交通費

投稿日:2020年8月18日 更新日:

航空券を安く買える14の裏技を徹底解説!安くなる時期・サイトを徹底紹介!

マッスー
ライター

マッスー

せっかく旅行に行くなら、高い航空券は少しでも安く買いたいものですよね。

実は、同じ便に乗る場合でも、ちょっとした裏技で航空券を安く購入できるのです。

この記事では、航空券を安く購入できる14の裏技をご紹介しますので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

航空券を安く購入するための14の裏技

さっそく、航空券を安く購入する「14の裏技」を1つずつ見ていきましょう。

航空券を安く買える裏技

  • 早めに予約・購入する
  • 出発日直前の航空券を狙う
  • 航空券の料金比較サイトで探す
  • 需要が高まるタイミングからズラす
  • 航空会社のサイトで探す
  • 海外発着の航空券を探す
  • 利用する空港を変える
  • 旅行代理店で検索する
  • 片道ずつ航空券を購入する
  • マイルを特典航空券と交換する
  • 金券ショップで航空券を購入する
  • 地域限定の航空券を購入する
  • 年齢制限付き航空券を空港で購入する
  • 【ビジネスクラスのみ】ホリデーシーズンに合わせる

早めに予約・購入する

航空券を販売する会社の多くで、「早割(早期予約割引)」が用意されています。

いつからが「早期」にあたるかは会社によってまちまちですが、3週間前(21日前)か4週間前(28日前)を起点にするところが多いです。

気になる割引率ですが、ある航空会社では

  • 3週間前で4割引
  • 4週間前で6割引

という、かなりガッツリした値引きがされていました。

とはいえ、早割で予約した場合は内容変更が難しいケースが多く、キャンセル料も通常より高額です。

極端に早めの予約をするのではなく、「予定が確実になったら即予約する」くらいのスタンスで動くようにしましょう。

出発日直前の航空券を狙う

前項で「航空券は早めに予約・購入すべき」と述べましたが、出発ギリギリになってからでも安く航空券を買える可能性があります。

予期せぬキャンセルが発生した場合、航空会社は席を埋めるため、キャンセル席の航空券を安く販売する場合があるのです。

このような突然のチャンスにも対応できるよう、余裕を持ってスケジュールを組んでおくと良いでしょう。

航空券の料金比較サイトで探す

航空会社によって航空券の料金は異なるため、少しでも安く購入するためには、料金比較をするのがおすすめ。

そんな時に役立つのが「料金比較サイト」です。

料金比較サイトでは、大手の航空会社からLCC(格安航空会社)まで取り扱っているので、自分が求める航空券がきっと見つかりますよ♪

ここからは、おすすめの料金比較サイトを3つご紹介します。

ソラハピ

出典:公式サイト

ソラハピは、以下の情報を入力するだけで、国内航空券の比較ができるサイトです。

  • 出発地
  • 到着地
  • 出発日

各航空会社の割引情報を網羅して、最安値の航空券をパッと提示してくれます。

たとえば、需要が高くなる年末の便を検索してみると、以下のような結果が出ました。

搭乗日2020年12月26日(土)
発着場所と時間羽田空港16:00発→那覇空港18:50着
条件・普通席
・大人1人
・片道
・2020年8月6日検索
料金JAL公式:49,410円

ソラハピ:10,410円

比較してみると、およそ5分の1の料金で沖縄まで行けることがわかりました。これはお得ですね♪

安く国内航空券をゲットしたいとき、ぜひ利用してみましょう!

ソラハピの公式サイトはコチラ

エクスペディア

出典:公式サイト

エクスペディアは、航空券単体だけでなく、宿泊先と航空券のセット料金の比較もできるサイトです。

飛行機での移動は宿泊を伴う場合が多いので、宿泊先選びまで片付くのはとても助かりますよね♪

さらに、ホテルとセットにすることで、「パッケージ割引」が適用されるのも魅力。

たとえば以下のような条件で検索すると、個別に航空券とホテルを予約するより、4,633円割り引かれます。

搭乗日行き:2020年12月26日(土)
帰り:2020年12月27日(日)
発着場所と時間行き:羽田空港15:40発→那覇空港18:25着
帰り:那覇空港13:00発→羽田空港15:20
条件・普通席
・大人1人
・往復
・「ANA インターコンチネンタル万座ビーチリゾート」で宿泊
・2020年8月6日検索
料金個別予約:58,939円

エクスペディア:54,306円

最安値で移動できる便を選んだため、滞在時間が短めの条件となっていますが、数千円の追加料金を支払えば、便の調整もできます。

割引金額を考えれば、追加料金を払ったとしてもお得ですよね!

エクスペディアの公式サイトはコチラ

スカイスキャナー

出典:公式サイト

スカイスキャナーは、以下の情報の入力だけで、航空券の料金を比較できるサイトです。

  • 出発地
  • 目的地
  • 出発日
  • 現地出発日
  • 座席種別および旅行者の人数

他にも、「往復/片道」「近隣の空港も検索」などの条件検索もできます。

検索すると

  • 最適プラン(バランス重視)
  • 最安プラン(コスト重視)
  • 最短プラン(時間重視)

の3パターンの結果が同時に表示されるため、より比較がしやすいです。

需要が高くなる年末の便を検索してみると、以下のような結果が出ました。

搭乗日2020年12月26日(土)
発着場所と時間羽田空港15:40発→那覇空港18:25着
条件・普通席
・大人1人
・片道
・2020年8月6日検索
料金ANA公式:46,610円

スカイスキャナー:10,110円

スカイスキャナーの最安プランで検索すると、35,000円以上も安く航空券を購入できますよ♪

スカイスキャナーの公式サイトはコチラ

需要が高まるタイミングからズラす

予定に融通がきくのなら、人の移動が集中する時期を避けると安く航空券を入手できますよ。

航空券は料金が固定化されていないので、時期・曜日・時間帯などによって価格が変動します。

特に次の時期は需要が高まり、航空券の価格が上がることを覚えておきましょう。

  • 時期…ゴールデンウイーク、お盆、年末年始など
  • 曜日…金~日の週末
  • 時間帯…朝イチ、夜

航空会社のサイトで探す

当然ながら、航空券は航空会社でも購入可能です。

料金比較サイトで探すよりも手間はかかりますが、比較サイトにはない、レアな格安チケットが見つかることがあります。

掘り出し物情報を確実にキャッチするには、航空会社のSNSをフォローし、メルマガにも登録しておきましょう。

急なキャンセルが出た場合、会社側はすばやく空席を埋めるため、拡散力の強いSNSやメルマガで情報発信して安く販売する可能性が高いです。

海外発着の航空券を探す

航空券を探す際、乗り換えなしの「直行便」だけを検索する人は多いでしょう。

実は、飛行機を乗り継いだ方が安くなる場合があり、直行便よりも本数が多いです。

時間に余裕があるのなら、直行便にこだわらずに幅広く探すことをおすすめします。

利用する空港を変える

「安くなるとしても、どうしても乗り継ぎ便を避けたい」という人は、発着の空港を変えて再度探してみると良いでしょう。

空港が変われば飛行機での移動距離も変わるので、航空券の価格も影響を受けます。

「隣の県にある空港から出発するだけで、航空券が数千円安くなった!」ということが起こるかもしれません。

旅行代理店で検索する

ツアーを企画する旅行会社は、バスや電車だけでなく、飛行機でのツアーも用意しています。

ツアーの料金には、航空券だけでなく宿泊費も含まれていますが、それぞれ単体で予約するより安くなるケースが多いです。

もし、日程やルートが決まっていても不都合がないのなら、旅行代理店で航空券を探してみてください。

旅行代理店で購入可能な航空券は、「IT(アイティー)」と「PEX(ペックス)」と2つあるので紹介します。

IT航空券を購入する

「IT」は団体ツアー用の航空券を、旅行代理店が仕入れてバラ売りしているものです。

団体割引が適用されることで、通常の航空券より安く提供されています。

その代わり

  • 日程変更不可
  • 往復共に同じ航空会
  • ルート変更不可
  • 途中で降機不可

などの制限がつきます。

PEX航空券を購入する

一方、「PEX」とは「正規割引航空券」と言い、航空会社が独自の基準で割引を行うチケットです。

PEXは、旅行代理店だけでなく、航空会社でも購入できます。

航空会社のホームページに掲載されているものは、それぞれ呼び方が異なる(例 ANA:Super Value、JAL:Special Saver)ので、見つけるのは大変かもしれません。

ただ、もともとは大手航空会社の正規航空券なのに、LCC並みに安くなっていることが多いので、手間でも探してみることをおすすめします。

なお、こちらもITと同様に、以下の制限がつくので注意しましょう。

  • 予約変更不可
  • キャンセル料が発生する
  • 有効期限がある

片道ずつ航空券を購入する

料金を安くしたいなら、往復ではなく、片道ずつ探すのもおすすめです。

航空券の価格は変動が激しいので、同じ航空会社でも、往路(行き)と復路(帰り)で航空券の価格が変わることがあります。

そのため、行きと帰りで別の航空会社を使った方が安くなるのです。

往復でまとめて買う方が楽ではありますが、往復と片道で比較・検討すると、よりお得なプランを見つけられるかもしれません。

マイルを特典航空券と交換する

各航空会社のマイレージ会員になると、「マイル」というポイントが貯まります。

マイルは、飛行距離と料金に応じて付与されるのが特徴で、マイルがある程度まで貯まると「特典航空券」と交換できます。

通常価格よりお得に空の旅を楽しめますよ♪

特典航空券の交換に必要なマイル数や、特典航空券が使える路線は航空会社ごとに違うので、確認したうえで、どこのマイレージ会員になるかを決めましょう。

金券ショップで航空券を購入する

意外かもしれませんが、金券ショップで航空券を安くゲットできる場合があります。

といっても、金券ショップにある航空券とは「株主優待適用の航空券」です。

株主優待適用の航空券は、企業の株主だけでなく、株主以外でも使用できるため、金券ショップなどでもやり取りされています。

割引率は航空会社によって異なります。

中には、ANAの優待券のように航空券が半額になるものもあるので、一度探してみてはいかがでしょうか?

地域限定の航空券を購入する

利用できる人はかなり限られますが、地域限定で割り引かれる航空券というものがあります。

たとえば、

  • 北海道在住の人だけ割り引かれる「どうみん割」
  • 福岡・大分・山口・佐賀・熊本向けの「スターQ割」

などが一例です。

これらの割引は当日予約でも受けられます。

航空会社によって対象地域はさまざまですし、すべての都道府県に割引があるわけではありませんが、条件に合致した場合はかなりラッキーですね♪

年齢制限付き航空券を空港で購入する

航空機もバスやタクシーと同様、一定以上(または一定以下)の年齢の人用に、お得な航空券が用意されています。

呼び方は航空会社ごとにことなりますが、たいていは

  • 25歳以下
  • 65歳以上

が基準となっていることが多いです。

とはいえ、基準となる年齢が上記と違う会社もあるので、ホームページなどで事前に確認しておきましょう。

また、年齢制限付き航空券は、飛行機に空きの席が発生したときにしか予約できないため、確実に買えるとは限りません。

さらに、出発日前日・当日と直前でないと購入できないため、スケジュールが組みにくいです。

その点も注意しておきましょう。

【ビジネスクラスのみ】ホリデーシーズンに合わせる

ビジネスクラスを利用する人に限られる方法ですが、あえて夏休みや年末年始といったホリデーシーズンを狙うのも1つの手です。

会社が休みに入るホリデーシーズンは、ビジネスマンの航空機の利用が減るので、ビジネスクラスに空きが出やすくなります。

空きが目立ってくると、航空会社は席を埋めるために、航空券の値下げに踏み切るようです。

まとめ

普通に買うと高くつく航空券ですが、ここで紹介した裏技を使うとある程度は安く購入できます。

浮いたお金でちょっと豪華なご飯を食べたり、お土産を奮発したりすれば、充実した時間を過ごせるでしょう。

「1つの裏技を実践し、それがダメなら次の裏技に」という感じで、あれこれ試してみてください!

複数の裏技を併用すれば、より安く航空券を購入できるかもしれませんよ♪

この記事を書いた人

マッスー
マッスー
元気な引きこもりWebライター兼Web編集者。出版社に約10年勤めたものの、会社の環境が合わなくなり、ストレスで体を壊して退社。ただまぁ、せっかく身につけたスキルは活かしたいよなぁということで、フリーランスとして記事を書いたり校正したりと、なんやかんやで文章に関わる仕事をしてます!パソコンをカタカタしながら、お気に入りの音楽を聞き、お気に入りのコンビニスイーツ&フルーツを食べるのが至福のとき。

-交通費
-, ,

Copyright© 節約ぽけっと , 2020 All Rights Reserved.