光熱費

エアコンの電気代を節約するには?つけっぱなしの方が安いって本当なの?

更新日:

はじめに

エアコンの電気代・・・とっても高いと思いませんか?

節約を趣味にしている私にとって真夏と真冬のエアコン代は看過出来ないレベルで高いんです。

エアコンを使わない月に比べると数千円単位で変わってきますので大きいですよね。

そう思って本気でエアコン代の節約に乗り出したんですが、色々面白いことがわかりました!

例えば、テレビや雑誌なんかで「エアコンは付けっぱなしにする方が電気代が安くなる」っていう話を聞いた事ありませんか?

これって本当に安くなるの?付けっぱなしにすると電気代高くなるんじゃない?って思いませんか?

私は思いました(笑)正直信じられませんでしたもの。

そこでエアコン代を節約する為に色々な方法を試してみました!

今は節約に成功していますので、「エアコンの電気代を安くするコツ」と「付けっぱなしは本当に安いの?」という2つをご紹介していきたいと思います!

エアコンの消費電力の割合はどれくらいなの?

まず節約する為にはエアコンが一体どれくらい電力を消費するかを調べないといけません。
昔の偉い人は言いました。

「彼を知り己を知れば百戦殆うからず」

これは簡単に言うと「敵の情報も味方の情報もしっかり把握していれば負けない」という事なんですが、まさにコレで節約を成功させるにはまず節約する為の情報を集めないといけません!(ちょっと違うかも(笑)

とにかく、エアコンが一体どれくらい電力を消費していて、どれくらい電気代がかかっているのかが大切です。

実は”経済産業省 資源エネルギー庁”が「家庭エネルギー消費の実態」という形で家庭の消費電力の割合をまとめたものがあるんです。

それがこちら!

一般家庭で消費する電力の割合(年間割合)
電気冷蔵庫=14.2%
照明器具=13.4%
テレビ=8.9%
エアコン=7.4%

とこのような形になってます。これは1ヶ月ではなくて1年間となってます。

エアコンを使う時期って真夏と真冬だけ、実質1年の内4ヶ月~5ヶ月くらいしか使わないと考えると凄まじい消費電力ですよね・・・。

他の電化製品は1年をかけてこれだけの電力を使ってるのに、エアコンはたった数ヶ月でそれに迫る勢いです。

また、一概には言えないんですが、冷房と暖房の消費電力を比べると基本的には暖房の方が消費電力が多いって言われています。

それだけ部屋を暖めるにはパワーが必要っていう事ですね。

エアコンつけた時の1時間あたりの電気代はどれくらいかかるの?

消費電力が高いのは分かったけど、実際にエアコンを付けた時の1時間あたりの電気代がどれくらいか気になりますよね。

普通電気代は消費電力から計算するんですが、エアコンに関しては消費電力から計算するのは難しいんです。

その理由はエアコンが「運転中に消費電力が大きく変化するから」なんです。

普通の電化製品は運転中は消費電力は一定なのですが、エアコンに限ってはその限りではないんです。

なので、今回は1時間当たりの目安の電気代をご紹介します!

※ちなみに消費電力から電気代を出す計算式は「電気代=消費電力×電気代単価」

三菱さんの霧ケ峰、2016年モデルと、旧型の2011年モデル、1999年式エアコンで電力比較してみます!

また、エアコンを必要な時だけスイッチを入れた場合と、1ヶ月つけっぱなしにした場合の電気代も私の家で試してみたので見てみましょう!

※電気代は1kWhあたり「25円」で計算してます。

?霧ヶ峰 FLシリーズ霧ヶ峰Z(2011年モデル)1999年式エアコン
畳数のめやす10畳10畳10畳
消費電力(W)670W710W880W
1時間当たり?16.7円17.7円22.0円
年間費用768kWh=19,200円825kWh=20,625円1029kWh=25,725円
必要な時だけスイッチON5,627円--
1ヶ月付けっぱなし4.527円--
差額1,100円--

こうしてみると8年前の霧ケ峰と今の霧ケ峰だとそこまで差はないように感じますが、そこから更に12年前、今から20年前のエアコンになると結構変わります。

また、最新のエアコンは単純にフィルター掃除機能なども優秀ですし、継続的にエアコンを使用しても消費電力が増える事が少ないのが特徴です。

逆に古いエアコンになればなるほど、フィルターの詰まりや機能の低下により消費電力が多くなってしまいますので、結果的に上記に記載した年間のエアコン代よりも高くなってしまいます。

また、エアコンを付けっぱなしにした場合と、必要な時だけスイッチを入れた場合を見ると約1,100円、必要な時だけスイッチを入れる場合の方が安くなりました。

ただし、これは色々な理由もありますし、住んでいる環境によっても左右されるので今回の結果が全てじゃありません。

その理由も説明します!

エアコンはつけっぱなしで節約できる!?

先ほど私が実際にエアコンは付けっぱなしの方が電気代が安くなるのかどうか?を検証してみた結果、必要な時だけエアコンをつける方が5840円ほど安くなりました。

ただこれには理由があって、私が日中家にいないからこの結果になりました。

色々調べてみた結果、1時間程度の外出で電源のON・OFFを繰り返すと電気代がかさむようです。

その理由は「エアコンは付ける時、部屋の温度を設定温度に近づける時」が一番消費電力が高くなるんです。

逆に一定の温度を保つ動きの場合は電気代がそこまでかからないので、短い時間の外出でON・OFFを繰り返すと電気代がかかるんですね。

例えば、ちょっとコンビニに行く場合は、1時間も外出しないので付けっぱなしでいく。

3~4時間外出する場合は付けっぱなしにすると勿体ないのでOFFにしていく。

こうする事で電気代を節約する事が出来ます!

大切なのは自分の生活スタイルはどうなのか?です。

私は昼間はあまり家におらず、そもそもエアコンのON・OFFをあまりしないから付けっぱなしだと損をしちゃいます。

逆に1日中家に誰かがいる場合、外出時間が極端に少ないご家庭は付けっぱなしの方が節約になると思います。

エアコンの付けっぱなしに向いてる人

以下の項目に当てはまる方はエアコンの付けっぱなしに向いていると言えます。

家にいる時間が長い人

専業主婦でずっと家にいる人や、自宅で仕事をしている人、自営業の人など、1日を通して家で作業をする事が多い人はエアコンの付けっぱなしに向いています。

というのもつけたり消したりする必要がありませんし、ちょっとした外出程度なのであればエアコンは付けっぱなしの方が圧倒的な節約になります。

家の中に常にだれかがいるご家庭

共働きで、働く時間が交互になっているご家庭などは付けっぱなしの方がいいかもしれません。

例えば奥さんは昼間パートに出かけて、旦那さんは夜勤に出かける、といった場合は1日中家の中に誰かがいる事になりますので、エアコンを消す必要が無いからです。

「誰かが家にいる」状態が24時間続くご家庭なら付けっぱなしの方がお得になる可能性が高いです。

短い時間の外出が多い人

30分~1時間程度の外出が多い場合、その都度エアコンを消したり付けたりするとかなりの電気代がかかります。

これはエアコンの特性上仕方のない事で「付け始めが一番電力を使う」からです。

それと同時に「設定温度に調整する為にエアコンが頑張ってしまう」からです。

ようは外出のたびに付けたり消したりを繰り返すと「エアコンが常に頑張ってる状態」になってしまうので電力が常に多く消費されている状態になっちゃうんですね。

エアコンの付けっぱなしに向いてない人

以下の項目に当てはまる方はエアコンの付けっぱなしに向いていないと言えます。

日中はあまり家にいない人

会社に勤めていて日中ほとんど家にいない人はエアコンの付けっぱなしに向いていません。

家を出る時はエアコンを切って、家に帰ってきたらエアコンをつけましょう。

1日の半分以上家に誰も居ないのにエアコン付けてたらどう考えても無駄ですよね(笑)

※動物を飼っている人はまた別です。

家に誰もいない時間帯が多いご家庭

共働きで昼間はずっと家に誰も居ないご家庭なんかも同じく付けっぱなしには向いていません。

家を出る時に消して、家に帰ってきたら付けましょう。

ただ、エアコンが夜中に切れるようタイマーで寝て、朝になったらまたエアコンをつける、という行為は勿体ないのでやめましょう。

付けたり消したりするタイミングは少なければ少ないほどいいので、夜家に帰ってきたらエアコンをつけて、朝家を出るまではそのまま付けっぱなしにしている方が節約になる事が多いです。

おすすめの設定温度は?

エアコンで節約するにあたって一番大切なのがココの部分です。

エアコンには「設定温度」っていうのがあって、皆さん夏は〇〇度、冬は〇〇度に設定してエアコンをつけると思います。

今のエアコンだと下は16度~上は30度まで選ぶ事が出来ますが、夏は暑いからと16度にしたり、冬は寒いからと30度にしたら電気代は凄いことになります。

一番電気代がかからない設定温度っていうのがありまして、それが

夏の冷房は28度
冬の暖房は20度

これが一番最適です。

確かに夏はちょっと熱いかもしれませんし、冬は寒いかもしれません。

ですが電気代は圧倒的に安くなります。

とくに暖房に関しては「設定温度を1度下げると5%ほど安くなる」と言われていますのでその効果は抜群です。

現在暖房を27度に設定している場合、それを20度に落とすことで30~35%ほど節約する事が出来るという事なんですね。

エアコンの電気代の節約術5選

ここではエアコン代を節約する為に有効な方法を5つご紹介します!

エアコン代節約術その1 設定温度と風向き

エアコンで大切なことはいくつかありますが、その中でも筆頭が「設定温度」です。

暖房に関しては1度下げるごとに5%安くなると言われていますので、出来るだけ夏は高く、冬は低く温度を設定する必要があります。

具体的には、夏の冷房は28度、冬の暖房は20度です。更に、夏は27より下げると値段が上がると言われており、冬も23度より上げると値段があがる、とも言われています。

出来るだけお伝えした設定温度にしましょう。

とはいえ、正直夏の28度は熱いですし、冬の20度は寒いですよね(笑)

なので夏に関しては扇風機を使って涼しい風を部屋全体に送るという方法をオススメします!

エアコンの下か、近くに扇風機を置いて、出来るだけ部屋全体にエアコンの冷たい風が行くように工夫すれば28度設定でも問題なく過ごすことが出来ます!

冬は、出来るだけ家の中でも暖かい恰好をすれば問題ないと思います。家の中でくらい軽い服装がいい!という人もいるかもしれませんがそこは我慢してください(笑)

ちなみに我が家は冬は家の中でも靴下をはいて、フリース素材の服を着て過ごしています。それでも寒い場合はコタツに潜り込んでいます(笑)

また、冷たい空気は下に溜まり、温かい空気は上に溜まるという特徴がありますので、エアコンの風向きを「夏は均等に」「冬は下向きに」する事が大切です。

エアコン代節約術その2 フィルターの清掃

エアコンにはフィルターというゴミが貯まる場所があるのですが、フィルターの目が詰まってしまうと送風する効率が落ちます。

その結果、エアコンがどれだけ頑張って温度を調整しようとしても効率よく部屋の温度が調整されません。

部屋の温度が調整されないという事は、それだけエアコンが頑張り続けますので電気代がかさみます。

エアコンは毎日使うものなので意外と意識から外れがちになってしまいますが、フィルターの掃除は小まめにしましょう。

出来る明け1ヶ月に1~2回は水洗いや掃除機で掃除してください。そうする事で効率よく電力を使う事が出来るので節約に繋がります。

私は出来るだけ効率よく使いたいので1週間に1回掃除するようにしてます(笑)

エアコン代節約術その3 他の冷暖房器具と併用する

エアコン冷暖房の特徴として「設定温度と実際の温度に差があるほど電気代が高くなる」という事があります。

これは単純に室内温度が5度しかないのに30度まで上げようとすると凄まじいパワーが必要になるっていう事ですね。

なので出来るだけ設定温度と室内温度を出来るだけ早く同じくらいにあげたい所。

冷暖房にだけ頼っているとそれこそかなりの電気代になってしまうので、他の冷暖房器具を使って部屋の温度調節をしましょう。

夏なら扇風機や扇風機の前に凍らせたペットボトルを置くなどの工夫で温度調節が出来ますし、まずは家の窓や扉を全開にして家の中に溜まった熱い風を外に送り出すという方法も有効です。

冬なら電気ストーブ(石油ストーブ)を最初に使って、少し部屋が温まってから暖房をつけるとかなり節約できます。

ようは「エアコンを付けた時に出力を高くして運転させない」という事が重要なんですね。

エアコン代節約術その4 エアコンの過度なON・OFF

エアコンが一番電力を消費するのが「エアコンをつける時」です。

これはエアコンの設定温度まで室内温度を調整する為に大量の電力が必要になるからです。

逆にエアコンは「一定の温度を保つ」という点ではそこまで電力を消費しません。

なので出来るだけON・OFFはせずに部屋が設定温度まで達したらそのまま付けっぱなしにしましょう。

勿論長時間の外出をする場合はエアコンは切ってから行くべきですが、30分や1時間の外出の場合は付けっぱなしで行きましょう。

その30分や1時間でエアコンを付けたり消したりするとかなりの電力を消耗し電気代が高くなります。

ここもかなりの節約ポイントになりますので意識しましょう。

エアコン代節約術その5 室外機に負担をかけない

エアコンが動くのは室内の本体だけではなく、外の室外機も頑張ってくれています。

この室外機をおろそかにしたり、無駄に負担をかけてしまうとそれだけ電力の消費が激しくなり電気代が高くなります。

室外機の上、吹き出し口の近くに何かものを置いているとそれだけ送風にパワーが必要になります。

また、汚れるからとカバーをかける人がたまーにいますが、これも良くありません。

これは単純に室外機の動きを阻害しちゃうので動き自体が悪くなってしまうようです。

消費電力が増えるのは勿論、他にも思わぬ故障に繋がる事があるようなのでカバーはやめましょう。

室外機の上や近くには何も置かない、カバーはかけない、掃除はする。

これを守れば大丈夫です。

まとめ

今回はエアコンの電気代を節約する為の方法と、エアコンを付けっぱなしにすると安くなるのか?をご紹介しました。

結論としては使い方によって安くもなるし高くもなる、という事がわかりました。

自分がどういう風にエアコンを使うのかを考えて付けっぱなしにするか小まめに消すかを考えたほうが良いですね。

ちなみにですが、私は小まめに消した方が安くなったので付けっぱなしにはしないようにします。

エアコンの電気代って本当にバカにならないのでこの機会に是非皆さんも節約していきましょう!

The following two tabs change content below.
犬ヶ島わん太

犬ヶ島わん太

地方在住のぬるっと節約をはじめたメンズです! ちょっとした工夫で節約できる情報を紹介していきたいです。

-光熱費

Copyright© 節約ぽけっと , 2019 All Rights Reserved.