤーが豆知識やゲームをプレイした感想などをしゃべりながらプレイする動画)

動画はYoutubeの公式アプリを使って、スマートフォンの画面いっぱいに拡大表示した状態で再生します。
これを再生するのに使用した通信量を計測し、30分間の動画を見るために通信量はどのくらい必要なのかを検証していこうと思います。

 

30分間、動画を視聴・・・

まずは、のんびり動画を楽しみます。

 

視聴前と視聴後の通信量を比較する

つづいて、30分の動画視聴でどれほど通信量を使ったか確認していきます。
今回は「MyDataManager」というアプリで計測しました。

私はAndroidのスマホを使っているので上記のアプリを使用しましたが、iPhoneを使っている人には「通信量チェッカー」というアプリもおすすめです。

 

MyDateManagerで測った動画30分の通信量は?

84MB⇒574MB・・・490MB

通信量計測アプリを使って、動画を見る前と動画を見た後の合計通信量を比べてみると、490MB増えていました。

ざわさん
つまり、動画30分間で消費する通信料は約0.5GBであるということがわかりました!
ちなみにこの後、Youtubeのライブ通信(気象ニュース)も30分間見てみました。

結果は597MB⇒1090GBだったので、約0.5GB
通常の動画も生放送も、消費する通信量はほとんど変わらないようですね。

 

1GBでyoutubeの動画はどのくらい見られるのか

上の検証結果により、1GBあれば動画が1時間見られるということがわかりました。

想像以上に通信量が多くかかるんですね・・・。
動画をたくさん見る人が、すぐ通信制限になってしまうのも納得です。

たとえば5GBのプランを契約していたとして、youtubeの動画を5時間見ればそれだけで制限オーバー。
SNSやインターネットなど、他の機能も合わせて使うなら尚更すぐにオーバーしちゃいますね。

 

1GBってどのくらい?何ができるのかまとめ【ゲーム・SNSなど】

ゲームやSNSの場合、どのくらい利用すれば1GBに到達するのでしょうか。
動画がどれほど通信量を多く使うのか比較するために、詳しく見てみましょう。

 

1GBでツムツムはどのくらいプレイできる?

1GBあれば、ツムツムは41時間(約2460回)プレイできます。

  • ツムツム1回(1分)・・・0.4MB
  • ツムツム60回(60分)・・・24MB

 

1GBでパズドラはどのくらいプレイできる?

1GBあれば、パズドラは1000時間できます。

  • パズドラ1時間・・・1MB

 

1GBでTwitterはどのくらい見られる?

1GBあれば、Twitterは4時間見れます。

  • ツイッター1時間・・・250MB

1GBでLINEはどのくらい送れる?

1GBあれば、LINEのメッセージは約50万回送受信できます。

  • ライン1回・・・2KB

ちなみに、LINE電話は1時間18MBなので、55時間話せます。

 

1GBでメールはどのくらい送れる?

1GBあれば、Eメール(キャリアメール)は約20万通送受信できます。

 

意外とゲームよりSNSの方が通信量かかる

1GBあればパズドラは1000時間できるのに、twitterは4時間しか見られないようです。
ゲームの方が通信量かかるイメージだったので、ちょっと意外ですね。

TwitterをはじめとするSNSは、スクロールする度に次々画像を読み込む必要があるので、通信量が多くかかるんです。
一方ゲームは、インストールする際やアップデートには大きな通信量がかかるものの、普通に使う分にはそれほどかかりません。

ざわさん
通信量を節約しながらヒマ潰しするにはSNSよりゲームが最適、ということですね!

 

通信量1GBプランが最適な人とはどんな人か?

1ヶ月1GBで足りるのは、こんな人です。
WiFiの無い場所では主にLINEやメールなどの連絡機能を使い、ヒマ潰しにはインストール済みのゲームをポチポチやっている・・・これなら1GBで収まると思います。

1GBでは足りなそうな人は、以下も参考にしてみてください。

  • たまに5~10分の動画を見たり、LINEで画像をダウンロードしたりしたい⇒5GBプランがおすすめ
  • 出先ではいつもTwitterなどのSNSをチェックしたい⇒7GBプランがおすすめ
  • 通勤時間が長いのでWiFiなしでも動画を楽しみたい⇒10GB以上のプランがおすすめ

 

通信制限を防ぐ!自分にぴったりのプランを見つけてみよう

自分が契約しているプランの容量をオーバーしてしまうと、「通信制限」になります。
経験したことのある人ならわかると思いますが、通信制限のスマホでは通信が遅すぎて何もできなくなってしまいます。

ざわさん
通信制限は避けたいけれど、スマホ料金はできるだけ安くしたいですよね・・・!
充分な容量と安さの両方を求める人には格安SIMをおすすめします。

 

大手キャリアの1GBよりも格安SIMの7GB

上の表は、大手キャリア3社の中で特に安いドコモの料金と、私が今使っているLINEモバイルの料金を比較したものです。
それぞれ値段を見比べてみてください。

なんと、ドコモで1GB使うよりも、LINEモバイルで7GB使う方が安い
ざわさん
ほぼ同じ値段で7倍差・・・!

ソフトバンクショップ店員時代に、格安SIMユーザーのお客さんがなかなかのりかえしてくれなかったことを思い出します。
これだけコストパフォーマンスに差がつくのであれば、格安SIMに流れて戻ってこないのも仕方ないよなあ・・・。

というわけで、安く通信量のプランを上げたいなら、格安SIMがおすすめです。
他の業者も安いところはたくさんあるんですが、私自身が使っていて不自由した経験がないので、LINEモバイルなら間違いないですよ!

 

通信量を節約して動画を見る方法とは?

最後に、なるべく通信量を抑えて動画を視聴する方法を紹介します。

 

youtubeの場合:画質を下げる

youtubeで動画を見る場合、動画の画質を下げることで通信量を節約できますよ!
WiFiの繋がっていないときに自動で画質が下がるように設定する方法と、毎回手動で画質を指定する方法があります。

自動で下がるように設定する場合

WiFi環境にないときは自動的に画質が下がるように設定する方法を説明します。

手順①トップページのアカウントマークをタップ

youtubeアプリを開いた最初のページ右上、自分のアカウントアイコンをタップします。
手順②メニューから「設定」項目を選択

アプリのメニューが開くので「設定」項目をタップしてください。
手順③設定メニューから「全般」項目を選択

設定メニューが開くので「全般」項目をタップしてください。
手順④「モバイルデータの上限設定」をオン!

「モバイルデータの上限設定」をオンにします。
上の画面はAndroidのものですが、iPhoneの場合は「WiFi時のみHD再生」をオンにします。

上記の手順に沿って設定すると、動画が高画質で再生されるのはWiFiに繋がっている時のみになりますよ。

 

手動で下げる場合

動画を再生する度に、毎回手動で画質を選択することもできます。

手順①動画右上のメニューを開く

動画の右上にあるメニューをタップします。
手順②メニューから「画質」を選ぶ

メニューから「画質」という項目を選びましょう。

デフォルトは480pになっていました。
この記事の前半、30分の動画を視聴して行った検証も、画質480pで行っています。

手順③低い画質を選ぶ

480pより下の画質を選びましょう。
【参考】120pで30分の動画を見てみたら・・・

480pから120pに変えて、30分動画を見てみたら80MBしか消費していませんでした。

480pで30分の動画を見たときの通信量は約500MBでした。
つまり、画質を下げるだけで通信量を5分の1に節約できたということですね!

 

動画配信サービスの場合:ダウンロードしておく

HuluやNetflix、Amazonプライムビデオなどの動画配信サービスの場合、動画のダウンロードをうまく使えば通信量が節約できます。

なぜなら、スマホ本体に保存されている動画を見ても、通信量がかからないからです。
WiFiのある場所で事前に映画やドラマをダウンロードしておけば、1時間でも2時間でも安心して見られますね。

 

動画をダウンロードできる動画配信サービスは?

ダウンロード機能のついた動画配信サービスは増えてきていますが、できないものもあります。
以下、ダウンロード機能の有無をまとめた動画配信サービス一覧表を掲載しますので、参考にしてみてください。

動画配信サービスタイプダウンロード機能
Hulu
見放題
あり
FODプレミアム
見放題
なし
DMM見放題ライト
見放題
なし
U-NEXT
見放題
あり
dアニメストア
見放題
あり
Amazonprimeビデオ
見放題
あり
NetFlix
見放題
あり
TSUTAYAプレミアム
見放題
なし
dTV
見放題
あり
dTVチャンネル
リアルタイム 配信
なし
WOWOW
オンデマンド
なし
スターチャンネル
オンデマンド
なし
music.jp
課金制
一部あり
Gyao!
課金制
なし
ニコニコ動画プレミアム
優先会員
なし

↓表は動画配信サービスについてのまとめ記事から引用してます。興味ある方はどうぞ。

【2019年版】動画配信サービス15種を徹底比較!おすすめ動画サイトは?映画オタクが無料体験してみた

こんにちは! 節約ぽけっと編集部のざわさん(@zawa_setsupoke)です。 突然ですが、映画オタクの夢を具現化し ...

 

まとめ

スマホは便利に使えてナンボ。通信制限がかかって「激遅」の状態ではただの板です。
通信制限を避けるためには、何を使えばどのくらい通信量を消費するのか、知っておくことが重要。

たとえばyoutubeで動画を30分見ると、0.5GBも消費してしまいます。
そう思うと、スマートフォンの使い方も少し変わってきますよね。

どうしても外で動画を見たい場合は、ぜひ上で紹介した通信量節約方法を試してみてください。
格安SIMで大きめのプランを契約するのもおすすめですよ!

 

The following two tabs change content below.
ざわさん

ざわさん

節約ぽけっと編集部の通称「ざわさん」です。格安スマホ担当。映画オタク。去年の春から実家を出て一人暮らししていますが、映画にかけるお金がデカすぎるせいでジリ貧です。好きなお金映画は「マネーショート」

-格安スマホ
-

Copyright© 節約ぽけっと , 2019 All Rights Reserved.