コラム

投稿日:2020年10月11日 更新日:

クラウドソーシングで副業するのにおすすめのサイト6選!メリットと注意点も把握しておこう

マッスー
ライター

マッスー

結婚後、子供を持つことや自分たちの老後を考え、「副業をして少しでも多く貯金しておきたい!」と考える人は多いはず。

副業を見つけるのに役立つのがクラウドソーシングサイトですが、いくつもあるのでどのサイトを使えば良いのか迷っていませんか?

この記事では、おすすめのクラウドソーシングサイトを紹介するとともに、クラウドソーシングで副業するメリットや注意点も解説していきます。

これからクラウドソーシングで副業を始めたいという人は、ぜひ参考にしてみてください。

クラウドソーシングとは?

クラウドソーシングとは、企業などがインターネットを通して、不特定多数の第三者に仕事の発注をすることです。

最近では、企業だけでなく個人も、ネット上で仕事の発注をすることが増えました。

こうした仕事を発注する側と、仕事を請け負いたい側を結びつけてマッチングさせるのが、クラウドソーシングサイトです。

副業探しにおすすめのクラウドソーシングサイト6選

クラウドソーシングサイトはたくさんありますが、ここでは特に副業におすすめのサイトを6つご紹介していきます。

6つ全部を無理に使う必要はありませんが、この中から数個選んで登録しておくと良いでしょう。

クラウドワークス

出典:公式サイト

会員数100万人超
案件数・仕事の種類は246種
・10万社が仕事を依頼
手数料基本は報酬額の20%
主要な案件・データ入力
・ライティング
・ロゴ作成
・アプリ開発

クラウドワークスはクラウドソーシングサイトの大手です。

案件数もジャンルの豊富さもトップクラスで、自分のできる仕事をきっと見つけられるでしょう。

案件の形態には

  • プロジェクト(固定報酬制・時間単価制)
  • コンペ
  • タスク

があります。

このうちの「タスク」は、口コミ投稿やアンケート回答などサクッとこなせるものなので、副業で取り組みやすいでしょう。

また、商品レビュー、データ入力などスマホだけでできる案件もあるため、通勤途中や外出先での空き時間でもポチポチお金を稼げます。

これらを定期的に続けていけば、月に数万円は安定して稼ぎ続けられるでしょう。

また、

  • 事前仮払い
  • 本人確認書類提出

などの制度があり、初心者でも安心して仕事ができますよ♪

クラウドワークスの公式サイト

ランサーズ

出典:公式サイト

会員数50万人以上
案件数・仕事の種類は277カテゴリ
・24万社が仕事を依頼
手数料基本は報酬額の20%
主要な案件・HP作成
・ロゴデザイン
・アプリ開発
・イラスト作成
・記事ライティング

ランサーズは、クラウドワークスと肩を並べる日本最大級のクラウドソーシングサイトです。

主要なジャンルがクラウドワークスと少し異なるので、両方に登録しておいてジャンルによって使い分けると、案件の取りこぼしが減るでしょう。その他、

  • 未経験者でもできる案件が多い
  • スカウト制度がある
  • 認定ランサー制度がある

などの特徴があります。

ランサーズの公式サイト

ココナラ

出典:公式サイト

会員数150万人以上
案件数・仕事依頼の制約実績が420万件
・出品サービス数は30万件
手数料基本は報酬額の25%
主要な案件・デザイン
・イラスト
・Webサイト制作
・ライティング
・占い

最近CMで目にする機会も多くなったココナラは、自分のスキルを500円から販売できるサービスです。

  • 仕事の愚痴聞き
  • 恋愛相談
  • ゲームがうまくなるアドバイス

など、一見すると「お金をもらってもいいのかな?」と思うようなちょっとした内容でも、ココナラでは販売できます。

クラウドソーシングサイトでの副業を初めて行う人に最適なサイトです。

しかし、システム手数料が25%と高めなので、単価設定が低すぎると稼ぐのは難しいかもしれません。

ココナラの公式サイト

シュフティ

出典:公式サイト

会員数31万人超
案件数・参加企業は1万社超
・案件数は常時10万件以上
手数料一律で報酬額の10%
主要な案件・データ入力
・ライティング
・デザイン
・Web制作
・翻訳

シュフティはその名の通り、主婦のワーカーをターゲットにしたクラウドソーシングサイトです。

案件のジャンルは少ないですが、比較的スキル不要な内容が多いので副業を始めやすいです。

また、手数料が一律で報酬額の10%という安さも大きな魅力です。

シュフティの公式サイト

Bizseek

出典:公式サイト

会員数1,000人ほど
案件数2,000件ほど
手数料報酬額の5~10%
主要な案件・Webデザイン
・グラフィックデザイン
・ライティング
・軽作業
・買い物代行

ビズシークは、会員数も案件数も小規模なクラウドソーシングサイトです。

ガッツリ稼ぎたいのならクラウドワークスやランサーズの方がおすすめですが、ビズシークが育ったときのために、今のうちから案件をこなして実績を積んでおくのも良いでしょう。

手数料がかなり安いのも魅力なので、サブ的に使うクラウドソーシングサイトという扱いがおすすめです。

Bizseekの公式サイト

サグーワークス

出典:公式サイト

会員数ライターは27万人以上
案件数発注企業数は累計3,400社以上
手数料なし
主要な案件記事作成のみ

サグーワークスは、数ある副業でも特に人気の「ライティング」に特化したクラウドソーシングサイトです。

登録したライターはランク付けされていて、ランクが上がるごとに高い文字単価の仕事をもらいやすくなります。

記事の納品が済んで発注元から承認されれば報酬としてポイントが付き、ある程度溜まったところで換金という流れです。

ポイント制というのは少々面倒ですが、手数料が無料なので「ライティングで稼ぎたい」という人におすすめします。

サグーワークスの公式サイト

初心者におすすめの副業5選

ここでは、クラウドソーシングサイトにある案件のうち、副業を始めたばかりの初心者でも挑戦しやすいものを5つ挙げていきます。

アンケート回答

クラウドソーシングサイトでは「タスク」扱いになっていることが多いアンケート回答。

単価は1件数十円~数百円と低めですが、数分で答え終わるものが多いので、すきま時間でもサクッと済ませられます。

ジャンルを問わず、たくさんのアンケートをこなすのが稼ぐためのコツです。

データ入力

データ入力は、インターネットで調べた情報などを決まったフォームに入力するのが主な仕事です。

自分で考える必要がなく、淡々と作業をこなすだけなので、特別なスキルや経験がなくてもできます。

1件の入力の単価は数円~数十円という安さなので、まとまった金額を稼ぐにはとにかく数をこなすのが必要です。

ライティング

「ライティング」と聞くと、長い記事を書かなければならないと感じる人もいるかもしれませんね。

ただ、クラウドソーシングされているライティングの中には、

  • レビュー投稿(商品、テレビ番組、マンガなど)
  • 体験談
  • Twitterの投稿文

などの「短い文章でOK」「特別な知識が必要ないテーマ」という案件がいくつもあります。

単価は数十円~数千円とピンきりですので、できるだけ単価の良い案件に挑戦していきましょう。

キャラクターデザイン

イラストを描くのが得意なら、キャラクターをデザインする仕事もおすすめです。

  • 企業やイベントのイメージキャラクター
  • SNSのアイコン
  • YouTube用のマンガ

など、キャラクターが必要になる機会は多いので、クラウドソーシングサイトでも案件はたくさんあります。

報酬は数千円~数万円と幅があります。

自分がイラストを描くのにかかる時間を考慮に入れた上で、案件を選ぶようにしましょう。

ネーミング

ネーミングとは

  • 企業名
  • ブランド名
  • 商品名

などを考える案件です。

センスやひらめきが必要なので、短時間でパッと良いアイデアが浮かぶかもしれませんね。

ただ、ネーミングはコンペ形式(クライアントに採用された人だけが報酬を受け取れる)の場合が多いので、名前を考えてもお金になるとは限りません。

いろいろ応募して、「採用されたらラッキー」くらいのスタンスでいるのがおすすめです。

クラウドソーシングを利用するメリット

クラウドソーシングサイトを使って副業を探すことには、以下のようなメリットがあります。

  • 好きな時間と場所で働ける
  • 人間関係でのストレスが少ない
  • 実績の積み上げやスキルアップがしやすい

それでは、1つずつ見ていきましょう。

好きな時間と場所で働ける

クラウドソーシングサイトの案件のほとんどが、働く時間も場所も自由にできるタイプのものです。

自宅での作業に飽きたなら、近所のカフェに出かけて仕事をしても良し。

「昨日は昼間に仕事をしたけど、今日は夜しか仕事できないな」と、仕事をする時間を動かすも良し。

働く時間や場所が限定されている、社員・アルバイト・パートにはないメリットです。

人間関係でのストレスが少ない

クラウドソーシングサイトを利用すると、発注元とのやり取りはほぼWeb上で完結します。

対面で直接関わる機会がほぼないということは、人間関係でのストレスを感じる機会がほぼないということです。

とはいえ、メールなどを使って最低限のコミュニケーションは取る必要があるため、その際は丁寧で誤解を与えないやり取りを心がけましょう。

実績の積み上げやスキルアップがしやすい

クラウドソーシングサイトで得意ジャンルの案件を集中してこなすと、ジャンルについての実績やスキルがどんどんアップしていきます。

実績やスキルが上がれば、より高単価な仕事を得られる可能性が高くなるのです。

会社に勤めているときは、どの仕事内容でもそつなくこなす働き方が求められます。

しかし、クラウドソーシングで副業を行う際は、「この仕事ならこの人!」と思ってもらえる「スペシャリスト」の方が稼ぎやすいです。

自分でジャンルを絞って仕事を探せるというのは、会社で働くことにはないメリットですね。

クラウドソーシングで稼ぐ4つのコツ

クラウドソーシングでの副業をスタートさせた直後は、なかなか案件が取れずに稼げないことが多いでしょう。

しかし、ここで紹介する4つのコツを押さえて地道に続けていけば、案件は必ず取れるようになります。

始めは単価を気にせず経験を積む

クラウドソーシングサイトで仕事を探し始めたばかりのときは、低単価の案件でも気にせずどんどん応募してみましょう。

実績の少ない人は「本当にできるのか?」「任せて大丈夫なのか?」と発注元に思われがちなため、仕事を取りにくいです。

となれば、低単価であっても案件をこなしていき、実績を積み上げていくしかありません。

低単価の案件は採用のボーダーラインが緩いため、数を打っていけば必ず仕事は取れます。

とはいえ、ずっと低単価の案件を受け続けても稼げないので、ある程度の実績を積めたら

  • 単価を上げる
  • 単発ではなく継続案件を探す

という方向にシフトしていきましょう。

クラウドソーシングのプロフィールを充実させる

クラウドソーシングでは発注元と顔を合わせて話す機会はほぼないので、自分がどんな人間であるかを知ってもらう材料は「プロフィール」がメインです。

もし、プロフィールに必要な情報が何も書かれていなければ、たとえどんなスキルがあったとしても気づかれませんし、そもそも信用されません。

プロフィールには

  • 保有するスキル
  • 経歴や実績
  • 稼働可能な時間(週に○時間など)
  • 希望する報酬額(時給○円以上、記事1本で○円など)

など、仕事で自分がどこまでできるかをしっかり記載しておきましょう。

クライアントとこまめに連絡をとる

仕事の疑問点や相談事があれば、発注元に連絡するようにしましょう。

「たぶん、こういう意味だろう」という推測で仕事を進めた結果、「修正してください」と突き返されてしまうかもしれません。

お互いの二度手間をなくすためにも、疑問点が出てきたら必ず連絡をとって確認しましょう。

なお、確認や質問をするときは

「これって何ですか?」

「どうしたらいいですか?」

などの曖昧な聞き方は避け、

「私はこうだと思っているんですが、それで正しいですか?」

「Aというやり方とBというやり方がありますが、どちらをご希望ですか?」

など、発注元が答えやすい聞き方をすると、より信頼性が増すでしょう。

納期を必ず守る

クラウドソーシングで仕事を受ける際、発注元が指定する納期は必ず守るようにしましょう。

発注元は納期までに納品される前提で仕事を進めているので、それがずれ込んでしまうとその後の作業にも影響してしまいます。

とはいえ、急な体調不良や身動きが取れない事態の発生など、どうしようもない場合もあるでしょう。

そういう時でも、

「納期に間に合わすことができない」

「納品まで○日いただきたい」

などを必ず連絡するようにしてください。

クラウドソーシングで副業を探す際の注意点

クラウドソーシングで副業をするのにはいくつものメリットがありますが、同時に注意すべき点もあります。

本業の会社の就労規約を確認する

本業として勤めている会社は副業を認めているのか、就労規約などを読んで確認しておきましょう。

副業解禁が大々的に促進されていても、「副業NG」としている会社はまだまだ多いです。

その場合は、仕事内容を考えた上で副業を選ばなければなりません。

以下の記事に、副業NGの会社だった場合の対処法などがまとめてありますので、ぜひ読んでみてくださいね。

副業は会社にバレない?会社にバレずに副業する方法とは

はじめに 生活費の足しや、将来に備えるために副業を検討している人も多いと思います。 会社から受け取る給料だけでは足りなく ...

一定額以上稼いだら確定申告する

「副業での収入はお小遣いレベル」という人が多いですが、副業の収入が20万円以上になった場合は確定申告が必要です。

もし、20万円以上を副業で稼いだにもかかわらず確定申告をサボると、後でバレたときにペナルティとして、本来の納税額以上の支払いが請求されてしまいます。

ただ、会社員には確定申告が必要ないので、初めて行う確定申告に対していろいろな不安や疑問が出てきますよね。

以下の記事に、クラウドソーシングで副業をした際の納税についてまとめてあります。

在宅ワーク・内職の税金をFPが解説!いくら稼いだら確定申告が必要?

在宅ワークで収入を得て税金が発生したら、確定申告をして、税金を納めなければなりません。 しかし、どんな税金がかかり、いく ...

悪質なクライアントに引っかからないようにする

仕事をクラウドソーシングする会社や個人が増えてくると、中には

  • 極端に低い報酬を提示してくる(1,000字の記事1本で200円など)
  • 納品直後に連絡が取れなくなり、報酬を支払わずに消える

などの悪質な発注元も出てきます。

そうしたトラブルをなるべく避けるためには

  • 低報酬の案件を受ける回数を決めておく(実績ができたら低報酬の案件を受けない)
  • 事前仮払いシステムがあるクラウドソーシングサイトを利用する

など必要な対策を取るようにしましょう。

まとめ

この記事で紹介したどのクラウドソーシングサイトで副業を探すかは、

  • 案件数
  • 案件のジャンル
  • 報酬にかかる手数料

などを考慮に入れて決めましょう。

複数のサイトに登録して、「他のサイトにはない案件」を取りこぼさないようにしてくださいね。

この記事を書いた人

マッスー
マッスー
元気な引きこもりWebライター兼Web編集者。出版社に約10年勤めたものの、会社の環境が合わなくなり、ストレスで体を壊して退社。ただまぁ、せっかく身につけたスキルは活かしたいよなぁということで、フリーランスとして記事を書いたり校正したりと、なんやかんやで文章に関わる仕事をしてます!パソコンをカタカタしながら、お気に入りの音楽を聞き、お気に入りのコンビニスイーツ&フルーツを食べるのが至福のとき。

-コラム
-, ,

Copyright© 節約ぽけっと , 2020 All Rights Reserved.