ネット通販

「Amazon」と「楽天」お得に買い物するならどっち?違いを比較してみた!

更新日:

【この記事の概要】この記事ではAmazonと楽天で買い物をする場合、どちらがお得に買い物ができるのか、2つのサイトの違いを徹底的に比較しました。

はじめに

ネット通販は何処を使っていますか?と聞かれたらほとんどの人が「Amazon」か「楽天」と答えると思います。

かくいう私も欲しいものがある時はだいたいAmazonか楽天のどちらかを利用しています。

なんといってもとにかく便利、この一言に尽きます。

テレビやネットを見ていて急に「あ、これ欲しいな」って思う時ありませんか?

そんな時、買い物に行かずにAmazonか楽天で商品を調べてポチポチするだけで購入出来るって凄い便利ですよね。

ただネット通販って色々なサイトがあって何処を使えばいいか迷いませんか?

私は未だにAmazonと楽天どっちの方が使い勝手がいいのか迷っています(笑)

なので今回はAmazonと楽天、どちらの方が使い勝手がいいのか、品揃えや値段も踏まえて比較していきたいと思います!

Amazonと楽天の違いを比較してみた!

私が使い続けているAmazonと楽天、どちらの方が使い勝手が良いか色々な視点で比較してみました!

サイトデザイン

まずサイトデザインに関してですが、正直な所Amazonも楽天もそこまでの違いが無く比較が難しくなっています。

というよりも使いやすさという点ではほぼ同じようなものになってしまうんですよね。

カテゴリ、ピックアップ、人気ランキング等、使い勝手を良くするために必要と思われる機能は両サイトともに備えられています。

ただし!実はAmazonと楽天って「決定的に違う部分」があるんです。

それはビジネスモデルの違いです。

「ビジネスモデルって何?」と思うかもしれませんが、簡単に言うとAmazonは超大型店舗(Amazonという1店舗)で、楽天市場は超大型ショッピングモール、言わば色々なお店の集合体となっています。

実はこの違いがサイトデザインにも大きく関係していています。

Amazonは1店舗なのでサイトデザインは1種類だけで、いつも皆さんが見てるAmazonがメインです。

楽天市場はショッピングモールのような形なので、お店ごとにサイトデザインが違うんです。

お店の数だけサイトデザインも違いますので楽天市場のサイトデザインと言っても全く別物になります。

Amazonと楽天のサイトデザイン、メリットデメリット比較表

メリットデメリット
Amazon1種類のサイトデザインしか無いため、使う時は凄くわかりやすい。どの商品でも同じ形式で表示されるので見やすい。他のサイトに飛ぶ事もありませんし使う人が迷わないのがGOOD。サイトデザインが1種類しかない為、飽きる。また使いにくいと感じている人にとってはずっと同じサイトデザインなのでずっと使いにくいサイトになってしまう。
楽天市場複数のサイトデザインがあるので見ていて楽しい。別サイトを見ている感覚なので飽きずに色々なサイトを見て回る事が出来る。目を惹くデザインが多いのですが、別サイトを見ている状態なので購入など少し迷ってしまう事も。

サイトデザインが1種類しかないAmazon、サイトデザインが複数ある楽天、比較してみましたがどちらも一長一短だと思います。

両方のサイト共に慣れれば問題なく利用できますのでココは私的には引き分け!といったと事でしょうか。

沢山のサイトを楽しみたい人は楽天、1つのサイトでじっくり見たいという人はAmazonを利用するのが良いと思います。

商品検索の機能

カテゴリ、ランキング等基本的な検索機能はそこまでの差はありませんが、「商品一覧ページ」においてその差は歴然としています。

「〇〇」で検索した場合の比較表

?メリットデメリット
Amazon「画像、商品タイトル、価格、評価」と一目でわかる状態になっています。必要な情報しか記載されていないのでとにかく「見やすさ」を追求した感じです。欲しい商品をクリックするとそのまま購入ページに飛べるのも手間がかからなくて良いです。見やすさを追求した分、画像が少ないのと商品自体があまり強調されていません。「〇%OFF」「〇〇金賞受賞」「ランキング〇位」なんかのアピールポイント等もありませんので、その商品がどんな商品か少しわかりにくい。
楽天市場「画像、商品タイトル、価格、評価」と一目でわかる状態にはなっており、画像に色々な情報が記載されています。例えば「〇〇円OFF」など。また、商品をクリックするとその商品専用のページに飛び、かなり詳しい情報まで見る事が出来ます。どれだけ売れているか、どれだけ人気なのか、どれだけ割引されているかなど、凄まじい情報量が載っています。凄まじい情報量が記載されてはいますが、情報過多な感じは否めません。詰め込み過ぎというか、強調しすぎて肝心の商品購入するのが少しわかりにくくなってます。それと商品ごとに違うサイトに飛ぶような錯覚を覚えますので、そういった部分ではクリックしたり探したりするアクションが多くなってしまうので手間が増えてしまいます。

見やすさ、手軽に購入したいならAmazon。じっくり情報が知りたい、知り尽くしてから購入するなら楽天が良いと思います。

レビューの信頼性

レビューの信頼性、という点ではAmazonに軍配が上がります。

というのもAmazonはレビューを書いてもユーザーにとっては「利益が無い」為、レビューを書く人は本当にその商品を「気に入った人」か「気に入らなかった人」です。

Amazonの評価に☆3~4が多いのは「本気で書く人が多いから」です。

その分内容も非常にわかりやすいですし、信頼する事が出来ます。

逆に楽天市場だと「レビューを書いたら送料無料」などのキャンペーンをやっている事もあり、レビューの量は凄いことになっています。

Amazonのレビューは多くても100件くらいなのに対して、楽天は多いと10,000件を超えます(笑)

ただ「レビューを書いたらメリットがある」からとりあえず適当にレビューを書く人が多いんです。

本気で書く人が少ないから参考になりにくいですし、評価の星が4~5ばっかりなのも適当に評価している人が多いからという事ですね。

実際に私もAmazonでレビューを書くときは「本当に良いもの!」と思った時だけですし、楽天で書く時は購入した商品に適当に書いてます(笑)

 メリットデメリット
amazonレビューを書いてもユーザーには利益が無い為、レビュー数は少ない。その代わり書く人は本気で書くのでかなり信頼できる。ユーザーにとってレビューを書くメリットがないので、そもそもメリットを書く人が少ないので、いくら信頼性が高くても参考にしにくい時がある
楽天レビューを書くと楽天では送料が無料になったりと特典があります。その為購入したほとんどの人がレビューを書いているので、レビュー数はかなり多いです。多いと1万件をこえますレビュー数はかなり多いですが、メリットの為に書いてる人がほとんどなので本気で書いている人が少なく適当なレビューが多いです。その為信頼性はかなり低くなっています。

品揃え

数年前までなら圧倒的に楽天の方が品揃えが良かったのですが、近年Amazonの品揃えが楽天に迫りつつあります。

Amazonはだいたい1.5憶~2億種類楽天は2億種類以上と言われています。

正直ここまで種類があったら私たち一般人にすると良くわからない領域ですよね(笑)

10種類と20種類!とか言われたら絶対20種類を選びますが、億っていう単位になってる時点でもうどっちも一緒に感じます(笑)

ただここでも比較するという事であれば、品数が多い楽天に軍配があがります。

とはいえ、Amazonと楽天、得意なジャンルが完全に分かれていますのでそこで差別化が出来ます。

Amazonであれば書籍や映像作品(映画など)が非常に豊富で、楽天はオールジャンルではありますが、あえて言うなら飲食物やファッション関係が多く取り揃えられています。

ただし、両方とも凄まじい品数ではありますので、そこまで気にする事はないかもしれません。

 メリットデメリット
amazon1.5億~2億もの品揃えがあるあまりにも種類が多すぎて逆に選びにくくなってしまっている
楽天2億種類以上の品揃えがあるあまりにも種類が多すぎて逆に選びにくくなってしまっている

価格の安さ

どんなサイトやお店でもそうだと思うんですけど、販売している「商品の種類」によって安いか安くないか変わってきます。

Amazonと楽天どっちの方が安い?と聞かれるととっても難しいんです。

一応サイト毎の安い商品の傾向として、Aamazonは「飲食料品、映像作品」が安く、楽天は「日用品、衣服」が安い傾向にあると思います。

これも時期によって変わってくると思いますので、実際にどっちが安いか見比べてみるのが一番良いと思います。

特にキャンペーンとかやってる場合もあるので、そこはチェックした方が断然お得に購入できます!

 メリットデメリット
amazon全体的に安いですが、特に飲食料品、映像作品が安く購入出来る。キャンペーン商品が安くなっているので毎日チェックする方がお得。特になし
楽天日用品、衣服が特に安くなっていますが、価格競争が起きてるのでかなりの種類が安くなっている事が多い。キャンペーン商品が安くなっているので毎日チェックする方がお得。特になし

ポイントの還元率

結論から先に言うとこれは圧倒的に楽天の方が良いと思います。

その理由は簡単で、Amazonは「特定の商品を購入した時しかポイントがつかない」んですが、楽天は「全ての商品でポイントがつく」んです。

ただAmazonはほとんどポイントがつかないの?というわけではありませんのでそこは注意です。

商品によってはAmazonの方がついたりします。

ただ全体的に見ると楽天の方がポイントは優れていると思いますので、ポイントが大切!という人は楽天の方がオススメです。

 メリットデメリット
amazon 特定の商品を購入した時にポイントが付く特定の商品を購入した時しかポイントがつかないので、ほとんどポイント還元は期待できない 
楽天 楽天で販売されている全ての商品でポイントがつく上に、キャンペーンが多く還元率が高い ポイントキャンペーンが多く複雑になっている為わかりにくい

商品配達の早さ

Amazonと楽天、商品配達はどっちが早いのか気になりますよね。

使ったことがある方はわかると思いますが、Amazonも楽天も通常配送の場合はだいたい2~4日で商品が届きます。

急いでいる場合はAmazonだと「お急ぎ便」楽天だと「あす楽」と言われる優先的にお届けしてくれるサービスがあります。

Amazonのお急ぎ便だと翌日住んでいる地域によっては当日に商品が届く事もあります。

楽天も翌日には商品が届きますが、当日に届くという事はありません。

どちらが良いか?と比較するのであれば僅差ですが当日に届く可能性のあるAmazonの方が優れているのではないでしょうか。

ちなみに私はAmazonプライム会員なので常にお急ぎ便で翌日に届くようになってます(ドヤァ)

 メリットデメリット
amazon お急ぎ便で地域によっては当日に商品が到着する場合がある。お急ぎ便にするとプライム会員なら無料ですが、通常会員だと費用がかかってしまう。 
楽天 あす楽で翌日には商品が到着する amazonのように即日到着がない

キャンセルや返品等の対応

キャンセルや返品の対応と言いますか、どっちが簡単に出来るかというとAmazonの方がとても簡単です。

その理由はAmazonの場合、注文キャンセルはマイページで簡単に行えますし、手元に届いてから「思ってたのと違うな・・・」と思った場合でもAmazonに連絡すれば比較的簡単に返品が出来ます。

楽天の場合、注文キャンセル、返品共に「楽天ではなく店舗の人と連絡しなければならない」のです。

楽天は小さいお店の集合体なので、商品によって店舗が違うので楽天に言っても意味がないので手間がかかります。

勿論「キャンセル、返品出来ない」というわけではないのでそこは安心してください。

マイページで簡単にキャンセル返品できるAmazon。

商品ごとに店舗が違うので、店舗に連絡しないとキャンセル返品出来ない楽天。

やっぱりAmazonの方が優秀だと思います。

 メリットデメリット
amazon 注文のキャンセルがマイページで行えるので凄く簡単な上に、返却も連絡すれば簡単に出来る特になし 
楽天 電話すればしっかり対応してくれる 楽天ではなく店舗の人と連絡をしなければならないので、少し面倒に感じる場合がある

amazonと楽天のシェア率

amazonと楽天と言えば世界的にシェアを争っているのですが、実際にはどちらの方が大きいかを見ていきましょう!

・日本でのシェア率

2018年8月にニールセンデジタルという企業が「国内におけるECサイトの利用実態調査」を公表しました。

それによるとamazonと楽天の利用者数は両方ともに「4000万人」という結果になったようです。

かなり詳細にお伝えすると

amazon=4079万人

楽天=4028万人

となりますので、若干数ではありますがamazonの方がシェア率が高いようです。

日本の18歳~64歳の利用者から算出されており、amazon、楽天ともに利用者は「56%」だったようです。※100%を超える理由は1人が両方使う事が多いから

ちなみに第3位のシェア率を誇るのはYahooショッピングで、2645万人の37%だったようです。

・世界的なシェア率

日本ではamazonと楽天はかなりの接戦でしたが、実は世界的に見ると圧倒的な差があるんです。

2015年に発表された世界全体のシェア率を見るとなんとamazonが13%に対して楽天は1.5%にしか達していなかったのです。

単純に楽天の10倍近くのシェアをamazonが有しているという事になります!

日本では接戦でしたが世界的に見るとこんなにも差が開いているんですね。

ちなみにですがamazonは世界1位のシェア率を誇るようです!※中国、ロシア、ブラジルなどを除けばほとんどの国でamazonが1位

実際に同じ商品の価格を比較してみた!

先程も少しお話した商品の価格の安さについて、実際に比較してみましたのでご紹介します!

比較対象商品はAmazonと楽天で売られている「水・食料品・日用品・家電」の4つです!

全く同じ商品の比較なのでご参考に!

水の比較

Amazon「いろはす」の値段 555ml 24本入 1,824円

楽天「いろはす」の値段 555ml 24本入 1,990円

Amazon1,824円に対して、楽天は1,990円でした。

その差およそ166円でAmazonの方が安い結果です。なので水の安さはAmazonの勝利です!

次は食料品を比較してみましょう!

Amazon ROYCE'(ロイズ) バトンクッキー50枚[2種詰合せ] 2,033円

楽天 ROYCE'(ロイズ) バトンクッキー50枚[2種詰合せ] 3,000円

Amazon2,033円に対して楽天は3,000円という結果で、Amazonの方が安い結果となりました!

続いては日用品の比較をしてみましょう!

Amazon ネピア 鼻セレブ ティシュ 400枚 (200組) × 3個パック × 10個入 7,090円

楽天 ネピア 鼻セレブ ティシュ 400枚 (200組) × 3個パック × 10個入 5,700円

ティッシュペーパーの鼻セレブはAmazon7,090円、楽天が5,700円と楽天に軍配が上がりました!

その差は1,000以上もありますのでこれは大きいですね。

最後は家電製品の比較です!

Amazon ダイソン 掃除機 コードレス Dyson Cyclone V10 Fluffy  52,662円

楽天 ダイソン 掃除機 コードレス Dyson Cyclone V10 Fluffy  61,080円

こちらはAmazonの方が安い結果になりました。

比較表

 amazon楽天
「いろはす」の値段 555ml 24本入1,824円 1,990円
ROYCE'(ロイズ) バトンクッキー50枚[2種詰合せ]2,033円3,000円
ネピア 鼻セレブ ティシュ 400枚 (200組) × 3個パック × 10個入7,090円5,700円
ダイソン 掃除機 コードレス Dyson Cyclone V10 Fluffy52,662円61,080円

今回調べた結果では「いろはすはamazonに軍配が上がり」「クッキーはamaoznに軍配軍配が上がり」「ティッシュは楽天に軍配軍配が上がり」「掃除機はamazonに軍配が上がり」ました。

こうしてみると3/4がamazonの方が安いという結果になっておりますので、総合的にamazonの方が安いという比較結果になりました。が、他の商品だと楽天の方が安くなる事も多くあると思います。

商品ごとにAmazon,楽天が得意とする分野が違いますので、そこは使い分けをするのが一番賢い選択かもしれません。

ちなみに私は「Amazonでは日用品、電化製品、映画や書籍」を購入して、楽天では「スイーツや現地直送フルーツ、ファッション関係」を購入しています!

どっちか比較して、よりお得になる方を使っていくのが一番ですね!

それぞれのクレジットカードの還元率を比較してみた!

ここではAmazonと楽天、それぞれのクレジットカードの還元率を比較してみましょう。

Amazon MasterCardクラシック

Amazonカードは「Amazonクラシック」と「Amazonゴールド」の2種類あります。

Amazonクラシックは年1回購入すると年会費無料ですが、Amazonゴールドは年会費10,000円もします。

この二つのカードはポイント還元率に差はありませんので、今回はAmazonクラシックで比較させていただきます!

Amazonクラシックの比較ポイントとしては以下の3つがあげられます。

  • 年会費初年度無料、2年目からは年会費1,350円(年1回の利用で無料)
  • Amazonプライム会員意外で還元率1.5%
  • Amazonプライム会員なら還元率2.0%

プライム会員以外なら1.5%でプライム会員なら2.0%のポイント還元率です!

楽天カード

楽天カードは1種類しかありませんが、年会費無料でポイントの貯まる速度がめちゃくちゃ早いです。

というのも楽天カードは通常のポイント還元率は1%と低めですが、条件が重なると7倍ものポイントがつくんです。

まず、普通に使うだけだと1%ですが、楽天市場で楽天カードを使って支払すると倍の2%になります。

更に、スマホアプリから注文をするとここで「+1倍」になります。

更に更に!楽天モバイルで+2倍!楽天ブックスで+1倍!となり合計ポイントが7倍にまで膨らみます!(笑)

普通に使ってると1%しかつかないポイントが上手く使えば7%もつくって凄いですよね。

例えば100万円の買い物をしたとしたら、1%だった場合は1万円分のポイントしか付きません。

ですがしっかりと7倍まで増やせば7%の7万円分のポイントが付きます!

全然違いますよね(笑)

というわけで、楽天カードは通常1.0%、上手に使えば7.0%の還元率となります。

楽天市場で使うだけで2.0%なので実質2.0%が通常と思ってもいいかもしれません。

どちらも持っていた方がお得

どちらも素晴らしい特徴がありますが、一番賢いのは両方所持しておいてAmazonで買い物をする時はAmazonカードを利用し、楽天で買い物をする時は楽天カードを利用する、というのがポイントが貯まって一番お得な方法だと思います。

ちなみにですが私は2枚を使い分けています!Amazonカードは年会費無料のクラシックを使ってます。

比較表年会費ポイント還元率
amazon初年度無料、2年目からは1,350円(1回の買い物で無料)1.5~2.0%
楽天年会費無料1.0~7.0%

クレジットカードに関しては見てわかるように年会費無料でポイント還元率が圧倒的にいい楽天カードの方がいいっていう事がわかります!

Amazonプライム会員はお得なの?

Amazonプライム会員になると色々なサービスを受ける事が出来るんですが、実際にはどんなサービスでお得なのかわからないっていう事ありませんか?

有料会員サービスなのでお得じゃないと入りたくありませんよね・・・。

という事で、ここではAmazonプライム会員になって数年の私が本当にお得なのか、どんなメリットがあるのかを紹介しちゃいます!

まずは費用なんですが、Amazonプライム会員は「月額プラン」と「年間プラン」2種類のプランがあります。

月額会員プランなら400円/月(年間4,800円)

年間会員プランなら3,900円/年(月に換算すると325円と月額会員より少しお得)

年間会員プランの方が月額会員プランに比べて年間1,000円、月に換算すると75円安くなります!

永く使いたい人は年間にして、とりあえず様子見したい人は月額プランを選べばいいと思います。

Amazonプライム会員のメリット

まずはAmazonプライム会員のメリットを9個紹介していきます。

  • 配送料が無料、お急ぎ便や日時指定便も無料
  • プライムビデオで映画やドラマが見放題
  • Prime Musicの音楽が聴き放題
  • Prime Readingで本が一部無料
  • Kindleが4000円引き、Kindle本が毎月1冊無料
  • 日用品をまとめ買い出来る
  • Amazonプライム会員だけの「プライムデー」に参加できる
  • プライムナウという商品が1時間で届くサービスが使える
  • オンライン上に写真を何枚も保存できるサービスが使える

①配送料が無料、お急ぎ便や日時指定便も無料

通常Amazonで商品を購入する時、注文金額が2,000円以下だと配送料が400円かかってしまいますが、プライム会員になると全て無料となります。

更に、お急ぎ便や日時指定便は通常500円~600円かかるのですが、これも全て無料で利用できます。

注文した商品が当日、翌日に届くように無料で指定出来るのは嬉しいですね。※送料無料になるのはAmazonから配送される商品だけなので注意が必要です。

②プライムビデオで映画やドラマが見放題

Amazonプラムビデオという動画配信サービスを利用できます。

これはプライム会員限定のサービスですが、映画やドラマなどを追加料金無しで見放題っていうのはとても便利です。

ちなみに最近はプライムビデオでしか見れない作品などもありますので、これだけでも十分な価値があると思います。

③Prime Musicの音楽が聴き放題

Prime Musicアプリを使えば100万曲以上を追加料金なしで聴くことが出来ます。

ランキングやPrime Musicが最初から用意しているプレイリストなんかもとっても便利です。

ここがビックリなんですが、ダウンロードも出来ますので好きな曲はスマホに入れておくことも出来ます。

家事している時や車を運転している時、通勤途中なんかに連続して色々な曲を聴き放題なのでめっちゃ良いです。

④Prime Readingで本が無料で読める

2017年10月から始まった比較的新しいプライム会員限定のサービスです。

まだそこまで書籍の種類は豊富にはありませんが、登録されている本は全て無料で追加料金無しで読めます。

⑤Kindleが4000円引き、Kindle本が毎月1冊無料

電子書籍リーダーの「Kindle(キンドル)」が4,000円値引きされます。

キンドルを購入する予定が無い人には全く意味のないサービスですが、これから購入しようと思っている人にはとってもいいメリットですよね。

ちなみにキンドルを普通に購入しようと思うと8,000円~30,000円します。

更に!キンドルにある本が毎月1冊無料で読むことが出来ます。

⑥日用品をまとめ買い出来る

Amazonパントリーという「日用品、食料品、お酒などを1つの段ボールに入れてまとめ買い出来る」サービスを利用できます。

パントリー専用の商品しか出来ませんが、まとめ買いできるのは便利ですね。

私は毎月1ヶ月分の日用品やお菓子、ジュースなどをパントリーを利用して購入しています。

⑦Amazonプライム会員だけの「プライムデー」に参加できる

Amazonは年に1回、「毎年7月」に「プラムデー」という超大型のセールを実施しています。

Amazonで売られている商品が凄い値引きをされて売りに出されるのがプライムデーなんですが、このプライムデーにはAmazonプライム会員しか参加出来ません。

それと、Amaonは毎日「タイムセール」を行っていて、人気商品はすぐに売り切れになったりするのですが、プライム会員なら優先的にセールに参加できます。

今まで買いたくても買えなかった・・・!という商品もプライム会員なら余裕をもって購入する事が出来ます!

⑧プライムナウという商品が1時間で届くサービスが使える

対象地域がほぼ都内しかありませんので都内限定のサービスと言えます。

しかしこれから対応地域も増えていくかもしれませんし、もし使えたら非常に便利だと思います。

⑨オンライン上に写真を何枚も保存できるサービスが使える

プライムフォトという写真を何枚でもオンライン上に保存できるサービスが使えます。

ただプライム会員を解約すると5GB以上は使えなくなります。

もし5GB以上の写真を保存している場合、超えた容量分の写真は削除される可能性があるので注意してください。

結果的にどっちがお得なの?

ココまでAmazonと楽天の比較を進めてきましたが、「Amazonの方がお得!」「楽天の方がお得!」と断定は出来ません。

というのも両方とも良い部分もあれば悪い部分もあるので、相対的に見ると同じくらいお得、というのが一番しっくりくるからです。

AmazonにはAmazonプライムもあれば、映画や書籍が多くありますが楽天には衣服や地域限定フルーツ等も多くあります。

お値段はどちらも安い高いがありますし、クレジットのサービスもどっちが良いとは言えないんですよね・・・。

Amazonも楽天も優秀過ぎて困ります(笑)

なのでAmazonがオススメな人、楽天がオススメな人をまとめました!

こんな人にはAmazonがおすすめ!

  • サイトや商品が一定で見やすさ、簡潔さを求めてる人
  • 書籍や映像作品が欲しい人
  • Amazonプライムが魅力に感じる人
  • レビューを参考にしたい人
  • とにかく早く商品をGETしたい人

amazonのメリットとデメリット

まずはメリットから

  • プライム会員なら配送料が無料になる
  • プライム会員向けのサービスが充実している
  • 配送が早い(最速即日)
  • サイト構成がシンプルなのでとにかく見やすく作られている
  • 買い物がワンクリックで出来る

次はデメリット

  • ポイントが意外と貯まりにくい
  • 無料会員のメリットが見当たらない
  • amazonポイントの使い道が少ない
  • 見やすさを追求しているからか、商品の画像や情報が少ない

amazonはプライム会員サービスがかなり充実しており、月額利用料に対して圧倒的な利用価値、付加価値があります。

プライムビデオの見放題だけでも元は取れますし、その他の様々なサービスどれをとってもそれ単品でも元が取れるレベルです。

また、配送料無料や即日配送などもありますので配送に関しても文句の付け所がありません。

誰でも簡単に見れる上にワンクリックで買い物が出来るのも良いですね!

逆にポイントが貯まりにくいという点と、ポイントがamazonでしか使えないので使い道がかなり限定されてしまうという部分がデメリットになっていると思います。

また楽天に比べると圧倒的に商品の情報量が少ないです。これは人によるかもしれませんが、もうちょっと情報を載せて欲しいと私は思います。

こんな人には楽天がおすすめ!

  • 一つの商品に対してじっくり調べたい人
  • ファッション関係が多く欲しい人
  • 地域密着型のフルーツを頼みたい人
  • クレジットカードでポイントががっつり貯めたい人
  • とにかく品揃えが多い方が良い人

楽天のメリットとデメリット

まずはメリットから

  • 楽天スーパーポイントが貯まりやすい、最大で15倍
  • 貯めたポイントは楽天グループ、実店舗でも使える
  • 無料会員でも会員ランクが上がるので恩恵が大きい
  • 楽天ふるさと納税が出来る
  • 市場競争の形を取っているのでとにかく安い

次にデメリット

  • ポイントのキャンペーンが多すぎて難しく感じる
  • ピンポイントでの商品検索がしずらい
  • メルマガが多すぎる
  • サイトがごちゃごちゃしている事が多く見にくい※情報量が多すぎる

楽天のメリットは何といってもそのポイントの貯まりやすさと使い道の多さです。

最大限有効にポイントを活用すれば15倍ものポイントがもらえますし色々な所で使えるというのはやはり大きいですよね。

また、amazonと違って無料会員でも利用すれば会員ランクが上がっていきますので、それの恩恵も大きいです。

ショッピングモールのみたいな形で「楽天」の中に色々な店舗が入っていますので価格競争が起きやすく他のサイトよりも圧倒的に安くなったりもしています。

逆にポイントキャンペーンが多すぎてわかりにくかったり、価格競争が大きくサイトがごちゃごちゃしすぎている為みにくいのが難点。

全体的に情報量が多すぎて見にくくなってしまっているっていうのが楽天のデメリットだと思います。

後は店舗で購入する事になるのでメルマガがとにかく多い・・・。

など、ざっくりとですがAmazonと楽天、どちらを使った方がいいかオススメの人をご紹介しました!

まとめ

今回はAmazonと楽天、どっちがお得なのか?という事で比較してみました。

比較している内に気づいたことが一つあります。

それは・・・

「どっちも素晴らしい」という事(笑)

どっちの方が得で、どっちの方がお得じゃないっていうは一概には決める事が出来ません。

両方とも得意分野が別れているのでそこでしっかりと差別化されているからですね。

とにかくお得に買い物をしたい!という人はやはり「両方を満遍なく利用する」これが間違いないと思います。

The following two tabs change content below.
犬ヶ島わん太

犬ヶ島わん太

地方在住のぬるっと節約をはじめたメンズです! ちょっとした工夫で節約できる情報を紹介していきたいです。

-ネット通販
-,

Copyright© 節約ぽけっと , 2019 All Rights Reserved.