節約術

投稿日:2020年10月19日 更新日:

【洗濯】粉洗剤と液体洗剤でコスパが良いのはどっち?おすすめの洗剤10選と効果的な洗剤の選び方をご紹介!

マッスー
ライター

マッスー

粉洗剤と液体洗剤は、どっちの方がコスパが良い?我が家に合ってる?

などと感じて、粉洗剤と液体洗剤のどちらを買うべきか迷っていませんか?

この記事では、粉洗剤と液体洗剤の違いを解説しながら、効果的な洗剤の選び方やコスパのいいおすすめの洗剤を紹介していきます。

粉洗剤と液体洗剤の違い|それぞれのメリット・デメリットは?

まず、粉洗剤と液体洗剤の特徴の違いをみていきましょう。

 洗浄力消臭効果本体価格溶けやすさ香りPH(ペーハー)
粉洗剤安め弱アルカリ性
液体洗剤高め
中性

上記の表をもとに、粉洗剤と液体洗剤のメリット・デメリットをまとめてみました。

粉洗剤のメリット

  • 弱アルカリ性で洗浄力が強い
  • 低価格でコスパが良い

粉洗剤のデメリット

  • 水に溶けにくく、洗濯物に溶け残りが付着する場合がある(すすぎの回数が増える)
  • 香りは弱めで、バリエーションも少ない
  • 洗浄力が強いため、洗濯物の繊維を痛めやすい

粉末洗剤といえば洗浄力の強さです。一回に使用する洗剤の量が少ないのでコスパの良さも抜群。

マネオ
ただし水に溶けにくいため、洗剤残りを防ぐためにしっかりすすぎが必要です。

液体洗剤のメリット

  • 水に溶けやすく、洗濯物に溶け残りがつかない(すすぎの回数を減らせる)
  • 粉洗剤より穏やかに汚れを落とすため、繊維を傷めにくい
  • 香りが強くてバリエーションが豊富

液体洗剤のデメリット

  • 洗浄力や消臭効果がやや弱い
  • 価格が高めで、詰替え用のコスパも良くない

液体洗剤の特徴は洗濯物を傷めづらいこと。水にも溶けやすく取り扱いも簡単にできます。

マネオ
ただし、粉末洗剤に比べると、本体価格がやや高いものが多いでしょう。

次の項目で、洗剤を選ぶ際に着目すべきポイントを深堀りしていきます。

ここで解説したメリット・デメリットと合わせて、粉と液体どちらのタイプが自分に合うのか考えてみましょう。

自分に合った洗剤を選ぶ7つのポイント

粉洗剤と液体洗剤のどちらが合うかは、家庭によって異なります。

以下で挙げる7つのポイントを見て、より多く当てはまる方を選ぶのがおすすめです。

洗浄力

洗浄力は粉洗剤の方が強いです。

粉洗剤の多くは弱アルカリ性のため、酸性の汚れ(皮脂・泥・油など)に強く反応して分解します。

一方、液体洗剤にも弱アルカリ性のものはあります。

しかし、水に溶けると中性に近くなってしまうため、酸性の汚れに対する反応は粉洗剤と比べると弱いです。

よって、

  • 汚れの強いものを洗うことが多い人
  • 一人暮らしで洗濯物をためてまとめ洗いをする人
  • 小さな子どもがいる家庭
  • 家族の人数が多く、洗濯物の量が多い家庭

には、粉洗剤をおすすめします!

消臭効果

基本的に、雑菌臭は液体洗剤、加齢臭には粉末洗剤が強いと言われています。

しかし、最近では

  • 粉末洗剤でも雑菌臭に効果的な成分を入れている商品
  • 液体洗剤で加齢臭対策ができる商品

が増えています。

「どちらが消臭効果に優れている」という観点で選ぶのではなく、洗濯物の臭いが気になる場合は、「消臭成分」が配合されている洗剤を選びましょう。

コスパ

商品の本体価格は、基本的に粉洗剤の方が安いです。

ただ、商品によって1回の洗濯で使う洗剤の量は異なるため、結果的に液体洗剤の方が安くつく場合もあります。

  • 「内容量÷1回の使用量」で洗濯できる回数
  • 「価格÷洗濯できる回数」で洗濯1回あたりの値段

がわかるので、コスパはどうなのか購入前に確認しておきましょう。

「1回の使用量が多くて、思っていたより洗濯できる回数が少なかった!」ということがあるかもしれません。

とはいえ、「とにかく安くて量の多い洗剤を使いたい!」という人は、粉洗剤がおすすめです。

水への溶けやすさ

水に溶けやすいのは、形状からして液体洗剤の方です。

粉洗剤でも、粒子が細かいものなら水に簡単に溶けます。

ただそれでも、溶け残りが洗濯物に付着する可能性は、液体洗剤より高いです。

さらに、溶け残りが塊となって洗濯物に当たることで、繊維を傷めることもあります。

よって、

  • 洗濯物に洗剤の溶け残りをつけたくない人
  • 洗剤の溶け残りで洗濯物の繊維を傷めたくない人

は、液体洗剤の方がおすすめです。

香り

粉洗剤より液体洗剤の方が、柔軟剤に劣らないほど香りが感じられます。

というのも、粉洗剤が重視しているのは「洗浄力」で、香りはサブ的な扱いであることが多いからです。

液体洗剤は、洗浄力において粉洗剤に一歩劣るので、香りを強くしたりバリエーションを増やしたりして、差別化を図っています。

よって、

  • 洗浄力よりも香りにこだわりたい人

は液体洗剤の方がおすすめです。

ブランド・メーカー

洗剤メーカーでは、粉洗剤と液体洗剤の両方を販売しているところが多いので、この観点では粉と液体の差はほぼありません。

花王・ライオン・P&Gのような大手メーカーになると、開発力も優れているため、粉洗剤も液体洗剤も高品質でしょう。

配合されている成分

粉洗剤・液体洗剤ともに、洗濯を補助するさまざまな成分が入っています。

たとえば

  • 蛍光剤…洗濯物の見た目の白さを際立たせる、色物には不向き
  • 漂白剤…頑固な汚れを落としきる、デリケートな繊維を傷める
  • 柔軟剤…洗濯物をふんわり洗い上げる、別で柔軟剤を買う必要がなくなる

などです。

これらの特徴を覚えておき、洗濯物によって使い分ける必要があります。

洗剤を買う前に、成分表示をしっかり確認しておきましょう。

おすすめの洗濯用洗剤10選

それでは、おすすめの洗濯用洗剤を紹介します。

特徴を表にまとめてありますので、自分がもっとも重視する項目をみるようにしてください。

ランキングの各表は、スマホの場合、横スクロールすればすべて見られます。

【第1位】スーパーナノックス 660g

出典:Amazon

タイプ洗浄力消臭効果※コスパ溶けやすさ香りブランド
メーカー
成分
液体・66回分
・洗濯1回あたり約5円
クリスタルソープライオン

※メーカー(LION)推奨の「30L(1.5kg)の洗濯物に対する使用量を10g」として計算

嵐・二宮和也さんのCMでも話題のスーパーナノックスは、「内容量の約7割が洗濯成分」という高濃度処方が売りの液体洗剤です。

濃縮された洗濯成分により、

  • えりそでの黒ずみ
  • 油性ペンでの汚れ

などもしっかり洗浄されます。

また、洗濯1回につき約5円という、圧倒的なコスパも魅力的もですね。

Amazonで購入する

【第2位】アタックZERO 610g

出典:Amazon

タイプ洗浄力消臭効果※コスパ溶けやすさ香りブランド
メーカー
成分
液体・61回分
・洗濯1回あたり約7円
リーフィブリーズ花王

※メーカー(花王)推奨の「30L(1.5kg)の洗濯物に対する使用量を10g」として計算

有名俳優を起用したCMでもおなじみのアタックZEROは、

  • 汚れゼロ
  • 生乾き臭ゼロ
  • 洗剤残りゼロ

という「3つのゼロ」を目指して作られた液体洗剤です。

中性洗剤のため、繊維を傷めることがなく、併用する柔軟剤の香りを邪魔しません。自分の好きな香りを楽しめるでしょう。

また、洗濯1回での使用量が少ないので、コスパが圧倒的に良いのも嬉しいポイントです。

ただし、臭いの原因によって効果的なpHは変わるため、加齢臭には効果が期待できません。

Amazonで購入する

【第3位】消臭ブルーダイヤ 900g

出典:Amazon

タイプ洗浄力消臭効果※コスパ溶けやすさ香りブランド
メーカー
成分
・30回分
・洗濯1回あたり約9円
クリアミントライオン酸素系漂白剤

※メーカー(LION)推奨の「30L(1.5kg)の洗濯物に対する使用量を30g」として計算

消臭ブルーダイヤは、特に消臭にこだわって作られた粉洗剤です。

匂いのもととなるタンパク質汚れはもちろん、加齢臭の消臭効果のある成分も配合しています。

「スプラッシュパウダー」という細かな粒子で、水にすぐ溶けてダマになりにくいのは嬉しいですね。

Amazonで購入する

【第4位】アタック高浸透リセットパワー 800g

出典:Amazon

タイプ洗浄力消臭効果※コスパ溶けやすさ香りブランド
メーカー
成分
・38回分
・洗濯1回あたり約10円
フレッシュフローラル花王・蛍光剤
・漂白剤
・柔軟剤

※メーカー(花王)推奨の「30L(1.5kg)の洗濯物に対する使用量を21g」として計算

アタック高浸透リセットパワーは、汗や泥の汚れや黄ばみといったしつこい汚れも落とす、強力な洗浄力が特徴の粉洗剤です。

「99%除菌」の表示からわかるように、室内干しでも生乾き臭がしにくいでしょう。

ただし、蛍光剤が配合されているため、洗濯物の素材によっては白っぽくなる場合があります。

Amazonで購入する

【第5位】部屋干しトップ 除菌EX 900g

出典:Amazon

タイプ洗浄力消臭効果※コスパ溶けやすさ香りブランド
メーカー
成分
・30回分
・洗濯1回あたり約10円
シトラスフルーティライオン・漂白剤
・蛍光剤

※メーカー(LION)推奨の「30L(1.5kg)の洗濯物に対する使用量を30g」として計算

部屋干しトップ 除菌EXは、その名の通り「部屋干し」に適した成分を配合した粉洗剤です。

洗濯物についたウイルスを落とし、生乾きの嫌な匂いを防ぐ成分が配合されています。

粉は「スプラッシュパウダー」という細かな粒子で、水にすぐ溶けてダマになりにくいです。

Amazonで購入する

【第6位】アタック高浸透バイオジェル 900g

出典:Amazon

タイプ洗浄力消臭効果※コスパ溶けやすさ香りブランド
メーカー
成分
液体・36回分
・洗濯1回あたり約12円
ハーバルグリーン花王蛍光剤

※メーカー(花王)推奨の「30L(1.5kg)の洗濯物に対する使用量25g」として計算

アタック高浸透バイオジェルは、繊維の奥まで浸透する液体(ジェル)タイプの洗剤です。

深い部分の汚れまでスッキリさせる洗浄力を持ちつつも、液体洗剤らしく繊維を傷めにくく、洗い心地は穏やかです。

ただし、蛍光剤が配合されているため、洗濯物の素材によっては白っぽくなる場合があります。

Amazonで購入する

【第7位】ハイジア 660g

出典:Amazon

タイプ洗浄力消臭効果※コスパ溶けやすさ香りブランド
メーカー
成分
液体・66回分
・洗濯1回あたり約15円
ミンティハーブライオン

※メーカー(LION)推奨の「30L(1.5kg)の洗濯物に対する使用量10g」として計算

ハイジアは、特に防臭にこだわった液体洗剤です。

「プレミアム抗菌」作用で洗うたびに洗濯物が菌に強くなるため、湿った嫌な匂いの発生を防きます。

さらには、"多糖分解酵素”を配合することにより、洗濯槽をカビから守ってくれる効果も高めています。

洗濯槽の汚れが気になる人にもおすすめです。

Amazonで購入する

【第8位】ボールドピュアクリーンボタニア 600g

出典:Amazon

タイプ洗浄力消臭効果コスパ溶けやすさ香りブランド
メーカー
成分
洗濯1回あたりの表記なしピュアグリーンP&G

ボールドピュアグリーンは、部屋干しに対応できて、香りも長続きする高機能な粉洗剤です。

漂白剤や蛍光剤などが配合されていないので、繊維を必要以上に傷めることはありません。

また、この商品はエコにこだわっており、プラスチックスプーンをなくすことで、プラスチックの削減にも取り組んでいます。

Amazonで購入する

【第9位】サイエンスプラス7 600g

出典:Amazon

タイプ洗浄力消臭効果コスパ溶けやすさ香りブランド
メーカー
成分
洗濯1回あたりの表記なし無香料P&G漂白剤

サイエンスプラス7は、アリエールがファブリーズと共同開発した粉洗剤で、強力な洗浄力と消臭力が特徴です。

配合された酸素系漂白剤は、塩素系漂白剤よりも漂白力は劣りますが、繊維を傷めることなく漂白できるため、色柄物の洗濯にも使えます。

Amazonで購入する

【第10位】フレグランス ニュービーズ 850g

出典:Amazon

タイプ洗浄力消臭効果※コスパ溶けやすさ香りブランド
メーカー
成分
・40回分
・洗濯1回あたり約45円
・ローズ&マグノリア
・ミューゲ&カモミール
花王柔軟剤

※メーカー(花王)推奨の「30L(1.5kg)の洗濯物に対する使用量21g」として計算

フレグランスニュービーズは、「花のもっともきれいな瞬間の香りをブレンドした」という、香りにこだわりのある洗剤です。

柔軟剤が配合されているので、洗い心地はふんわりしますし、すすぎが1回で良いので時短にもなります。

この商品には粉タイプもありますが、水への溶けやすさを考えれば液体タイプの方がおすすめです。

Amazonで購入する

まとめ

粉洗剤と液体洗剤のコスパに関してまとめると

  • 商品の本体価格が安くて量が多いのは粉洗剤
  • 洗濯1回にかかる使用量と費用でみると、液体洗剤が安い場合もある

となります。

そのため、コスパだけで洗剤を選ぶのではなく、自分が重視したい項目にも着目したうえで、粉洗剤と液体洗剤を選ぶようにしましょう。

この記事を書いた人

マッスー
マッスー
元気な引きこもりWebライター兼Web編集者。出版社に約10年勤めたものの、会社の環境が合わなくなり、ストレスで体を壊して退社。ただまぁ、せっかく身につけたスキルは活かしたいよなぁということで、フリーランスとして記事を書いたり校正したりと、なんやかんやで文章に関わる仕事をしてます!パソコンをカタカタしながら、お気に入りの音楽を聞き、お気に入りのコンビニスイーツ&フルーツを食べるのが至福のとき。

-節約術
-, ,

Copyright© 節約ぽけっと , 2021 All Rights Reserved.